« 秋の七草 葛の花 | トップページ | 薩摩芋の茎 キンピラ風 »

2011年9月13日 (火)

彼岸花が咲き始めた!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_6834_sp0000

お彼岸まで、未だ少し日数があるが、所々の農道の脇に、、、

ニョキニョキと彼岸花の花茎が伸びて、咲き始めたよ。

Img_6827_sp0000 場所によって、早い、遅いはあれど、

お彼岸前後には、田の畦道、鉄道や川の土手、、、日本中が真っ赤に彩られる、、

稲刈りと彼岸花は日本の秋の原風景、、

毎年、彼岸花は、幾度か撮るが、、

今日は初撮り

全国の彼岸花の遺伝子は同じ、

昔、中国からもたらされた一個の球根から全国に広がったと言われる。

きっと、稲作文化とともに渡来したのだろう。

深い山奥で、彼岸花が咲いてることがある。

昔、そのあたりに人が住んでいたことを示す。

この彼岸花は、少し白っぽい筋が入ってる。

Img_6843_sp0000

球根はアルカロイドを含んで有毒だけど、飢饉の時の最後の食べ物

球根を潰して毒を水で流し、そのデンプンを食したという。

Img_6850_sp0000

9月9日、、名古屋ヘ青春18きっぷで旅をする日の午前中

この地区での家畜衛生保健所と市の農林課による蜜蜂の検査があった、、、

法定伝染病であるアメリカ腐祖病に感染していないかの検査

Img_0015_sp0000

ところが、まさかのまさか、、、!

僕の自宅近くのAさんの蜂場、、、、一個の巣箱から腐祖病に感染しているらしき蜂児がみつかった、、、

蜂場に置いてる数十の巣箱、、、全数検査に、、、

ここで、時間がかかるため、ず~と離れた奥地、僕のも含めて検査は延期、、

名古屋の旅行から帰ってきて、状況を聞く

家畜衛生保健所での検査により、4箱がアメリカ腐祖病に感染しており、巣箱に閉じ込めた蜜蜂を巣箱毎焼却処分との事

養蜂協会の支部長さんからの依頼

昨日の午前中、Aさんの蜂場の巣箱全部に、予防薬を入れる作業を手伝いに行き、

午後は、焼却する4箱を、市の廃棄物焼却工場に運び、家畜衛生保健所と市の農林課職員の立会のもとに焼却

さらに、汚染された蜂場を保健所の技師さんが消毒、、、

後は一カ月後に再検査という。

さあ、、5~6km離れているとはいえ、僕の蜜蜂は大丈夫だろうか。

僕を含めて、周囲の養蜂家は戦々恐々、、、

今のところ、僕の蜜蜂はすこぶる元気、、、そのような兆候は無い。

しかし、製薬会社から届いたばかりの腐祖病予防の抗生物質アピテンを調合し、

僕のすべての巣箱に入れた。Img_0051_sp0000

寄生ダニの駆除剤アピスタンは、昨日の夕方、全箱に入れた。

さらに念のため、蜂場に消石灰を散布し、ジョウロで水を蒔いた。

Img_0050_sp0000

アメリカ腐祖病の菌は、ほとんど全国に広がってるそうだ、、

蜜蜂の環境が悪化し、蜜蜂の体力、抵抗力が弱ってる時に発病しやすいと、、、

薬剤に頼らない養蜂が理想的なのだが、、、

僕にはそのような知恵が無い。

ひたすら、健康な強い群を育てることに専念しよう。

モンタ、、、フムフム!

