« オミナエシ(女郎花)の花 | トップページ | 長雨が止み、空が晴れてくると、、、 »

2011年9月 4日 (日)

雨のハイビスカス

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_6576_sp0000

雨の中のハイビスカス

台風、、こんなに離れてるのに、強い雨が断続的に、、、、

Img_6580_sp0000

雨粒に叩かれて、花ビラが、傷んでしまった、、、

Img_6574_sp0000

今日、日曜日の毎日新聞、、

「悼む」というコラムに6月21に93歳で死去された永瀬 隆 さんについて紹介されていた。

Img_0007_sp0000 永瀬さんは、第二次世界大戦の時、映画「戦場にかける橋」の舞台、タイーミャンマー間の「泰麺鉄道」敷設に携わり、連合軍捕虜の拷問に陸軍通訳として立ち会った、泰麺鉄道の生き証人。

よく知られている「クワイ河マーチ」に象徴される映画の世界は全部、ウソ、、、

捕虜やアジア人労働者の酷使の実態は狂気の沙汰と、、、

戦後、戦地を訪ねて犠牲者を慰霊し、元捕虜と和解し、アジア人労働者と、それに続く孤児の面倒をみた、、、

イギリス人捕虜のアーネスト・ゴードンが書いた実話「クワイ河収容所」(TO END ALL WARS)

この小説は「クワイ河収容所」として映画化

妻は、この映画のDVDを見始めたが、、、

あまりの酷く、悲惨な画面に耐えられず、最後まで見る事が出来なかった、、、、

収容所での敬虔なキリスト者のイギリス人捕虜の死に様に影響を受けたアーネストは、戦後に牧師になり、、

捕虜収容所の日本軍の通訳だったの永瀬軍曹はタイの僧侶となり、

55年後に二人は再会を果たした。

小説「クワイ河収容所」とその映画に関しては、多くの解説や紹介がある。

クワイ河収容所の奇蹟」、「エンド・オブ・オール・ウォーズ

クワイ河マーチの「戦場にかける橋」の映画をご覧になってる方は、もう一つの「クワイ河収容所」のDVDを、または本をお読みください。

今日のヘルシー料理

焼いた秋茄子

Img_0024_sp0000

豚肉の紅茶煮 

Img_0025_sp0000

モンタ、、雨ばかりで嫌になるね。

Img_0018_sp0000

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« オミナエシ(女郎花)の花 | トップページ | 長雨が止み、空が晴れてくると、、、 »

コメント

奥さまが最後まで見ることができなかったのは,分かるような気がします。この話の粗筋を知っただけでも,見たくないと思います。でもこんな話の一つひとつをしっかり直視して,知ることが私たち世代の義務ですね。そして次世代に伝えていかないとまた同じことが起こってしまう様な気がします。
焼きナスは美味しいですね。大好きです。モンタ君,この鰹節に反応するのね。うちの3姉妹は,まったく反応しないのよ。どうしてでしょう。

投稿: tirokuro | 2011年9月 5日 (月) 08時53分

こんにちは!
オミナエシの花、雨にぬれて余計に美しいです。
泣いている様なピンクのハイビスカス・・・
何だか助け出してあげたいようですね。
でも、雨が好きで喜んでいるかもしれませんね。
うん、そうだ!喜んでいるほうをとろうかな!
戦争の事、知らない世代が語ってはいけないような、
ずっと、そんな気持ちを持っていました。
何も知らないのに軽いこと言うなって
言われそうな気がします。
震災後、大きな災害であっても、
その気持ちがぬぐえません。
年を取るにつれ・・・それじゃあいけないのかなって
そう思います。
若い人も、もっと自由に語って、そして考える。
語るってことは責任を持つことかもしれません。
湯で茄子のポン酢、私も作りましたよ!

