« 炎のように燃える花! | トップページ | 菊の花 »

2010年12月 5日 (日)

山茶花のスライドショー

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています

Img_7955_sp0000

山茶花の花

やっと、朝の冷え込みが冬らしくなってきました。

Img_7958_sp0000

今朝の気温は、、、、、

もっと低いかと思ったが、10度だった、、、

Img_7972_sp0000

でも、日中の気温は上がり、風もないので、ぽかぽかと暖かい。

Img_7974_sp0000

家々の生け垣に咲く山茶花、、、咲き始めの傷んでいない花に会うことは幸せ!

一、二日タイミングが遅いだけで、花ビラが傷んでしまう、、、

Img_7989_sp0000

この山茶花、、、もう明日になると散り始めるだろう、、、

Img_7984_sp0000

淡い薄紫、、、八重ではあるが、ごちゃごちゃしてない

赤い一重の山茶花、、、夕日に透けて美しいね!

Img_8010_sp0000 

蜜蜂、、今年、最後の内部検査

蓋を取って、新聞紙と麻布の覆いを取って、、端から巣脾枠を一枚、一枚引き上げて観察する

Img_7799_sp0000

12月になっても、暖かい日が多いので、蜜蜂は外に飛び出して、花粉を集めてくる。

女王蜂の産卵はまだ続いている。

ゆっくりお休みしてりゃ良いのに、、、働き過ぎるとバテテしまうよ!

Img_7800_sp0000

(決して、頑張り過ぎないこと、常に6~7割の出力で余力を残す

トップになるより2~3番を悠々と、、、、、ナベショーの処世訓)

貯蜜はたっぷり、、、、

巣箱の端に片手をかけて、少し持ち上げる、、、

手にかかる重さの感触で、貯蜜量の程度がわかる。

巣門に取り付けたオオスズメバチ捕獲器も取り外す、、、

巣門の幅をさらに狭めて、3~4センチにする

Img_8019_sp0000

さあ、これで完璧、、、、来年春まで、蓋を開けることはないだろう!

養蜂を一箱から始めて、5年目

少しずつ経験しながら学びつつ、3年目に4箱まで増やして、来年こそ、、という時に、

全国的な耐性ダニ被害に会って、全滅

翌年の春、再び一箱から再開し、今年の春は3箱でスタート、、、

今、標準箱8枚が5群

7枚が1群、6枚が1群、、、で冬越しに入る!Img_7801_sp0000

来春こそは、強い大きな群れに育って、蜜柑の花の蜂蜜をたくさん採りたいものです。

この、来春こそは、、、が曲者、、

来年になると、また想定外のトラブルが、、、毎年、日々、勉強です。

先日、福一さんで買った赤カレイ

干物にして冷凍してあったので、今晩はムニエル

Img_8021_sp0000

付け合わせは、ほうれん草のバター炒め、茹でたブロッコリー、長芋の薄切りの炒めたの、、

モンタ、、、今日は難しい顔して、愛想悪いね~

Img_8026_sp0000

人気blogランキングブログランキングの応援クリックは、元気の源です。

もちろん、モンタも!

|

« 炎のように燃える花! | トップページ | 菊の花 »

コメント

山茶花が垣根を彩ってますね。透き通った花びらがきれいです。ナベショー家のはどれかな。
蜜蜂,今年も元気そうですね。みかんの蜂蜜って美味しいです。来年もたくさん集めてほしいですね。モンタ君は蜂蜜の匂いをかいだことがあるかな。

投稿: tirokuro | 2010年12月 6日 (月) 05時28分

おはようございます
山茶花の、色々な表情いいですね。
3枚目と、赤い一重の夕日に透けてる山茶花が特に好きです。
蜜蜂さんも、暖かい日にはじっとしてられないのですねオオスズメバチは、もう来ないですか?巣門を3~4センチにすれば入れない??来年の春が楽しみですね。
片手で貯蜜量が分かるなんてプロですよ~^^
ナベショーさんの処世術・・・賛成っ!!
世の中も、これくらいのゆとり、余裕が欲しいものです。
モンタ君、考え中~~なにを・・・

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年12月 6日 (月) 09時08分

この時期山茶花と乙女椿区別がつきません。
ムックのおかあちゃんもおっしゃっているように片手で持ち上げておもさでわかる?なんてさすがナベショウーさん!ぷろですね!