Img_0055_sp0000

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« 秋の七草 葛の花 | トップページ | 薩摩芋の茎 キンピラ風 »

コメント

もう、彼岸花!そうか、もう咲くんだね、、、。
うちの近所の彼岸花もチェック入れとかないと。
蜂が大変ですね。日本の農作物は大丈夫なのでしょうか。今年はぶどうが高いって、うちの母が・・・。(ぶどう、母の好物なので。)レタスなんか、ひと玉250円してます。で、高いので、皆買わなくて、傷んでいるのです・・・。
・・・なんか、モンタ君、いろいろ大変な事も、なんだかわかっているような顔ね。しゃべっているよ、この顔は。

投稿: オレンジ | 2011年9月13日 (火) 22時58分

こんばんは。今年最後の蜂蜜、なんとかゲット出来て幸運でした!なべしょうさんの蜂蜜は、天下一品です!一年通して購入させて頂きましたが、お世辞抜きに、今まで味わった事のない蜂蜜ばかりでした。蜂蜜に、こんなにも深い味わいや自然の恵を感じる事が出来て、幸せでした。有難うございました。来年も、楽しみにしています。でも、来年は、きっとリピーターが増えて、入手する事が難しいかもしれませんね。

投稿: ひかりこ | 2011年9月14日 (水) 00時08分

>全国の彼岸花の遺伝子は同じ、
>昔、中国からもたらされた一個の球根から
>全国に広がったと言われる。

これ初めて聞きました。へーという感じ。

>アメリカ腐祖病

これは一種の伝染病?ウイルス?
これにかかると蜜蜂はどうなるのですか?
死をまつばかり?何故アメリカ?
すいません興味があるものですから。

>家畜衛生保健所と市の農林課による蜜蜂の検査

こういうのもあるんですね。始めて知りました。

投稿: | 2011年9月14日 (水) 02時32分

すいません。
先ほどのメールに名前が入っていませんでした。

彼岸花といえば瀬戸川河畔に赤い花ばかりではなく
白い彼岸花もいっぱい咲く場所があるのを
ご存知ですか?
勝草橋の栄区側を原の方へ登って行くと土手沿いに
いっぱい咲いてます。今年はどうか
わかりませんが.......

投稿: 五郎 | 2011年9月14日 (水) 02時41分

ミツバチの災難,発生ですね。こんな大変な事態を回避できるってすごいです。ナベショーさんならではですね。ミツバチの場所を変えたのも,強い群れをつくるためなんですね。
モンタ君,緊張してじょうほうをあつめてるね。

投稿: tirokuro | 2011年9月14日 (水) 08時10分

近所でフソ病、、
心配ですね。。
乏しい知識の私でも”焼却処分”ということは知ってます。。
消石灰を撒いたネバショーさんの蜂場、、
綺麗に草が刈ってありますね。。
比べて私のところ、、今晩巣箱の扉を閉め、、
明朝早くにちょっとづつ動かしながら草刈しよっと!!

投稿: NorthWave | 2011年9月14日 (水) 10時31分

こんにちは!
素敵な(言葉貧乏ですみません)ヒガンバナ、
ありがとうございます。
今年は見られそうにないなって思っていたら・・・
アップされていて、とっても嬉しかったです。

腐祖病・・・
なんだか怖いですね。
ウシの病気とおんなじで、殺さないといけないのですか?
病気を治すんじゃなくて、殺処分・・・
わかっているけど、なんだか消化不良です。

投稿: Bluebell | 2011年9月14日 (水) 11時24分

こんにちは、戸ヶ瀬です!

蜜蜂の管理も大変なんですね…
腐祖病というものは聞いたことがありませんが、それにかかると焼却処分とは…

ナベショーさんのところは無事であることを祈ります!
応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ

投稿: 引きこもり男(∵)戸ヶ瀬 | 2011年9月14日 (水) 13時41分

アメリカふそ病怖いですね!ウイルスは知らない間に蔓延していて厄介ですね!