投稿: Bluebell | 2011年9月 5日 (月) 11時32分

雨に打たれたピンクのハイビスカス。
ピンク色のハイビスカスに釘付けです。
ハイビスカスといったら真っ赤、パッションオレンジ色
を想像してしまいます。
日本にいる間の4ヶ月間で、娘が日本画教室へ行って、
くちなしの花とハイビスカスの2作品を完成させました。
またブログにでもアップしようかと思っています。
親ばかを笑ってくださいね。
ピンクのハイビスカスを見て同じ花とは思えない風です。

投稿: にりんそう | 2011年9月 5日 (月) 11時32分

こんにちは、戸ヶ瀬です!
途中で見られなくなるほどの映画ですか…
あらすじを見ると私の苦手なジャンルのような感じがしますが、機会があったらぜひ観てみたいと思います。

今日のモンタ君、雨の影響かどことなく気だるそうですね…(笑)

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ

投稿: 引きこもり男(∵)戸ヶ瀬 | 2011年9月 5日 (月) 13時19分

今日も 止んだかなと思ってると急にザァーっと降ってきます・・・
もう十分だからスッキリと晴れて欲しいです!

私の父はインパール作戦の生き残りです。
初めは近衛兵として入隊したそうです(昔は士族)
最後はオランダ軍の捕虜になったそうです。でも、そのお蔭で生きて帰ってこられたと言ってました。
マラリヤにかかって死にはぐったとも言ってました。

投稿: マルスママ | 2011年9月 5日 (月) 13時44分

台風で、どこも、雨、雨。
今日も出かけようかと思ったら、雨。
お出かけ、断念。
うちの何年も前に亡くなったお祖父ちゃんは
戦争に行ったと聞いたことがあります。
戦争になったら、醜いこと沢山起こるって事
ナベショーさんの文章読んで、実感します。
何よりも、愛する人と別れないといけなかったとか
悲惨です・・・・。
平和にネットしている自分、幸せなんですね・・・。
今日もでも、花の写真、美しい~!
モンタ君、可愛らしい!!

投稿: オレンジ | 2011年9月 5日 (月) 16時33分

tirokuroさま
戦争でのナチのホロコーストも、日本がおこなったこと、、、今も世界の各地で行われてる戦争、虐殺、、
人間は極限になると、常識を越える残虐な行いをする、、、直視しなければなりませんね。
子供の頃、田舎での酒の席で、酔った村人が戦地で現地人や捕虜に行った事を話すのを聞いていたがあります。
素朴で善良な人が、戦争ではかくも残虐になるのだと、、、いかなる理由があろうとも、戦争を肯定化することはできません。

投稿: ナベショー | 2011年9月 5日 (月) 19時53分

Bluebellさま
南国の花、ハイビスカス、、、
雨に濡れたピンクのハイビスカスの美しさは、日本的な風情を感じさせます。
降る雨に濡れてたたづむ少女、、やさしく抱きしめたいような、、
戦争を体験して無いにしても、戦後の、戦争は二度と起こしてはならないという時代に育った世代として、しっかりと主張していかなければならないと思います。

投稿: ナベショー | 2011年9月 5日 (月) 20時06分

にりんそうさま
真っ赤やオレンジの南国的なハイビスカスと違って、このハイビスカスは優しい日本的な風情がありますね。
雨に打たれた姿が特に、、、
我ながら、偶然にしても良く撮れたな~と自画自賛です。
娘さん、、今度はお母さんの看病も含めて長い滞在でしたね。
日本画教室の作品、、楽しみに!

投稿: ナベショー | 2011年9月 5日 (月) 20時10分

戸ヶ瀬さま
最後まで見ると、夢にうなされますよ。
いや、最初の10分でギブアップかな?
戦争映画というより反戦映画ですね。

投稿: ナベショー | 2011年9月 5日 (月) 20時12分

マルスママさま
明日は、やっと晴れ間がでるかな?
雨で出来なかったことがいっぱいです。
戦地では、何が幸になるか、不幸になるか、わかりませんね。
マラリアにかかったこと、捕虜になったこと、、もしそうでなかたら前線に送られてたかも、、、
生きて帰ってこられて良かったですね。

投稿: ナベショー | 2011年9月 5日 (月) 20時21分

オレンジさま
雨、雨、、、いつまでも長引くから予定が完全に狂ってしまいました。
お祖父さんが戦争に行かれた、、、
戦争は、悲しいことばかりですね。
今も、世界のあちこちで争いや内戦、戦争が起こってる、、民族、宗教の違いで、殺し合い、世代にわたって憎み合いが続いてる、、、
ほんとに定年後をネットでブログして楽しんでる、、平和ボケか、、、
今日のハイビスカスは、我ながら美しく撮れました。

投稿: ナベショー | 2011年9月 5日 (月) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オミナエシ(女郎花)の花 | トップページ | 長雨が止み、空が晴れてくると、、、 »