« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

マグロヘッド・カット料理(4)

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8665_1024x683_2

秋咲のクレマチス

寒い日にもかかわらず、蔓も枯れず葉も緑、、、

Img_8664_1024x683

マグロヘッド・カット料理(4)

マグロの頭やカツオの粗、、、家庭で料理した時に独特の臭さが鼻につく、、

この臭さを克服することが、マグロヘッド・カット料理の最大の課題であると思う。

今まで、3つのレシピーを紹介したが、

僕を含めて気にならない者もいるが、料理によっては、どうも独特の臭いが鼻について苦手だな~、、という人もいる。

血抜きの不完全な猪肉が、野獣臭が強くて食べられないのと同じかな、、?

マグロを水揚げして冷凍する前、あるいは解凍した時、

マグロの頭の部分の血抜きは如何に?

冷凍庫から出してからの解凍のやり方も、重要なポイントかもしれないね。

そういうことを意識しながら、今日はマグロヘッド・カットのから揚げと南蛮漬けをトライした。

冷凍庫から出して、冷蔵庫の中で一昼夜解凍したキハダマグロのヘッド・カット

Img_0012_1024x682

完全に溶けずに、少し凍った部分もあり、、いい感じだよ!

血は出ていない、、、

大きすぎるので、出刃包丁で小さく切る

Img_0015_1024x682_2

OK OK 

バットの中で、少しのお酒を加えて洗う、、、

次に、少々のお酒、少しの塩、少しの味醂、ほんの少しの醤油を加えて、

ニンニク、生姜をおろして、混ぜる、、

Img_0018_1024x682

カレー粉を混ぜた小麦粉をまぶして、油で揚げる。

Img_0019_1024x682_2

黒くならないように、醤油と味醂を少なくしたが、油の温度が高かったかな、、、

次回は醤油を入れぬようにしょう。

これを、酢、砂糖、少量の塩を加え、玉ねぎ、ピーマン、トマトスライスを載せて、、、

南蛮漬けに、、、

Img_0025_1024x682

少し馴染ませて、、、

Img_0037_1024x682_2

臭いに敏感な妻殿も、、、一口食べてにっこり!

日数を置いて馴染めば、馴染むだけ、おいしくなるよ!

から揚げを大根おろしとネギの薬味にお醤油で食べても美味しいよ。

Img_0027_1024x682

少なくとも、このから揚げでは、まったく臭さは感じなかった。

Img_8713_683x1024モンタ、、真剣な顔して見てたね~

あんたも凝り症だね、、、って顔、、

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (13)

2011年11月29日 (火)

本を買う楽しみ、読む楽しみ!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8639_1024x683_3

さざんか さざんか 咲いた道

たき火だ、たき火だ 落ち葉焚き、、、、

Img_8642_1024x683_3

山茶花が咲き始めると、自然にこの童謡の歌詞を口づさむ、、、

Img_8645_1024x683_2

でも、1番、2番、3番、、歌詞がごっちゃになって、、、

垣根の 垣根の 曲がり角、、、という歌詞もあったし、、

あたろうよ あたろうか  や 北風ピープー吹いてくる、、、

は、何番だったっけ、、、?

Img_8658_1024x683_2

しもやけ おててが もうかゆい、、、、というのもあったね。

Img_8661_1024x683

今日はHC(ホームセンター)での買い物の帰りに本屋さんに、、、

手元に、いつも本が無いと落ち着かない

少し、じっくりと読む本、、、

これは、歴史や科学、人文、心理、文化、、、など一般教養

筋書きを追って、最後の結末を楽しみに、一気に読んでしまう本

これは、目下のところ東野圭吾さんの推理小説にはまってる。

今日、買ってきたのは、、、数か月分の本だよ!

Img_0072_1024x682_2

これは面白そうだ!

生命の誕生、人類の起源、日本人のルーツ、縄文時代や弥生時代、邪馬台国はどこか?

などなど、子供の頃から興味は尽きない。

難解な宇宙論、、最新の学説や理論を村山 斉氏は、素人にもわかりやすく解説してくれる。

Img_0073_1024x682_3

最近の観測結果、、光速より早いニュートリノが、、

これが事実だとすると宇宙論はどのように変わるのだろうか?

これらの本は、理解しながら読み進むのにエネルギーを要するが、、

やはり、東野圭吾さんのは、面白いし、どんどん読める。

Img_0074_1024x682_2

この夏から3冊も読んだよ!

Img_0077_1024x682_2

新刊書が並んでも、売れ行きが悪いと、すぐに姿を消してしまうので、

時々、本屋さんの店頭をチェックする必要がある。

新聞に載る書評を見たり、古い本で読みたい本はすぐにアマゾンに注文

図書館で借りて読めばいいのだが、、本を汚したり、ページを折ったり、扱いが粗末なのと、、、

数十年の間、書店で買って読む習慣、、読んだ本を手元に置きたい、、という気持ちが強いのであろう。

辛かった頃にむさぼるように読んだ藤沢周平の作品など、、、、

本棚に並んだ多くの本は、僕の人生の心の遍歴の記録でもあり、趣味や興味の対象の系譜でもある。

コミック「美味しんぼ」は、1~100巻まで全部揃ってるよ!

先日の中学校の同窓会のアルバム作成を僕が担当、、

みんなから提供していただいた古い資料を集めて編集中

その中の卒業文集、、、、担任の先生方の卒業生への寄せ書きの言葉が載ってた。

当時、担任だった吉田直文先生の言葉は「本を読もう」の単純な一言!

記憶してなかったが、僕の潜在意識の中で、その言葉は生き続けてたんだ!

先日、福一さんで買った生穴子を焼いたの

Img_0025_1024x682

ラップに包んで冷凍庫に保存してあったの、、、、

昨日は、穴子飯に、、

Img_0055_1024x682

今日は、穴子の散らし寿司で楽しみました。

Img_0066_1024x682_2

5合の酢飯で作った穴子寿司、、息子の家族におすそ分け、、

モンタ、、背景の座布団の和模様が似合うらしいよ!

Img_8734_1024x683

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (14)

2011年11月28日 (月)

美味しいカリンシロップ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8670_1024x683

晩秋の白いバラ

静岡は暖かいといえど、曇天や雨の一日は日光が照らないので、部屋の中も底冷えがして寒い

Img_8676_1024x683

もうすぐ12月といえど、エアコンは入れないで、着る物を一枚増やすようにしよう。

子供時代を過ごした曇天と雪の山陰地方の冬の寒さ、重い冷たさに比べれば、、、

寒さの中で健気に咲く白いバラ

Img_8672_1024x683_2

今年は庭のカリンが豊作だった。

毎朝、数個づつ木の枝から地面に落下

箱に入れて家の門の前に置いておくと、2個、3個と無くなっていく、、、

Img_0003_1024x682_2

「かりん  欲しい方はどうぞ!!」

Img_0002_1024x682


それでも、小さいのや少し傷んだのが残ってしまう、、、

いつもはカリンジャムにするのだが、今年はカリンシロップを作ってみよう。

堅いカリンを皮ごと包丁で薄く切って、、同量の砂糖と一緒にガラス瓶に漬ける。

氷砂糖は高い、、、普通の砂糖で十分!

