« 秋刀魚、、一箱大人買い | トップページ | 秋刀魚の姿寿司 »

2011年9月28日 (水)

蟻酸による蜜蜂のダニ駆除

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_7313_sp0000

シロバナサクラタデ(白花桜蓼)

タデ(蓼)の仲間は、花の形がわからないほど小さいものが多いが、、

シロバナサクラタデの花は、比較的大きくて美しい。

Img_7318_sp0000

彼岸花の近くに咲いていた、、

Img_7330_sp0000

蜜蜂に寄生する恐ろしいダニ、、

ダニを駆除するためアスピタンとアピバールという二種類の農薬、駆除剤の使用が認められている。

しかし、いづれの薬剤も、ダニが耐性を持つようになり、効かなくなってしまう。

ダニが耐性を持たない薬剤としては、香料のチモールや有機酸(蟻酸や乳酸)がダニの駆除に有効と言われている。

アメリカでは、ダニ駆除に蟻酸ゲルが市販されてると聞く。

8月末から9月初、、10群の巣箱に駆除剤アスピタンを挿入した。

ところが、数日前の内検で、ある巣箱でダニを背負った蜜蜂が10匹くらい見つけた。

アスピタンを挿入して2週間以上経つが、、、、

アスピタンの使用期間の6週間目にダニを背負った蜂を見つけると、途方に暮れてしまう。

これらが、耐性ダニならば、、困ったものだ、、、。

老舗の薬局に試薬の蟻酸(HCOOH)500grを1本注文して、入荷したので、さっそく試す良い機会。

Img_0028_sp0000

蟻酸は皮膚や粘膜を侵し、目に入ると失明する強い有機酸

有機化学の知識や有機工業薬品の取扱いの経験のある人でないと危険。

まあ、僕は有機化学の製造工場で、この蟻酸も製造してたので、扱い慣れてるけど、、

プラスチックの容器に蟻酸を数十ml入れて、約同量の水で薄める

麻布の切れ端を蟻酸水溶液に浸して、、、、、

Img_0002_sp0000

割り箸ではさんで引き上げて、巣箱の中の上に置いて、蓋をする、、、

Img_0001_sp0000

二日後、、、巣門の前には、、、、おびただしいダニの死骸が、、

Img_0017_sp0000

巣箱の中、、、底にもダニの死骸がたくさん落ちている

ダニがこんなにいたのか、、ビックリ仰天!

アスピタンは効いてたのか????

蜂も幼虫も異常無し!

蟻酸の効果は確認できたので、全部の巣箱に蟻酸シートを挿入した。

蟻酸は揮発するので、数日ごとに新たに蟻酸を浸して、繰り返し挿入する必要がある。

これで、蟻酸と市販のダニ駆除剤とを組み合わせて、完璧にダニを駆除出来そうだね。

でも、あくまで認可されてるアピスタンとアピバールを仕様に従って正しく使用し、どうしても止む得ない時に限り、ギ酸や香料を使うべきであろう。

野菜などに使われる未認可の農薬などを自己流に使うことは、かえって耐性ダニの増殖の原因にもなって、慎むべきだろう。

蟻酸は、サイロの中で牧草の腐敗を防ぎ、乳酸発酵を促すために、畜産農家の間で大量に使用されている。

しかも、蟻酸は試薬1本(500gr) 1500円、、、お安いもの!

有機薬品の取扱いに慣れていない人は、ゴム手袋を着用し、顔面と目を完全に覆うゴーグルをして扱わないと危険だよ。

また、絶対に鼻で直接臭いを嗅ぐことなかれ!

皮膚についた時は、直ぐに水で洗うこと!

秋刀魚、豊漁なのに、津波被害の東北の港で水揚げや加工が出来ないのは残念!

塩焼きが美味しい!

Img_0001_sp0000_2

モンタ、、翡翠のお目目だね!

Img_7405_sp0000

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« 秋刀魚、、一箱大人買い | トップページ | 秋刀魚の姿寿司 »

コメント

蟻酸が効果あって良かった!
ミツバチには影響なく、ダニだけを退治できるのですね。
サクラタデ、美しいですね。
周りにありません。

モンタ君にチュ!heart02

投稿: MONA | 2011年9月28日 (水) 22時17分

蓼の花かわいい花ですね。

モンタくん今日は宝石の目ですね。
本物の宝石には興味ないけど
ナベショーさんの文章はスルー
してしまうほど!!だよ。


投稿: 秋っ子 | 2011年9月28日 (水) 22時56分

化学の勝利、おめでとう。
言ったら悪いが一般の人の化学の常識はかなりお寒いから、これくらい丁寧に解説しないとね。

投稿: Yash | 2011年9月28日 (水) 23時20分

シロバナサクラタデ、何て可愛らしい花なのでしょうか。見たことがあるかもしれないけれど、ナベショーさんみたいに繊細な目を持っていないので、わからなかったのかも。珍しい花ですか?
うちの秋刀魚は、どーんと焼いて置いておくだけ、、、それでも秋刀魚は秋刀魚なのだけれど、すだちなどを半分に切っておいている細やかさ、、、見習いたいです。

投稿: オレンジ | 2011年9月29日 (木) 09時39分

ダニを見つけられるなんてたいした目をお持ち
ですね!

