« ポットラック料理に焼き豚を! | トップページ | 東野圭吾の「秘密」 »

2010年12月20日 (月)

今頃、クレマチスが、、

人気blogランキング 花、ガーデニング部門にエントリーしています

Img_8416_sp0000

クレマチス、、、、って、今頃咲いてるのかな~?

このクレマチスは特別の種類なのかな?

Img_8425_sp0000

チロリアンランプと一緒に咲いてた、、

Img_8451_sp0000

お正月の料理、茶碗蒸しに欠かせない食材、、、、銀杏の実

Img_0006_sp0000

毎年、街路樹の銀杏の木にたくさん実が生って、朝の散歩の途中にポリ袋に拾って歩いたのだが、、、

今年は、銀杏の木が、無残にも、強剪定されて、丸坊主になってしまった。

仕方が無いので、妻が安いのを見つけてたくさん買ってきた。

銀杏の実は、写真のよう形で枝に生っているのではない。

黄色い果実を拾ってきて、ゴム手袋をして、ポリバケツの中で潰しながら、繰り返し、洗っては水を捨てて、洗っては水を捨てて、、、

一度、手に洗浄水が触れて、堪らなく痒くかぶれたこともある。

おまけに、この臭い、、、手や衣服、靴に染みついて取れない、、、

この臭いは、酪酸を主成分とする有機酸である。

チーズの臭いもこれである。

シー・シェパードが南氷洋で日本の捕鯨船に投げつけた薬品入りの瓶、、、

この薬品は、酪酸である。

極々微量ならば、よい匂いに感じられて、香水の中にも配合されてると聞いたが、、、

人間にとっては、心が落ち着く癒しの香り、、、なのである。

銀杏の香りに関しては、過去のブログに記事「銀杏の臭」を是非、ご覧ください。

また、銀杏の実を電子レンジで調理する是非に関しても過去のブログ記事「銀杏を電子レンジで調理」をご覧ください。

これらのブログ記事は、僕にとっては力作なのだが、残念ながら当時はアクセスされる方が少なくて、、、、

モンタ、、、何か?

Img_0010_sp0000

人気blogランキングブログランキングの応援クリックは、元気の源です。

もちろん、モンタも!

|

« ポットラック料理に焼き豚を! | トップページ | 東野圭吾の「秘密」 »

コメント

綺麗な銀杏!だと思ったら市販されてるのですね!この時期に「クレマチス」は珍しいですね!

投稿: せっちゃん | 2010年12月20日 (月) 23時09分

こんにちは
ギンナン実がなる木とならない木があるのですかね。
イチョウの木は見ても実を拾ったこと無かったです。
ギンナンの食べ方(笑)いろいろ実験されたようですね。過去記事も読みました~。月光仮面のおじさんすごいですね…。
大根の甘酢漬け完成しました。UPしましたので味見?じゃなくて下見でもなく。。。見てもらえたら嬉しいです。

投稿: Lala | 2010年12月21日 (火) 00時42分

ふ~む、さすがナベショウ様、過去のブログ読みましたよ、私の大嫌いな科学に強い、

私など銀杏一摑み紙袋に入れパンパン弾けたら取出し砕けたのは自分の口の中、うまくいったのは5人分2個ずつ使っても10個、何の疑問も抱かずアバウトな私です

ね~モンタく~ん 凛々しいお顔だね~

ナベショウ家 ピアノがありますね 子供さんがやってたんでしょうね

うちも今孫たちがやってます ばーばの夢の押しつけです

Lalaさんのブログ、見せて頂きました

ブログからブログへとつながっていけるんですね

投稿: ふーちゃん | 2010年12月21日 (火) 13時14分

わーい、銀杏!!

茶碗蒸し!!


投稿: LAの次女 | 2010年12月21日 (火) 16時02分

銀杏の木 この頃 葉が落ちる前に強剪定しているのを
見かけます。
銀杏並木 黄葉して美しいですが 近くに住む人はお掃除が大変なのでしょうね。

水泳のバタフライではなく マダムバタフライ
第二の人生 オペラの歌 勉強していま~す♪
               (旧 mimi)


 

投稿: バタフライ | 2010年12月21日 (火) 16時39分

季節はずれのクレマチス、チロリアンランプとの色の組み合わせが
素敵です。二期咲き?猛暑のせい?
銀杏 色々試されたのですね。私はもっぱら銀杏割りで
殻を割ってから レンジでチン! 一番手っ取り早い。
銀杏の外側を取るには 目の大きなネットに銀杏を入れ、一日水につけてから
流水をかけながら長靴で踏むと 簡単に外側が取れると教わりました。
ただし ネットも手袋もベトベトになります。
美味しいものをいただくための苦労、惜しんでいられません。

