« 長芋掘りと長芋料理 | トップページ | 晩秋の陽に咲くバラ »

2010年11月20日 (土)

蜜蜂の冬越し

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています

Img_6813_sp0000

真っ赤なサルビア

昔からサルビアと言えば、真っ赤なのばかりだった。

めらめらと激しく燃える炎のような、、、、

Img_6806_sp0000

公園や、道路脇、学校、駅前のロータリー、、、

いろんなところに置いてあるプランターや花壇

多くの場合、この真っ赤なサルビアであることが多い。

紫色のサルビアと一緒に咲いてるのを見つけた。

Img_6815_sp0000

午後の暖かい秋の光

Img_6797_sp0000

情熱的だね、、、心が熱くなってきたでしょう!

Img_6817_sp0000

今日も風の無い暖かい日和、、、

巣箱の中に冬越しに必要な蜜を十分蓄えた蜜蜂、、、冷たい雨や風の強い寒い日がやってきても大丈夫なように、、、、

Img_1755_sp0000

巣箱の端の空間部に新聞紙を入れる、、、

新聞紙は湿気を吸い、断熱材として機能する

麻布に上にも新聞紙

Img_1757_sp0000

こうして、上蓋をする。

蜂が出入りする巣門も半分を丸めた新聞紙を入れて閉じる。

Img_1762_sp0000

蓋の横にある通風孔にも丸めた新聞紙で蓋をする。

Img_1763_sp0000

これでOK

もっと寒くて、積雪のある地方では、もっと完璧な冬対策をするそうである。

しかし、暖かい静岡では、この程度で冬越し出来る。

まだ、オオスズメバチがやってくる

Img_1765_sp0000

ペッタンと巣門の捕獲器は12月初旬まで、、、

まだ2週間ほどは油断出来ない。

丁度、7群、、、

来年、2月の初旬の暖かい日に内検をする時まで、蓋は開けない。

Img_1760_sp0000

箱の中では、寒さで凍死しないように、蜂達は丸い球状に固まって暖め合う。

梅や椿の花が咲き始めて、暖かい日に働き蜂が花粉をくっつけて巣門に出入り始めたら、巣箱の中では、女王蜂が春の産卵を始めたことを示す。

そうなれば、眠気覚ましに砂糖水を与える

働き蜂は、一斉に目が覚めて、活発に花粉や花蜜を集めて、子育てを始める

こうして、一年が始まるのである。

長芋とブロッコリー、油揚げの炒め物、中華風、、、真ん中に卵を一個!

Img_1770_sp0000

味つけは、醤油と味醂

これはお昼の料理

夜は、豚肉料理

200gくらいのロース肉、塩コショウして、醤油、味醂タレに浸して片栗粉

フライパンで焼いて、醤油、味醂、ニンニク、ショウガのタレをたっぷり注いで、大根おろしと刻みネギ

Img_1772_sp0000

牛肉も鶏肉も、醤油タレと大根おろしが美味しいね。

モンタ、、寒い朝はエアコンの下、、、暖かい空気が降りてくる

Img_1752_sp0000

人気blogランキングに参加してます。

一日一回 ブログランキング応援のクリックをお願いします。

|

« 長芋掘りと長芋料理 | トップページ | 晩秋の陽に咲くバラ »

コメント

長芋は中華も合うんですよね、酢豚とか。
オニドコロとのご指摘ありがとうございます。20年来の謎が解けました。
硬くて黄色くてひどく苦かったと思います。
養蜂の記事はいつも興味深く拝見しています。
「都内のベランダで蜜蜂を飼っている人もいるそうだ、
引退したら養蜂と渓流釣りをして暮らすんだ」というのが亡夫の口癖でした。

投稿: 三代目 | 2010年11月20日 (土) 22時41分

めらめらと燃えさかるようなサルビアです。
焼き芋焼けるかな・・・?
ナベショーさんのお料理みて、お腹がグーッと鳴ってきた。
後で冷蔵庫のなかを探してみよう~

夜の間はこたつは電気が入ってなくて、エアコンの下があったかいって知っているのね。
お利口なモンタ君!
ナベショーさんのお布団の中の方がもっとあったかいよ~

投稿: MONA | 2010年11月20日 (土) 22時59分

サルビアは赤がイメージ的に赤をおもいうかべてしまいます。みつばちの前のペッタン沢山の大スズメバチがついてますね!