投稿: せっちゃん | 2011年9月29日 (木) 10時06分

蟻酸がダニに効くらしい(?)、、ことは
何となく調べて知ってました、、が、、使い方が
分かりませんでした。。 その効果のほども!!
硫酸とかと同じでその扱いの注意についても良く
分からない、、理解していなかったので、、
怖くて使えませんでした。。
一般的なバッテリーは鉛蓄電池ですが、、その溶液は
”希”硫酸です。。 過充電するとドカン!! 怖い!!
蟻酸について、、もう少しその効果より怖さを調べ、、
理解してから使って見たいと思います。。

投稿: NorthWave | 2011年9月29日 (木) 12時13分

シロバナサクラタデ、可愛らしいですね。
ヒガンバナは主役ですが、そっと咲いてる様子が素敵!
また、優しい写真なので、とっても活き活きしていますね。
ダニ・・・怖いんですね。
でも、蟻酸って、良く効くんですね。
蜂って、犬やネコと違って、沢山いるし、小さいから、
余計に病気や寄生虫の処置が難しそうです。
毎日、緊張の連続ですね。
モンタ君の翡翠の目、なんてきれいなんでしょう。

投稿: Bluebell | 2011年9月29日 (木) 13時08分

こんにちは、戸ヶ瀬です!

ダニってそこまで厄介な生き物だったんですね(汗)
それに耐性ダニまでいるとは…
一匹一円になってくれたら大金持ちになれそう(笑)

サンマの塩焼きは私も好きです!
これからの季節は特に美味しくなりますね(^^

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ

投稿: 引きこもり男(∵)戸ヶ瀬 | 2011年9月29日 (木) 13時44分

蟻酸って面白い!流石われらのナベショーさんですね。こんなことができるってすごいです。そしてそのお話は,本当に興味深いです。お茶の萎凋香もそうだけど,こんな取り組みを本にまとめたらいいですよ。冬の仕事に。モンタ君は,膝で加温するって!

投稿: tirokuro | 2011年9月29日 (木) 18時23分

MONAさま
蟻酸って、蜂や蟻が刺した時の毒の成分ですね。
直ぐに揮発するので徐放性にするのが課題です。
サクラタデ、、道端を探したら咲いてるかも知れませんよ。
モンタに、、、お目当てはお目目の翡翠だね。

投稿: ナベショー | 2011年9月29日 (木) 19時23分

秋っ子さま
蓼の花、、2mmくらいの小さな花ですが、よく見ると美しい花です。
モンタの目、、幸せの王子、、のお話を思い出します。

投稿: ナベショー | 2011年9月29日 (木) 19時28分

Yashさま
化学薬品の知識や取扱いの実務経験のない人は、扱わないほうが良いかも知れませんね。
有機薬品の中でも、蟻酸は扱いにくい部類に入るでしょう。
まあ、想定して、詳しく扱い方を書きましたが、、、

投稿: ナベショー | 2011年9月29日 (木) 19時35分

オレンジさま
シロバナサクラタデ、、小さくて可愛くて綺麗でしょう。
野の道端の草むらの中に咲いてるかも知れませんよ。
見ようとして探しても、見つからないけど、、、
なんだ、、こんなところに咲いてた、、と言う感じです。
秋刀魚の塩焼き、、、格好付けても、つけなくても、秋刀魚は秋刀魚、、美味しいですね。

投稿: ナベショー | 2011年9月29日 (木) 19時42分

せっちゃんさま
直径1mmくらいの赤いダニ、、、これが見えなくなる時は、養蜂をやめる時でしょう。

投稿: ナベショー | 2011年9月29日 (木) 19時43分

NothWaveさま
僕のやり方でいいのか、どうか、、、
麻布に浸して置くだけだと、一晩で揮発してしまうので、数日間にわたり少しずつ揮発するように何らかの工夫が必要です。
しかし、化学薬品の知識が無く、取扱いの実務経験のない人には、危険かもしれません。
扱い方は具体的に書きましたが、全く想定外の扱いをして、事故につながるかもしれないです。

