« ツルウメモドキの赤い実 | トップページ | 文旦の収穫 »

2010年12月26日 (日)

寒風に咲くバラ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています

Img_8839_sp0000_2

冬のバラ

この冬一番の冷え込み

いつもの山沿いのウオーキングコース

さすがに氷が張っていた

Img_8847_sp0000_2

でも、風が強いためか、霜は下りていない。

外温 5~6℃で、風のない夜明けの地表面の放射冷却によって霜が降りる

Img_8849_sp0000

寒い北風が吹く中で咲いているバラの花は、ことさらに美しく感じる

これはコクテールかな?

Img_8850_sp0000

一重の花、、数個の花が咲き残っている

Img_8854_sp0000

この暖かい色、、何て表現したらいいのだろう、、

Img_8868_sp0000

黄色いバラも美しいね。

Img_8884_sp0000

僕が、初めてバラの花を撮ったのは、真冬の雪の中で咲いてたピンクのバラだった。

白い雪と灰色の空を背景に、風雪に耐えて凛として咲いてるピンクのバラ

ほんのりとお色気さえも感じられた、、

20年前、広島県大竹市での単身赴任中

マクロレンズで花の写真を撮り始めた、、、

写真の指導をしてくれてた写真屋さんが、3年目に初めて雪の中のバラの写真を誉めた。

大きく伸ばして、写真屋さんのお店に飾ってくれた、、、

まあ、、今から思えば、まだまだ稚拙な写真ではあったが、、、

調子に乗って、焼き増しして、岩国の麻里布町の行きつけのお店に飾ってもらった。

ところが、、お姐さん達

ナベショーさん、バラの写真、あの小金持ちのお客さんが買って行ったわよ!

おい、そのお金、、こちらに出しな、、

いやよ、、売りつけたのはあたしたちだもん、、!

で、店のママさんやお姐さん達との豪華な食事に化けました。

今晩のスープ

鶏の手羽、乾燥ナツメ、クコの実、柑皮、生姜、水、少々の塩

圧力鍋でことこと煮ること60分

Img_0002_sp0000

寒い夜は、ポカポカと身体の芯から温まる中華スープを!

モンタ、、お邪魔虫、、、、今日の話はわからんだったろう。

Img_8910_sp0000

人気blogランキングブログランキングの応援クリックは、元気の源です。

もちろん、モンタも!

|

« ツルウメモドキの赤い実 | トップページ | 文旦の収穫 »

コメント

こんにちは
コメント届きましたよ~♪感謝♪

まだバラの花が咲いているのですね。

はじめて褒められた写真♪ 写真好きな人なら思いでの一枚があるでしょうね。大きく引き伸ばして(笑)。
しかも売れたのですね~。見てみたかったです。まだ残ってますか?

投稿: Lala | 2010年12月27日 (月) 02時09分

薔薇の写真にそんなお話があったのですね。忘れられないですね。うちの花たちも冷たい風に吹かれて寒そうにしてます。放っておくといつまでもつけた蕾がさきます。株が体力消耗するから早めに剪定をといいますが,この時期花があるのが嬉しくて,咲かせています。
モンタ君もコードが好きなの?噛みちぎらないでね。

投稿: tirokuro | 2010年12月27日 (月) 06時49分

こんにちは。寒いですね。
この頃、花がなくてブログの更新も悩みますが、
どんな野草の花でも、もちろん冬のばらも
ナベショーさんが撮ると花が人間みたいに
言葉を発しているように感じてしまいます。

撮るときに、思い入れを込めて話しかけるように
撮っているのでしょうか?
技術はまねできませんが、
気持ちだけまねしてみようかしら?

投稿: mazennda | 2010年12月27日 (月) 10時31分

おはようございます
バラの写真の楽しい思い出があるのですねぇ~3年経って褒めてくれた写真屋さんは、見る目が確かだったのですね^^
ウチでも、息子が高校生の頃、鉄道写真に凝ってまして新聞や雑誌に載ったことがあって、親ばか丸出しで新聞に雑誌、買い集めました^^
スープがとっても美味しそうです、身体の芯から温まる献立はいいですね。
モンタ君もコード好き?tirokuroさん宅のネコちゃんもですか?ウチも1人(匹)コード好きでジャバラ式カバーを付けてます^^

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年12月27日 (月) 10時35分

ニンジンなしサムゲタン、手羽先は一番おいしい部位ですね。
バラの写真はよく撮るのですが全然だめです。
カメラのせいにしています。

投稿: 三代目 | 2010年12月27日 (月) 10時51分

2番目のバラの写真も高く売れそうなんですけど~。
Kissheart04しちゃいたくなります。
というか、おいしそう・・・何ですけど・・・・smile

投稿: viviel | 2010年12月27日 (月) 14時39分

ナベショーさんもばらつくっていらっしゃる?綺麗ですね!寒くなりましたのでお体くれぐれもお気をつけください!
バーバさま!合唱団に所属してます。
メサイアは(らい年7月)横浜のホールでやる予定!池袋の芸術劇場が改装するので横浜とったようです。お近く?なら是非聞いていただきたい!

