« 秋の七草 葛の花 | トップページ | リコリスの花 »

2010年9月12日 (日)

蜜蜂、秋の管理!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています

Img_4009_sp0000

アザミ

アザミの種類が多いので、これが何の種類のアザミか、よくわからない。

でも、夕日に照らされて咲く野のアザミ、、、美しいでしょう!

Img_4007_sp0000

僕の蜜蜂、、今年は5月中から6月末まで蜜柑ともちの木の蜂蜜を採り、ダニ駆除剤を一カ月箱に入れて7月末に除いて、8月末までの一カ月に真夏の花の蜂蜜、、

合計、蜂蜜を3回採取することが出来た。

9月初、さすがに継箱2段の巣箱、蜜蜂の濃度も薄くなって来たので、一気に継箱を除いて単箱8枚にして、秋のダニ駆除剤を入れた。

Img_9752_sp0000

継箱に入ってた巣脾は、先日に蜂蜜を絞ったので、ほとんど蜜は空っぽ

それらを、別の箱に移す、、、

若干、蜂蜜が入ってるのもあるが、蜜蜂が全部、綺麗に掃除してくれる

こうして、二段だった巣箱は、強引に一段の単箱にして、蜜蜂の濃度をう~んと高くする。

Img_9757_sp0000

蜜蜂が多すぎて、どうしても単箱にすることが出来ない巣箱もある。

それは、二段のままにして、箱の中の空の巣脾を数枚残して引き上げる。

Img_9753_sp0000

これで、すっきりしたでしょう。

巣箱から引き上げた空の巣脾、約40枚は蜜蜂に掃除してもらった後に、

自宅に持って帰り、-40度の冷凍庫に二日間入れて、蛾のスムシの卵を駆除して、来春まで保管する。

巣箱の中には、ダニ駆除剤、

巣箱にはスズメバチ捕獲器

巣箱に上にはネズミペッタン

巣箱に中では、蜂が満杯、おしくらまんじゅう、、、、ワンワンと活性化して病気を寄せ付けない、、、

そして、女王はその熱気にあおられて、秋の産卵を盛んに行う

そして、間もなく、野にはセイタカアワダチソウが満開となり、幼虫を育てるための花粉、冬越しするための花蜜も十分!

この秋に産まれた働き蜂が冬越しして来春の群となるのである。

養蜂にとって秋の管理がもっとも重要である。

別の荒れた茶園の広場に予備のバックアップのための3群、

来春は7~8群でスタート出来れば最高だね。

養蜂家ナベショーも、5年目にして、やっと大胆かつ繊細に、蜜蜂の管理が出来るようになったかな?

今年も想定外のアクシデントが起きませんように!!!!

養蜂家 Aさんの蜂場2か所の草刈りを頼まれる

Img_9799_sp0000

蜂に刺されぬように、防面布を被り、長袖シャツを着て、草刈り機でジャ~ン、ジャ~ン、、

今日も、ずいぶんと日差しが強くて暑かった、、、、

でも、夕方になると、すずしい風が、、、、やはり秋だからね~

今日は良く働きました、、

冷たい缶ビールに鮭料理

Img_9803_sp0000

パン粉をつけてフライパンで焼いた鮭の切り身

連日、鮭料理、、、なかなか美味しい鮭でお買い得でした。

モンタ、、また脱衣籠の中に、、、

Img_9792_sp0000

人気blogランキングブログランキング応援のクリック(一日一回)お願いします。

|

« 秋の七草 葛の花 | トップページ | リコリスの花 »

コメント

養蜂って,本当に奥が深いですね。鋭い観察眼そして瞬時の判断力,何より蜜蜂に対する愛情が感じられます。こんなにいっぱいお仕事をしてるんですもの,たくさん食べて美味しいビールを飲んでください。
あれっ,モンタ君。この顔は見つかったという感じだわ。

投稿: tirokuro | 2010年9月13日 (月) 06時59分

朝のうちはそれでも秋らしい気配です。
今週は涼しくなるの予報でしたけどまだダメ!

一匙頂く度に巣箱がチラつき、如何に大変なと、、、

モンタ氏、「何だよ、何かアル?」

投稿: やまんば | 2010年9月13日 (月) 09時06分

おはようございます

ふむ、ふむ濃度を高くして活性化させる・・・先日、勉強しました分かっているようで理解できてないかも~
養蜂家ナベショーさん5年目にして、毎年同じだとは限らない気温や環境の変化で難しいのですね。
想定外のアクシデントが起きませんように!!私達、ナベショー蜂蜜ファンも願っています。
ナベショーさんが、よく働きました・・・って言う事は相当な行動、動きなのでしょうね。
ハチクマの事「ダーウィンが来た」取材ウラ日記に出ています。よかったら検索してみてください。
モンタ君、なにか美味しいもの食べたあとかなっ??涼しそうでいいですね^^