投稿: せっちゃん | 2010年12月 6日 (月) 12時37分

 今 8枚群では来春4月上旬では継箱まで満杯ですね

桜の蜜がたくさん採れますね  ナベショウさんの養蜂技術は高度でうちの旦那は負けてるといってま~す

 もんちゃん眠いんだよね 

はたはたを買って干物を作ろうと思ったら卵がいっぱい

ナベショウさんの真似?して味噌汁に入れたらこれが固い  はたはたの卵はどうやって食べたら良いのでしょう

投稿: ふーちゃん | 2010年12月 6日 (月) 13時57分

暖かくて雪の降らない静岡での養蜂が羨ましい!!
こちら越後の山里は外に置くと雪に埋もれてしまいます。
新井にこられたことがあるようですね。
あそこの雪もまたドッカ~ンと降って大変なところです。
雪の越後には美味しい酒蔵がたくさんあります。
君の井酒造も美味しいお酒を造る酒蔵です。
熱燗で一杯が美味しい季節になりました。

投稿: NorthWave | 2010年12月 6日 (月) 16時54分

こんばんは~~happy01

「2番じゃ駄目なんですか!」の蓮舫さんを思い出しました・・・・
1番はプレッシャーが大変ですね、、2番3番が力を発揮できそうな気もしますthink

山茶花の葉まで透けて見えますね、、、
花びらは良くありますが葉は珍しいですね

去年より鉢箱が増えてますね、、楽しみ・・・・heart02
でも、、ビン詰めになるまでは棘の道のりですね

モンタ君~~~ナベショーさんからの愛情は1番ねsign03

投稿: れんげ畑 | 2010年12月 6日 (月) 19時12分

tirokuroさま
この季節、、山茶花が楽しませてくれますね。
家には山茶花が無いので、もっぱら、あちこちに山茶花を、、
蜂蜜、、来年は、今年の3倍は採れるはず、、、と狸の胸算用
蜂蜜を舐める猫、、そんなの聞いたことないな~

投稿: ナベショー | 2010年12月 6日 (月) 20時14分

ムックのお母ちゃんさま
夕日に透けた山茶花、、なかなかこういう写真が撮れないんです。
オオスズメバチ、、もう来ません。
冬の寒さで、冬越しする女王蜂以外は、ほとんど死んでしまったでしょう。
巣門を狭くするのは、冷たい北風が吹きこまないようにするためです。
冬でも、巣箱の中は30数度を保ってるんですよ!
プロ、、まだまだ、、片手で貯蜜量を判断出来る、、これは養蜂家として最低の条件なんです。

投稿: ナベショー | 2010年12月 6日 (月) 20時22分

せっちゃんさま
山茶花と椿の見分け方、、品種も多くなると区別が難しいですね。
一応、椿の花の雄しべと雌蕊は筒状になってる、、というのが見分け方と言いますが、、。
簡単に持ちあがるようなら、冬越しの蜜が足らない、、
よいしょと手に力が入り、掛け声が要るようなら、貯蜜は十分、、
これが、プロの見分け方!

投稿: ナベショー | 2010年12月 6日 (月) 20時25分

ふーちゃんさま
4月上旬には継箱が満杯、、そうありたいものです。
蜜柑の蜜の前に、桜の蜜を採りたいものです。
どんな香りかな、、?
ふーちゃんの旦那さんは、プロ中のプロ、、私なぞ足もとにも及ばないです。
ハタハタ、、たくさん入ったプチプチの卵、美味しそうだけど、なかなか火が通らない、、
干物は卵の無い雄のほうが美味しいかも、、
卵入りハタハタは煮付けが一番美味しいかな、、

投稿: ナベショー | 2010年12月 6日 (月) 20時33分

NorthWaveさま
雪国では、冬は小屋の中に移してやらないと、雪で埋まってしまう、、たいへんですね。
北国、金星、、などの夜行で出張しました。
帰りも、直江津で、飲みながら時間を潰して、夜行に乗る、、、
大雪の時、広島の工場から、若者ばかりの雪かき応援隊を派遣したことがありました。
懐かしい思い出がたくさんあります。

投稿: ナベショー | 2010年12月 6日 (月) 20時43分

れんげ畑さま
一番にならないと駄目、、という人もいるんだな~
子供の時から勉強が一番で、東大入って、一流企業か霞が関の官庁の役人になって、、
花は反射光よりも、逆光、透過光で撮ると、美しく撮れます。
巣箱、、去年よりも2倍でしょう。
しかも、ほとんどが満杯の強勢群、、期待してて下さい!

投稿: ナベショー | 2010年12月 6日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炎のように燃える花! | トップページ | 菊の花 »