発酵を防ぐためにレモンを入れる

数日で果汁が上に揚がってくる。

時々、容器を振って、かき回して、そこに溜まった砂糖を溶かす、、

Img_0041_1024x682_2

砂糖が全部溶けたら、出来上がり!

Img_0059_682x1024食酢が入ってたガラス瓶に2本取れたよ。

レモンや食酢を少々入れないと、発酵してガスを発生することもある。

カリンの蜂蜜漬けの場合は、蜂蜜自身が濃度約80%

かなり濃度の薄いものになって、発酵しやすい。

氷砂糖を使わず、普通の砂糖漬けなら、濃度も濃いし、安価にできるよ。

氷でオンザロック、、、好みに合わせて水で希釈

カリンの香りとほのかな渋み、、美味しいです。

食前酒の代わりにいかが?

Img_0020_1024x682

熱い湯で割っても、身体が温まって美味しいですよ。

モンタ、、、誰も見られて無い時は、こんな顔も、、、

Img_0004_1024x682

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (6)

2011年11月27日 (日)

トロロアオイの種

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8700_1024x683_2

アメジストセージ、、、サルビア・レウカンサともいう。

とても丈夫で夏から秋、、まだ咲いてるよ!

Img_8696_1024x683

アメジスト、、、紫水晶だね。

僕のブログカラー  !

ブログを開設してから間もなく、ず~とこの背景、、、シンプルだけどとても美しく、どのような花の写真にも合う。

でも、同じテンプレートの他のブログにお目にかかったことが無い。

Img_8698_1024x683

花の種を採取した。

とてもたくさん、、、

Img_0012_1024x682

この中には、直径1㎜位の種がたくさん入ってる。

Img_8705_1024x683

これは、アオイ科の花 トロロアオイの種

トロロアオイの根は、ミツマタやコウゾの樹皮の繊維から作られる和紙の糊剤として、昔から使われてきた。

今でこそ、紙の糊剤は合成樹脂が使われてるが、昔はトロロアオイであった。

今 トロロアオイの花を見かけることはほとんどない。

田舎の里山を歩くと、たまに美しいクリーム色の花が咲いてるのを見かけることがある。

オクラに似てるので花オクラとも呼ばれてるが、オクラの花の3~4倍はあろうか!

大きな花は食べることもできる。

葵やムクゲ、芙蓉、ハイビスカスと同じアオイ科の花なので、朝には蕾が開き、夕には萎んでしまう一日花

でも、夏から秋にかけて、毎朝、次々と美しい花が咲き続ける。

Photo

4月中旬から5月にかけて、ポットに種を蒔くと芽が出る。

(ナメクジに芽を食べられなきようにご注意のこと)

少し成長したら庭に移植、あるいは鉢やプランターに植えると大きく成長して、1m、、あるいはそれ以上の高さになる。

トロロアオイ、、ご自宅で育てて花を咲かせてみたい方

ご希望の方には、種(一人10個くらい)を無料でお分けします。

以下の私の住所に 、、、、

80円切手を貼った返信用の封筒を同封したお手紙でお申込みください。

〒426-0202

静岡県藤枝市上薮田118-6

渡辺正治 行

お手紙が着き次第、返信封筒にて種をお送りします。

春に種を蒔くまで、大切に保存してください。

畑で採れた新キャベツ 

刻んで、油で炒めて、塩コショウで味をつけて、

溶いた生卵と茹でシラスを真ん中に注いで、少しかき混ぜて、半熟の状態で出来上がり!

Img_0001_1024x682

みずみずしい新キャベツがとても甘くて、卵と茹でシラスと一緒にご飯と一緒に、

またパンと一緒に食べると美味しいよ!

モンタ、、、今日は大サービス

Img_8635_683x1024_3Img_8634_683x1024

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (12)

2011年11月26日 (土)

マグロヘッド・カット料理(3)と蜜蜂の冬越

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8304_1024x683

ちょっと変わった花だね。

とても優雅で美しい!

その名はクレオメ、、またの名をセイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)

Img_8305_1024x683

朝の気温が、、今日も7℃

蜜蜂の冬越用の保温、、今日で完了

巣箱の中の巣碑は、どの箱も6~7枚

一番奥には、新聞紙を巻いた隔離板を入れて、、、

餌箱の隣、最も手前は蜂蜜がたくさん詰まった巣碑を新聞して覆ったもの、、

Img_0001_1024x682

これで、OK

寒い冬は、蜂たちは球状にかたまって温めあう。

蓄えられた蜂蜜が満杯に詰まった巣碑は、其のものが保温材の役目をする。

新聞紙は、外気の寒さから巣碑の中を守ってくれる。

この上に、麻布を置き、、

Img_0004_1024x682

さらに新聞紙を置いて蓋をする。、、

Img_0005_1024x682

巣門も丸めた新聞紙を詰めて、3センチくらいに狭める

Img_0019_1024x682

蓋の両側にある通気口も丸めた新聞紙を詰めて、1~2センチの隙間とする。

これで、すべて完了

もう、二月初旬の内検、給餌 の時まで、蓋を開けることはない。

日中は暖かい

最近に生まれた働き蜂達の時騒ぎ

Img_0021_1024x682

産まれてから、巣箱の中の仕事をしてきた若い蜂が、外に出て蜜や花粉を集める外勤の任務に就くために、巣箱から一斉に飛び出して、巣箱の前をホバーリングしてから、飛んで行って巣箱の位置を覚える儀式

Img_0023_1024x682

オオスズメバチの襲撃が12月初旬にあったことがある。

捕獲器はもうしばらく設置しておこう!

今日もマグロヘッド・カット料理

単純なステーキである。

塩コショウして、バターとサラダオイルでニンニクスライスと一緒にこんがり焼いて、、

Img_0047_1024x682_1024x682

味醂・醤油にバターを溶かしたバターソースをかける。

これも、おいしいよ!

我が家での、牛サーロインや有頭海老のステーキと同じレシピー

マグロヘッド・カット料理、、、三日続いたので、少しお休み、、

お次は、どんな料理をトライしようかな、、

モンタ、、大きなお目目だね!

Img_0009_1024x682

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (10)

2011年11月25日 (金)

マグロヘッド・カット料理(2)

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8253_1024x683_2

秋も深まり、、、もうすぐ12月だよ!

今朝の冷え込み   7℃だった。

小菊がまだまだ健気に咲き続けてる。

Img_8250_1024x683_2

昨日、ブログに紹介したマグロヘッド・カットの料理の写真

魚の福一焼津流通センターの岡田店長さんに届けたら、とても喜んでくださった。

(ほんとは料理を届けて、試食してほしかったけど、、、そのうちに、、)

この料理、、マグロヘッド・カットのステーキ風、、

なにか良いネーミングはないですかね~?

