« 秋刀魚料理 | トップページ | 猪肉の牡丹鍋 »

2010年9月26日 (日)

白や黄色の彼岸花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています

Img_0125_sp0000

暑さのために遅れていた彼岸花が一斉に満開

水田の畦道、小川の土手が真っ赤に染まる、、、、日本の秋の原風景!

白に淡い黄色の筋、、、

Img_4463_sp0000

美しいでしょう

Img_4542_sp0000_2 

赤の彼岸花のように、広範に群生はして無いが、、、、

Img_4468_sp0000

ほぼ純白のもあるよ!

Img_4480_sp0000

黄色の彼岸花も、、、Img_4446_sp0000

白にピンクの筋、、、、、

Img_4491_sp0000

やはり、赤いのが良いかな?

Img_4493_sp0000

小さな花が集合して、一つの花を形成する

造形美の豊かな花である

Img_4504_sp0000

群生してる風景、一つの花、、、どれを撮っても絵になる花

Img_4508_sp0000

畑の間引き菜

Img_0150_sp0000

小松菜、水菜、小蕪、聖護院大根、、、、、

毎日、せっせと間引いて笊に一杯、、、

でも、茹でて胡麻和えにすると、、、こんなに少なく、、、

Img_0167

昔から、「青菜は男に見せな」、と言う諺がある。

モンタ、、、その意味、わかるまい!

Img_0174_sp0000

人気blogランキングに参加してます。

一日一回 ブログランキング応援のクリックをお願いします。

|

« 秋刀魚料理 | トップページ | 猪肉の牡丹鍋 »

コメント

一つだけ離れて咲きし彼岸花
曼珠沙華一人ぼっちも居りにけり
曼珠沙華枯れても茎のみどりかな
彼岸花朽ちて港の騒がしき

投稿: 廃人 | 2010年9月27日 (月) 01時27分

青菜は男に見せなという諺,初めて聞きました。意味はいろいろ想像できますが,どんなときに使うんでしょう。
モンタ君,青菜にも興味がないのね。外でいっぱいイネ科の葉っぱを食べているからかもね。

投稿: tirokuro | 2010年9月27日 (月) 08時16分

おはようございます

見事な彼岸花ですね~私なんてポツンと咲いてるのしか見たことがないので、こんなに咲いてるのを見たら動けなくなりそうです。
日本の秋の原風景!!この言葉もいいですね。
純白の彼岸花は、是非見てみたいです。
「青菜は男に見せな」私も初めて知りました、検索しましたよ、嵩を減らしたと疑うのですね。
ナベショーさんには有り得ないことですね。
モンタ君、おばさんも此方で色々教えて貰って学習してるよ~ただ忘れるのも早くて困り者。

俳人(廃人?)さまの、俳句いいですねぇ~一句一句が心に沁みます。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年9月27日 (月) 09時34分

なべショー様

おはようございます

あっ お昼すぎました こんにちは

黄色や 純白のは はじめてみました

ところで 教えて頂きことあります 蜂の事です

昨日のお昼前後 小柄でちょっと弱い感じの蜂が

バラの花を一生懸命かじっていました ええっ 

花壇にいきましたら その小柄な蜂が ミニダリア

の茎と 枯れた花柄に もぶれていました

よく見ると 枝茎の折れたところを 一心に

かじっています とても あわてているようで

不安なかんじがしました

咲いている花があるのに そこには きていません
そして また 最初に見たバラの花のところに

行きますと また 蜂がはなびらをがしがし

かじっています そこへ 足長バチがきて

2ひきは くもの巣に直行 どど どうなるかと

思いましたら 足長は くもの巣がなんじゃい!

とばかりに 小柄な蜂を抱えて飛び去りました

蜂は 蜜を集めるばかりではなく 花や葉や茎

枯れた花柄も食べるのですか それは

どんなとき そうなるのですか 教えて下さると

ありがたいです お時間が取れましたらよろしく


 
 
  

投稿: MZ | 2010年9月27日 (月) 13時33分

ナベショーさんこんにちは!
私~ドタバタが続き、久しぶりに先日1週間分位をまとめて読ませていただき、その時は読み逃げ・・・・・(ポチッとをまとめてしてもダメですね・・・ごめんなさい)
イノシシ・オオスズメバチ~~~ワイルドで凄い!
そして、今日はうっとりしんみり彼岸花。
青菜を男の人に見せたら~一口で食べちゃうから隠しておきなさいね!後で女の人だけで楽しめばいいわ~!って解釈しそうです~私。smile

投稿: viviel | 2010年9月27日 (月) 15時08分

廃人さま
彼岸花、、一本、二本で咲いてるのも風情がありますね。素敵な俳句、ありがとうございました。
ならば、小生も、、、
彼岸花、、誘われ行くには、まだ此岸に未練あり