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年9月13日 (月) 09時26分

働き者のナベショーさんならビールをいくら呑んでもOK
御自分の巣箱の管理だけでも大変なのに草刈りのお手伝いまで・・・でもその方 喜んでおられるでしょうね。
草取りは涼しくなってからやりましょう・・なんて手抜きの我が家は雑草だらけ。
今年はキューリが大豊作で連日ピクルスにしたりゴーヤと一緒に佃煮風保存食にしてました。
今は8月に入って種播きしたキューリが毎日10本。
いささか もう 見たくないわ 状態ですよ。

投稿: ミモザ | 2010年9月13日 (月) 09時28分

おはようございますねべショー様。
先日とっても面白いテレビを見ました。
ハチクマという鳥がスズメバチの巣をとり食べる映像です。
体中スズメバチに襲われても、この鳥、ものともしないのです。固い羽毛に覆われているのだそうです。
一方、月の輪熊が同じように巣をとろうとするのですが、
スズメバチに体中を襲われ、七転八倒する姿が写されて、
ちょっと笑ってしまいました。
こんな月の輪熊でさえ苦しむのに、ハチクマの強さに驚きでした。
ナベショーさんのことを思いながらみていました。

モンタちゃん、すっかり居心地のよい場所を
見つけましたね。

投稿: にりんそう | 2010年9月13日 (月) 09時42分

多忙ですね~、と言うか体を動かしてないとバッテリー切れしそうなナベショーさんですね。

丸ごと焼いたピーマンが美味しそう・・・自然にカラフルなのも楽しいです。

投稿: ば~ば | 2010年9月13日 (月) 09時50分

「夏の花いろいろハチミツ」とても美味しいです。
ありがとうございました。
花の香りと味がして一口頂いて「わ~!」と感激でした。
週末2週続けて実家の稲刈りの手伝いで炎天下作業を
して来ましたので、今朝届いたハチミツが疲れを取って
くれそうです。
大切に、少し贅沢に、いただきま~す。


投稿: コスモス | 2010年9月13日 (月) 11時49分

「山田養蜂場!」よりおめでとうセールの案内がありました!高いはず!ですね!ナベショーさんのご苦労わかります。もんちゃん!良い場所見つけましたね!

投稿: せっちゃん | 2010年9月13日 (月) 12時18分

ご近所さんのお手伝いもあり、ナベショーさん体動かしますね~その方もすごい助かっているのでしょうね~
仕事の後のビールは格別でしょうね・・・
モンタくん、脱衣籠は涼しそうだよね

投稿: kawazuzakura | 2010年9月13日 (月) 13時46分

【アザミ】 ♪♪山には 山の憂いあり、海には海の 悲しみや 増して心の花園に 咲きし アザミの花 ならば ♪♪ なんて 歌がありましたね。今更に 歌の意味を考えてしまいます。

蜜蜂さん達のお世話 お疲れ様です。

投稿: シーちゃん | 2010年9月13日 (月) 19時57分

tirokuroさま
時に、刺すこともあるけれど、可愛くて、可愛くて、、、外敵から何とか守ってやりたい、、って気になります。
業としての養蜂はたいへんだけど、趣味の養蜂なら楽しみながら出来ます。
モンタも、バツが悪い時は舌を出す、、

投稿: ナベショー | 2010年9月13日 (月) 20時19分

やまんばさま
朝夕は涼しくなったけど、日中の暑さ、これ9月中旬とはね~、、、36度だよ!

投稿: ナベショー | 2010年9月13日 (月) 20時21分

ムックのお母ちゃんさま
毎年、想定外の何かが起きますね。
何が起きても適切に対処するのがプロなんだけど、、、
ダーウイン、、蜜蜂のことやってたんですね。
見損なった、、、、残念

投稿: ナベショー | 2010年9月13日 (月) 20時24分

ミモザさま
僕の養蜂の先生、、熱中症ですっかり弱ってしまわれて、、、秋になって涼しく生るまでのお手伝いです。
うちも、結局我が家の庭が草ぼうぼうのまんま、、、
畑、蜜蜂、お茶、、が終わったら、、と言ってると庭がいつまでたっても出来ない、、、
キュウリ毎日10本、、大成功ですね。
家の前で、無人販売されたら?

投稿: ナベショー | 2010年9月13日 (月) 20時29分

にりんそうさま
NHKのダーウイン、、見損なってしまいました。
スズメバチとはいえ、何でも天敵がいるんですね。
蜜蜂は熊にも、スズメバチにも襲われるので、人間が守ッてやらねば、日本では野生で生きてはいけない。
ハチクマ、、日本に持ってきたいです。

投稿: ナベショー | 2010年9月13日 (月) 20時35分

ば~ばさま
忙しいというより、次々と自然が待ってくれないんです。
お茶、蜜蜂、畑、、季節ごとにやるべき作業が決まってるので、、、
チャップリンの映画、、何とかみたい。

投稿: ナベショー | 2010年9月13日 (月) 20時37分

コスモスさま
夏の蜂蜜もブランド化はされてないけど、美味しいでしょう。
炎天下での稲刈りのお手伝い、、御苦労さまです。
作業の後の、家族、みんなでいただく豪華な御馳走とビールが美味しいでしょうね。

投稿: ナベショー | 2010年9月13日 (月) 20時40分

せっちゃんさま
真夏の蜂蜜、、、熱中症になりそうな炎天下で集めた蜂蜜です。
御苦労なのは蜜蜂!

