« 怖~い猫 モンタ! | トップページ | 壮絶かな、、オオスズメバチとの戦い »

2010年9月21日 (火)

猪が罠に、、、パ~ン!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています

Img_4325_sp0000

千日紅、、、

暑い真夏から秋にかけて、咲き続ける、、、Img_4326_sp0000

ピンク、紫、、、可愛い花

山の茶畑へ蜜蜂の世話に行った、、、

そして、ぼつぼつ茶園の下の大きな栗の木からイガが開いて栗の実が落ちる頃、、

木の下の草を鎌で刈らないと、、、、

茶園に着いて、間もなく、、、

この茶園の下の栗の木は、おたくのかね~?、、、って、たくましいおっさんが僕に聞く

Img_9984_sp0000

栗の木をアップしましょう

Img_9983_sp0000

栗の木の横の斜面に猪の罠を仕掛けたので、、、という。

なるほど、、、毎年、この栗の木の下に落ちる栗を食べるために、毎日のように猪がやってくる。

僕は猪に栗を食べられぬように、長い竹竿で実が覗いてるイガを落として、栗を収穫する。

まあ、猪との競争だね。

いやいや、、そろそろ落ちかけるので、栗の木の下の草を刈りに、、、

そりゃ危ない、危ない、、昨日、猪の罠をしかけたが、安全な場所に変更しなきゃ、、、

と、言って、罠を仕掛けた方に下りて行ったが、、、

間もなく猟銃を持った別の猟師さんが、やってきた、、、

それから、間もなく、、パン! という乾いた銃の音

それっ! どこだ どこだと、、、

カメラを持って、飛んで行く、、、

これから先は、怖いので、見たくない方は、ここで 人気blogランキング をクリック!

その茂みの下の方、、、頭を撃ち抜かれて、、、、まだぴくぴくと動いてる

Img_9955_sp0000

ナイフで、喉を切り裂き、とどめを刺す。

足に罠のワイヤが食い込み、そのワイヤの先は、倒れた太い木の幹に、、、

約50kgはある2~3歳の雌の猪

さあ、これからがたいへん、、足場の悪い急な斜面

猪を引っ張り上げなくちゃならない

Img_9957_sp0000

よいしょ、よいしょ、、、

Img_9961_sp0000

やっと、平らなところへ、、、一段落!

Img_9963_sp0000

罠をかけた猟師さんが、銃を持ってる別の猟師さんに携帯で連絡して来てもらったのであった。

銃を持ってきた猟師さんは、用事があるので帰ってしまった、、、

さあ、それから、、、また急な斜面を引っ張り上げねばならぬ、、、

お~い、すまんけど手伝ってくれんかね~

僕と二人がかりで、5mくらいの急な斜面を引っ張り上げる。

やっと、なだらかな斜面に、、、、

よいしょ、よいしょ、よいしょ、、、と100mほど、、、

Img_9970_sp0000

やっと、道路に、、、

Img_9973_sp0000

車をここまで移動させて、僕と二人がかりで、前足、後足を持って荷台に乗せた。

いや~グッドタイミングだった!

もし、知らずに草刈りのために、ごそごそしてたら、罠にかかった猪におそわれるところだったよ。

Img_9982_sp0000

罠はこの斜面の猪の通り道のこの丸い穴に埋め込まれてる、、

Img_9979_sp0000

猪が穴に足を突っ込み、ワイアの輪をひっかけると、バネによって、輪になったワイアが足を絞めつける、、

今朝、すぐ近くの罠では、ワイアから足を外して、逃げたそうです。

3日前は、100mほど下の谷で一匹獲ったと。

午後の3時頃から解体、、、ほんとに一日仕事だね。

まだ、ここで仕事してる?

ちょっと待ってて、、、、と。

この冬に獲った脂の乗った猪肉の塊、1kg をお礼にと頂いた。Img_9988_sp0000

冬になったら猪鍋だね!

モンタ、、猪の真似しなくても良いよ。

Img_9999_sp0000

ああ、怖かった!

Img_0001_sp0000

最後までみられた方は、、、、

人気blogランキングブログランキング応援のクリック(一日一回)を!

|

« 怖~い猫 モンタ! | トップページ | 壮絶かな、、オオスズメバチとの戦い »

コメント

こんばんわ、おばばです。
猪ちゃん、可哀相な気もしますが仕方ないですよね。
冬はしし鍋ですか、美味しそう。

何年か前おばばも友人に貰った事がありますが、少々堅く、臭みもありましたので、カレーにいれましたら、食べられました。

豚の親戚ですものね。
でも、気を付けてくださいね、栗もいいですが、命を失っては大変です。熊は出ないんですよね?今年は暑かった所為で山の木の実が不作らしく、熊も大変みたいですから。

投稿: えるだーおばば | 2010年9月21日 (火) 23時47分

捕れましたね。 その場にぶつかるなんて!
今年はまだ捕れませんけど、お触れは回ってます。
我が家の背戸はいのししの通り道。
草刈の時に罠にかからないで!