投稿: ナベショー | 2010年9月27日 (月) 15時47分

tirokuroさま
間引き菜、、笊に山盛りいっぱい採ってきても、茹でて絞ると一握り、、、え~これだけ?
どんな時に使うのでしょうね。
モンタ、、間引き菜にも興味なし、、

投稿: ナベショー | 2010年9月27日 (月) 15時50分

ムックのお母ちゃんさま
こちらは田舎なので、至る所、真っ赤な彼岸花の絨毯です。白や黄色は園芸種かもしれませんね。
ピンクは真っ赤に混じって咲いてますが、最近多くなってきました。
青菜は男に、、、台所に立たない男は、こんなに嵩が少なくなるなんて想像も出来ないでしょうね。
一言言いそうな男には、青菜を見せるな、、、ということか。
俳句、、良いですね~!

投稿: ナベショー | 2010年9月27日 (月) 15時57分

MZさま
蜜蜂も花蜜だけではなく、重要な食料である花の花粉、水、蜂の巣や抗菌接着材のプロポリスの原料になる樹皮や葉なども集めてきます。
口の中で消化、化学変化させて、必要な用途に使います。
蜜蜂は、それぞれ役割が決まってます。
その小さな蜂も、バラの花柄、葉、茎、、きっと必要があって集めてるのでしょう。

投稿: ナベショー | 2010年9月27日 (月) 16時07分

神戸への往復、お孫さんのお守、お庭、学校、、よくぞ、それだけ忙しく身体が動きますね~
ランキングが上がったのは、一週間分のポチかなと思ったけど、一回しか有効でないんですね~
ありがとうございます。
青菜の解釈、、その通り!
男は猜疑心が強くてケチだから、茹でて嵩が少しになったのを見たら、食いしんぼうの女どもが、隠して後で食べるに違いないって疑うことでしょう。

投稿: ナベショー | 2010年9月27日 (月) 16時16分

彼岸花はやはり赤ですね!白いのも黄色いのも毎月いく小平にもありますが、「巾着田」の彼岸花は見ごたえがあります。

投稿: せっちゃん | 2010年9月27日 (月) 16時25分

ナベショー 様

さっそくに ありがとうございました

そうですよねえ お家もつくるのでしたね

当たり前のことなのに 気がまわりませんでした

そういえば 父は 蜜蝋をつくっていました

松脂なんかも集めていました

ナベショーさん ありがとうございました 父のことも

思い出しました 感謝です

投稿: MZ | 2010年9月27日 (月) 17時03分

色とりどりの彼岸花 ステキです!
ほんとに良いお花ですよね。
野に咲く花とは思えない艶やかさ 庭に植える人は少ないけど田舎暮らしを始める時最初に植えましたよ。
ようやく少しずつ増えてきて豪華に咲いてます。
寒くてもやっぱりお彼岸に咲くのは気温より日照の長さで季節を感じているからでしょうか。
花後の葉は枯れ色だけの庭のアクセントにも有難い緑なんですよ。


投稿: ミモザ | 2010年9月27日 (月) 18時55分

せっちゃんさま
やはり赤ですね~
巾着田の彼岸花、、見たことありませんが、すごいそうですね。

投稿: ナベショー | 2010年9月27日 (月) 20時05分

MZさま
数万匹の蜜蜂が、巣作り、女王の世話、育児、お掃除、蜜集め、花粉集め、守衛、兵隊、みんなで役割分担して群を守ってます。
お父さんが蜜蝋や松ヤニを、、御趣味も多かったのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2010年9月27日 (月) 20時09分

ミモザさま
昔から庭に植えることを忌み嫌う花ですが、いまはそんな言い伝えにとらわれず、庭で咲かせてますね。
海外ではリコリスといって人気のある花だそうです。
お彼岸を中心に開花しますが、猛暑の年は、少し遅れるようです。
やはり平均気温に関係してると思います。

投稿: ナベショー | 2010年9月27日 (月) 20時14分

こんばんわ。初めまして。おじゃまします…
彼岸花、本当にいろんな色があるんですね。
私は赤い花しか身近で見た事がありません。
確かに白いのや薄ピンク色などは庭に植えたくなりますね(^^)

投稿: gerogero | 2010年9月28日 (火) 23時49分

gerogeroさま
ようこそ、ブログに!
ピンクの彼岸花は、赤い色に混じって咲いてますが、黄色や白は、たぶん園芸種だと思います。
真っ白も良いけど、群生して咲くのはやはり真っ赤が良いですね。
彼岸花は忌花、昔は庭に植えるのは嫌われましたが、今では庭にいろんな色を咲かせる家も多くなりました。

投稿: ナベショー | 2010年9月29日 (水) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋刀魚料理 | トップページ | 猪肉の牡丹鍋 »