« モチノキの蜂蜜 発売 | トップページ | ヤブカンゾウの花 »

2011年6月30日 (木)

ノウゼンカズラの花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_5248_sp0000_2

ノウゼンカヅラ

Img_5226_sp0000_2木に絡まりついたノウゼンカヅラの蔓

朱色の花がたくさん咲く

暑い真夏日、照りつける太陽、、

強い日差しの中で健気に咲く花

山本周五郎の短編小説に「凌霄花」

(のうぜんかづら、、、と読む)と言うのがある。

新潮文庫の短編集「あんちゃん」の中に納められている。

商家の娘と武家の息子、、、

幼な馴染みの二人が身分の違いから結婚出来ず、、、

Img_5232_sp0000


朱色に黄を混ぜたような鮮やかな色で他の何かの樹に絡まって、群をなして咲いていた。

「何の花だろう」

高之介は口の中で呟いた、「たしかどこかで見たことがある、華やかな色でいながら侘びしくて、芯として、もの哀しげで、、

Img_5234_sp0000

生きている限り、忘れまい、、、

と、二人はいつも誓いあった

凌霄花が咲いたなら、一年に一度は此処で逢おう。

Img_5239_sp0000

多くの短編集のなかで、「凌霄花」は、何故か心に残った数少ない小説

夏が来て、ノウゼンカズラの花を見るたびに思い出す

庭のスモモが熟してきた。

太い幹が虫に食われて、一部の細い枝を残して、大部分を切り倒した。

しかし、細い幹が成長し、今年はたくさん、実をつけたよ。

小粒だけど、赤紫の皮と身、、、少し酸味が有るけど、とても美味しい!

Img_0031_sp0000

生食もジャムにしても美味しい。

暑い夏は、、、やはり冷やしそうめん

Img_0027_sp0000_3

となると、天麩羅か、、、、

丁度、アオリイカが冷凍してあった、、、畑のピーマンも、、

Img_0029_sp0000_2

ついでにアオリイカを茹でて、キュウリモミ

Img_0028_sp0000_3


今晩は、妻が居ないので、一人夕食、、

モンタ、、、、末期状態

Img_0043_sp0000

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« モチノキの蜂蜜 発売 | トップページ | ヤブカンゾウの花 »

コメント

伊久美で30度を越すなんて、、、
もんた君、暑さ負け? ほんとに虚ろな顔!

投稿: やまんば | 2011年6月30日 (木) 23時08分

ノウゼンカズラもスモモもそうめん,きゅりもみ,みんな暑い夏にピッタリですね。一人夕食でもこれだけあったら完璧です。これに麦のジュースも付いてるんじゃないでしょうか。
モンタ君,末期状態だなんて・・・。床がヒヤッとして気持ちいいんだよね。

投稿: tirokuro | 2011年7月 1日 (金) 06時06分

ノウゼンカズラ、スモモ、素麺にキュウリ揉み…夏本番を感じますね。

猛暑もこれからなのに、すでにバテそうです。
関東では今日から各所で計画節電が実施されます、暑い夏はこれからなのに~。

投稿: ば~ば | 2011年7月 1日 (金) 07時48分

こんにちは
ノウゼンカズラ オレンジの色が夏って感じさせますね。
間近でじっくり見たことは無かったですが綺麗な花ですね。華やかさに比べてこの花にまつわる話は少し悲しいですね。(余談ですが私の両親は年も一緒で幼馴染なんですよ。お互いの実家が歩いていける距離。笑)

そうめんいいですね~。冷たいものしか食べられません。
モンタ君 猫に衣替えは無いのですね...。

ナベショウ亭へのお誘いありがとうございます。
でも静岡に行ってからの予定は主人の両親がいろいろ計画してくださっているのです。何て言い出しいいか...。(逆に私の父はとても会いたがってますが...笑)
お近くに行くのに残念です。

「わが山旅40年」父のブログです。(年に5回ぐらいしか更新されないのですが...汗。)

投稿: Lala | 2011年7月 1日 (金) 09時37分

やまんばさま
伊久美で30度越してるなら、藤枝はもっと、もっと、、
でも、やまんば様のお家なら、涼しいでしょうね。
モンタ、、腑抜けの顔

投稿: ナベショー | 2011年7月 1日 (金) 20時53分

tirokuroさま
ブログは、早々と梅雨が明けて、真夏に入りました。
一人夕食、、当然麦ジュースが、、、歯止めが無いのが問題ですね~
モンタ、床に寝そべる、、うらやましい。
畳の上なら、ゴロゴロ寝そべるのに、、、

投稿: ナベショー | 2011年7月 1日 (金) 20時56分

ば~ばさま
すでに真夏の定番メニューになりました。
もう部屋の中は、扇風機が回りっぱなしです。

投稿: ナベショー | 2011年7月 1日 (金) 20時58分

Lalaさま
ノーゼンカズラ、、真夏にふさわしい花ですね。
幼馴染が一緒になる、、素敵です!
静岡に来られてから、もし、ご都合がつけば、ご連絡ください。
お父さんのブログ、拝見しました。美しい山の写真の数々、、Lala様の写真が一味違うのは、お父さん譲りなんですね。

投稿: ナベショー | 2011年7月 1日 (金) 21時02分

こんにちは、ナベショーさん。さすが、ベテラン養蜂家!鼻がのびてますよ~!ミラクルが切ってさしあげましょうか?冗談です。ノウゼンカヅラをみると思うんですが、毒があるとか、ないとか。蜜源が枯渇するとたまに通ってたような気がするんですが、蜂蜜、食べても大丈夫なんでしょうかねぇ?

投稿: ミラクル蜜成 | 2011年7月 1日 (金) 21時26分

ミラクル蜜成さま
最近、年齢とともに背丈は次第に短くなるけど、鼻は伸びてるような、、、
ノウゼンカヅラの毒性、、、ネットで調べましたが、誤解のようですね。
花の形から、蜜蜂は吸蜜するのがたいへんのように見えるけど、、

投稿: ナベショー | 2011年7月 1日 (金) 21時58分

こんにちは、暑いですね。

真っ赤に熟したスモモを冷蔵庫で冷やして食べると
酸味があっておいしいですね。
 ひとりなのに、天ぷらと酢のものの夕食!!!
なんてえらいのでしょう。
 女性の方が自分一人だとこの時とばかり手抜き。
コンビニか残り物ですましてしまうのに・・・・
 青臭い自家製ピーマンとか、野菜の天ぷらは
家庭の味ですね。
 のうぜんかずらも、ナベショーさんの写真だと 
おしゃれに見えます。
 特に四枚目と五枚目がすてきです。
背景をぼかしているのでしょうか?

投稿: mazennda | 2011年7月 2日 (土) 11時54分

mazenndaさま
いろんな種類のが有るけど、酸味が有るのが大好きです。
小粒なので、5~6個一度に食べてしまいます。
学生時代の自炊、18年間の単身赴任での自炊、、そういう習性になってしまいました。
旬の美味しいものを作って、ワインやビールで、、食べられなくなったら人生終わりです。
ノーゼンカズラ、、なかなか絵になる花です。
4枚目は前下をボカシテ、背景の家を目立たなくし、5枚目は、背景を青空にして、すっきりさせ、、、
ごちゃごちゃした背景を、いかにボカシテすっきりさせるか、、、花の写真のもっとも大切なテクニックなんです。

投稿: ナベショー | 2011年7月 2日 (土) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モチノキの蜂蜜 発売 | トップページ | ヤブカンゾウの花 »