さあ、今日もマグロヘッド・カットの料理

と言っても、いつもの僕の料理のお肉の代わりにマグロヘッド・カットを使ったらどんなお味になるか?

って、試してるだけだけど、、、、

これは、冷凍庫から出したバチマグロのお目目がある部分!

Img_00011_1024x682

バチマグロは南マグロよりも脂が少ないので、少々格は落ちる、、、

厚みがあるので、ステーキ風は短時間で火が通らない。

脂が少ないだけに煮物には適してるのではないか?

いつもは、牛スネ肉や豚三枚肉ブロックを使うが、肉と野菜の和風ポトフに応用してみよう!

畑の大根が大きくなって丁度美味しい季節になった。

まず、大根とヘッド・カットを鍋に入れてことことと煮る

醤油、お酒、を少々入れて、、、

浮いてくるアクを幾度かお玉ですくって除く、、

Img_0026_1024x682

お味を確かめながら、醤油、塩、お酒、、、、

お出汁は昆布と花カツオ

醤油、砂糖と味醂は少々に、、、、、入れ過ぎるとおでんやブリ大根になってしまう

あくまで、美味しいお出汁の味で味わう和風ポトフ

百合根や玉ねぎを丸っぽ入れると最高に美味しいのだが、、

今日は単純に 大根、人参、ジャガイモ

ジャガイモは、大根が柔らかくなるタイミングに入れないと、崩れてしまうよ!

Img_0031_1024x682

残念ながら、マグロの頭が崩れかけた、、、

大根も、ジャガイモも、人参も 柔らかくなって、お味が中まで馴染んだようで、、、

お鉢に盛り付けて、、美味しそうなお汁もたっぷり注いで、、

Img_0032_1024x682

マグロの頭、、崩れないように煮るのが課題だね!

美味しい、、すっごく美味しい!

マグロがとろける様な柔らかさ、、、大根も、ジャガイモも、人参も、、

又、昆布が美味しい、、、当然 知床の「天然走り羅臼昆布だもの、、、

そして、何よりも、このスープの美味しさ!

豚三枚肉や牛スネ肉のように脂がギラギラではなく、実にさっぱりと素直な美味しさ

マグロヘッドが牛や豚肉のように自己主張せず、脇役としてお出汁と野菜の美味しさを支えている。

脂肪の少ないバチマグロの頭だからこその美味しさであろう!

妻は感嘆!

このお味を出すのは難しいでしょうね~!

この料理も、小料理屋のメニューとして、十分通用するよ。

ナベショー亭の定番メニューだね!

モンタ、、、朝は寒かったけど、陽が入ってくると暖かいね。

うつら、うつら、、、眠くなった、眠くなった、、、

Img_8628_1024x683

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (14)

2011年11月24日 (木)

マグロヘッド・カット料理(1)

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8503_1024x683

チェリーセージ

今日は、この秋、最も冷え込んだ、、

とても風が強くて、底冷えのする一日でした。

寒くても、寒くても、、健気に咲き続けるチェリーセージ!

Img_8500_1024x683

真鯛や松葉蟹など、ぜいたくな料理が続いたが、ついに食べつくしたよ。

遅れ遅れになってしまったが、冷凍庫から出してきたのは、、、、

Img_0010_1024x682_2_1024x682

この中から、一つのポリ袋を開けて、、、

積み木のように、、、、まず二つのピースを並べて、、、

Img_0005_1024x682_1024x682_2

その上に、次のピースを二つ積み、、、

Img_0006_1024x682_1024x682_2

さらに、小さめのピースを3個積んで完成!

Img_0007_1024x682_2_2

これは、冷凍したマグロの頭を自動ノコギリで輪切りして、

エラと先端の口の部分は切り取って、切り分けたピースである。

マグロの頭そのままを、一般消費者が家庭で食べるには大きすぎる。

かって、オーブンの中で、長時間じっくり焼いて、タレ漬けて、、

大皿に盛って、大勢で突いて食べたことがある。

しかし、大きすぎる!

僕がしばしば魚を買いに行く福一焼津流通センターでは、

一般消費者でも料理し易いように、このマグロの頭を薄く切りわけたマグロヘッド・カットを開発して発売を開始した。

お値段、、ナベショーが悩まずに気軽に買える範囲だよ、、、

1週間前、福一の岡田店長さんが、、

ナベショーさん、、モニターになって美味しい料理を考えてよ!

OK OK!

料理屋のプロの板さんと張り合ってみるか!

と安請け合いしてしまった!

今日は外は寒いし挑戦してみよう!

カチカチの凍った250グラムの南マグロの頭の薄切りを、

半日かかって解凍

Img_0011_1024x682_1024x682

生姜、ニンニクのすりおろしを混ぜた醤油と味醂のタレに小一時間漬けて、、

Img_0030_1024x682_2

片栗粉を両面にまぶして、、、、

Img_0032_1024x682_2

サラダ油を敷いたフライパン、、焦げないように弱火でじっくりと両面を焼く

牛ステーキを焼く要領だが、火を中まで通すために、片面10分、両面で20分くらいかかった。

もっと短くても火が通るかな?

こんがりと、美味しそうな焼け具合

Img_0036_1024x682_2

焼いてる間に、、、大根おろし、刻みネギ、ニンニクと生姜のすりおろしの醤油味醂砂糖のタレを準備しておく

Img_0035_1024x682_2

焼きあがったマグロヘッド・カットの上に、タレを注いで、ネギと大根おろしをのせて出来上がり!

彩りは山葵菜と赤ピーマン

Img_0037_1024x682

妻と二人で、これを食べる

どんなお味か、、美味しいのか、駄目なのか、、、

口に入れてみるまで半信半疑

妻と顔を見合わせ、、、美味しいじゃないですか!

これ、料理屋で出したら、、、いけるよ!

れっきとしたレストラン、、いや居酒屋の一品料理として大人気になると思う。

僕は、この料理をポークや鶏、牛肉でしばしば作るが、このマグロヘッド・カットのは、それらに勝る美味しさ!

柔らかくて、口の中でとろけるがごとく、、、

ナイフもホークもいらないよ、、、お箸で十分

念のため、骨ばかりで食べるところは、、と、、

とんでもない、、骨はわずかこれだけ、、、50グラム

正味、200グラムが身であった。

Img_0044_1024x682

こりゃ、さっそく福一さんのスタッフさんたちに試食してもらわなあかんな~

今日のブログはショッキングな画像もありましたが、最後まで見てくださったでしょうか?

モンタ、、どうだ!

カリカリより美味しいぞ!

