« 南アルプス茶臼岳登山(1) | トップページ | 秋なのに、猛暑は続く »

2010年9月 2日 (木)

南アルプス茶臼岳登山(2)

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています

2010年8月31日

Img_9245_sp0000

日の出は5時15分

4時半にテントを出て、茶臼岳へ向かう

広い稜線で日の出を待つ

たぶん、富士山の左側、空の雲が赤く輝いてるあたりかな?

プロ仕様の200mm望遠ズームをキャノンイオスD50につけて、

日の出の瞬間を狙う次男

Img_9275_sp0000

このために、重いカメラとレンズ、三脚をザックに入れて背負ってきた。

背景の山のシルエットが茶臼岳頂上

遂に太陽が顔を出しました!

Img_9330_sp0000

素晴らしい夜明けですね。

Img_9345_sp0000

中央アルプスの山々でしょうね。

Img_9362_sp0000

これは、富士山の右側に見える愛鷹山

Img_9351_sp0000 

さあ、2604m 茶臼岳の頂上に登ろう!

Img_9387_sp0000

頂上には、風雪に朽ちながらも、耐えてきた山頂表示板

妻と初めてウソッコ沢小屋に泊って茶臼岳に登った時は、雨とガス、、、展望は無し

この頂上で記念写真を撮って下山、、、、

でも、妻は大層感激してた。

Img_9472_sp0000

富士は日本一の山

Img_9485_sp0000

中央アルプスの左側、、、これは恵那山かな、、、?

Img_9452_sp0000

茶臼岳の隣の2803mの上河内岳

妻と二回目の茶臼岳登山の時に登った!

Img_9491_sp0000

先日、登った聖岳、、、向うに赤石岳、荒川岳が見える

Img_9436_sp0000

南側は南アルプス深南部と呼ばれる深い山々、、

Img_9433_sp0000

普通の山には飽き足らないマニアが登る、、、

人があまり入ってないので、登山道は無く、あってもクマザサと倒木、地図とコンパスのみが頼り、、

その中でも有名なのが小無間、大無間山

Img_9482_sp0000

この特徴的な小無間と大無間を結ぶなだらかな尾根、、、展望は無し、

小無間山の頂上に至る鋸刃と呼ばれる5つのピーク

Img_9425_sp0000

5つの険しい峰のアップダウンにより、足はガクガク、、、、

やっと、小無間山に辿りつけど展望は無し

大無間山に至るなだらかな尾根を歩けど、下山出来なくなるので引き返す

再び、5つの峰のアップダウン、、、骨折したり捻挫で動けなくなっても人は来ない、、

そのうち熊が来たら、、、、

10数年前、ご近所のSさんと登ったことがあるが、二度と登りたくない山

次男の撮る写真はどんなだろう、、、

Img_9444_sp0000

時間の経つのは早いもの、、、

山小屋の管理人さんが、大急ぎで登ってきて、下から何か叫んでる、、、

今日はヘリコプターが資材の運搬に飛んでくるので、テントを撤収してくれ~、、と。

OK,OK、、、大急ぎで小屋に下山!

僕は、これで5回、茶臼岳に登ったが、ほとんど雨、、、とガス、、

こんなに素晴らしい展望だったのは、今回が初めて!

テントを撤収して下山し、美しい渓流の川原で昼食

Img_9497_sp0000

美味しそうでしょう!

Img_9504_sp0000_2

午後には雲も出てきて、下から眺める茶臼岳は、、、、

Img_9508_sp0000

帰途、白樺荘赤石温泉で汗を流して、無事に帰りました。

日本カモシカと遭遇するハプニングもありましたが、、

人気blogランキングブログランキング応援のクリック(一日一回)お願いします。

|

« 南アルプス茶臼岳登山(1) | トップページ | 秋なのに、猛暑は続く »

コメント

おはようございます

刻々と変わる、空の色、山の色、雲の色・・・
澄んだ空気が伝わるようですイヤ欲しいで~す。
重いカメラに三脚を持って行かれた息子さん、下界の生活疲れも吹っ飛んだことでしょうね^^
小無間山の5つのピーク、一つの高さはどのくらいあるのでしょう??
とっても爽やかなお写真を堪能させて頂きました。
同じカレーでも下界で食べるのとは、お味が違うでしょうね。カモシカ君は、きっと息子さんのお顔を見に来たのでしょうね。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年9月 3日 (金) 09時12分

素晴らしい 写真の数々 ありがとうございます!
次男さんとの 山行きでしたか? 健脚の両親から 受け継いだ DNAに 若さ。ナベショーさん 前を歩いたのだから 大したモンです(笑) 息子さんも オヤジ頑張っているな! って 改めて 尊敬の眼差しで 後姿を見ていたのでは・・・
重い カメラを 持っての登山。素晴らしい 景色を見せてくれたから 持ってきた甲斐がありましたね。

お疲れ様!!!

投稿: シーちゃん | 2010年9月 3日 (金) 10時48分

お久しぶり!!
もうー、お母さん、電話で心配してたんだよ。

「もうそろそろ下山しているはずなんだけど、、、。留守電ものこしたんだけどね。大きなカメラ持って行ったから、お父さん、あれで意外とおっちょこちょいだから、夢中で撮影、撮影の拍子に足踏み外しちゃうんじゃないかしら、、、。遅いなあー。温泉にでもつかってるのかしら。」

「あっ、ちょっと待ってて、キャッチフォン、、、、、、あ、もしもし、やっぱり温泉いってたって。今から帰るから、ビール冷やしといてって。」

何かあってもこっちからじゃあ駆けつけられないからね、お父さん。

でも、実は私も山登りはまっているんだよね、、、。
毎朝の日課だよ。山といっても小さな丘のようなのだけど。これをしないと朝のエンジンかからない。

やっぱり、親子似てるんだね!!

