« 一足早いクリスマスデイナー | トップページ | ツルウメモドキの赤い実 »

2010年12月24日 (金)

映画「最後の忠臣蔵」

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています

Img_8753_sp0000

日が照ってるのに、薄い雲が広がり、冷たい雨が時折風と共に顔に当たる

もう少し気温が下がれば、風花、、つまり小雪が舞っただろう。

最後の紅葉、、、、

Img_8756_sp0000

後、数日でほとんど風に舞って落ちるだろう、、

Img_8763_sp0000

よく頑張って、今まで楽しませてくれたね~

Img_8766_sp0000

時折、強い風が吹く度に、一枚、二枚と風に舞って飛んで行く、、、

Img_8770_sp0000

側の山茶花の木の下も、、、

Img_8773_sp0000

妻と映画「最後の忠臣蔵」を見に行った。

池宮彰一郎の小説の映画化

Img_0005_sp0000

役所広司、佐藤浩一、桜庭ななみ、安田成美 他、片岡仁左衛門、伊武雅刀、、、、

キャストが素晴らしい

Img_0004_0_sp0000

普通、よく知られている忠臣蔵の討ち入りの物語ではない。

赤穂事件から16年後、二人の生き残りを描くという、今までの忠臣蔵とは違った角度からとらえている。

吉良邸討入りから引き揚げる途中に、足軽・寺坂吉衛門は大石内蔵助に、

生き続けて裁きの生き証人となることを命じられた。

一方、討ち入り前夜に脱盟,姿をくらました瀬尾孫左衛門、、、

過酷な半生を生きた二人の武士の生きざま、死にざま、、、の物語である。Img_0006_sp0000

最後まで、感動の 涙なくしては見られない、、、、

Img_0008_sp0000_2

監督は名作「北の国から」シリーズを演出した杉田成道氏である。

この映画のもう一つの素晴らしさは、映像の美しさであろう。

撮影は、ほぼ全部が京都と京都近郊で撮影されており、京都ならではの美しい風景

日本の美を、余すことなく堪能させてくれる。

僕は、素人ながら花の写真を撮り続けているが、この映画の美しい映像は、

構図、光、、、もうすべてがパーフェクト、、、なのである。

おそらく、この映画は、国際的な映画祭で最高の栄誉を受けるに違いない。

久々の見応えのある映画であった!!!!!!

モンタ、わかるかね~!

Img_0008_sp0000_3

人気blogランキングブログランキングの応援クリックは、元気の源です。

もちろん、モンタも!

|

« 一足早いクリスマスデイナー | トップページ | ツルウメモドキの赤い実 »

コメント

コメントはお久しぶりですが 何時も訪問させていただいております。
【最後の忠臣蔵】ナベショーさんの解説で観たくなりました! 美しい映像を観に行きます!

投稿: 桜シンフォニー | 2010年12月25日 (土) 00時10分

冷たい風が吹きます。こんな日は,映画館もいいですね。でもなかなか足を運べないのが現状です。
紅葉がまだ残っているんですね。どんな場所ででしょうか。うちの落葉樹はすべて落ちましたよ。モンタ君は,何時もポーズをとるのがうまいわね。ナベショーさんの腕かも知れないわね。

投稿: tirokuro | 2010年12月25日 (土) 05時31分

いまの状態では、なかなか映画は観に行けません。

今夜はTVで『忠臣蔵』がありますね~~。

投稿: ば~ば | 2010年12月25日 (土) 07時52分

おはようございます
今日は、とっても寒くて風花までは行きませんが雪がちらついています。
映画館も、何年行ってないでしょう~最近は、街まで出なくても大型スーパーに入ってますね。
「最後の忠臣蔵」機会があれば見てみたいです、佐藤浩市さんいいですね^^私達が見る映画や本、TVが少なくなって本屋さんに行っても文庫本の二度買いしてしまったり~~気を付けてはいても抜けてる・・・危ない^^
モンタ君、ふむふむ中々聞き応えもありそうだ^^

投稿: ムックのお母ちゃん | 2010年12月25日 (土) 10時32分

友人に忠臣蔵フリークがおりまして…
忠臣蔵のサイドストーリーなど言語道断だ!などと申しておりますが、
私も密かに観たい映画なんです(^^)
京都の映像が美しいのですね。それだけでも必見の価値があるでしょう。
ナベショーさんの感想からすると、今やイージーな国民になってしまった、
日本人の「こころ」がある映画なのではと思っています。
クリスマスプレゼントには時間が欲しいなぁ~!