投稿: ナベショー | 2011年9月29日 (木) 19時52分

Bluebellさま
シロバナサクラタデ、、可愛いでしょう!
何箇所か毎年咲いてる場所を、この季節になると確認に行きます。
咲いてるとホットします。
掘り起こされたりして、無くなってることもあるんです。
ダニ、、怖いというか厄介というか、対処が手遅れになると蜜蜂の群が全滅します。
幼虫の中に産卵されて、寄生してるので、見えないんです。
体液を吸われた奇形の蜂が生まれ摘て、初めてダニの存在に気付くのです。

投稿: ナベショー | 2011年9月29日 (木) 19時59分

戸ヶ瀬さま
ダニ、、ほんとに厄介です。
ダニで全滅、、ってこともあるんですよ。

投稿: ナベショー | 2011年9月29日 (木) 20時06分

tirokuroさま
面白いでしょう!
養蜂もお茶づくりも、化学の知識や経験が、大いに役に立ってるようです。
本に、、
ある出版社が、「ナベショーのシニアーライフ」を電子書籍化したけど、成功しなかったようです。
内容が多すぎる、、、

投稿: ナベショー | 2011年9月29日 (木) 20時17分

はじめまして 千葉県在住の江澤と申します。
蜜蜂を飼い始めて5年ぐらいになります。
ダニに苦戦しています。

試薬の蟻酸何パーセントのものを 購入すればよいのですか 教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願いします。

投稿: 江澤利春 | 2013年6月 1日 (土) 11時37分

江澤利春様
こんにちは
春にダニ駆除を実施してても、もうダニの姿がちらほらと目に留まりますね。
もうぼつぼつダニ対策しないと手遅れになりそうです。
ギ酸によるダニ駆除について、コメントではなかなか詳しく書けないので、後でメールいたします。


投稿: ナベショー | 2013年6月 1日 (土) 12時32分

はじめまして、茨城県で養蜂を営む飯野と申します。
蟻酸を使用したダニ駆除の件とっても驚きました。
千葉県の方と同じく私もダニには困っていて何かいい方法が無いかと苦心しておりました。

私も同様に蟻酸何%を購入すればよいのか?麻布を蟻酸に浸す際に使用した容器に付着したりした残った蟻酸の取り扱い方法。麻布の取り換え時期。以上ご教示頂けませんでしょうか。

不躾なお願いで恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿: 飯野正一郎 | 2013年6月 5日 (水) 17時41分

飯野様
ギ酸をダニ駆除に使用することは、欧米では認可されて、広く使われていることはご存じのことと思います。使いやすいようにゲルの形で販売されていると聞きます。
しかし、日本では、他の乳酸やチモールなどの香料と同じく認可されていないのが現状です。
認可されているアスピタンとアピバールを適時に、正しい用法で交互に使用することにより、基本的には耐性ダニを発生させることなく駆除することが可能です。
失敗されてる方のほとんどが、正しい使い方をせず、期間や量を自己流でアレンジしたり、使ってはいけない農薬を使ったりされてる場合が多いと思います。
アピバールとアピスタンをきちっと使い、なおかつダニが駆除出来ない場合、補助的にギ酸の使用も有り得ますが、認可されてないことと、扱いに危険があることによりお勧めは出来ません。
コメントでご説明できるのは、この範囲ですが、ダニに関する状況をお伝えくだされば、何かアドバイスできると思います。
ブログの右サイドにメールで送信のメールアドレスがありますので、メールをいただければ、、と思います。

投稿: ナベショー | 2013年6月 5日 (水) 20時05分

蟻酸を染み込んだ麻布は何日おきに交換ですか。

投稿: 新垣 | 2014年11月 7日 (金) 19時29分

新垣さま
みなさん、ダニ駆除では苦労しますね。
1~2日おきに交換しますが、確固たる根拠はありません。

投稿: ナベショー | 2014年11月 7日 (金) 21時50分

蟻酸は何%がよいでしょうか。

投稿: 新垣 | 2014年11月 8日 (土) 19時44分

新垣さま
100%の高濃度のギ酸は取り扱いが危険です。
私は朝日化学工業所の45%水溶液(22kgポリタン、約6000円)を使用しています。
購入の場合は、取扱い商社、丸石化学薬品(03-3252-7521)の担当者に問い合わせてください。

投稿: ナベショー | 2014年11月 8日 (土) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋刀魚、、一箱大人買い | トップページ | 秋刀魚の姿寿司 »