« 地獄の釜の蓋 | トップページ | 紫色のサクラの花 »

2011年4月 5日 (火)

池のほとりのヤマザクラ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_0019_sp0000_2

藤枝の三つ池公園の池のほとりに咲く山桜

Img_0023_sp0000

自宅の直ぐ近く、藤枝バイパス沿い、、ちょうど、見頃でした。

鴨のつがいが桜の下を、、、、

Img_0015_sp0000_2

大きな木でしょう!

Img_0035_sp0000

間もなく、ソメイヨシノも満開となる、、

Img_0029_sp0000 

この桜の道を300mほど奥に入ると、、、僕の茶園

と言っても、荒れ放題のまま放置されてて、竹薮から侵入したタケノコを毎年収獲

この小路を進んでいくと、、、

Img_0002_sp0000

蜜蜂の巣箱を置くための広場、、、、昨年、開墾した。

Img_0004_sp0000

もうすぐ、新たな女王を作るために、ここに小さな巣箱を置いて、女王蜂を育てるのである。

ここには、5個くらいの巣箱を置けるが、少々狭いので場所を広げる土木作業

Img_0010_sp0000

伸びた茶樹を切り、根っこを鋸やナタで切り取り、竹の杭を打ち、長い竹で柵を作り、

土で埋め、、、、、

一日中、よく働きました!

え~、、向うに見える、たったあれだけ?

Img_0047_sp0000

では、向うから写真を撮りましょう

Img_0050_sp0000

これで10個以上の小さな巣箱を置けるよ。

新たな女王の王台が出来ると、もっとも形の良い王台のある巣脾を含む2~3枚を小さな巣箱に入れて、

6km離れたこの場所に移す

ここで、誕生した新しい女王が無事に交尾して、期待通りの安産型の大きなお腹で、元気に産卵し始めたら、、、、、

元の巣箱から古い女王蜂と数個の巣脾を入れた小さな巣箱を、この場所に移す。

そして、元に巣箱とこの新しい女王蜂の群と合同する。

合同がうまく行って、新しい女王がどんどん産卵してたら、古い女王を処分して、再度合同して、すべての作業は完了。

古い女王が、優れた女王の場合は、さらにもう一年活躍してもらうこともある。

交尾飛行中にツバメに食われたり、、、、アクシデントもあるけれど、、、

今年は5個の巣箱の群で、この作業を行うので、途中で混乱しそう、、、

でも、養蜂では、採蜜と同じく楽しい作業である。

この広場に登る斜面にも階段を作り、、、、、、、

Img_0053_sp0000

下の道路から見ると、、、

Img_0052_sp0000

このジャングルの中に、こんな秘密の広場があるなんて、誰も思わないでしょう。

土を掘ってたら、、、、おや 筍が、、、

Img_0042_sp0000

今日の収獲、、、初物だよ!

Img_0046_sp0000

春が来ると、畑に野菜の種を蒔き、田を耕して水を入れ田植えの準備、、

この当たり前に繰り返されてきた農作業、、、

被災地の農家、、、春が来たのに、それが出来ないなんて、、、

遂に事故の原発から放射能で汚染された水を海に流したというニュース、、、

背に腹は代えられず、、、とは言うけれど、漁業関係の人達の怒り、やりきれない気持

チェルノブイリのような原子炉そのものが爆発という最悪の事態は、何とか食い止めてるとはいえ、、、、

地震、津波で、原子炉の周辺設備がぐちゃぐちゃの壊れてるなんて、そこまで酷いとは想像だにして無かった。

これじゃ、どこの原発も、たとえ津波が来なくても、同じような強い地震が来たら大丈夫なのだろうか?

僕は化学工場にいたけれど、原発だけは特別に幾重にも安全策が講じられて、絶対に安全、大丈夫なのだと思っていた。

大丈夫ではない、、、ということか、、、モンタ

Img_0048_sp0000

人気ブログランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« 地獄の釜の蓋 | トップページ | 紫色のサクラの花 »

コメント

ナベショー様 お早うございます

もう 筍が出たのですね
静岡は 暖かくてよい所ですね こちらはまだ寒いですが
白いもくれんが 咲きました

ナベショーさんは働き者ですね 蜜蜂の箱置き場の開墾
大変でしょう 
いつもながら 感心してしまいます

これから 桜や桃が咲いたら 福島市の花見山公園に行ってこようと話しています

郡山市の 開成山公園の桜も 見事ですよ

そして 公園の目前に柏屋の薄皮饅頭があります
花より団子かな それともビール?
 
