« テイカカズラの花 | トップページ | 下十枚山のシロヤシオ »

2011年6月 8日 (水)

荒れてた蜜蜂が、、、

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_4855_sp0000_2  ギボウシが咲き始めた。

ギボウシは種類も多く、山にある自然種や様々な園芸種

斑入りの葉もあり、なかなか愛好家が多い。

いつぞや山に登った時、林道の側の岩の斜面にギボウシが群生し、たくさんの花を咲かせてた。

我が家の庭も、いろんなギボウシとツワブキがグランドカバーとして生えている。

株を分けて,植えてやると、どんどん増えて、広がって行く、、

Img_4850_sp0000

朝から晴れの予報だったのに、今朝は雨、、、、

ガッカリしてたら、8時過ぎから明るくなって、雲も薄くなってきた。

よし、検査に行くぞ!

蜜蜂、3日に内検、、、以後ず~と天気が悪くて内検が出来ず、、

気になっていた。

二つの巣箱は、新しく女王蜂が誕生したばかり、、、、ちゃんと元気にしてるか、、?

3段の最も強い群、

元気な女王蜂を小さな巣箱に分けたが、その後、ちゃんと王台が出来てるかな?

あの強烈に荒れてる群、、もう静まっただろうか?

新しく誕生してた女王蜂は、ちゃんといたよ。

でも、未だ、産卵は始めていない、、、今週中にOKだろう。。

女王を除いた最も強い群、、、

3枚の巣脾に王台が出来てた。

Img_0015_sp0000

王台のある2枚の巣脾は、それぞれ小さな巣箱に移して分蜂群にした。

Img_0016_sp0000

残りの一枚は、元の巣箱に残して、産まれる女王蜂を跡継ぎにする。

荒れ荒れの群、、、

出来るだけ静かに扱ったためでもあるが、以前のように非常に静かで、おとなしかった。

上段は、、、

Img_0017_sp0000

下段は、、、

新女王蜂は健在

Img_0018_sp0000_3

全部の箱を二段にして、管理しやすいようにした。

Img_0020_sp0000

これで、やっと山場を過ぎて、来年春のために、元気な群を育てて冬越し出来るようにする。

これからは、ダニ、オオスズメバチ、餌切れ、病気、、、様々なアクシデントが待ち構えている。

王台を小分けした二つの巣箱は、もう一つの蜂場に、、

全部で7個の巣箱に、、、

Img_0025_sp0000

既に産卵を始めた新女王の箱、、、

凄いでしょう!

これ、全面が蓋をされた蜂児だよ、、、両面とも、、

Img_0022_sp0000

秋には、立派な一群に育って冬越し出来るぞ!

正規の5群と、これらのバックアップの7群、、、全部で12群の蜜蜂

全部が正規の群のなってしまうと、、、、、管理不能

僕の身が持たないね、、、

一昨日の丸サバ、、、三枚におろして、塩してあったの、、、

Img_0009_sp0000

午後に酢で絞める、、、

毛抜きで中骨を取り、皮を剥き、、、

まずは、片身で棒寿司に、、、

Img_0026_sp0000

これは、明日の夕食に、、、

もう片身は薄く切って握り寿司、、、卵焼きも、、、、

これは、今夕の御馳走

Img_0029_sp0000_4

棒寿司は重いけど、握り寿司にすると、食べやすい。

青紫蘇で巻いて食べるのも美味しいよ。

残った酢飯に半端の〆サバ、青紫蘇、紅生姜を混ぜて散し寿司

Img_0037_sp0000

さらに、キュウリ、青紫蘇を塩で揉み、酢と砂糖、〆サバの半端とでキュウリ揉み

Img_0039_sp0000

1本300円の丸サバ、、、

煮付けも美味しいけど、酢で絞めると、いろいろ楽しめるね!

モンタ、、、モンタの天気予報、、当たったよ!

Img_0008_sp0000

人気ブログランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« テイカカズラの花 | トップページ | 下十枚山のシロヤシオ »

コメント

そちらは,梅雨入りしてるから晴れ間を見ての点検ですね。全部採らなかった蜜柑の蜂蜜は,のこったままですか。それとも,雨が降ったときように蓄えてあるのかしら。群もどんどん増えていきますね。12群もあると,点検だけでもたっぷり時間がかかりますね。モンタ君,ナベショーさんの技術がますます向上して,益々忙しくなってしまいますって。

投稿: tirokuro | 2011年6月 9日 (木) 06時44分

はじめまして。物凄くきれいな蜂児ですね。そんな群だったら、たくさんはちみつが、採れるでしょうね。羨ましいです。

投稿: Para | 2011年6月 9日 (木) 08時00分

tirokuroさま
お天気がはっきりしないので、週間予報と朝の天気で、その日の作業、予定をたててます。
蜜柑の蜂蜜、5月27日と31日、二日間で強引に二段、三段目の貯蜜枠を全部絞りました。
一段目の箱の貯蜜枠は絞らないで残してます。
これも絞ると、蜂が飢え死にする、、、
お茶と蜜蜂の時期が重なるので、これ以上は無理でしょうね。
春までには、整理、合同して、10群以下にしないと、、、

投稿: ナベショー | 2011年6月 9日 (木) 17時01分

Paraさま
こんにちは
新しい女王の箱に、巣礎枠を入れたら、綺麗に巣を盛って、前面に産卵しました。
こんな巣脾ばかりだと良いのですが、、、

投稿: ナベショー | 2011年6月 9日 (木) 17時04分

>これ、全面が蓋をされた蜂児だよ、、、両面とも

こんばんは。
すごいですね、自分のは全面にはなったことは無いと
思います。

やはり蜜蜂を扱う時は雨や夕方を避けないと
攻撃を受けますよね・・・
日本蜜蜂は夕方に内険しましたが荒れなかったですよ。
運が良いだけかもbleah

投稿: | 2011年6月 9日 (木) 23時49分

FZ250さま
新しい巣礎に盛らした巣脾枠だったからでしょう。
でも、嬉しくなりますね。
今年はお茶と蜜蜂が同時進行、、、午後から雨でも、午前中雨が降らなければ採蜜や内検、、、何て強引にやったから荒れたんでしょうね。
それに、女王更新とも重なったし、、、
やはり、天気の良い日の午前中ですね。

投稿: ナベショー | 2011年6月10日 (金) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テイカカズラの花 | トップページ | 下十枚山のシロヤシオ »