それに、DHAやEPAなども含まれるから健康にも最高の料理だよ。

Img_8616_1024x683

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (14)

2011年11月23日 (水)

日野菜と大根の甘酢漬け

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8507_1024x683_3


紫色のサルビア

真っ赤や青はよく見かけるが、紫色は初めて見た。

なかなかいいね。

花に見えるのは額で、長い舌のようなのは花ビラ

Img_8509_1024x683_2

11月10日に畑で採ってきた野菜

Img_0003_1024x682_4

左の赤くて長いのが日野菜、、

日野菜と大根、、、、根と葉を切り分けて、、

大根は二つに切り割って、、、

ポリ樽の中に3%の塩と一緒に並べて重石する。

1~2日で水が上がるが、4~5日間塩漬けしてして、、

笊に取り出す

Img_0027_1024x682_2

再度、葉も一緒にポリ樽に並べて、、、、

Img_0030_1024x682_2

細く切った昆布、鷹の爪、柚子の皮、を混ぜて、

砂糖100g 食酢60cc の割合で加熱して溶かした甘酢をひたひたになる程度に入れて軽く重石する

さあ、数日後、、漬かったかな?

少し取り出して、、、、OK OK!

Img_0050_1024x682_1024x682

日野菜と大根の甘酢漬けの出来上がり!

Img_0054_1024x682_2

日野菜の紫色が美しいでしょう!

大根だけの場合は、クチナシの実を入れて、黄色く着色することもある。

今回は、日野菜と一緒に漬けたので、クチナシは入れませんでした。

毎食ごとに食べてると、すぐに無くなるので、二つのポリ桶に、交互に漬けて、

一つの桶がなくなりそうになったときは、次の桶のがちょうど食べ頃に、、

我が家の晩秋から春までのお漬物である。

モンタ、、毎年漬けてるから覚えてるね!

Img_8622_1024x683

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (18)

2011年11月22日 (火)

久しぶりの里山歩き!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8604_1024x683

里山にはもう藪椿の花が咲いてた、、一輪だけ!

蜜蜂も、お茶も畑も一段落、、、

半年以上、、久しく山登りやロングウオーキングをやってなかった。

足腰がすっかり鈍ってしまってるに違いない。

妻は2か月前に右足を痛めてリハビリ中、、、

今日は天気もよし、、、僕一人で近くの低山へ

近くの良く登る山だが、この季節の山では、用心のため毛糸のセーター、フリース、野宿用のエマージェンシーシェラフ、ヘッドライトをデイバッグに入れる。

非常食は?

体に約10kgのお肉を携帯してます。

自宅を8時過ぎに出て、朝比奈川に沿って県道を歩く

Img_0003_1024x682

紅葉はまだ、、、川の流れは美しく、、、

Img_0008_1024x682_2

10時のお八つは、家で作った干し柿二つ、、一つだけ食べて、二めは午後に、、

Img_0014_1024x682_2

今日、登る山 ダイラボッチの伝説のある524mのびく石の全景が見えてくる

左の端の谷、、平家の落人部落と言われる 新舟、笹川の集落を通り、八十八石と呼ばれる斜面を登り、尾根を歩いて中央の巨石の並ぶびく石山

そこからさらに右手のアップダウンの激しい剣峰を歩き、山の向こう側の上大沢へ下るルートである

Img_0015_1024x682_2

10時半頃、玉露の里に   茶室の側の紅葉が紅葉してる

Img_0016_1024x682_2

ここから300mほど進んで、左手の新舟集落へ、、、

登山口から巨石が八十八個もある急斜面の登山道を登り切ると

「腰叩き石」、、

Img_0019_1024x682

ここからは、下を見下ろしながら、腰を叩き、、、

Img_0021_1024x682_2

竹藪の中の道をしばらく歩くと、尾根道に、、、

ここからは朝比奈川沿いの家々

ここを歩いてきたのだ!

Img_0022_1024x682

尾根には、、、富士川の合戦で敗れた平家の落ち武人段

Img_0025_1024x682_2

Img_0026_1024x682

尾根道を登っていくと、ちょうど12時過ぎ、、、

やっとびく石の頂上に着いた!

Img_0029_1024x682_2


ダイエットのため、朝食を軽くしてたので、11時頃から空腹のため、まったく力が入らない。

いや、最近山に登ってなかったため、足腰が弱っているためだろう。

頂上からは、、、焼津の海

Img_0041_1024x682_2

静岡の山々

Img_0046_1024x682

昼食後、、この剣峰と呼ばれる狭く痩せた尾根道を下る、、、

狭い尾根道は南アルプスの尾根を歩くのと同じだよ。

Img_0039_1024x682

先日の嵐で、大木の枝が折れて道を塞ぐ

Img_0047_1024x682_3

尾根から転落することなく、無事に通過、、

上大沢の集落に下山できました。

大沢の滝、、紅葉は未だ少し、、

Img_0063_1024x682_3

毎年アップするモミジの古木も未だ、、、

Img_0072_1024x682_3

このモミジは少し紅葉が始まった、、、

Img_0066_1024x682_2

途中の道端の竹の絡んだツルウメモドキが切られて捨ててあった。

もったいない、、、背中に背負って持ち帰る

Img_0076_1024x682

最近、歩いてなかったので、足が重いね、、、

上大沢から、約10km、、、

3時半頃、やっと自宅に帰りつきました。

今晩は、鯛のアラを焼いてむしった身、牛蒡、エノキタケで炊き込みご飯

Img_0081_1024x682

鯛の頭の煮つけ、、

先日は食べきれなかったので、牛蒡を沢山加えて、煮直す、、、

Img_0080_1024x682_2

鯛、、ついに食べつくしました。

今日は写真が多かったので、モンタが出てくるまで、長かったね~

Img_0057_1024x682_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (14)

2011年11月21日 (月)

蟹のクリームパスタ!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8482_1024x683

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)

道端の石垣、、、、器用にへばりついて咲いてるよ!

Img_8243_1024x683

根を這って、蔓を伸ばし、360度全方位、、、

平らなところは、どんどん横に、、、、、

Img_8246_1024x683

線ではなく、面で広がっていく、、、踏まれても、踏まれても、たくましく、、、

Img_8486_1024x683_2

僕の庭にも、植えてみようかな、、、

石垣の上から下りてきたのか、、、、下の道路端から石垣を登って行ったのか、、

Img_8491_1024x683

秋はピンクの花の絨毯、、、冬は紅葉して赤くなる

今日は久しぶりに静岡市内へ、、、

いつの間にか、徳川家康公の銅像が建ってる、、、

田舎に引っ込んでないで、たまには静岡市内に出て行かなくちゃ、、

Img_0016_1024x682_2

NHKの大河ドラマ、、「江」

父と子、、近すぎる故に、ぎこちなく、不器用で、、、

母と子も、、、

やっと、打ち解けることが、、、、長い道のりだった、、、

しかし、次男 国松のことを思うと心が痛む、、、

後年の哀れな最後を知るだけに、、、

来週 次回は最終回

星野富弘 花の詩画展を見てくる

Img_0011_1024x682

花の絵に添えられた詩

読む人に、心の癒しと慰め、力を与えてくれる、、

昨日の蟹

甲羅と胴から身を外す、、、これ こんなにたくさん!