投稿: せっちゃん | 2011年9月14日 (水) 14時03分

オレンジさま
彼岸花、、今年は少し咲くのが早いですね。
暖冬、猛暑、梅雨が早い、、毎年、気候の変化が大きく振れるので、野菜や果物の出来具合も大きく影響を受けますね。
今年の春から蜂蜜がたくさん採れたのは、昨年の猛暑のため、木が弱ったので、花をたくさん咲かせたからか、、、
自然は複雑に関連しあっているようです。
モンタは言葉がわかるようだよ。
モンタと呼べば、尾っぽを振る、、、

投稿: ナベショー | 2011年9月14日 (水) 19時30分

ひかりこさま
夏の百花蜜を味わっていただいたら、春の桜、春の百花、蜜柑、モチの木、、と全部試されたことになりますね。
僕も、四季を通じて、このようにいろんな蜂蜜が採れたのは初めてです。
来年も、良い蜂蜜が採れるように、今からきちっと管理が出来るようにしたいものです。
まさに、この秋の数カ月の管理で、来年がほぼ決まってしまう。
来年は、今年の2倍の巣箱なので、大丈夫でしょう。
来年の蜂蜜もよろしく

投稿: ナベショー | 2011年9月14日 (水) 19時38分

こんにちは、ナベショーさん。僕の蜂、ダニ駆除剤入れなくても、今のところ、元気。Aさんのところ、次でたら、非常に気の毒ですから、でないといいんですけどね。うちらのところは、最初から全群検査なんですけどね。

投稿: ミラクル蜜成 | 2011年9月14日 (水) 19時40分

五郎さま
アメリカ腐祖病、、、細菌に感染すると、孵化したばかりの幼虫が死んで、腐るという恐ろしい病気です。
成虫には感染しないのですが、幼虫が死んでしまうので、群れは全滅します。
感染力も強く、熱にも強く、いったん発生すると大事になります。
蜜蜂は牛や鶏と同じように家畜なので、市に届けなければならないし、家畜衛生保健所による伝染病の検査を受けて、発病が判明すれば、すべて焼却処分しなければならないのです。
瀬戸川の勝草橋からの土手、、春の桜見物によく行きます。
彼岸花も綺麗、、近々、様子を見に行ってみます。

投稿: ナベショー | 2011年9月14日 (水) 19時57分

tirokuroさま
蜜蜂の腐祖病、、出たら終わり、、戦々恐々です。
でも、感染しないように、自分で出来る限りの対策はやらなくちゃ、、、
やはり、多産でタフな強い女王蜂と元気で強い群、を育てることが、大切かと、、!
モンタが司令塔だね。

投稿: ナベショー | 2011年9月14日 (水) 20時13分

NorthWaveさま
腐祖病、、なんて、どこか他のところでのめったにしか起こらない病気、、、と思ってたら、こんな身近なところで、、、
その蜂場は、しばしば手伝いに行ってたところなので、特に心配です。

投稿: ナベショー | 2011年9月14日 (水) 20時16分

Bluebellさま
彼岸花、、この自然の造形美に驚くばかりです。
いっせいに、咲き始めました。
腐祖病、、牛の病気や鳥インフルエンザと同じ、、感染力が強く、周辺に与える影響が大きいので、焼却処分しかないのです。
幼虫が次々と死に、腐って異臭を発する、、、
蜂の成虫は感染しないけど、菌をあちこち運ぶので、蜂も幼虫も、巣箱毎焼却します。

投稿: ナベショー | 2011年9月14日 (水) 20時22分

戸ヶ瀬さま
蜜蜂の病気はいろいろあるけど、この腐祖病が一番怖いです。
感染力も強いし、、、

投稿: ナベショー | 2011年9月14日 (水) 20時24分

せっちゃんさま
ウイルスではなく細菌なのですが、生命力が強くて、なかなか死なないようです。

投稿: ナベショー | 2011年9月14日 (水) 20時25分

ミラクル蜜成さま
ダニ駆除剤を入れなくても元気、、良いですね。
僕のは、巣箱のよって、居ないのや、たくさんいるのや、、いろいろ。
Aさんのところ、30日後に再検査、、、出なければいいけど、、もちろん僕のところも、、
うちの検査は、2~3箱の抜き取り検査、、あやしいと全数検査です。
全部、全数検査打と、時間がかかりますね。

投稿: ナベショー | 2011年9月14日 (水) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の七草 葛の花 | トップページ | 薩摩芋の茎 キンピラ風 »