投稿: やまんば | 2010年9月22日 (水) 05時54分

わ~~ ナベショーさん、猟師にも なっちゃった(笑)
猪と遭遇したら・・ 草刈してて 猪の罠に 引っかかっちゃたら・・  なにが起こるか わからない。(県の東部では 毎日 猿騒動)
お手伝いが 出来て お駄賃頂いて めったにない経験をした日でしたねぇ。
(私、猪の仲間だから・・ 美味しく食べられるのが 一番の供養でしょうから ね)

モンタ君、聞いた? ご主人様の今日の 話。 

投稿: シーちゃん | 2010年9月22日 (水) 07時57分

おはようございます

怖いけど最後まで見てしまいました。
仕方がないんですよね、でも可哀想って思いながら私も牛肉、豚肉、魚肉、野菜何でも食べてますもの。
辺見庸の「もの食う人びと」を読んだ事思い出しました、お互いに生きてるんですものね。
私は危ない窮地に立った事がないのでエサを運んで叱責されるか撃たれるか・・・
ナベショーさん、猪にも罠にも気をつけてくださいませ。
モンタ君、遠くに行ったらダメですよ~

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年9月22日 (水) 09時54分

重かったでしょうね~!モンちゃんは食べますか?人間が1番残酷!

投稿: せっちゃん | 2010年9月22日 (水) 11時22分

富士宮です。現在,傷害と窃盗の前科持ちの猿が逃亡中。、大岩の婆さんが昨日夕方襲われたと傷害事件は継続して発生中。困ったもんです。
3ヶ月前に近所で猿が網戸を開けて入り、仏壇のバナナ3本分の皮を残して逃走した。。あの猿が、悪行を垂れ流し裾野から三島・長泉・沼津・富士・富士宮と岳南荒らしてぐるり一周し戻ったのか・・・・、

饅頭や、ぬいぐるみが好みの元飼われていた猿でピンと来た飼い主がいるはずなんだけれど。

投稿: やまんば | 2010年9月22日 (水) 15時06分

画像では見られますが,本物は怖いでしょうね。山梨の知り合いが畑にイノシシに入られて大変だということを言ってました。何も収穫できないそうです。稲もイノシシが通ったら臭くて食べられなくなるとか。
増えすぎたんでしょうか。それとも里山に出やすくなったのでしょうか。何年も前,伊豆の方でイノシシなべをいただきました。記憶にない味です。
モンタ君,藪の中は歩かない方がいいよ。

投稿: tirokuro | 2010年9月22日 (水) 16時45分

はじめまして。
全自動相互リンクシステム「リンク・ドック」の九保と申します。
突然のご連絡失礼いたします。

この度は、当相互リンクへご参加いただけないかと思いご連絡させていただきました。

まず当サイトの特徴としましては、

* 現在登録されているサイト全てのサイトと相互リンクできる!
* 更新作業は一切必要なし!
* 静的ページとして相互リンクできる!
* 常に、バックリンクされているサイトの存在をチェックします!
* 作成されるリンクページは、サイト間で異なっている!
* 今後リンク登録してくるサイトとも相互リンクされる!
* もちろんリンク・ドックとも相互リンクされます!
* さらに、公式ブログからもリンクされるようになりました!

また検索エンジンからスパム認定されないように、1日に10件を超える相互リンクを作成しない堅実設計。
(このため、ご登録に関しましては24時間内にで10件という枠を設けております。)

ご興味をもたらましたら以下より本当に役に立つサイトかどうかをご確認いただけましたら幸いでございます。

↓↓↓こちらになります。
全自動相互リンクシステム - リンク・ドック
http://www.link-dock.com/


この度は貴重なお時間を使って最後までお読みいただきましてありがとうございました。
今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

全自動相互リンクシステム - リンク・ドック 九保すこひ

投稿: SUKOHI | 2010年9月22日 (水) 16時57分

えるだーおばばさま
可哀想だけど、仕方ないですね~
猪鍋、1kgのお肉だから、十分満足いくまで食べられます。
野菜と一緒に牛蒡、大根などを入れて、醤油、味噌、砂糖、酒で味つけると美味しいそうです。
初めに酒と水で1時間くらい煮ると柔らかくなると教えてくれました。
幸いなことに、猿、熊は出ないので安心です。

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 19時47分

やまんばさま
猪を罠で獲る、、まさか、僕の栗の木の下で罠にかかり、しかもバ~ン!
こんな経験、初めてです。
おまけに1kgのお肉も手に入るし、、田舎の生活すればこその幸せ!
家の裏の茶畑の通路に罠をかけたらかかりますよ。

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 19時51分

しーちゃんさま
とても密度の高い一日でした。
1kgの猪肉、、のお駄賃まで頂いて、、、
でも、ちょっとタイミングが合わなければ、僕が罠にかかってたかも、、、怖い怖い!
静岡東部の猿、、、あれたった一匹の猿の仕業?

