« チェリーセージの花 | トップページ | エゴノキの花 »

2011年5月23日 (月)

蜜蜂、、いろいろ個性があって!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_4497_sp0000

黄色いコスモスのような花、、

今、あちらこちらで咲いてる花、、、コスモスといえば秋に咲くと思いしや、初夏に咲くとは、、、

このところ天気が悪いが、午前中は何んとか持ったよ。

蜜蜂、5つの巣箱があるが、強い群、弱い群、それぞれ個性がある。

先週20日に、強い二つを三段にして巣脾を増やした。

Img_0024_sp0000

朝から内検、、

最も勢いが強い巣箱

女王蜂は、もっとも下の箱の産卵、育児エリアに居る

写真の右側に積んでる二つが貯蜜箱

Img_0012_sp0000

女王蜂はアメ色の光った太くて大きなお腹をしてるよ。

Img_0018_sp0000

この群の箱だけは、いまだ一個も王台が出来ない。

ということは、群の働き蜂が新しい女王蜂を必要としていないことを意味する。

つまり、群の繁栄、存続に対し、働き蜂が女王蜂を信頼してるということである。

菅さん、頑張ってよ!

他に誰も首相をやりたい人も出て来ないし、批判、文句言いの無責任野郎ばかりなんだから、、、

蜜柑の蜂蜜を採ったら、この優秀な強い女王蜂と数枚の巣脾を別の小箱に入れて分離する。

そうすると、働き蜂は、主が居なくなったので、たくさんの王台を作る。

この複数の王台を、小さい巣箱に分けて、産まれてくる新女王を育てる。

こうして、僕の蜜蜂は、優秀な女王の遺伝子を受け継いだ群ばかりになる。

でも、業としている養蜂家ならば、そうすることが必修である。

しかし、僕は趣味の養蜂なので、強いの、弱いの、いろいろ個性のある女王蜂の群を育てる方が面白い。

しかし、内検もこんなに蜂が溢れかえってると、緊張する、、、。

一枚、一枚、両手で巣脾の端を持って、静かに引き上げて、、、、

機嫌が悪い時は、素手の手に向かってきて刺すからね。

Img_0014_sp0000

この巣箱は、3段目も含めて、蜂蜜がいっぱい詰まっている。

もう充分、採蜜が可能である。

二番目に元気な群、、、

Img_0006_sp0000

蓋を取ると三段目、、

Img_0008_sp0000

働き蜂が蓋の天井に着かないように麻袋の布を置く。

麻布を取ると、、、

既に、蜜苞は蓋がされて、蜂蜜がいっぱい、、、

Img_0009_sp0000_2

もちろん、二段目は、蜂蜜がいっぱい詰まった巣脾が8枚

三番目に元気な群、、

この箱の女王は黒い縞々模様、、働き蜂も日本蜜蜂のように黒っぽい、

Img_0020_sp0000

スロベキアが故郷のカーニオラン種が混ざっているそうです。

この群れの働き蜂は、昨秋にオオスズメバチと勇敢に戦って退散させた。

この群れからも新しい女王を残したいね。

最も、弱かった群、早春のこれからという時に、女王の産卵が息切れしてしまったので、早々と女王を更新した。

新しい女王蜂は、元気に産卵を続けて、6~7枚の巣脾は幼虫や有蓋蜂児で満たされているが、いったん減少傾向にある群の回復は容易ではない。

Img_0022_sp0000 

今年の蜜柑の時期に間に合わなかったが、女王蜂さえ元気ならば、来春には立派な群になって蜜柑の蜂蜜をたくさん集めるだろう。

でも、二段の上段、、5枚の巣脾、、ほぼ蜂蜜がいっぱい!