Img_0001_1024x682

このまま三倍酢で食べても美味しいが、、、

蟹クリームパスタで楽しもう!

玉ねぎ、ピーマン、ニンニク、椎茸、、、バターとオリーブオイルでよく炒めて、、、

蟹のほぐした身と蟹味噌を入れて、

塩コショウ、白ワイン、牛乳、生クリームを入れて、、、

茹であがったスパゲテイーを混ぜて、からめて出来上がり!

少し残しておいた蟹の身と緑の山葵菜を散らせて、、、

Img_0005_1024x682

夕食は簡単に、、

冷蔵庫の中の保存食 鯖の南蛮漬け

Img_0024_1024x682_2

モンタ、、、、ややこしい恰好してるね?

Img_0029_1024x682_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (12)

2011年11月20日 (日)

野葡萄の青い実

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8436_1024x683

垣根やフェンス、木々の枝に巻き付いた野葡萄

美しい青い宝石のような輝きを!

Img_8432_1024x683

秋の光は柔らかくてやさしい、、

Img_8438_1024x683

野葡萄、、もし食べられたとしても、美しい実を摘むことはできない。

Img_8443_1024x683

昨日の嵐のため皇帝ダリアは、強風になぎ倒されて無残な姿に、、、

野葡萄は大丈夫だったか、、、嵐の前日に撮った写真、、

Img_8449_1024x683_2

昨日、京都府の郷里の綾部の妹から、松葉蟹が送ってきた。

藤枝から毎年送る「ナベショーのお茶と蜂蜜」との物々交換、、、

超ブランド品の丹後の間人蟹と(たいざかに)と同じ漁場で獲れる舞鶴蟹

Img_8570_1024x683

大きいのが雄蟹、小さいのが卵の詰まった雌蟹

Img_0012_1024x682_2

昔、山陰地方の田舎では、小さな雌蟹は、そんなに高価ではなかった。

子供の頃、母が時々、コッペ蟹と呼ばれた雌蟹を買って、

一人一杯づつお皿に載せてもらい、器用に身を取り出して三杯酢で熱々ご飯に乗せて食べるのが何よりのご馳走だった。

今晩は、まず大きな雄蟹の足と鋏を甘い三倍酢でいただいた。

Img_0014_1024x682

蟹味噌の一杯詰まった甲羅と胴は、明日に楽しもう!

Img_0013_1024x682_2

城崎温泉の老舗旅館に泊まって、松葉蟹の料理を食べたら、いったいいくらなんだろう?

4万円、、いや5万円?

まあ、僕には関係ないけれど、、、

モンタ、、蟹を見るのは初めてだった?

Img_0006_1024x682_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (12)

2011年11月19日 (土)

真鯛の料理、さすがは鯛!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8530_1024x683


皇帝ダリア   

残念ながら秋の澄み切った青空が背景ではなく、曇り空

Img_8536_1024x683

皇帝の名にふさわしい気品と豪華さ!

Img_8534_1024x683_2

魚で皇帝と言えば、真鯛がふさわしい

さて、昨夜、知人の息子さんが釣り上げた鯛の料理を頼まれた

67センチの大きな真鯛、、、何とか3枚に下ろして、、、

頭、骨の半分、片身をいただいて帰りました。

Img_0032_1024x682

片身の部分を二つのさくに切り分けて、、、

まずは、湯引き

まな板の上に皮身を上に並べて,布巾をかぶせて、、、、

上から熱湯を注ぐ

Img_0001_1024x682

全体の表面が熱でうっすらと白くなる。

布巾を取り、氷水の中に入れて冷やす

Img_0002_1024x682

冷えたら引き揚げて、キッチンペーパーで水気を取り除き、、

Img_0003_1024x682

新しいキッチンペーパーで包んで冷蔵庫へ、、、

Img_0004_1024x682

これで、鯛の湯引きはOK

まずは鯛のお刺身

Img_0014_1024x682

二本のさくでお刺身を3皿つくる、、、うちは夫婦二人なので、2皿をおすそ分け、、、、

お刺身に切った端っこの身を塩焼に、、、

Img_0017_1024x682

大きな頭とカマは、生姜で、こってりと煮つけ、、、兜煮に、、

牛蒡が無かったのが残念

Img_0012_1024x682

お吸い物や鯛茶漬けも美味しいが、

今回は鯛のお刺身、焼き物、兜煮、、、、、、

さすがは鯛、、それぞれの美味しさを堪能しました。

ところで、、骨や粗に少々の塩を振って、こんがり焼いて

ジュ~ジュ~と脂が垂れる、、

Img_0008_1024x682_2

手で身をほぐして、、、

Img_0009_1024x682_2

実は、最も美味しかったのは、これ!

香ばしく、濃厚な旨さ!

少しだけつまんで、残りは、、、

牛蒡を入れた炊き込みご飯を作ろうか、、

そのまま、熱々ご飯に乗せて食べようか、、、

外は嵐のような激しい雨と風、、、モンタは籠の中で静かに寝てました。

Img_0076_1024x682

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (8)

2011年11月18日 (金)

魚、魚、魚、、、!!!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8555_1024x683_2

南京ハゼ

公園や街路樹として、最近見かけるようになった。

初夏には美しい緑の若葉

Img_8559_1024x683_2


7月の梅雨の頃には、目立たないけど小さな花がたくさん、、、

蜜蜂が蜜を採りに群がる、、

秋には美しく紅葉し、実がはじけて白い種子が雪の様、、

冬には木々の枝に白い実がたわわになり、小鳥がたくさんやってくる

Img_8546_1024x683_3

福一さんに魚を買いに、、、

小型だがよく太った丸鯖が、、新しいよ!

Img_0001_1024x682_4

小さいので、三枚におろして、小麦粉まぶして、から揚げにして、、

Img_0005_1024x682_4

玉ねぎスライス、ピーマン、生姜、レモン、食酢、砂糖を入れて南蛮漬けに、、

冷蔵庫に入れて保存食

Img_0006_1024x682_3

焼いて、生姜醤油で食べるのも美味しいよ!

Img_0008_1024x682_3

粗と一緒に、煮つけも美味しそう!

Img_0009_1024x682_4

でも、新しい鯖は、、、皮ごと刺身にして山葵醤油に漬けて、、

熱々ご飯に乗せてお茶漬けに、、、お昼ご飯だよ!

Img_0016_1024x682_4

開きアナゴも1パック、、安かったのでゲット!

Img_0018_1024x682_3

タレを塗りながら焼いて、、、、焼きアナゴ

Img_0025_1024x682_4

小分けしてラップして冷凍庫へ

穴子寿司、穴子飯、、、、いろいろ楽しめるよ!

今日の夕食は、、、

白菜の和え物と鯖の粗の煮つけ、、、

Img_0027_1024x682_3

11月19日は恵比寿講、、、漁業の町焼津では、鯛を食べてお祭りだよ!

