« もうすぐ新茶、蜜蜂も忙し、、 | トップページ | キイチゴと蜜蜂 »

2011年4月29日 (金)

お茶の機械の掃除

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_3805_sp0000

ヒメウツギ(姫空木)

ご近所から、小さな挿し木苗をいただいたのが、ずいぶん大きくなった。

雪柳のように、たくさんの花枝が枝垂れて咲く、、

Img_3807_sp0000

ウツギの中では、最も早く咲く、、、これから、いろんなウツギが楽しめる

Img_3859_sp0000

今日は、お茶工場の製茶機械の掃除

マルミヤ製茶(株)の宮崎社長さんが、7年前の定年退職1年前のナベショーに、、、

「従来の市販のお茶ではなく、手間暇惜しまぬこだわりの美味しいお茶作りをしませんか?」

(道楽で、、、、、つまり僕にとっては金儲けではない)

と、数寄屋風の製茶工場を建てて、玉露を作る小型の中古製茶機械一式を設置してくれた。

Img_0008_sp0000

それに加えて、400坪の山の茶園も借りてくれた、、、、、、

僕が定年退職後に、門外漢のお茶作りを始めたきっかけやマルミヤ製茶さんとの出会いについては、過去のブログに幾度か書いている。

化学で飯を食ってきたナベショーにとって、

化学反応、化学製造プロセスや化学品の品質などケミカルの切り口から、茶樹の育成や葉の発酵、製造条件を試行錯誤しながら、、、

美味しいお茶を作りだすことは、大いに興味をそそられるテーマであった。

さあ、いつでも新茶の製造が始められるように、製茶機械の掃除と始動試験

お茶の葉は、この蒸し機で、スクリューとドラムを回転させながら連続で蒸される。

Img_0002_sp0000

プラスチックの押出成型機とよく似てるね。

蒸されたお茶の葉は、この機械の金網のベルトで水を飛ばしながら運ばれる

Img_0003_sp0000

蒸されたお茶葉は、粗揉機の回転ドラムの中で、熱風で揉まれながら水分が飛ばされる

Img_0004_sp0000

次は、揉捻機で、さらに荷重をかけて、ゴリゴリと回転させながら揉まれる

Img_0005_sp0000

ゴリゴリと葉脈や繊維まで揉まれる。

次は、中揉機の回転ドラムの中で、熱風により、さらに乾燥

Img_0006_sp0000

中揉機で乾燥されたいお茶は、隣にある棚段乾燥機でさらに乾燥させて、出来上がり。

針のように真っすぐな煎茶は、中揉機から、さらに整揉機によって形をに整えて仕上げる、、、、でも、僕はやらない。

何故? こればかりは技術が無いと、、、、、、

僕が使ってる製茶機械は、生葉を35kgのスケールで処理できる小型機だが、

一般のお茶工場では、120kg、240kgという大型のコンピューター制御の自動機械が数系列並んでいる。

僕が、この小さな昔の機械で素人ながらお茶作りを始めて気がついたこと、、

製茶工場の標準製造条件は、、、、

見た目の外観や品質を維持しつつ、製造時間をミニマムにして、最大の製造量を達成するための制約下での条件である、、、と。

しかし、一般の標準製造条件の枠を外して、何故、その条件なのか、、と理由を問いなおし、

試行錯誤で手間暇、時間をかければ、いろんな異なったお茶、美味しいお茶が出来るのである。

こうして、作った「ナベショーのお茶」は、一般に市販するには数量が少なすぎるので、

お茶が出来たら、ブログで発売のアナウスし、マルミヤ製茶さんのHPで、ブログの読者の方々に買って頂いている。(予約販売はしていません)

今年も、御期待、お楽しみに!

今日は、タケノコご飯

Img_0012_sp0000

タケノコと鶏、豆腐のお汁

Img_0013_sp0000

モンタ、、、いつも、僕が家に居る時は籠の布団の中で眠ってるね~

Img_0022_sp0000

人気ブログランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« もうすぐ新茶、蜜蜂も忙し、、 | トップページ | キイチゴと蜜蜂 »

コメント

こんばんは。今日夕方我が家にも桜の蜂蜜が届きました。待ち切れず何もせずすぐ一口舐めましたよ!やはりなべしょうさんの蜂蜜は絶品です!桜のさわやかなでも濃厚で上品なお味です。前に初めてみかんの蜂蜜を頂いた時も、こんな蜂蜜があるのかと衝撃を受けました!美味しい蜂蜜有難うございました。なべしょうさんのお茶も楽しみにしています。お忙しい日々が続くと思いますので、どうかご自愛ください。