投稿: ナベショー | 2010年9月13日 (月) 20時42分

kawazuzakuraさま
この夏は、農家の方達もたいへんでした。
こんなに暑い日が続くと身体も弱るでしょうね。
夕食の冷たいビールが楽しみで、暑い中を仕事する!

投稿: ナベショー | 2010年9月13日 (月) 20時45分

シーちゃんさま
心の花園に咲きしアザミの花、、、やはり失恋の心の痛みを歌った詩なんでしょうかね~

投稿: ナベショー | 2010年9月13日 (月) 20時48分

こんにちは。

 記載されている内容では駆除剤後のはちみつをどのように扱われているかわかりませんがちょっと心配ですのでアドバイスを。

 ダニ駆除剤を入れ7月末に撤去、その後8月末に採蜜されたとのように理解していますが、8月末の採蜜は駆除剤の農薬残留が危険ですよ。

 ダニ駆除剤を撤去後に、継箱の蜜を空にしてから溜まった蜜を絞るのはokですが、そのままでは残留の恐れがあります。くれぐれも食用にはされないように。

 当然7月末では継箱の蜜を絞りきってしまえば給餌が必要になる季節ですので、給餌した後のはちみつは給餌した餌が混ざり、これも天然ではなく砂糖水や液糖の混ぜた物になります。

 食用には駆除剤を撤去後、1ヶ月以上空けてから貯めた蜜を絞るべきです。

 間違った用法で、危険な農薬の残留など問題を引き起こし、養蜂業界全体の評判が落ちないようにご注意ください。

 当方の中部地方ではお盆明けまで駆除剤を使用、その後増勢のため給餌、花蜜の搬入の様子を見て9月中旬以降に、掃除蜜を絞り(春の増勢用の餌として保管)空巣碑を入れこれに溜まった新しい蜜だけを絞っております。

投稿: プロ養蜂家より | 2010年9月16日 (木) 09時13分

プロ養蜂家さま
大切なアドバイスありがとうございました。
ダニ駆除剤を入れていた6月末~7月20日は、梅雨期でもあり、継箱への貯蜜はほとんどなくて、砂糖を幾度も給餌し無ければ餌切れを起こす状態でした。
ダニ駆除剤の撤去後、梅雨の明ける頃なので継箱への貯蜜は少ないのですが、貯蜜枠は下段に移したり、採蜜しない群の巣箱に移し、継箱は絞った空の巣脾や新たな巣脾を入れて夏の蜜を貯めさせました。
こちらでは、すでにダニが発生しかけていますので、8月下旬にはダニ駆除剤を入れて、さらにこれから腐祖病の薬も入れるので、秋の蜂蜜は採れません。
2年前には7月初にダニが発生し、駆除剤も効かなくて、ほぼ全滅させてしまいました。
秋はセイタカアワダチソウの開花とともに花粉と蜜を貯めさせて、6~7枚程度に巣脾を減らし、給餌もして、冬越し体制に入ります。
そちらでは、9月中旬以降にも採蜜されるのですね。
これからも、ご指導、アドバイス、よろしくお願いします。

投稿: ナベショー | 2010年9月16日 (木) 13時06分

ナベショー様
ブログをいつも楽しみにしております。
本当に忙しい毎日で充実してますね。体にきをつけてください。

継箱に入ってた巣脾は、先日に蜂蜜を絞ったので、ほとんど蜜は空っぽそれらを、別の箱に移す、、、若干、蜂蜜が入ってるのもあるが、蜜蜂が全部、綺麗に掃除してくれる・・・・・というのですが、その巣箱はどこに置いたらいいのでしょか?実は我家の庭に3群並んで置いてあるのですが喧嘩はしないですか?

投稿: たろすけ | 2011年11月 2日 (水) 17時04分

たろすけさま
いつもブログを見ていただきありがとうございます。
継箱の巣脾、採蜜後に箱に並べて、並んだ巣箱の側に置いておくと、巣箱の蜂が群がって数時間で掃除してくれます。
他の巣箱の蜂もやってきて、若干喧嘩もするでしょうが、まったく問題ありません。
掃除の終った空巣脾は、1~2日、冷凍庫の中に置くことによりスムシの卵や幼虫を退治して、来春まで保管します。
3群、、無事に冬越して来春を迎えたいですね。

投稿: ナベショー | 2011年11月 2日 (水) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の七草 葛の花 | トップページ | リコリスの花 »