投稿: せっちゃん | 2010年12月27日 (月) 18時30分

Lalaさま
やっと届きました。
うまくいく時と行かない時が、、、、
今から思えば、大した写真ではないのですが、、
その時のポジフィルムも写真も、残ってません。
売れたと言っても、飲み屋で酔っ払いが、、、

投稿: ナベショー | 2010年12月27日 (月) 19時57分

tirokuroさま
しょうもない思い出です、、、、5~6万円くらいだったか、、、豪勢に食べて、飲んで終わり。
花のない時に、長く咲いてる冬のバラは良いですね。
剪定しないで、、、って叫びたい。
モンタ、、何でも玩具にしてしまう
時々、噛んでますね。

投稿: ナベショー | 2010年12月27日 (月) 20時01分

サーモンピンクっぽい薔薇の色が、本当に優しく癒されますね!

写真屋さんが3年目にほめてくれたり、写真が初めて飾られたり、
その時、ほんとうに嬉しいでしょうねえ。
毎日、お店の前を通ったりしちゃいます、わたしだったら。
良い思い出&エピソードですね。

投稿: ひらり | 2010年12月27日 (月) 20時08分

mazenndaさま
一気に真冬に突入です。
ほんとに花が無くなりましたね~
でも、それだけ限られた花を丁寧に撮ってるかも、、、
カメラを花に向けると、花が「あたしを綺麗に撮ってね~」って叫ぶんです。

投稿: ナベショー | 2010年12月27日 (月) 20時20分

ムックのお母ちゃんさま
空に電線が写ってる、、とか、日ノ丸だとか、何を写そうとしたのかわからないとか、何か一言けなされました。
息子さん、今も写真を撮り続けてられるんですね。
写真は楽しいですし、年々、自分の写真に対する美的センスや撮り方が変化していくのが面白い。
猫が好きなものは、みな共通してますね。
カリカリ以外は興味なし、、というモンタは変わってるかも、、

投稿: ナベショー | 2010年12月27日 (月) 20時27分

三代目さま
そういえば、人参の入ってないサムゲタンですね。
薬臭くなくて、ちょうど口に合いました。
手羽先、、プリプリのコラーゲンが美味しいです。
花を綺麗に撮る、、やはりマクロレンズでないと難しいですね。

投稿: ナベショー | 2010年12月27日 (月) 20時31分

vivielさま
ナベショーの花の写真集、、どこか出版社からオファーが来ないかな~
Kissしても大丈夫です、、棘は写ってませんから。
美しいバラの花に魅せられて、バラを栽培する人の気持ち、、わかりますね。

投稿: ナベショー | 2010年12月27日 (月) 20時36分

せっちゃんさま
十分な世話が出来ないので、バラは作ってないんです。
ほんとに、急激に冬に突入ですね。
毎朝、外は氷が張ってます。

投稿: ナベショー | 2010年12月27日 (月) 20時38分

ひらりさま
そうか、、サーモンピンク色、、なるほど、そういうふうに表現するんですね。
美しいい色です。
写真屋さんに、額に入れて飾ってある、、嬉しかったですね。
写真屋さんは、マクロレンズで花を撮ると、こんなに綺麗に撮れますよ、、、って客にPRしてましたが、、。

投稿: ナベショー | 2010年12月27日 (月) 20時43分

寒風に咲く薔薇、美しいですね。
色はピンクがいい!!

昨年の冬、勤務先の生垣に積もった雪の中に一輪の薔薇が咲いていた。
ピンク色の可憐な花びらだった。
”四季薔薇”というんです、、と勤め先一の美女Jnが微笑んだ。
私の心は寒風吹き荒ぶなか時めいた。

6月、一枝手折って庭に挿し木した。
そのJn薔薇が今またピンクの可憐な花を咲かせている。
いわく云われをうすうす感じた取っている家内の横目使いが
なんとも言い難くて楽しい。

投稿: NorthWave | 2010年12月27日 (月) 21時29分

NorthWaveさま
Jn薔薇のピンクの可憐な花、、、心ときめき楽しい思い出ですね。
同じ寒風の吹きすさぶ冬のピンクの薔薇の思い出でも、僕の飲み屋の綺麗なお姐さんたちと豪華な食事の思い出とは、雲泥の違い!
挿し木したJn薔薇、奥さまに引っこ抜かれなきよう、お気をつけください。

投稿: ナベショー | 2010年12月27日 (月) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツルウメモドキの赤い実 | トップページ | 文旦の収穫 »