投稿: ひかりこ | 2011年4月29日 (金) 23時30分

峠が色付いて来ました。
連休明けが勝負と言ってます。
休みの間なら手伝って貰えるのにね。
爺婆二人のお茶刈りは年毎に辛くなると!
お隣さんが歎いてます。

投稿: やまんば | 2011年4月30日 (土) 00時16分

いよいよカウントダウンですね。GW明けに刈り取って,私たちの口に入るのは,中旬ごろでしょうか。
美味しいお茶を心より楽しみに待ってます。
製茶の機械,お高そうですね。昔囲炉裏の上でおちゃをもんでいたのを思い出します。いちどにできるのは,ちょっとでした。
モンタ君ここにいるとナベショーさんが声をかけてくれるのかな。

投稿: tirokuro | 2011年4月30日 (土) 05時59分

桜の蜂蜜が終わったら今度はお茶!忙しい毎日ですね!

投稿: せっちゃん | 2011年4月30日 (土) 14時18分

さくらのはちみつ、届きました♪

ふたを開けたら、さくらの香りが~~。
昨日は、皆でそれぞれ一匙ずつ、味わって…幸せ(^^)v
今朝は、パンにつけていただきました。
とっても濃厚なはちみつ、ありがとうございました。

お茶も、楽しみにしていま~す♪

投稿: kimiko | 2011年4月30日 (土) 17時38分

ひかりこさま
昔は、蜂蜜ってみんな同じ味をしてました。
でも、今は花によって、それぞれ香りや美味しさが異なることがわかりました。
でも、この桜の蜂蜜は、それらの中でも最高の部類ですね。
次の蜜柑も素晴らしいです。
お茶、、準備OKです。

投稿: ナベショー | 2011年4月30日 (土) 20時01分

やまんばさま
今年はすこし遅くて、連休中か明けからのようですね。
連休明けだと、当てにしてた手伝いが無くて、大変、、、
連れ合いが出来なくなって、一人用の茶刈り機も活躍してるとか、、、

投稿: ナベショー | 2011年4月30日 (土) 20時04分

tirokuroさま
毎年のことながら、いよいよ始まりますね。
マルミヤさんでの袋詰め、製品化と販売体制が整うのは、5月末から6月初かな、、、
この頃になると、僕は蜜柑の蜂蜜絞り、、!
製茶機械、、これ昔の中古、、お爺さんの頃に使ってたな~なんて農家の人が言います。
全部、手で触った感じで揉み状態を判断、、コンピューターの自動制御に慣れた今の人には使いこなせないでしょう。
この機械、、40kgの生葉を処理して、8kgの荒茶が出来ます。
モンタ、、通るたびに撫ぜなぜしてるんだけど、、

投稿: ナベショー | 2011年4月30日 (土) 20時14分

せっちゃんさま
今度はお茶、それから蜜柑の蜂蜜、合間に畑を並行して、、身体のあちこちが痛い痛い、、、

投稿: ナベショー | 2011年4月30日 (土) 20時17分

kimikoさま
ね~ 桜の花の香りがするでしょう!
皆さんが喜んで下さるだけでも、この蜂蜜の価値がありますね。
幻の蜂蜜、、いや 来年も採れればいいのですが、。
お茶、、この天候から、今年は美味しいお茶が出来そうです。

投稿: ナベショー | 2011年4月30日 (土) 20時20分

こんばんは。桜の蜂蜜、香りといい味といい、とっても、美味しかったです。(#^-^#)あ~ぁ、やっぱり、食パンの上の蜂蜜は、キラキラ輝いてました。今度は、お茶ですね。楽しみにしてます。モンタ君も、お手伝いするのかなぁ!?

投稿: さくら | 2011年4月30日 (土) 20時52分

さくらさま
桜の蜂蜜、、美味しくて良かった!
来年も、ぜひ、たくさん採りたいものです。
こんどはお茶、、これは大仕事なんです!
天候によって、出来るお茶の香りや美味しさが異なるので、これも面白いです。
今年は美味しいお茶が出来そうなので、お楽しみに!
モンタ、、居眠りの邪魔しないでね。

投稿: ナベショー | 2011年4月30日 (土) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうすぐ新茶、蜜蜂も忙し、、 | トップページ | キイチゴと蜜蜂 »