« 野菊の花 | トップページ | モンタが留守番 »

2011年10月23日 (日)

秋の風物詩 セイタカアワダチソウ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_7934_1024x683_2

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

北アメリカ原産の帰化植物

戦後、養蜂業者が秋の花蜜、花粉源として日本に持ち込んだのが、全土に広がっ

た。

Img_7940_1024x683

一時、花粉症の元凶と間違われたが、濡れ衣であった。

この花は杉の花のような風媒花ではなく、昆虫による受粉によって種を残す虫媒花なのである。

Img_7929_1024x683_2

この嫌われ者だったセイタカアワダチソウが、過疎や酷い開発によって荒廃しつつある日本の畑や休耕田を黄色い花で覆い、日本の秋の風物詩、原風景にさえなりつつある。

冬越のためにたくさんの蜂蜜や花粉を貯蔵しなければならない蜜蜂にとってセイタカアワダチソウはなくてなならない花である。

巣碑の中心部は女王蜂が産卵し、幼虫が育っている。

周辺部は蜂蜜が貯まりつつある。

Img_0015_1024x682

夏の蜜蜂は全部死んで、秋に生まれる蜜蜂が越冬する。

中心部は、幼虫が育ちつつある。

Img_0016_1024x682_4

越冬する蜜蜂が少ないと、寒さで群れが死んでしまう。

越冬に必要な蜂蜜が少ないと、越冬中に飢え死にする、、、

まずは、女王蜂が元気に産卵してくれることが一番!

Img_0021_1024x682_2_2

昨年の春生まれて、昨年、今年と二年間頑張ってくれた女王蜂、、、

優秀な女王蜂なので、来春も頑張ってもらうよ!

今年の春生まれた女王蜂はあめ色だが、昨年の春生まれた女王は褐色である。

そして、飛んで行かないように羽が少し切ってある。

Img_0031_1024x682_2

この中から、女王蜂が一目で見つけられれば、あなたも養蜂家になれる。

Img_0032_1024x682

餌箱を除いて8枚の巣碑だが、12月の越冬に入る時には、6~7枚に減らして蜂が押しくら饅頭のすし詰め状態にする。

蜂が少なくでスカスカ状態では、温度を保つことができなくて凍死する。

Img_0033_1024x682_2

今年の秋は、大スズメバチが例年よりも少ない。

Img_0035_1024x682_2

今までは、このネズミペッタンが、数日でオオスズメバチで覆われた

Img_0043_1024x682

この10群、無事に越冬して、来春は元気に蜂蜜を集めて欲しいね。

鯵のフライ、、、先日買った鯵、、お寿司、フライ、南蛮漬け、、、

ついに全部食べつくした。

Img_0035_1024x682_4

左端は柿と茄子、次は新生姜、そしてピーマン、、それぞれのから揚げ

新生姜のから揚げは美味しいよ。

モンタ、、、鼻が汚れてなければいい顔なんだけど、、

Img_0063_1024x682_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« 野菊の花 | トップページ | モンタが留守番 »

コメント

セイタカアワダチソウは名前だけ聞いたことがあります!
花粉症の元凶と間違われたこともあるんですね~

私はここ数年、毎年少しずつ花粉症っぽい症状が出てきています。
こりゃ来年あたり本格的に発症しそうだなぁ(汗)

モンタ君、また一段と鼻が汚れてますね!(笑)
一体何があったんだろう(^^;

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ

投稿: 引きこもり男(∵)戸ヶ瀬 | 2011年10月24日 (月) 11時23分

このあたりには,セイダカアワダチソウが生えてる場所がないけど,少し郊外に出るとありますね。蜜蜂さんの餌になるんですね。
女王蜂,クリックして大きくして見つけました。右のほうにいますか。スズメバチが少ないのは,訳がありますか。モンタ君花もきれいに濡れているね。

投稿: tirokuro | 2011年10月24日 (月) 17時55分

お久しぶりです~和名は、セイタカアワダチソウだけど、英語なら、ソリダゴ、または、ソリダスター(アスターの仲間)。アレルギーの人には、大敵ですね。
秋の七草をいけるときは、ぜったい外せないと思います。笑 富士山のすそ野も薄とこの黄色の花が、いっぱいでした。秋は、いいですね~また、会いましょう!

投稿: フルール | 2011年10月24日 (月) 20時19分

セイタカアワダチソウ、アップで見ると、かわいい花ではありませんか。喘息の花、とか昔言われてましたね。
女王蜂、私には、わかりませんでした。わかる方にはわかるのですね。
新生姜の天ぷら、絶対今度試してみます。今日もおいしそうですね。

投稿: オレンジ | 2011年10月24日 (月) 20時33分

戸ヶ瀬さま
そちらのほうでは、セイタカアワダチソウは見られませんか?
全国の荒れた放棄水田や、荒地のほとんどで、いま黄色い花で覆われてると思いますが、、
杉花粉症でしょうか?

投稿: ナベショー | 2011年10月25日 (火) 20時40分

フルールさま
アメリカではソリドスターですか。
とうとう秋の七草に仲間入り、、もう完全に日本の自然に定着しましたね。
言っとき,ススキを駆逐しそうでしたが、今は共生しています。
数十年後には、誰もアメリカからの帰化植物なんて知る人はいなくなることでしょう。
また、こちらへ来られるときは、途中下車してください。

投稿: ナベショー | 2011年10月25日 (火) 20時45分

tirokuroさま
他に、まとまってたくさん咲く野の花が無いので、蜜蜂にとっては、冬越になくてなならない花となりました。
そう女王蜂は右のほうにいます。
さ~と全体を目を走らせると、特異な女王の動きが目に入ってきて、見つけることができます。でも、何回注意深く見ても、見つからない時もあります。
オオスズメバチが今年は少ない、、昨年の夏の猛暑が関係してるのか、、?
よくわかりません。

投稿: ナベショー | 2011年10月25日 (火) 20時51分

オレンジさま
可愛い花でしょう、、それに、人が放棄して荒れた水田や開発地を黄色で美しく覆ってるんだから、健気な花だと思います。
女王蜂、、慣れてくると、なんとなく目に入ってくるんです。
でも、見つからなくて諦める時もあります。
新生姜の季節、、でひ、試してください。

投稿: ナベショー | 2011年10月25日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野菊の花 | トップページ | モンタが留守番 »