福一さんに、鯛がたくさん並んでた、、、

なんて、話してたら、、

夕食後に、、、

T さんから妻にTEL

あの~ 息子が海で~、、鯛を釣ってきて~、、、大きくて~ 冷蔵庫に入らないし~、、出刃包丁も無いし~、、

どうしたらいいでしょうか?

了解!

出刃包丁、刺身包丁、鱗取り、木の大きいまな板、、一式、車に積んで、、、

妻の運転する車で30分   僕はビール飲んでるからね。

3.4kg 67センチのでっかい真鯛 尾ひれがアイスボックスからはみ出てる

まな板の上に乗せると、、、

Img_0032_1024x682

こんなでっかいの捌いたことが無い

お相撲さんが優勝したお祝いの宴で、片手でぶら下げてる鯛くらい大きいね。

まずは、流しのシンクの中で、水道水をかけながら鱗取りで鱗を取る。

Img_0034_1024x682

さて、これからが勝負!

頭を落とし、腹わたを除き、二枚におろし、、、

Img_0035_1024x682_2

さらに、三枚に下ろす、、、OK

Img_0036_1024x682_2

板前さんのように、綺麗には下ろせないが、まあいいか!

Img_0037_1024x682_2

骨は、出刃包丁で叩き切って、、、お吸い物にすると美味しいよ!

頭は、、、、真っ二つに切り分けたいが、、、

この出刃包丁では無理だね。

Img_0038_1024x682_3

粗がこれだけ、、、兜煮やお吸い物にすると美味しそう!

Img_0040_1024x682_3

さて、片身を二つに切り分けて、中骨を取り、皮を剥いでお刺身に、、

皮ごと湯引きしてもいいのだが、、、

Img_0041_1024x682_2

まずは、とりあえず、、お刺身にして、、皮は火で炙って塩を振り、、、

背身は切り身にして焼き物にしたり、いろいろ、、、に。

Img_0042_1024x682_2

西伊豆の海、針にかかり格闘しながら海から岸に引き上げるのに30分もかかったそうです。

粗の半分と片身をいただいて、、、さらにでっかいアオリイカもいただいて、

帰ってまいりました。

Img_0043_1024x682

今日はモンタのお相手できなくて、、、

外を闊歩するモンタ!

Img_0019_1024x682

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (14)

2011年11月17日 (木)

蜜蜂の冬越作業

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8335_1024x683

薄紫色のオギザリス

葉も濃い紫、、、、、濃いピンクやいろんな種類があるね。

Img_8337_1024x683

秋も深まり、だんだん気温も下がってきた、、

といえど、日が照る日中は風もなく暖かい

10月の中旬、蜜蜂の10群のうちの1群で、何故か突然女王蜂がいなくなって、王台がたくさん生成、、、

そのうちの一個を残して、2週間後の11月の始めに新女王蜂が生まれた。

すでに、どの巣箱も雄蜂は少ないか、いないので、交尾は無理と思ったが、、

やはり2週間以上経っても、新女王はお腹が小さく、産卵の気配がない。

このまま、ほっておくと、働き蜂が危機感を抱いて、自ら産卵を始める。

これは、防がないと、またまた一群失ってしまう。

天気予報によると明日から数日間雨の日が続く、、、、、これはヤバイぞ!

チャンスは今日!

可愛そうだけど、産卵を始めない新女王を、えいっ と処分する。

夏まで2段の箱に、たくさんの蜂が溢れてたが、

9月初の夏の採蜜後に継箱を除き、強引に単箱に蜂を押し込める。

さらに順次、産卵の無い巣脾を外側に外して、今は巣箱の中の餌箱の奥、6枚の巣脾に蜂は押し込まれている、、、

過密状態でないと、冬の寒さで蜂が凍死するからである。

Img_0007_1024x682

他の群れの巣箱も6~7枚、さらに6枚を一括して合同する空間はない。

それぞれの巣箱のわずかな残った隙間に、蜂のついた巣脾を一枚づつ引き揚げて挿入していく、、、

もちろん、エアサロンパスを巣箱の中に噴霧して、臭いを消して合同作業、、、

最後に、空になった巣箱の中、、

Img_0008_1024x682

箱の底に、まだまだたくさんいるよ!

箱を斜めにして、トントンと叩くと、、

Img_0010_1024x682_2

これを、新聞紙の上に、、、ざ~と落として、空の巣箱を移動さす

Img_0012_1024x682

住み家が無くなった蜜蜂は、、、、新聞紙の上を歩き回り、空をわんわんと飛び交う、、

Img_0013_1024x682_2

隣の巣箱の入り口、、、僕も入れてくれないかね~

こんなに一度に押しかけられても、、、、、

並んで、並んで、順番、順番、、、

Img_0031_1024x682_2

隣の巣箱も、またその隣の巣箱にも、、、、

とりあえず、どこかの巣箱に入れてもらえたようです。

蜂蜜を盗みにくる他の蜜蜂へは激しく攻撃して殺してしまうが、

家を失った迷い蜂にはやさしいのです。

Img_0029_1024x682_2

秋の日はつるべ落とし、、

箱の蓋の上で、まだたむろしてるの、、寒くならないうちに、どこかの箱に入るんだぞ!

Img_0047_1024x682_3

ふ~、、作業は終了

全部の巣箱の貯蜜はほぼ十分な量になってるが、

新しく住民が増えたので、さらに餌箱に砂糖水を2リットルづつ満たし、、

これで冬越の貯蜜はOK

Img_0053_1024x682_2_2

11月末までは、オオスズメバチが来るので、捕獲器はつけたままにし、、

巣箱の巣脾は6~7枚、、、

12月初には、巣箱の空間部に新聞紙で包んだ空巣脾や貯蜜枠を入れて断熱対策

丸めた新聞紙を巣門に押し込み、出入り口を1~2センチに狭める。

蓋の窓も丸めた新聞紙を押し込み、0.5センチくらいに狭める。

これで冬越に入り、来年の2月初まで、蓋を開けて、内検をすることはない。

2月第一週の暖かい日、内検して砂糖水を与えると、冬越から目を覚まし、女王蜂が再び活発に産卵を開始する。

4月の桜や蓮華、5月の蜜柑の花の頃には、新しい蜂が増えて二段の巣箱が蜂で満杯となる。

寒い地方、豪雪地帯、、、、冬越対策はそれぞれ異なるが、暖かい静岡では、この程度で冬越に入る。

先日、故郷の綾部、、

妹から頂いたお土産は、、、沖キスとエテカレイの干物

僕の大好物、、、こんなおいしい干物はない!

焦がさぬように、こんがりと焼く、、、

Img_0004_1024x682

何故か、干物は山陰地方でしか売られてない。

エテカレイは宗八カレイのこと、沖キスも宗八カレイも全国の近海で獲れるのに、、、、

今日も、ジョーとモンタを、、、

Img_0017_1024x682_757x518

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (8)

2011年11月16日 (水)

ルリマツリ(瑠璃茉莉)の花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8355_1024x683

ルリマツリ(瑠璃茉莉)

南アフリカ原産の蔓性の花

Img_8358_1024x683

なんと美しい花なんだろう!