投稿: せっちゃん | 2010年11月20日 (土) 23時42分

真っ赤、寒さが募ってきてるだけに、嬉しくなる炎の色ですね。

私も最近は、肉にはおろし醤油が一番だと思うようになりました。

投稿: ば~ば | 2010年11月21日 (日) 08時03分

完璧な越冬態勢ですね

>蓋の横にある通風孔にも丸めた新聞紙で蓋をする。

種バチを購入された人にも良く話しますが

越冬時箱の中が湿気で結露しないように注意しましょう

かく言う弊社でもドンゴロスが濡れて

巣脾框がカビで使用できなくなることが良くあります

投稿: 芹澤 | 2010年11月21日 (日) 08時13分

おお,まだオオスズメバチがやってきますね。来週からは,気温も下がって来るそうですが,オオスズメバチも冬越しの準備でしょうか。新聞で暖を取れるって言うのは,静岡ならではの話ですね。もっと寒いところでは,小屋の中などで冬越しかしら。2月ごろ,放射冷却によってすごく冷える時がありますね。そんなときを越えるまで,見守るんですね。みかんの花の蜜が美味しかった!
モンタ君,今日も暖かいよ。外の空気も美味しいよ。

投稿: tirokuro | 2010年11月21日 (日) 08時25分

蜜蜂さんたちは、仕事納めで越冬生活に入ったのですね。毎年、年末年始の感覚も薄れていきます・・・
ニュースを見て、皆さん大変だなぁ~なんて思いになってきました。
新聞紙で暖を取る、生まれて初めてスキーに連れて行ってもらったのが八方尾根、恥知らずで図々しく・・・
その時に教えて貰った新聞紙の温かさは、忘れられません。
モンタ君も、一日の温かい場所を心得ててお利口さんですね^^

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年11月21日 (日) 16時54分

ナベショーさんのお宅の野菜、お茶、ハチミツの自給自足生活をうらやましいなと思いますが、それぞれいろんなご苦労がおありになるのですね。
だから余計においしのでしょう。

長芋とブロッコリーのソテー、おいしそう!
お肉じゃなくて油揚げ、これイタダキ~です。

投稿: sirohi | 2010年11月21日 (日) 17時47分

 ♪真っ赤にも~えた~太陽だから~♪こんな歌思い出し

ます 今日は蜂場のミカン狩りをしました 新聞に出て

ましたね 藤枝市で温州ミカンの皮なげ競争をしたと、

 さくらんぼうの種飛ば知ってましたが、、、みんな
色々考えるもんですね
   
 スズメはこちらではほぼ終息です 冷や汗を充分流させてもらいました

投稿: ふーちゃん | 2010年11月21日 (日) 17時57分

三代目さま
中華の炒め物、しゃきっとした歯触り、感触が良いですね。
ブロッコリー、海老、何かと炒めたら、立派な一品!
オニドコロ、、そう苦くて、とても、とても、、
都内、銀座のビルの屋上で蜜蜂かっていますね。
ガーデニングブームのおかげで、都会のマンションのベランダでも蜜蜂が買えます。
渓流釣り、、いいですね。
ご主人様、引退前に亡くなられたのですか。

投稿: ナベショー | 2010年11月21日 (日) 19時36分

MONAさま
めらめら燃える真っ赤なサルビア、、身体が熱くなってきたでしょう。
お腹がグ~、、もうお休みの時間なのに、罪なことをして申し訳ありません。
僕の布団の中に入ると、蹴飛ばされるからね。

投稿: ナベショー | 2010年11月21日 (日) 19時42分

せっちゃんさま
青いサルビア、、最近ですね。
昔はサルビアと言えば真っ赤のだった。
スズメバチ、、まだまだやってきます。

投稿: ナベショー | 2010年11月21日 (日) 19時44分

ば~ばさま
真っ赤なサルビア、、元気を与えてくれる赤ですね。
脂肪の多いお肉より、赤身の多いさっぱりしたお肉が美味しくなってきたから、醤油味を好むようになったのでしょうか。

投稿: ナベショー | 2010年11月21日 (日) 19時46分

芹澤さま
蓋の通風口、、完全にふさがないで、2~3センチ開けるのですが、風の強い時は隙間風が入って寒かろう、、なんて、、、まあ、大丈夫でしょう。
蓋の天板に結露、、、新聞紙が吸い取ってくれると良いのですが、、。
今年も、ひとまず冬越しに入りましたが、10月、11月はオオスズメバチの襲撃、隣の蜜柑山の頻繁な消毒が原因なのか、幼虫や成虫が死んだり、、、いろいろありました。

投稿: ナベショー | 2010年11月21日 (日) 19時54分

tirokuroさま
今頃、うろうろしてるオオスズメバチは、冬越しする女王蜂、、大きいですよ。
雪が積もる寒いところは、小屋に移動させたり、稲藁やむしろで囲ったり、二重の箱に入れたり、苦労されてるようです。
熊の襲撃もあるそうです。
無事に冬を越して、ミカンの花が咲く頃までに、大きな群れになれば、香りの良い蜜柑の蜂蜜がたくさん採れます。
お楽しみに!
モンタ、コタツの中より外の空気のほうが美味しいよ。

