« 暖かい春の日和 | トップページ | 胡蝶蘭を撮る »

2011年2月19日 (土)

丹波の猪肉

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_0755_sp0000

ホトケノザ

年末頃から咲きはじめてたが、春の訪れと共に、生き生きと嬉しそうに咲いてるよ。

Img_0753_sp0000

水田の畔道に花の絨毯のように咲いてた、、

Img_0756_sp0000

暖かい日が続くと、もっともっとたくさん咲く!

Img_0769_sp0000

京都丹波の綾部に住む妹が、猪肉を送ってくれた。

丹波篠山の猪肉専門店「おおみや」の天然猪肉

(生肉はシーズン中だけですが、冷凍肉なら年間通して販売してる)

昨年秋から今年にかけて、猪肉を頂いて食べる機会が多い。

茶畑の罠にかかった猪、、、、猟師さんから頂いた猪肉は、肉は硬いが臭味がなくて美味しかった。

その後、再び食べる機会があったが、それは野獣臭がきつかった

普通の人には食べられないかもしれない。

今回の猪肉は、、、

Img_0005_sp0000

おおっ!

赤身と白い脂肪が美しい層をなして、これぞ猪肉

料理法、猪鍋に使う特製味噌、山椒の粉、、、一式付いている

Img_0012_sp0000

昆布出汁に味噌、大根、牛蒡、ネギ、エリンギ、白菜

煮えたら、猪肉を入れて、、、

多すぎるので、半分の200grだけ、、、

Img_0014_sp0000_2

火が通ったら、出来上がり

Img_0017_sp0000

臭みも無く、肉も柔らかい、、これは美味しいよ。

これぞ故郷、丹波の猪肉だね!

子供の頃、冬になると、綾部の肉屋さんの店先には、雪の上に猪が数頭、ころがしてあったのを記憶している。

小学生の時、理科が大好きで望遠鏡を作って月を見たり、蝶や蛾を採取して標本を作ったり、、、

理科の先生が特に、目をかけて下さり、いろいろ個別に指導してくださった。

冬、先生が自宅に招いて下さり、牡丹鍋を御馳走になった。

その時、先生のお父さんが、牡丹鍋を食べながら、、、

「一度、猪肉を食べてみたいもんだの~、、、」としみじみとおっしゃった。

先生の奥さんが、、

「お父さん、今食べてるのが猪肉ですよ!」って。

その時の情景、、、今もありありと、、、

モンタ、、、外が気になるかい?

Img_1126_sp0000

人気blogランキングブログランキング 「花・ガーデニング」、今日もワンクリックお願いします

|

« 暖かい春の日和 | トップページ | 胡蝶蘭を撮る »

コメント

ほのぼのとした情景が思い浮かびました。
でも、ナベショーさんには強烈な記憶になったのですね。
本当は笑いたかったのに、笑っていいのか苦しんだ・・・のでしょうか?

モンタ君は、ぼたん鍋も猪鍋も関心がないものね。

投稿: MONA | 2011年2月19日 (土) 23時02分

私も徳島に実家のある友人から頂いたことがあります~
やっぱり、農地に出没した奴を…だったので野性味タップリでしたよ(^^;)
理科の先生のお父さま、絶妙ですねぇ!

モンタ君、外見る視線が番犬みたい(^^)

投稿: gerogero | 2011年2月19日 (土) 23時42分

匂いのするのとしないのは,育った場所によるのでしょうか。それとも,エサかしら。
こういう動物の匂いのするものって,モンタ君は敏感でしょうに。料理が出来上がってから,気づいたのかしら。日頃のカリカリの匂いがよほど強烈なのかも。うちの子の中でも,鶏肉やお魚に反応しない子もいます。

投稿: tirokuro | 2011年2月20日 (日) 08時07分

おはようございます
ホトケノザ、可愛いですね~ひっそりと咲いてるけれどちゃんと春を告げる役目をしてる。
猪肉って食べた事がないです・・・一度、生で戴ける鴨を食べましたが生はデメで、火を入れたらとても美味しかったです。
先生のお父さんは、すき焼きと思われてたのでしょうか~先生のご家庭の情景も温かさがいっぱいですね。
モンタ君、深窓のお坊ちゃまもそろそろソワソワ^^

投稿: ムックのお母ちゃん | 2011年2月20日 (日) 10時53分

雑草のホトケノザもレンズを通すとこんなにも美しい!
よく見ると複雑な形の花ですね。

猪鍋 野菜が煮えたらお肉をとは本当に上等品だったのでしょう。
先日頂いた猪鍋はお肉にしっかり粉山椒をふり 牛蒡と一緒に30分ほど(途中灰汁取りを)煮てから野菜を入れ味付けをしました。
臭みも無く肉も柔らかく粉山椒の香りが食欲をそそり美味しかったです。
この味 聞いてなければ猪肉とは思わないでしょう。

投稿: ミモザ | 2011年2月20日 (日) 16時44分

MONAさま
回りを見渡すと、、、みな黙ってました。
たしか、、、「死ぬ前に一度猪肉を、、、」だったと思う。
田舎でも、猪肉は超高級品、めったに食べられるものではなかった、、、

投稿: ナベショー | 2011年2月20日 (日) 21時18分

gerogeroさま
猪肉が臭いのと臭くないのがあるのは、季節にもよるけど、殺してからの処理によるそうです。
直ぐ血抜きして水に浸けて冷却してから解体すると臭くないそうです。
お父さん、絶妙のタイミング、、でも、みんなは黙ってたみたい、、

投稿: ナベショー | 2011年2月20日 (日) 21時28分

tirokuroさま
匂いは、殺してからの処理に左右されるそうです。
即血抜きして、出来るだけ早く冷却してから解体すると臭味がないそうです。
でも、初めて食べる猪肉が臭いと、以後、食べる気がしないでしょうね。
この猪肉専門店のは、全く臭みがありませんでした。
モンタは、カリカリ以外の匂いには反応しないようです。

投稿: ナベショー | 2011年2月20日 (日) 21時32分

ムックのお母ちゃんさま
ホトケノザ、、小さな花だけど、美しいです。
春を告げる野の花、、このホトケノザとオオイヌノフグリかな、、、
猪肉、、この篠山のお店のは美味しいですよ。
まったく臭くありませんでした。
先生のお父さん、、牛のすき焼きと思われたのだと思います。
臭みのない美味しい猪肉だったと思います。
モンタ、、しばしば外を見ています。

投稿: ナベショー | 2011年2月20日 (日) 21時36分

ミモザさま
こんな小さな花だけど、複雑で愛嬌のある姿をしています。
猪鍋、、普通は柔らかくするために、一時間くらいお酒で肉を煮るのですが、この猪肉はとても柔らかくておいしかったです。
山椒の粉と牛蒡が必修ですね。
臭味のない上質の猪肉は、イノシシとは思えないです。

投稿: ナベショー | 2011年2月20日 (日) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖かい春の日和 | トップページ | 胡蝶蘭を撮る »