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 19時55分

ムックのお母ちゃんさま
今の猪は豚が混じってっるので、多産になってこんなに増えたそうです。
猟師さんも少なくなって、、、
可哀想だけど、仕方ないですね。
畑の作物は、猪が荒らして収穫出来ないし、、、
もう罠をかける場所がわかったから大丈夫、、
猪が罠にかかってたら、漁師さんに携帯で連絡することになりました。

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 20時01分

せっちゃんさま
50kgの猪、、、引きずって運ぶと、半端な重さじゃなかったです。
猪の罠を仕掛けるには、獲物を運ぶルートも考慮して場所を選ばなければたいへんです。

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 20時03分

やまんばさま
あれは一匹の猿の仕業ですか。
麻酔銃でば~ん、、というわけにはいかないのかな~

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 20時04分

tirokuroさま
今のところ、電気柵が一番有効らしいけど、設備費蛾要りますね。
罠もかなり有効だけど、人間がかかったり、罠にかかった猪に襲われるという危険があります。
また、猟犬が罠にかかってしまったり、、、
昔、猪と豚をかけあわせたイノブタが飼育されてた時がありました。
そのイノ豚の飼育を止めた業者がイノ豚を逃がしてしまったため、イノ豚とイノシシがさらに交配し、豚並みの多産型猪が増えたのが、最近の猪が多い原因の一つと言われてます。
冬になれば猪鍋、、さて美味しいか、楽しみです。

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 20時11分

SUKOHIさま
相互リンクには興味がありません。
あしからず、、、

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 20時13分

おお! 何という事でしょう! 凄い一日!
一歩間違えばナベショーさんが・・・
其方にも猪が出没するんですね。
多産系だからどんどん増えるようです。
遠くにいるのを見た事はありますが 間近での遭遇は未だありません。
あちらも怖がりだそうだから出会いの機会は少ないと思うけど。
ナベショーさんの野菜畑は道路の側で被害は無いと思うけど丹精した野菜やお米が遣られるのは堪りません。
お味は? 私は余り好みではないですね。
冷凍庫に入っているのもちょっと・・・ですわ。

投稿: ミモザ | 2010年9月22日 (水) 21時19分

猪はナベショーさんの畑近くにも居たんですか~
ちょっと怖かったですね。
うちの田舎の山葵沢にも、出現しますが、見た事はありません。土をほじくった後は年中あります。
猪が増えているようなので、ナベショーさんも気をつけて下さいね

投稿: kawazuzakura | 2010年9月22日 (水) 21時53分

ミモザさま
すごい一日でした。
何よりも、知らずに僕が罠にかからなくて良かった!
最近は猪も人間を怖がらなくなって、真昼間に茶畑で仕事をしてる側を、子供を連れた雌猪が、トコトコと歩いて通り過ぎる、、、人間も舐められたもんです。
ちょっと、、、の写真が多かったですが、あえて載せました。

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 22時21分

kawazuzakuraさま
茶畑の畝の間は、ミミズを食べるために、猪が掘り返しています。
まっ昼間に畑の側を子連れでとことこ歩いてたり、、、
牙のある雄猪は向かって来たら怖いですね。

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 22時24分

私は都会でのうのうと暮らしていますので、農家の方の
野生動物とのご苦労はしりません。
でも思うことは彼ら野生動物もこの地球の住民、
彼らも生きること、子孫を残すために必死で餌を漁っていると思うと哀しいです。

彼らが人間の領域を侵しているのか、人間が彼らの領域を侵しているのか、、、
失礼!

投稿: さんごママ | 2010年9月22日 (水) 22時48分

さんごママさま
昔は、田舎に住む人も多くて、食料確保のために猟をする人達も多かった。猪の害もあったけど、今ほどではなかったです。
多産系のイノ豚なんか作って、野に放すなんてもってのほかですね。
鹿による木々の食害は、鹿を保護しすぎたためと、猟をする人が少なくなったためと思います。
都市に人口が集中し、田舎が過疎化したことが最大の原因でしょうね。
里山も、薪や炭を得るために人が入らなくなり、輸入材のために人工林の手入れをすることなく、人が入れなくなるほど日本の山が荒れ果ててしまいました。
それだけ、猪や鹿、猿などの生活圏が広がったともいえます。

投稿: ナベショー | 2010年9月22日 (水) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖~い猫 モンタ! | トップページ | 壮絶かな、、オオスズメバチとの戦い »