 

投稿: 福一 | 2011年4月 6日 (水) 10時55分

原子力発電に 安心とか 安全とかはありません
構内で働いていた時も いつも不安でした
しかし 双葉地方は 原発ぐらいしか働く場がないので 何千人も働いていました

フランス 中国 アメリカ 世界には多くの原発があります
もし よその国で 事故が起きたら それが 内陸部だったら
海水で放水もできず 原子炉が爆発する恐れがあります

繁栄と危険は 隣り合わせです

制御できる自信があって造っているのでしょうが マグニチュード9以上の地震は想定していないでしょうから これからも事故はあると思わなければいけません

ナベショー様の近くにも 浜松原発があるとのこと
事故が無いことを祈りますが 万一の為の備えは して置いたほうが良いかと思います 


投稿: 福一 | 2011年4月 6日 (水) 11時35分

福一様!今朝の新聞だったかに被災地の見学する車がいっぱいで交通規制してほしいでてました!2年ほど前に「花見山公園」行きました!きれいでした!
ナベショー様!暖かくなるといろいろ用事が増えて忙しくなりますね!

投稿: せっちゃん | 2011年4月 6日 (水) 12時14分

青空の下で働くのは気持ち良いですね。
初物の筍まで見つけられて 掘りたては灰汁も無いからさぞ美味しかったでしょう。
野菜や稲田の準備に取り掛かるこの時期に何も始められないなんて・・・どんな辛いでしょうか。
私も原発は大丈夫なんだと思っていましたよ。
計画停電も暫くは中止 暖かくもなり皆が節電に務めたせいとか でも全国の原発が無くて済む事でもなし・・・

ようやく此方もジャガイモ畑の準備に入りました。
其方では芽が出る頃かも。
南アルプルス天然水工場はフル操業が続いているらしいです。
でもそのずーと前から近隣では井戸が干上がっていて問題になってます。
水資源税を取る話もありましたがそう簡単な事でも無く結局それぞれの会社から
お気持ち程度のお金が市に収められているらしいです。

投稿: ミモザ | 2011年4月 6日 (水) 14時25分

よく動かれましたね~初物の筍までとは羨ましいです。
此方は、タケノコのおじさんが山を手放されたので~あの柔らかな朝掘りは望めません。
今朝は、ドクダミの新芽と戦っていました、根っこまで掘っても強いからまた出てきますけど・・・
日常の穏やかな日々と東北の日々、辛くなりますね。
原発も大丈夫、安全策も万全だと思っていました~二次災害三次災害皆さん一生懸命踏ん張ってるのに・・・
モンタ君は、いつも通りのお顔で励ましてね。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2011年4月 6日 (水) 15時41分

この筍美味しそうですね。桜が咲き,筍も出てきて春爛漫ですが,今年の春は喜べません。一生懸命立ち向かっている方たちが無事であることを祈るのみです。
原発の燃料を運び込むときも放射能が検知されます。今度のも,アメリカの水道水からも検出したそうですが,微量でも怖いです。モンタ君も,恐怖を感じてるのね。

投稿: tirokuro | 2011年4月 6日 (水) 15時56分

福一さま
桜前線の上昇、西から東へ、、、
毎年のように春が来てるのに、とんでもない春になってしまいました。
この数年は青春18きっぷの旅、東北へ行ってましたが、原発事故さえ落ちついたら、是非再び行きたいものです。
福島市も郡山も素通りだったので、ゆっくり滞在したいものです。
原発の安全性、、世界中がまさかと思いつつ、信じ切っていたのでしょう。
人類の繁栄、文明、限りなき右肩上がりの成長、思わぬ落ちし穴、よって立つべき土台が思いの他もろいものであることを世界中が認識したと言うべきことでしょう。
本当の幸せとは、、、考え直すべき機会なのですね。
30kmの範囲に浜岡原発、、、今回とおなじような規模の東海地震が起こったら、、、おそらく駄目でしょう。
宝永地震の時は、連動して富士山も爆発しました。
関東大震災だって、何時起こっても不思議でない。