Img_0021_sp0000

来春のための優秀な女王作り、群作りが、既に始まっているのである。

明日、明後日は天気が良いが、その後は4~5日間雨らしい、、、

採蜜後に雨が続くと餌切れを起こし、飢え死にする場合もある。

蜜柑の花は月末まで咲き続ける、、、、

採蜜は5月末、、、あるいは6月初かな、、、

桜の蜂蜜、その次は花を特定出来ない百花蜜、そして蜜柑の蜂蜜、、

6月になるとモチノキの蜜が入る。

養蜂を始めて7年目になるが、こんなにたくさん採れる年は始めて、、、

昨夏の猛暑の影響、、、だろうと考えるが、まさに風が吹けば桶屋が儲かるだね。

そうそう、茶畑の側の木苺、いやクサイチゴも採っても採っても、摘めるよ。

今日は丁度1kgも採った。

Img_0025_sp0000

妻が大喜び、、半分をお裾わけして、残りに砂糖を入れて、、

Img_0027_sp0000

電子レンジでチン、、

豆腐レアチーズケーキを作って、苺シロップをのせて、、

Img_0028_sp0000

モンタ、、、また脱衣籠

Img_0009_sp0000_3

人気ブログランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« チェリーセージの花 | トップページ | エゴノキの花 »

コメント

養蜂って本当に奥が深い!お近くなら,すぐにでも弟子入りするのに。採蜜は,今後の天候を考えるのはもちろん,蜜柑の花の時期とも関係ありますね。純粋なミカンの蜜だけを採るためのモチノキの花の開花予想も天候と関係しているらしいですし。
モンタ君,君の温度センサーはよく働くね。心地よいところをよく見つけるよ。うちの3姉妹,昨日は肌寒かったのか暖かい場所を取り合っていたよ。

投稿: tirokuro | 2011年5月24日 (火) 05時45分

うちの近所のキイチゴは、山に柵とかつけられて、摘めなくなってしまいました。
ノバラも赤い実が、前の年より、小さくなりました。
山自体も、木が、年々、細くなっているような気がします。

モンタ、君も、戦っているんだね。

投稿: メアリー | 2011年5月24日 (火) 16時23分

tirokuroさま
tirokuroさまなら、きっと良い養蜂家になれるよ!
天候、花期、蜂蜜の貯まり具合、、いろいろ考慮して採蜜します。
もう絞りたいけど、数日雨が続く予報なので、そのあとがいいようです。
今年は、全体にどの花も開花が1週間くらい遅れてます。
モンタ、、暑かったり、寒かったり、毎日たいへんだよ。

投稿: ナベショー | 2011年5月24日 (火) 20時08分

メアリーさま
キイチゴを採られないように木の柵をつけたのでもあるまいし、、柵をくぐって、、駄目かな~
大都市圏周辺は、だんだん緑は自然が少なくなって寂しいですね。
逆に、田舎はだんだん過疎化、老齢化で山が荒れたり、畑も山に変わっていく、、

投稿: ナベショー | 2011年5月24日 (火) 20時12分

こんにちは。カーニオラン種ですか。
某養蜂場で販売していたと記憶がありますが
女王蜂はこんな感じになるんですね。

うちにもこんな感じの女王蜂がいたような気がしますが
更新していますから今はいません。

投稿: FZ250 | 2011年5月25日 (水) 12時19分

FZ250さま
こんにちは、
蜜蜂さん達、元気にしてますか?
カーニオラン種がかかった女王蜂、、黒っぽい働き蜂とまぎわらしくて、内検で、なかなか女王蜂がみつかりません。

投稿: ナベショー | 2011年5月25日 (水) 20時20分

こんばんは。
蜜蜂はとても元気ですよ。
きょうですが内険したところニホンミツバチに似た
働き蜂が活動し始めました。
たくさん蜂蜜を集めていますよ。

やっと学校のP長の役職が終わりました、やれやれです。

投稿: FZ250 | 2011年5月25日 (水) 22時47分

FZ250さま
日本蜜蜂に似た働き蜂、、カーニオラン種が混ざってるんでしょうね。
学校のP長、、御苦労さまでした。
長がつく役職に、、たいへんなことです。

投稿: ナベショー | 2011年5月25日 (水) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェリーセージの花 | トップページ | エゴノキの花 »