« 名も知れぬ花 | トップページ | 野葡萄の実 »

2010年10月24日 (日)

セイタカアワダチソウ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています

Img_5944_sp0000

セイタカアワダチショウ

この季節、日本中を黄色に染めて、咲いてる花をブログにも取り上げないわけにはいかない。

Img_5719_sp0000

昔、秋の花粉症の原因として騒がれたが、今では別のブタクサが原因であることがわかり、濡れ衣は晴れた。

実は杉の花粉のように、風で運ばれて受粉する風媒花ではなく、昆虫の媒介によって花粉が運ばれる虫媒花なのである。

Img_5722_sp0000

蜜蜂の冬越しのための重要な秋の蜜、花粉源として、戦後に養蜂業者によりアメリカから日本に持ち込まれたものが繁殖したのである。

Img_5738_sp0000_2

セイタカアワダチソウは根から他の植物の生育を阻害する物質を分泌することにより、

野原のススキなどを駆逐して急速に広がった。

でも、今度は自分自身の成長を阻害する自己中毒により、その拡大は抑制されて、ススキなどと共存するようになったそうである。

Img_5749_sp0000

黄色い花、、それなりに美しいのだけれど、道路や鉄道の沿線に広がる広大な水田の多くが休耕田や放棄地となって、セイタカアワダチソウの黄色いモザイク模様の景色、

日本の美しい水田の原風景が、年々、黄色いセイタカアワダチソウやススキ、葛、葦の茂る原野に変わっていく姿を見るにつけて、寂しい思いを抱くのは僕だけではないでしょう。

稲作が始まって以来、数千年かかって作り上げた日本の水田の風景、、それが数十年で元に戻るのです。

でも、猪や獣も増えてるそうだから、数千年前の縄文時代、本来の姿の原野や山に戻ると思えば、それもそれなりに、、、と割り切るか!

毎日、魚料理ばかりじゃ嫌になる。

鶏腿肉と手羽先料理

油でじっくり素揚げをした後、醤油・味醂・砂糖・ニンニク・生姜のタレを表面に塗って、

ガスレンジで焦がさぬように両面を炙る、、、二、三回

胡麻を振りかけて出来上がり、、、名古屋名物の手羽先料理

七味唐辛子もかけるとピリッと、さらに美味しいよ。Img_0966_sp0000

鶏腿肉は、素揚げ、タレをつけて炙ったあと、切り分けて、タレをかけて、大根おろしとネギをかける。

さらに、特製ドレッシングをかけて、、、うん、なかなかいける!

これらは、炙りたての熱々を食べてほしいものだね。

手も、口も汚しながら、、、、

丸~いモンタ

Img_0957_sp0000

眠いのに、写真を撮る間は目をぱっちりと、、、、

人気blogランキングに参加してます。

一日一回 ブログランキング応援のクリックをお願いします。

|

« 名も知れぬ花 | トップページ | 野葡萄の実 »

コメント

今日の新聞に、蜜蜂が巣を放棄して消えてしまう原因が明確ななったという記事がありました。
ウイルスとカビに複合感染した場合だそうですね。
蜜蜂がいなくなる事が、どのくらい生態系を狂わすかという話も・・・
里山の放棄も同じ事ですね。

投稿: MONA | 2010年10月24日 (日) 23時10分

今年はどういうわけか?セイタカアワダチソウを良く目にします。
子どもの頃~やたらと多かったセイタカアワダチソウが姿を潜めて、ススキが多く目についていたのに、今年は復活してきた様子。
他人を追いやる物質で自己中毒して、共存状態になり、
異常な暑さだった夏の影響で他の植物が弱ってきたらここぞと復活したのでしょうか?
勢力争い?どこでもやってるんですね。

投稿: viviel | 2010年10月25日 (月) 02時25分

セイダカアワダチソウ,最近見てないような気がします。単に通勤路や自宅の周りにないだけかもしれませんが。,昔はもっと見たような気がします。
うちの庭も,越してきた時はスイバが勢いをつけてました。でも今は,オニノゲシが幅を利かせています。スイバは見つかりません。セイダカアワダチソウも,そのうちまた目覚めてくるかもしれませんね。ナベショーさんの蜜蜂でしょうか。ちゃんと来てますね。どれくらい飛んでくるのかしら。
モンタ君,そろそろ丸くなってきましたね。

投稿: tirokuro | 2010年10月25日 (月) 07時57分

おはよーございます!

森への掛川バイパスは真っ黄色一色でした。

投稿: やまんば | 2010年10月25日 (月) 08時21分

おはようございます
セイタカアワダチソウ、私も最近見てないような気がします。花粉症や喘息の原因って言われたころは目に付いたものですが気の毒な思いをさせました・・・
事故中毒で拡大を抑制するなんて、政治家の皆さんしっかり見てくださいよ~~
蜜蜂さん、しっかり仕事してますね可愛いです。
昨日のTV、コブダイの弁慶。今朝のTV、アメリカシロヅル自然の中で頑張って生きてる姿が力強くカッコ良かったです。
モンタ君も、自然に逆らわずに気温キャッチしてるよね~^^