投稿: ナベショー | 2011年4月 6日 (水) 21時30分

せっちゃんさま
一年で最も忙しい5月、、もうすぐ始まります。
そういえば、比較的ゆっくり過ごせるのは、12月から4月までかな、、、
でも、被災地の農家、、その忙しくなる時期に、為すすべなし、、来年まで待て、、と言うのでしょうか。

投稿: ナベショー | 2011年4月 6日 (水) 21時34分

ミモザさま
初物の筍、、これは思いがけないオマケでした。
この春に田植えの作業の目途が立たなければ、今年のお米の収穫は無し、、、
春が来ても、為すこと無し、、辛いことです。
あまりに原発に依存してきた経済成長、、すべての日本人がその恩恵にあずかってきただけに、これからどのように原発と共存していくか、、大きな課題ですね。
風力や太陽光など代替エネルギー、、といっても、相当コストが高いし、、、。
天然水の大増産、、、そりゃ~地下水だから、くみ上げれば水位は下がる、、南アルプスに降った雨が地下水として貯まるまでには数百年、、なんでしょうね。

投稿: ナベショー | 2011年4月 6日 (水) 21時47分

ムックのお母ちゃんさま
タケノコのおじさん、、残念ですね。
朝堀りのタケノコ、、とっても美味しいのに、、、
ドクダミ、、根が深いから中々取り切れないです。
ドクダミの新芽、、天麩羅にすると美味しいですよ。
原発事故、、現場の人達の苦労、、頭が下がります。
何とか収束への目途を立ててほしい、、祈る思いです。

投稿: ナベショー | 2011年4月 6日 (水) 21時52分

tirokuroさま
毎年の春、、ワラビが出て、タケノコも、野蕗も、、
素直に喜び、楽しめない、、、、気が重いけど、何とか元気を出さなくちゃ、、、
春と共に、復旧、復興が進みますように、、!
でも、まずは原発事故、、いろんな試みがなされてる、、どうか安全に収束してくれますように、、、

投稿: ナベショー | 2011年4月 6日 (水) 21時58分

水辺に咲く大木の桜はやはり絵になりますね。
力強い黒々とした幹が歴史を感じますね。

実は慶の父親も電力会社に勤めていて、原子力発電はとてもいいものだと言われて育ちました。七夕豪雨と時は清水の発電所が水につかり、2ヵ月家に帰ってこれませんでした。台風の時もいつもいなくて、母親が慶と弟を前と後ろに縛って、溢れた天竜川の水に腰までつかって逃げた時の事は50年近く経った今でも忘れられないです。だから父親の仕事を誇りにも思っていたし、父親の事を尊敬もしていますが、原子力発電が安全と言うのだけは間違っていたと、思わざるをえません。父親はもう7年前に亡くなりましたが、もし生きていたら、この事故のことは本当にショックだろうと思います。実際に復旧に携わっている方の事、そのご家族の事を思うと辛いです。本当は一番そばにいてほしい時でしょうに。小さい時本当に台風が来るときは怖かったです。それは父親が帰って来れない日だからです。台風は必ず通り過ぎますが、この原発の事故は…。

投稿: | 2011年4月 6日 (水) 23時10分

慶さま
山の池に咲く桜の古木も絵になるでしょう。
七夕豪雨、、大変な体験をされたんですね。
僕も、S28、子供の頃、台風による水害を経験しました。
父は地区の消防団、水がいよいよ家の中に流れ込んできたけど、父は帰って来ず、、、母と子供達だけで、箪笥を二つ並べて、畳を上げて、その上に家具をのせて、、
やっと終わった時に、水が引きはじめました。
自然災害は、台風、地震、、、など起こるときには起こるけど、今回の原発事故、、、過去ず~と国のエネルギー政策として、、、だから安全です、安全です、、と政府も電力会社も言い続けてきましたが、今回の事故により、信じることが出来なくなりましたね。
もし、お父様が生きておられたら、、ずいぶんショックでしょうし、いまの原発関連にかかわる人達も同様の思いだと思います。

投稿: ナベショー | 2011年4月 7日 (木) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地獄の釜の蓋 | トップページ | 紫色のサクラの花 »