投稿: mituemon | 2010年12月21日 (火) 19時41分

せっちゃんさま
今年は、市販の銀杏の実を買いました。
クレマチス、、ほとんどのは枯れて蔓だけなのに、、

投稿: ナベショー | 2010年12月21日 (火) 20時00分

Lalaさま
大根の甘酢漬け、、綺麗な出来上がりですね。
お味の方も、きっとご満足のいく美味しさでしょう。
コメント入れたけど、入ったのかな~?
アメリカの野菜を同じように漬けたら楽しいでしょうね。
銀杏は雄と雌の木があり、雌の木しか実が生りません。庭に大木があったらたくさん実が収獲出来るのに、、

投稿: ナベショー | 2010年12月21日 (火) 20時18分

ふーちゃんさま
化学で飯を食ってきたので、料理を含めて何かとこだわり、理屈で考える癖が身に着いて、、、
ピアノ、、子供たちは誰もピアニストにはならなかったけど、楽しんでポップスなんぞ時々弾いてます。
さあ、孫も練習してるけど、、、一生、楽しんで弾けたら良いですね。
楽器が出来ない者の夢、子供、孫に託して押しつける。

投稿: ナベショー | 2010年12月21日 (火) 20時24分

LAの次女さん
銀杏の実がたくさん入ってる特製茶碗蒸し、、でっかい丼ぶり茶碗で作るからね!

投稿: ナベショー | 2010年12月21日 (火) 20時26分

バタフライさま
木の葉、、お掃除が大変なのでしょう。
僕は、紅葉した木の葉が地面いっぱい落ちてるのが大好きなんだけど、、秋だもの、、
大阪の御堂筋なんか、巨大な銀杏の木は広い道路に垂れさがるほど美しい、、特に雨が降ってるときなんか、、
雨の御堂筋なんて、、、
第二の人生、、オペラの勉強、、、素晴らしいです!
マダムバタフライ、、、やはり練習いっぱいして、立派なん劇場で発表会もなされるのでしょうね。
そういえば、フラメンコダンスに打ち込んでる人もいました。

投稿: ナベショー | 2010年12月21日 (火) 20時36分

mituemonさま
クレマチス、去年も咲いてたから遅咲きの種類だと思います。
銀杏割りで割ってからレンジでチン、、それが最も確実な方法だと思います。
僕は歯で割るけど、、、いつまでやれるか、、、
ネットに入れて川の水に浸けて長くつで踏む、、それが良い方法ですね。
なかなか臭いが取れなくて、、、

投稿: ナベショー | 2010年12月21日 (火) 20時41分

銀杏、、、
何処で拾って来たか? 家内は程好いくぼみのある専用の石を持って
いて、その年の実の大きさ、固さに応じて幾つかの金槌の中から試し
打ちをして手頃なものを選んでから割っている。
後は時間の経過で1升程の銀杏を割り終えると、小袋に分け冷蔵冷凍
保存し、必要に応じて取出して料理している。
銀杏の実の大きさは、その年の出来、不出来はあっても1本の木から
取れる実は粒が揃っている。 この木、あの木、その木の実と別々に
すると具合が良い。
子供だった頃、、、
木の実は貴重な食べ物で、囲炉裏で火を焚き、自在に鍋を吊るして、
銀杏を放り込んで焼いて食べた。 実が程好く焼けるとパンと音を出
して割れ飛び、木の落し蓋に当ってポンと音がした。
早く食べたくて蓋をずらして覗き見る時にまたパンと音がしてはじけ
飛んで危なかった。 自分の年の数だけ食べて良いと言われ、ひとつ
ふたつと数えながら食べたものだった。 早く大きくなりたかった。
婆さんは、自分の年の数から孫たちに少しずつ分け与え、若返ったと
微笑んでいた。

投稿: NorthWave | 2010年12月21日 (火) 21時43分

NorthWaveさま
どこかに大きな銀杏の木があるのでしょうね。
窪みのある石と金づちで殻を割る、、なるほど!
一升も、、それだけの銀杏の実を冷凍保存したら、一年間いろんな料理で堪能できますね。
子供の頃の銀杏の思い出、、
囲炉裏に吊るした鍋の中でパン、パンと弾ける銀杏の実、、その懐かしい光景が浮かんできます。

投稿: ナベショー | 2010年12月21日 (火) 22時29分

銀杏は,小川で洗うと匂いが気になりません,といってもそんな小川がどこにでもあるわけがありませんが。ないところでは,先ずビニールぶくろにいれて,足で踏み中の実を取り出してから,ザルにいれて洗うといいです。でも臭いですね。この実は,かにしんじょうに欠かせません。モンタ君,銀杏の匂いかいだことあるかな。

投稿: tirokuro | 2010年12月22日 (水) 05時15分

tirokuroさま
最近は、洗い物が出来るような水の綺麗な小川が無くなりました。
実のなる銀杏の木、、庭に一本欲しいところだけど、実が生るまで、ずいぶんと年月がかかるのでしょうね~
モンタ、、モンタのおトイレと同じ臭いだね。

投稿: ナベショー | 2010年12月22日 (水) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポットラック料理に焼き豚を! | トップページ | 東野圭吾の「秘密」 »