« ノウゼンカズラの花 | トップページ | ヤマモモのジャムを作った »

2011年7月 1日 (金)

ヤブカンゾウの花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_5210_sp0000


ヤブカンゾウ(藪萱草)

野に咲いてるカンゾウ、、、野カンゾウと藪カンゾウが有る。

カンゾウ、、、って、ヘメロカリスって言うんだね~

野カンゾウは花が一重だけど、藪カンゾウは、八重である。

雄蕊の一部が花弁化して八重になる

Img_5207_sp0000


6月14日のブログに  働き蜂が産卵を始めた記事を載せた。

女王蜂を新しい女王蜂に更新する方法として、、、

女王蜂を巣箱から除いて無王にすると、働き蜂は新しい女王を作るために王台を作る。

その王台には、ローヤルゼリーで特別の幼虫が育てられて、やがて16日後に新女王が誕生する。

しかし、無王の状態が長くなると、本来雌である働き蜂が産卵を始める。

働き蜂が産む卵は、すべて無精卵、、すなわち雄蜂になる。

作られた人工王台からの新女王の誕生を待ってたら、、、、、、

15日に、突然乱雑に産みつけられた多数の卵を発見、、

働き蜂が産卵を始めたことを示す。

しかし、同時に、産まれたばかりの新しい女王の存在も確認、、、、、

新女王が生まれる直前に働き蜂産卵が始まったのであろう。

新女王が生まれたので、働き蜂産卵は収まるか、、、

駄目もとで、ず~と観察してた、、、そして、、

6月27日、、遂に新女王が産卵を始めた、、

これで良し、、僕の腹は決まったよ!

新女王と女王によって産卵された2枚の巣脾、さらに空巣脾4枚と砂糖水で満たされた給餌箱を新しい巣箱に入れて蓋をする。

定位置に置いて、巣門の前に新聞紙

Img_0037_sp0000

今までの巣箱を脇に置く、、、

雄の卵が産みつけられた巣脾の蜂を、新聞紙の上に振り落とす、、

Img_0038_sp0000


振い落された蜂は、巣門の前で大混雑、、、

でも、ぞろぞろと巣箱の中へ、、

Img_0050_sp0000

雄の卵が、たくさん産みつけられた巣脾、、、

盛りあがった有蓋蜂児は、全部雄蜂

Img_0041_sp0000_2

これらの雄蜂が孵化してくると、巣箱の中は異様な光景となる。

そして、ついには群は全滅、、

これらの巣脾は、持ち帰り、全部除去して、新たに巣礎を貼り直してリサイクル

まあ、これで、やっと働き蜂産卵の被害を最小限に抑えることが出来た。

新女王がいない場合は、女王のいる群と合同させることによって、解決出来るのだが、今回は特殊ケース、、

まずは一件落着!

大きな魚の卵、、スーパーで150円で売ってたので衝動買い

生姜入れて、醤油、味醂、お酒、砂糖で煮漬けて、、、

Img_0016_sp0000

玉ネギとラッキョウのから揚げ

Img_0018_sp0000


これらもビールに良く合うね~

モンタ、、階段の上から、、、

Img_0001_sp0000

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« ノウゼンカズラの花 | トップページ | ヤマモモのジャムを作った »

コメント

またまた蜜蜂さんのアクシデント!でも,対応が早いですね。何十年もやってきたように,着実に解決されますね。今年いろんな蜜が採れたのもうなずけます。
女王のいる群れと合体させないで,この方法をとれると感じたのは新女王の元気さですか。ここが面白いです。そして,新しい巣脾の用意されたところへ入っていく蜜蜂の群れを見たときのナベショーさんのお顔が想像できます。モンタ君も,今日のナベショーさんの顔がちょっと違って見えたでしょう。

投稿: tirokuro | 2011年7月 2日 (土) 16時46分

な~るほど、、
働蜂産卵の対処法、、大変参考になりました。
趣味の養蜂を始めて7月で丸2年、、今までは大過なく
ここまで来ましたが、、春の百花に続いてニセアカシア蜜を
搾ったところで、、
問題発生(ダニ、、働蜂産卵などなど)!!
なかなか大変です、、が、、そこが面白い!!

投稿: NorthWave | 2011年7月 2日 (土) 19時09分

tirokuroさま
僕の養蜂の先生曰く、、、
対応の三日の遅れが、一カ月後には確実に現れて、一年後の蜂蜜の収穫に影響する、、と。
今年の成果が、単に偶然の結果でなければいいのですが、、、来年が楽しみです。
今回、産まれたばかりの新女王は、けっして大きくなくて頼りなげでした。
だから、働き蜂産卵が止むのか、、また、新女王が交尾に成功するのか、燕に食べら得ないか、、、産卵が始まるまで心配でした。
駄目だった場合は、別の群と合同させたでしょう。
モンタに見せてやりたかったな~、、

投稿: ナベショー | 2011年7月 2日 (土) 20時25分

NorthWaveさま
僕の養蜂の先生、、
4~5年やれば、毎年の季節変動、四季に応じた管理、
大きなトラブルも一通り経験し、自分なりの技術を会得する。10年やれば、一応養蜂家と言われるレベルの達すると言われます。
働産卵は、痛いですね。
僕は、今回、巣脾を6枚も駄目にしてしまった、、、
ダニ、、こまりものです。僕も7月いっぱいアピバールを入れてます。
たぶん、秋に、冬に、春に、、薬剤を使わなければならないでしょう。

投稿: ナベショー | 2011年7月 2日 (土) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノウゼンカズラの花 | トップページ | ヤマモモのジャムを作った »