Img_8363_1024x683

どの様に撮っても絵になる花

Img_8364_1024x683

薄い青色の花と緑の葉、明るい灰色の背景が調和して、、、、

秋の柔らかい透過光が花のやさしさを演出する、、、

Img_8367_1024x683

13日は浜松の孫のジョー君

お母さんと電車に乗って藤枝にやってきた。

一泊して、14日はお父さんも車でやってきて、みんなで畑へ野菜を取りに、、、

薩摩芋を掘ったり、たくさん収穫したよ。

薩摩芋、人参、カリフラワー、蕪、大根、キャベツ、白菜、小松菜、京菜、、、

Img_0011_1024x682

お母さんに美味しい野菜料理を沢山作ってもらいなよ!

外を巡回中のモンタもやってきた、、、

野菜のお土産、たくさん車に積んで、バイバイしました。

Img_0009_1024x682

酢飯、〆たレンコダイ 、〆た鰯、アオリイカ、、、少しづつ冷凍してあったのを、トンボマグロの漬けと一緒に海鮮丼

冷凍庫の残り物で簡単に、、、

Img_0063_1024x682

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (19)

2011年11月15日 (火)

中学校の同窓会

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0066_1024x682

中学校の同窓会

口上林(くちかんばやし)小学校と山家(やまが)小学校、、、を卒業すると東綾(とうりょう)中学校へ、、

小学校の同窓会と高校の同窓会は、最近、頻繁に行われてたが、中学校の同窓会はやってなかった。

ということで、11月13日に綾部の町で中学の同窓会

僕は幹事のメンバー、、写真、記録担当

上林川は山家で由良川に合流して丹後の若狭湾に注ぐする。

上林川が昭和28年の大水害により、大がかりな堤防、河川改修が行われて、昔の美しい渓谷は消滅、、、ウナギ、鮒もハヤが住めるような深みも瀬もなくなった。

しかし、上林川が由良川に合流する付近は、昔からの景観をそのまま残している。

由良川にかかる山家大橋

Img_0067_1024x682

東稜中学校の全景は、この橋から撮ったもの、、、

山家大橋から眺める由良川の渓谷

Img_0070_1024x682_2

紅葉が始まりかけている、、、

Img_0072_1024x682_7

同級生たちが、タイヤと竹で組んだ筏で流れを下ったところ、流れが急なところで筏が岩に衝突、ひっくり返って、、、、

その中の一人が泳げなかった、、、みんなで彼を岩の上に引っ張り上げて、、

Img_0074_1024x682_4

綾部の味方大橋まで数KMを泳いで下ったとか、、、

山家の町並みは、昔の面影を残してた、、、、

Img_0053_1024x682

少し先を右に曲がり、、、、200mほど進むと、、

われらが母校、、、東稜中学校

Img_0062_1024x682

横が体育館

Img_0063_1024x682_2

そして、僕たちの教室はどこだったか、、、?

僕たちの学年は A,B,Cの3クラス、、110人だったが、

今は、1年、2年、3年合わせても40人という、、、なんということ!

Img_0057_1024x682

学校の写真を撮ってたら、道路の方からスーツを着た人がこちらにやってきた、、、

学校の敷地内に無断で立ち入って写真を撮ってるので、、、

先生が注意しに来たのかな、、、?

顔を合わせるなり、にこにこと、、

やはり、誰かが来てると思ってた、、S ちゃんだね~ すぐ分かったよ!

おお、思い出した、、H A ちゃんだ!

彼も、同窓会に出る前に、学校を見に来たのであった。

妹夫婦に会場まで車で送ってもらった。

同窓会の会場は、ホテル綾部

Img_0078_1024x682

もうちらほら、、メンバーが見えてるよ!

ご婦人が数名、僕の方を笑顔で見てる、

ホテルからは、由良川にかかる味方橋が、、

Img_0080_1024x682

受付を済ませて、、、

Img_0079_1024x682_2

110名中、、14名が亡くなってた、、、出席は38名

Img_0095_1024x682

配布された封筒の中に、名簿と一緒に卒業の時の学校新聞のコピー

誰が持ってたのか、、、よくぞ、残してたよ!

なんと、新聞の記事の中に、、、

Img_0042_1024x682_2

こんな文章を書いてたとは、、まったく記憶にないが、、、

小学校の時、結核を患った虚弱児、、本ばかり読んでた影の薄い青白い少年

引っ込み思案の内向的な性格のため、自分の殻に閉じこもったり、

逆に強くなりたいと敢えて積極的にふるまったり、、

とても生徒会長なぞ出来る自信はなかったが、クラスのみんなが僕の背中を押して、応援、支援してくれた。

ホントに、良いクラスだった。

帰りの京都までの山陰線の特急

美人であこがれの姫、 IAさんと一緒だった。

その時、私が副会長だったよ、、、と、、、

すっかり忘れてる、、、

綾部市中学校駅伝大会の思い出、、、

僕は、走るのは早かった、、、

約5kmの一区を走って、、、苦しくて、苦しくて喘ぎながら、転がり込むように第二走者にタスキを渡したのは覚えてる。

同じクラスのI K君が、、

僕は第二走者、、、Sちゃんが二位で走りこんできた、、、

僕も必死で走ったが、一人抜かれた、、、

全体では、市内6中学校中 5位だったか、、、

メンバー全員が同窓会に、、、大いに盛り上がった!

修学旅行や先生のこと、部活のこと、、いろんな思い出、、

みんなが少しずつ記憶してて、忘れてたことも、次々と思いだす、、

楽しい同窓会でした!!!!

モンタ、、なにか?

Img_8459_1024x683

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (20)

2011年11月14日 (月)

故郷の生家

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0028_1024x682

11月12日は、母の命日、、、

故郷の丹波、、綾部の上林へ

綾部市在住の妹夫婦と一緒に両親の墓参り

子供の頃から有名だった大銀杏の木を見に行った。

まだ、完全に色づいてはいないが、60年昔も、これくらいの威容であった。

Img_0022_1024x682

いったい、樹齢何年なんだろう?

