« ヘメロカリスの白い花 | トップページ | 花と蝶の楽園 »

2011年6月25日 (土)

貴重な杏子ジャム

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_4923_sp0000

カワラナデシコ

ますます、たくさん咲いてきた、、

Img_5048_sp0000

庭の杏子の木、、、

かなりの大木だけど、あまり実が生らない。

今年は、、、わずかに7個

Img_0017_sp0000

熟すと地面に落ちる、、、

蟻とナメクジに食べられないうちに、、、、、拾って

皮ごと切って、種だけ外して、、、

Img_0032_sp0000

砂糖を,約8割加えて、とろ~り、とろ~り、、、と加熱して、かき混ぜる

Img_0033_sp0000

やがて、、、、美しい黄金色

杏子ジャムの出来上がり、、、、アプリコットだよ!

Img_0034_sp0000

ガラス瓶に詰めれば、、、これだけ

Img_0039_sp0000

貴重な 杏子ジャム、、、

梅ジャムに比べて酸味が少ないので、食べやすい。

Img_0037_sp0000

単身赴任の時、この杏子ジャムが無性に食べたくて、、、、

スーパーで乾燥させたドライフルーツの杏子を一袋買ってきて、

水で戻して、砂糖を加えて、加熱して、、、

杏子ジャムを作ったことがある、、、、

ほとんど変わらぬ杏子ジャムが出来たよ!

モンタ、、一日中、、何回も場所を変えるね。

Img_0003_sp0000

人気ブログランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« ヘメロカリスの白い花 | トップページ | 花と蝶の楽園 »

コメント

わずか7個でこれだけできたんですか?
言うことないですね!ヽ(´▽`)/
私はジャムを作ると何時もこの大きさの瓶に入れます。
冷凍庫に重ねて入れられるので、このサイズが1番いいです。
蓋だけでも売っているので重宝です^^
うちの杏子の木はあと何年したら収穫できるのかなぁ~楽しみです♪

投稿: マルスママ | 2011年6月26日 (日) 07時47分

杏ジャムとシロップ、24日に友が届けてくれました。結婚後も実家で暮らす友、亡父が植えた杏を加工して私にお福分けです。優しかった彼女の父を懐かしく思い出しながら甘く少し酸っぱい杏ジャム頂きました。
同窓会、楽しまれましたね。色々な意味で幸せでないと参加できませんよね、次回も是非是非です。
私はず~っとこの地で生活しているので、小学校からの仲良しも身近に居ます。小学校の校歌、ナベショーさん歌えますか?

投稿: ふみん | 2011年6月26日 (日) 14時55分

杏ジャムは,お菓子にも使います。貴重ですね。こちらでは結構つくられている方がいます。室生犀星の詩にも出てきます。場所があったら植えたい木です。
モンタ君,今日こちらはとっても涼しかったので,長そでですよ。明日は35度だって,モンタ君みたいに寝ると涼しいのかな。

投稿: tirokuro | 2011年6月26日 (日) 18時51分

杏子ジャム美味しそうですね 7個の貴重な杏子がかわいいですね
本当に天の恵みです
それにしてもモンタ君は綺麗ですよね
外遊びしないのかな?

投稿: maru | 2011年6月26日 (日) 19時21分

マルスママさま
7個でこれだけ、、上出来でした。
底の深い瓶より、このくらいのがジャムを入れるには丁度いいですね。
でも、冷蔵庫のジャムの瓶が、いつの間にが、少なくなっていく、、、ねえ、ねえ、ジャム食べる、、って、妻が友達にいつの間にかあげてしまう。
実が生るのが楽しみですね。


投稿: ナベショー | 2011年6月26日 (日) 21時03分

ふみんさま
いろんな想いが込められた杏子ジャムですね。
いろんなジャムの中では最高の美味しさだと思います。
小学校の校歌、、そんなのあったかな~?
中学校も、、?
高校は少しだけ覚えてる、、、

投稿: ナベショー | 2011年6月26日 (日) 21時07分

tirokuroさま
室生犀星の長女朝子さんをモデルにした小説「杏っ子」
読みましたよ。
犀星の小説は、好きだったからほとんど読みました。
杏子の木、、花はたくさん咲くのに、ヒヨドリがやってきて、蕾も花も食べてしまいます。
5~6年前、30個以上生ったこともありました。

投稿: ナベショー | 2011年6月26日 (日) 21時13分

maruさま
今年は駄目か、、って諦めてたら、7個も生ってました。
天の恵み、、ヨーグルトに入れて食べると美味しいですね。
モンタ、、時々、黒く汚れた足で帰ってきます。
どこで遊んでたのやら、、、

投稿: ナベショー | 2011年6月26日 (日) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘメロカリスの白い花 | トップページ | 花と蝶の楽園 »