投稿: ナベショー | 2010年11月21日 (日) 20時00分

ムックのお母ちゃんさま
蜜蜂、、ホントは仕事しないでお休みして、来年の春のために体力を温存してほしいのに、日中が暖かいので、まだ飛び出して仕事してます。
新聞紙を身体の中に入れると、暖かいし、湿気も取ってくれるんですね。
モンタの耳には、温度センサーがついてるんだよ。

投稿: ナベショー | 2010年11月21日 (日) 20時03分

sirohiさま
お茶、野菜、蜜蜂の自給自足の生活は、定年退職後の、晴耕雨読、悠々自適の生活のはずだったのに、毎日何かで追い立てられています。
お肉でなくて油揚げ、、たまたま冷蔵庫の中に油揚げしかなかった、、、でも油揚げは美味しいお汁を吸ってるので、とても美味しいですね。

投稿: ナベショー | 2010年11月21日 (日) 20時08分

ふーちゃんさま
美空ひばりとブルーコメッツ!
そう、真っ赤なサルビア、、真っ赤に燃えた~だね。
もう、早生ミカンが出てきました。
無人販売機やJAの朝市で、美味しくて甘いのを探して買ってきます。
新聞、、皮投げ競争、、いろいろやるね~ 町おこし!
スズメ、、ほぼ終息、、いいな~
今日も夕方見にいたら、3匹ペッタン、一匹は巣門のまえに飛んでました。

投稿: ナベショー | 2010年11月21日 (日) 20時20分

真っ赤で元気なイメージのサルビアは、リオのカーニバルを思わせます!
ブルーサルビアと対照的ですね、、、、
そして、、公園など遠くからでも映える花ですね・・・・

大事に大事に手を掛けて出来たハチミツheart01いっそう美味しく感じます!
来年も楽しみにしています~~~~note

モンタ君~~~耳の中までピンク色、、、、よほど温かいのねhappy01

投稿: れんげ畑 | 2010年11月21日 (日) 20時30分

れんげ畑さま
なるほど、、リオのカーニバルですね。
情熱とエネルギーが溢れてます!
どちらかというと青いサルビアのほうが好きだったけど、この情熱的で元気あふれる真っ赤なサルビアも良いですね。
来年は、ぜひ、香りの良い蜜柑の蜂蜜も味わってほしいです。
モンタ、、耳も鼻もピンクだよ!

投稿: ナベショー | 2010年11月21日 (日) 21時36分

こんばんは。
時間があけばナベショーさんのブログを見て参考にさせていただいております。
我が家の3群の巣箱には蓋に通風孔がありません。欠陥巣箱?
開いていたほうがいいのでしょうか?スズメバチの心配は?

投稿: たろすけ | 2011年11月20日 (日) 20時52分

たろすけさま
こんにちは
僕のささやかな蜜蜂ブログ、、お役に立てば幸いです。
一般的に、巣脾8枚と餌箱を入れられる標準箱の蓋には、二つの通風孔があると思いますが、、、
たろすけさまの巣箱は、何枚用でしょうか?
しかし、8枚、7枚、6枚の箱には通風孔は無いと思います。
欠陥品ではありません。
冬は寒いので、通風孔はなくても大丈夫です。
僕も、ほとんど塞いでいます。
0.5センチくらいの隙間をあけることもありますが、、。
スズメバチ、、、11月いっぱいは捕獲器をつけておいた方が安心です。
僕は数年前、11月末に捕獲器を外したら、12月の第一週にスズメバチが数匹襲ってきて、やられました。

投稿: ナベショー | 2011年11月20日 (日) 22時00分

我が家の巣箱は巣脾枠9枚の給餌枠1枚です。
ということは通風孔はなくてもいいのですね。
通風孔はどのような箱についているのですか?
また何の為についているのですか?
輸送箱がありますがこれにもついておりません。

投稿: | 2011年11月21日 (月) 11時24分

たろすけさま
それでは10枚の標準箱ですね。
私の巣箱は熊谷養蜂から購入していますが、標準箱に通気孔が無いのがあるというのは初めて聞きました。
一般には春から夏、巣箱の中が湿気で蒸れないように、また転地用の輸送箱にも必ずついてると思います。。

投稿: ナベショー | 2011年11月21日 (月) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長芋掘りと長芋料理 | トップページ | 晩秋の陽に咲くバラ »