投稿: gerogero | 2010年12月25日 (土) 14時26分

Wish you a merry Christmas Mr. Watanabe!!

---William from Hong Kong

投稿: William | 2010年12月25日 (土) 15時00分

テレビでも 【最後の忠臣蔵】を お薦めしてました。
お正月にでも 見に行こうかな。お正月も シニア料金で 入れますよね?
忠臣蔵は 子供(?)の頃から 東映映画で 見てましたね。 

投稿: シーちゃん | 2010年12月25日 (土) 19時06分

桜シンフォニーさま
普通、本を読んで映画を見ると、がっかりすることが多いですが、原作を読んでから映画を見た方がいいかも、、
脚本家のストーリー作り、キャスト、美しい映像、、すべてに感動します。

投稿: ナベショー | 2010年12月25日 (土) 20時16分

tirokuroさま
お忙しいですね。
でも、絶対にお勧めですよ!
ほとんどの紅葉は散ってるのに、この廃屋の荒れた庭にある紅葉は散らずに残ってました。
モンタ、、毎日、毎日、カリカリだけでモデルやらされてるとね~

投稿: ナベショー | 2010年12月25日 (土) 20時19分

ば~ばさま
映画に行ける状態で無いのが残念ですね。
でも、いつか見てください。

投稿: ナベショー | 2010年12月25日 (土) 20時20分

ムックのお母ちゃんさま
風も強く、寒かったですね、、日中でも4~5℃でした。
今はシネコンがあちこちにあるので、映画も見やすくなりました。
それに、シニアーは1000円
「最後の忠臣蔵」初めに本を読んでから映画を見ると良いですよ。
桜庭ななみ、安田成美、、美しいです。

投稿: ナベショー | 2010年12月25日 (土) 20時25分

gerogeroさま
サイドストーリーではなく、この二人の浪士によって16年後に忠臣蔵が完結する、、という本流のストーリーなのですが、、、
本を読んでから映画のほうを見るのをお勧めします。
たぶん、国際的な映画祭で賞を取るだろうから、堂々と見に行ってください。

投稿: ナベショー | 2010年12月25日 (土) 20時29分

Mr.william
Merry Chrisimastmas!

投稿: ナベショー | 2010年12月25日 (土) 20時31分

シーちゃんさま
お正月には見に行ってください。
シニアー料金 Ok でしょうね。
ほんとにシニアーですか?、、って聞かれますよ。
映画より先に、本を読んでおいた方が良いでしょう。
今までの忠臣蔵とは、かなり異なります。

投稿: ナベショー | 2010年12月25日 (土) 20時34分

おはようございます、ナベショー様
最後の忠臣蔵、観てらっしたのですね。
見たいと思いながら、機会を逸しています。
ナベショーさんの解説に、もうたまりません。
いきます!
加古 隆さんの音楽も素晴しそうですね。

いま、邦画が本当に面白いですね。

投稿: にりんそう | 2010年12月26日 (日) 08時26分

にりんそうさま
まず本を読まれてから映画を観られることをお勧めします。
一般には本を読んだ感激が、映画を見てガッカリと言うことが多いのですが、この場合は、本も、映画も共に感動、、それだけ原作を元にした脚本が良いのでしょう。
映像も音楽も、キャストも、、、素晴らしいです。

投稿: ナベショー | 2010年12月26日 (日) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一足早いクリスマスデイナー | トップページ | ツルウメモドキの赤い実 »