« 青春18きっぷの旅 富山市 | トップページ | 青春18きっぷの旅 高岡から高山線で »

2011年8月16日 (火)

青春18きっぷの旅 高岡市巡り

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

2011 8 11 青春18きっぷの旅  富山から高岡市へ

Img_0250_sp0000

富山駅からJRで約20分で高岡市、

駅から駅前大通りを約1km 南下すると瑞龍寺、、、暑いけど、、、

義弟前田利常に家督を譲り、富山に隠居した前田利長

然し、富山城が大火で焼失したため、高岡城を築いて、この地で亡くなった。

利長から加賀百万石を譲られた利常は、その恩に報いるために、利長を弔う瑞龍寺を築いた。

左右対称形の荘厳な美しい寺院である。

Img_0257_sp0000_3

猛暑の中を前田利長公の墓所へ

Img_0264_sp0000

JR高岡駅に戻り、駅の北側へ、、、

北側には、商業や鋳物業で栄えた高岡市の古い街並み

重要文化財の菅野家住宅

Img_0270_sp0000_2

赤レンガの建物、、、富山銀行として現役

Img_0274_sp0000

金屋町千本格子の家並

Img_0281_sp0000

暑い、暑いと言いながら、夕方5時に、、、

やっと、今夜の宿泊の旅館に、、、

昭和の初めに建てられた古い旅館、、、、

家の造り、柱、天井、、なかなか立派

維持するのがたいへんでして、、と、老主人、

Img_0332_sp0000

お料理は、、

白エビのかき揚げ

Img_0290_sp0000

鯛、鰯、鯖のお刺身

Img_0291_sp0000

鰤の煮付け

Img_0292_sp0000

鰊の粕(麹、、?)漬け

Img_0293_sp0000

アサリのお味噌汁

Img_0294_sp0000

今日は暑い中を、たくさん歩いた、、、

歩数計を見ると 21、000歩

北陸の魚料理も、冷酒(立山) も美味しかった!

さあ、明日は、、、、

健気に待つモンタ、、、

Img_0010_sp0000

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« 青春18きっぷの旅 富山市 | トップページ | 青春18きっぷの旅 高岡から高山線で »

コメント

いっぱい歩いて,次の登山の足慣らしができたかしら。鰊は,麹漬けでなかったですか。
前線が南下するというので,その前に収穫しようと出発します。夫はがれき撤去のボランティアから帰って,すぐ今度は岩手山登山です。これも支援になるとか。3姉妹は明日は多分寝たきりでしょう。モンタ君は一人で3日お留守番したものね。1日ぐらいは何ともないよね。

投稿: tirokuro | 2011年8月17日 (水) 10時39分

こんにちは、戸ヶ瀬です!
お~、なんかこういう「昔」を感じさせる街並みって好きです!最近はこういう場所に旅行に行くことがないので、来年あたりぜひ行ってみたいですね~(^^

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ

投稿: 引きこもり男(∵)戸ヶ瀬 | 2011年8月17日 (水) 14時21分

tirokuroさま

鰊は粕ではなく麹漬けでしたね~
とても美味しかった。
猛暑の中をたくさん歩く、、、そう次の登山の体力作り
でも、全線が南下して、天気が悪くなる予報、、
困った、困った、、、
ご主人様、、なかなかタフですね。

投稿: ナベショー | 2011年8月17日 (水) 20時20分

戸ヶ瀬さま
昔のままの家や通りが保存されてるのは良いですね。
中山道の奈良井宿や、塩田の栄えた豪商の邸宅が並ぶ竹原、、僕の今まで行ったお気に入りです。

投稿: ナベショー | 2011年8月17日 (水) 20時24分

毎日違う処に泊まるのも楽しみの一つですよね。
白エビ食べてみたいな。
金屋町千本格子の家並みみたいな処は、やっぱり日本の昔の景色でいいですね~
この猛暑の中、歩いて痩せたんでは?
ご夫婦とも健康って幸せな事ですよね。。。

投稿: kawazuzakura | 2011年8月23日 (火) 09時00分

kawazuzakuraさま
3泊4日の旅でしたが、だいたい1万円以下の旅館、民宿、、大当たりもあれば、外れもあり、、それもまた楽し!
大きな町の場合は、駅前のビジネスホテルに泊まって、食事は外の小料理屋、、
昔の古い街並みは良いですね。
猛暑の中を歩いて汗かいたけど、たくさん食べて飲んだから太ってしまいました。

投稿: ナベショー | 2011年8月23日 (火) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春18きっぷの旅 富山市 | トップページ | 青春18きっぷの旅 高岡から高山線で »