投稿: LAの次女 | 2010年9月 3日 (金) 12時14分

爽やかな山の画像,登った気になりました。こちらの白山は,アルプスと離れているので,遠くにいろんな山が見えます。大キレットだとか,乗鞍岳とか,伊吹山とか見つけた気になる日の出までの一瞬を思い出しました。
息子さんもお嬢さんも,勿論奥様も,皆さん山好きでよかったですね。山の素晴らしさを知ってらっしゃるんですね。さすが!

投稿: tirokuro | 2010年9月 3日 (金) 19時13分

何と素晴らしい夜明けでしょう!
同じ意味でも日の出と言うより夜明けと言う方がこの場合はぴったりですね。
山の天気は何とやら・・って言いますけど聖岳・茶臼岳とも晴天で良い写真を見せて頂きました。
あの長い吊り橋を見ただけで足が震えます。
どんなに美しい紅葉が見られても多分私には渡れない・・尾白川にかかる吊り橋でさえちょっと怖いです。
それぞれの道を生きながらもステキなハーモニーを奏でるナベショーさんご一家。 
父上のシニアライフは道しるべになるでしょうね。

投稿: ミモザ | 2010年9月 3日 (金) 19時26分

ムックのお母ちゃんさま
日々の生活の中で、時々このようなストレス解消が必要ですね。
山登りはリフレッシュさせてくれます。
小無間山の5つのピーク、、写真で見ると、そんなに高くは無く、せいぜい50mくらいに見えますが、実際に目の前に見上げる頂と真下の谷底を眺めると2~300mはありそうに思えました。
カレー、温めてご飯にかけるだけですが、美味しいですね。

投稿: ナベショー | 2010年9月 3日 (金) 21時03分

シーちゃんさま
僕が若い次男の後ろを歩いたら、もっとたいへんです。
息子の早いペースについて行くなんて、、、
次男は余裕で後をついてきたんでしょう。
全く、荒い息遣いが聞こえなかったもの、、、
息子のカメラとレンズは、重いだけあって、写真もすごいですよ。

投稿: ナベショー | 2010年9月 3日 (金) 21時08分

LAの次女さま
お久しぶり!
山は、どこも携帯は圏外、、、下山しても、深い山の中なので圏外、、、人家のある山里も圏外でした。
冷蔵庫の缶ビールが切れてたので、早く携帯で連絡しなくちゃ、、と僕達も焦ってた。
コージーなんか、ビール飲みながら夕食してたら、嫁さんから電話、、叱られてました。
お正月に帰国出来たら、どこか山を登ろう。

投稿: ナベショー | 2010年9月 3日 (金) 21時16分

tirokuroさま
白山だと、北アルプスの山々が一望できるでしょうね。
是非、登らなくちゃ、、、
山頂から、夜明けとともに、見覚えのある山のシルエットを見つけるのは感動ですね。
子供達とともに、広島の山を、家族一緒に登った事が思い出となっているのでしょう。

投稿: ナベショー | 2010年9月 3日 (金) 21時24分

ミモザさま
確かに、夜明けのほうがぴったりですね。
空の色が、オレンジや青に変化していく、こんな美しい頂上からの展望は、6~7回茶臼岳に登って、今回が初めてでした。
大吊橋、、ダム湖の水量が多い時は、数十メートル下の青い水面に吸い込まれてしまいそうな錯覚がします。
ゆっくり、大きく左右に揺れ始めると、足が動かなくなる、、、

投稿: ナベショー | 2010年9月 3日 (金) 21時34分

次男さんの写真見てきました~
とっても素人が撮った写真には見えませんね~
重いカメラと三脚を持っていった甲斐がありましたね。プロカメラマンになれそうです。。。

投稿: kawazuzakura | 2010年9月 3日 (金) 23時08分

kawazuzakuraさま
カメラ技術、写真のセンス、、いい写真を撮ってますね。
次回の山の上からの写真が楽しみです。
重いですよ、、200m望遠レンズ!

投稿: ナベショー | 2010年9月 3日 (金) 23時31分

素晴しい日の出の画像
感動です~。
しばらくこのようなシーンを味わっていないな~
なんて思いながら、拝見しました。

この夏は、ナベショーさんには
素晴しい山歩きが出来ましたね。
まだまだ猛暑続きの毎日ですが、
今年の夏の山行きは終わりですか?

あめが欲しいと思いながら、
山歩きには雨はいらないですね。

投稿: にりんそう | 2010年9月 4日 (土) 08時44分

にりんそうさま
かって、千枚岳や仙丈ケ岳からの日の出も素晴らしかった、、
9月に、もう一つ登りたい、、、けど、畑やいろんな仕事が待ち構えてるので、無理かな?
これほど山の天気が長期に安定してる年は無いでしょうね。

投稿: ナベショー | 2010年9月 4日 (土) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南アルプス茶臼岳登山(1) | トップページ | 秋なのに、猛暑は続く »