« 塩鮭1本、久々料理 | トップページ | 真夏に元気な百日草 »

2011年8月 7日 (日)

蜜蜂の様子は?

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_6099_sp0000_2

ヒメジョオン(姫紫苑)

軽トラで走りながら見る少し離れた空き地、蕎麦の花みたいに真っ白、、、

Img_6103_sp0000

車を止めて、近寄ると、、おお、ヒメジョオンではないか!

Img_6111_sp0000

天候が不安定、、、

昨日も午後になり、雷雨が、、、夜中にも激しく降っていた、、

今日も、午前中は晴れてたが、午後は雲が厚くなり、にわか雨が来る気配

Img_0025_sp0000

天気が悪いと蜜蜂の機嫌が悪いが、、、、

二か所に分散した僕の蜂場の内検

昨年末、7群で冬越し、、、この春に、産卵が息切れした女王蜂の群、2群を他の群と合同して、全部で5群

この5群で4月末には桜の蜂蜜45kg、5月中に百花蜜46kg、5月末に蜜柑の蜂蜜65kg、

6月中には早い梅入りのためにモチノキの蜂蜜16kgしか採れなかったが、、、

全部で合計172kgの蜂蜜が採れたことになる。

モチノキの蜂蜜を採った後は、7月末まで寄生ダニの駆除剤を巣箱に挿入、、、

八月初に、ダニ剤を除去し、貯まった蜂蜜を絞って掃除、、、

女王蜂の更新や、夏の暑さで産卵が減ってるため、どの群も蜂の数は減っているが、

少し欲を出し、9月中まで夏の百花蜜が採れれば儲けもの、、、

二か所の蜂場、、合せてバックアップの予備群を含めて12群

Img_0024_sp0000

もう一つ、

Img_0028_sp0000

来春、とても、とても12群も管理しきれないだろうから、産卵が鈍い女王の群は、強い群と合同し、少なくとも10群以内にしよう。

まあ、突如足もとをすくわれて、、、が養蜂なので、

来春7~8群でスタートできればヨシとするか!

12群の内、一群だけは、3段の継箱が満杯になった強い群を形成したタフで優れた女王の群、、、この優れた古い女王は来年まで残しておこう

他の11群は新しい女王の群

そのうち、もっとも優れた女王の娘の女王の群が4群である。

今日、最後に産まれた新女王が産卵を開始した、、、ホットやれやれである。

どこに新女王がいるかわかりますか?

Img_0022_sp0000

新女王、、まだお腹がそれほど大きくはないが、産卵が増えてくるに従い、太く丸くなってくることでしょう。

たくさんの働き蜂が、恭しく女王の周りを囲んでるのがわかるでしょう。

女王は素早く動き回るが、恭しく取り囲んでる働き蜂も一緒に動いてるのではない。

女王がどこに移動しようと、常にその付近の働き蜂が、女王の周りを囲むのである。

大切にされてることがわかるね。

Img_0017_sp0000

一枚ずつ引き上げて、女王の存在を確認するのだが、

一通り見て、見つからず、再度見直して、見つけることもある。

Img_0026_sp0000

先日、こんなことがあった。

ある小さな群で、新女王が産まれてから2週間以上になるが、、、お腹が大きくならず、なかなか産卵を始めない

未だか、未だかと、待ってたが、突然、あちこちに卵が産みつけられている、、

しかも、幾度繰り返して探しても、新女王はいない、、、

しかも、産みつけられた卵のほとんどは雄蜂

働き蜂産卵だったのか、、、

いや、違う

その中に、王台がたくさん出来てる、、、

わかった、、、、、、そういうことだったのか!!!

つまり、新女王蜂は、雄蜂との交尾の回数が少なかったため、十分な精子を貯めることが出来なかった。

天候が悪かったり、雄蜂が少ない真夏には、こういうことが起こりうる。

産卵は始めたが、ほとんどは無精卵、、したがって雄蜂に、、

しかし、精子も少しは有るため、受精卵もわずかだが産んでいる、、、

その段階で働き蜂達は、その新女王を殺し、わずかな受精卵から次の新女王を育てるために王台を作った、、、

働き蜂達は、駄目な女王蜂を殺して、新しい女王を作ろうとする。

蜜蜂の行動、営み、習性は、群が滅びずに生き残るため、、種を残すため、、、これがすべてである。

しかし、知恵と文明を持つ人間は、どうも、どんどん逆のことをしてることに気がついても、後戻りできない特異な生物のようだね。

さて、ナベショーはどう処置したか?

即、その群の王台を全部取り除き、強い群と合同させました。

モンタ、、、幸せなモンタ

Img_0015_sp0000

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« 塩鮭1本、久々料理 | トップページ | 真夏に元気な百日草 »

コメント

暑い日でした。蜜蜂も暑いでしょうね。ナベショーさあんに教えられて,だんだん女王蜂がわかるようになりました。今回は直ぐ分りましたよ。働き蜂産卵でないと判断するまでの思考過程が何とも養蜂の面白いところですね,いつも謎解きのように楽しませてもらってます。ミツバチの「なぜ」が本当に面白いです。
モンタ君,エアコンだって。こちらは外は35度。でも井内の3姉妹はエアコンなしだよ。

投稿: tirokuro | 2011年8月 8日 (月) 18時12分

なぁ~るほど、、
そういうことか、、
でも僕のそういう群はまだ新女王がいた(先週の内検)。
今週の内検で”なぁ~ほど、そういうことか”を再確認して
みようっと!!

投稿: NorthWave | 2011年8月 8日 (月) 19時21分

tirokuroさま
巣箱にかけたスダレ、、暑さ対策にはすごい効果です。
スダレをかけなかったら巣箱の蓋の上の板はアチアチに、、でもスダレをかけると、ほんの少し暖かいだけ、、。
何か異常が有れば、仮説をたてて、即対処、、、
まあ、間違えることもあるけど、、、
女王が正常で元気なこと、、でなくなったら、働き蜂は直ぐに行動しますね。
モンタ、、エアコンなしだって、我慢できる?
出来ないだろうね~

投稿: ナベショー | 2011年8月 8日 (月) 21時01分

NorthWaveさま
まだ成熟してない新女王がいて、産卵が多数されてる時は、、、働産卵か、新女王が無精卵を産んだか、、いづれかですね。
働産卵の場合は、新女王のお腹が大きくなって正規の産卵が始ったら収まるでしょう。
早く内検して、見極めないと、巣箱の中は雄の卵ばかり、、たくさんの巣脾を失うことになる、、、ご無事を祈ります。

投稿: ナベショー | 2011年8月 8日 (月) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩鮭1本、久々料理 | トップページ | 真夏に元気な百日草 »