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年10月25日 (月) 09時19分

せいたかあわだち草とブタクサ同じものと思っておりました!新聞で大スズメバチのこと見ると読んでます。

投稿: せっちゃん | 2010年10月25日 (月) 12時52分

MONAさま
農薬により、帰巣中枢神経がやられて、巣に帰れなくなったとか、アメリカのアーモンド畑のように偏食とストレスで寿命が短くなって短期間に死滅したとか、いろいろ説がありますが、、、
ウイルスはほとんど感染してるらしく、ストレスや農薬によって抵抗力が弱ってると直ぐに発病して死んでしまう、、
一晩で、巣箱から、ごっそり蜂だけを盗まれる、、、のもあります。
ウイルスとカビの複合汚染説、、、どうなんだろう?。
どこの先生の研究かな?
蜜蜂の数が限界以上に少なくなると群の機能を維持出来なくて消滅します。
里山の限界集落ですね。
最近はTV、新聞などで蜜蜂のことをしばしば報道されるようになり、多くの人も理解されるようになりましたね。

投稿: ナベショー | 2010年10月25日 (月) 17時10分

vivielさま
最近はセイタカアワダチソウとススキが共生してる野原が多くなりました。
暑い夏を乗り切ることの出来た草が秋にたくさん見える、、そういうことも十分あるでしょうね。
自然界はどこかで調節が効いて、バランスが取れるようになっているんでしょうね。
湖水に増えたブラックバス、、全部他の小魚を食べてしまったら、自分自身も生きていけない。
エイズが人間にまん延しても、もし人類が全部エイズで滅びたら、エイズも生き残れない、、、だから必ずどこかで自然の調節機能が働く、、

投稿: ナベショー | 2010年10月25日 (月) 17時17分

tirokuroさま
一時の勢力は弱まったとはいえ、郊外はほとんどセイタカアワダチソウの黄色い花一色だと思いますよ。
写真の蜜蜂は、日本蜜蜂ですね。
蜜蜂は、セイタカアワダチソウの蜜を集めるために、懸命に働いてます。
蜜蜂は巣箱から2~3kmの範囲で蜜を集めてきますが、花が無い場合は5~6Kmも遠くへ行くそうです。

投稿: ナベショー | 2010年10月25日 (月) 17時22分

やまんばさま
セイタカアワダチソウ、高砂百合、葛、竹、日本の自然は野も山も彼らに占領されましたね。

投稿: ナベショー | 2010年10月25日 (月) 17時24分

今日は何だかとっても知的な会話に参加できて、憧れの知性的な女性になれた気分です。
あくまでも気分だけ~~~がちょっと悔しいですが・・・・。(食欲の秋だけではない・・・って。smile

投稿: viviel | 2010年10月25日 (月) 17時28分

ムックのお母ちゃんさま
郊外の田舎へ行けば、黄色一色ですよ!
数年前、千葉の房総を旅した時、地平線まで広い平野の水田の半分が放棄されてセイタカアワダチソウの黄色に染まってました。
民社党のO氏とその派なんか、もう完全に自己中毒状態で、周りが見えなくなってるのでは、、、、、?
コブ鯛の弁慶、、すごい頭と顔でしたね。
モンタはいつも自然体、どこででも、好きなように寝て、好きなように食べて、、、、

投稿: ナベショー | 2010年10月25日 (月) 17時34分

せっちゃんさま
ぼくもブタクサとセイタカアワダチソウが同じ植物と長年思い込んでました。
セイタカアワダチソウの濡れ衣が晴れて良かったです。
TVでもオオスズメバチや蜜蜂などが取り上げられるようになりました。
自然や環境保護のことに関心が高くなったからでしょうね。

投稿: ナベショー | 2010年10月25日 (月) 17時38分

vivielさま
僕も、時には教養ある話題を提供しなきゃ、、、
もうすでに枯渇しかけてるけど、、、

投稿: ナベショー | 2010年10月25日 (月) 17時40分

 ははは、前記事にコメ入れちゃいました。

投稿: ふみん | 2010年10月25日 (月) 19時02分

ふみんさま
遠賀のボタ山にもセイタカアワダチソウがたくましく黄色い花を咲かせてたのでしょう。

投稿: ナベショー | 2010年10月25日 (月) 20時35分

モンタ君の背中が丸くなってきましたね~。

今晩から寒くなるとか、
明日は師走並みになるそうですよ~。
寒いのは嫌ですね~。

お魚は身体にいいけれど
たまにはこういう揚げ物がたまらなく欲しくなりますね。

先日、たまらなくケンタッキーのから揚げが食べたくなり、
テレビで”旨辛ピリ揚げ”なるものが
宣伝されていたのが、あまりにも美味しそうだったので、
買ってみたのですが・・・・
一口食べたら、あまりの油っぽさに食べられませんでした。
手抜きはいけませんね。
家で作るのが一番・・つくづく思い知らされました。

投稿: にりんそう | 2010年10月26日 (火) 20時30分

にりんそうさま
すごい寒波、北海道は雪、、、寒くなるとは言うものの、今日は暑くてT-シャツ一枚で過ごしてます。
明日から寒くなり、台風も近ずいてる、、、荒れそうですね。
鶏のから揚げ、、やはり小麦粉をまぶして揚げてるから、油をたくさん吸ってます。
僕のは素揚げだから、油は吸っていませんよ。

投稿: ナベショー | 2010年10月26日 (火) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名も知れぬ花 | トップページ | 野葡萄の実 »