猪、猿の農作物への被害は、どこも同じく、、、

地域全部の田畑を囲う鉄柵と電気柵設置、、、数百万円の設置費用

僕のような不在地主にも負担金の要請が来て、3万円を振り込んだ。

Img_0026_1024x682_2

このような完璧な柵も、知恵ある猿は電気のスイッチを切って入ったり、小さな隙間を見つけて小猿を入れて大根や芋を盗むとか、、、

Img_0027_1024x682_2

口上林十倉中町、お墓のある山から下りてくると、僕の生家の裏に出る。

Img_0052_1024x682

7人兄弟姉妹、父や多くの叔父さんや伯母さんたちが生まれ育った田舎の家

でも、早くから京都に出て師範学校に行った長子の叔父さんの名義

親戚の倒産にひっかり、田畑、山林を売り、貧乏になって次男以下の叔父さん伯母さん、父達も苦労しして育った。

おじいさんは早死にし、みんな奉公や養子に、各地に出て行って、最後におばあさんが亡くなった後、空き家のまま荒れ果てた家に、、、、

5男の父が戦争中に商売してた神戸から疎開して、空き家に家族が住わせてもらい、

昭和19年に、僕はこの家で産まれた。

雨が降ると、傘さして家の中をあるいたという、、、

もちろん、家賃を叔父に払いながら、茅葺の屋根も修復し、ちゃんと住める家に、、

兄に代わって先祖の墓を守り、法事や、夏休み、魚釣りや避暑、都会で暮らす親戚が大勢集まって泊まり、両親は兄達をもてなした。

僕が結婚して間もなく、67歳で父が癌で死んだ後、残った母のために、近くに住みやすい小さな家を建てた。

小さいながらも借家ではなく、自分の家

でも、生家は、再び誰も住まないままに荒廃し、、、、

壊すのかと思いしや、5~6年前に、ついに買う人があったと従兄から連絡があった。

買主は福知山の人、、、

週末ごとにご夫婦で通ってきて、素人ながらこつこつと荒れて崩れかけた廃屋を修復、

ほとんど原型を残しつつ、味わいのある古民家へと変貌していった。、、

時々、故郷に帰省するたびに、どんな家に生まれ変わるのか、、

立ち寄るのを楽しみにしていたが、、、

今回、立ち寄った時に、ちょうど居られて、案内していただいた。

収集したたくさんの古着や古い壷、お皿や鉢などを、並べて販売中

Img_0047_1024x682

いろんな人達が立ち寄って帰られる、、、

ダルマストーブを買っていく人、青磁の大皿を買っていく人、、、

崩れ落ちた白壁の土塀は無くなり、小奇麗な庭に、、

Img_0034_1024x682_2

大きな木や石の一つ一つが、、、子供の頃の思い出の中に、、

Img_0035_1024x682

家の中、、、

家族団らんの茶の間、、、

子供の頃は火を炊く囲炉裏、、、

間もなく堀り炬燵になった、、、

こんな素敵な囲炉裏に変身

Img_0036_1024x682_2

風呂やおくどさんのあった土間だったところは、床板が張られて、テーブルや椅子が置かれて素敵な空間に、、

正面左の柱はけや木の大黒柱

Img_0041_1024x682_2

天井の柱、梁、、、

子供の頃は、この梁の上をネズミが走りまわり、それを狙う青大将が這う、、

100年以上は経っているが、この太い柱、梁、、、びくともしない

Img_0038_1024x682_2

この竹の天井をアップ

真っ黒に煤けた天井の竹、一本一本外して洗って組みなおしたという、、

Img_0045_1024x682_3

高い天井、、、ランプ風の照明も風情があるね。

Img_0044_1024x682_2_4

縁側の6畳の三つ続きの部屋、、、、

冠婚葬祭、村の寄合、宴会はここで、、、

僕は、この部屋で寝起きし、勉強してた、、

冬は寒くて、手が凍えたが、、、

Img_0033_1024x682_2

天井と欄間、、、

Img_0032_1024x682_2

一番奥の部屋は床の間

Img_0030_1024x682_2

あと数年経てば綺麗に片付き、素晴らしい古民家として蘇る

日本の農村の家々、、、幸いにも、僕の生家は古民家として再生されたが、、、

過疎化した農村の多くの伝統的な日本家屋、

住む人もなく、草生して、荒廃し、崩れ落ちて、、、、

その代り、細い柱の狭くて貧弱な、合成建材や合板パネルの寿命の短い小さな家やコンクリートの集合住宅ばかりが増えていく、、

日本人は豊かさを求めて懸命に働き、、その結果得たものは、、、?

豊かさ、、、ってなんなのだろうね?

モンタ、、どう思う?

Img_0012_1024x682


人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (10)

2011年11月13日 (日)

モンタの留守番

Img_0055_1024x682

ナベショーは、今晩おそ~く、帰って来るって言ってたけど、、、

待ちきれないから、お先に、、、、

起こさないでくださ~い!

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (8)

2011年11月12日 (土)

モンタの散歩

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8389_1024x683

デュランタ・タカラズカ、、、

緑の葉と、垂れ下がる紫と白の花が美しい。

昨日から、ナベショーは泊りがけで遠くに行ってるので、

今日はモンタが主役!

裏口から庭に脱出したモンタ

ワイルドガーデンを一周して、、、

Img_0005_1024x682_3

近くに咲いてる花は、マルハルコウソウだね。

Img_0006_1024x682_4

何か見つけたか、、、、トカゲ?

Img_0007_1024x682_3

おや、、背中を丸くして、尾っぽを立てて、、威嚇してるね!

カマキリでもいたかね?

Img_0009_1024x682

一回りした後は、このコンクリートの上で寝転ぶのが楽しみで、、、

Img_0011_1024x682

ごろんと一回転して、また戻る

Img_0012_1024x682_2

ここで、大欠伸して、、

Img_0013_1024x682

舌を噛むところだった、、

Img_0014_1024x682

眠くなった、眠くなった、眠くな、、、、

Img_0015_1024x682_3

邪魔するものは、、、居ないね。

Img_0016_1024x682_2

それでは、、、

Img_0017_1024x682

顎が抜けるよ!

Img_0018_1024x682

もう、瞼が開かない、、、

Img_0019_1024x682

では、お休み、、、モンタのために、ワンクリック!

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (12)

2011年11月11日 (金)

小菊、小菊 秋の花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8328_1024x683

秋はやはり菊の花

大輪の花も素晴らしいが、小菊もいいね。

Img_8331_1024x683

小菊と言えど、アップすれば、、、

Img_8333_1024x683

朝から冷たい雨が、、、、かなり強いよ。

雨で漁は休みかな、、、、福一さんへ魚を見に、、、

レンコダイ(連子鯛)を見つけた、、、

昨夜だったか、その前だったか、確か、福井県小浜市の名物 小鯛の笹漬け

レンコダイを綺麗に三枚におろしてるTVの番組を見たところ、、、、、

そんなに高くもないので、可愛いレンコダイを10匹、、Get!

Img_0003_1024x682_3

鱗を取って、頭と内臓を取り、三枚におろして、、、

(鱗は鱗取りで水の中で取ると、周囲に飛び散らなくていいよ)

Img_0005_1024x682_2

中骨を毛抜きで抜いて、、、これが手間

綺麗でしょう!

塩を振って、、、、冷蔵庫 

Img_0006_1024x682_3

たくさんの骨が、、、、

塩振って、カレー粉入りの小麦粉まぶして、、、ボーンフライ

Img_0007_1024x682_2

ポリポリと香ばしく、お八つだね!

頭ももったいない

塩と醤油、お酒で味付けて、お吸い物に、、

Img_0008_1024x682_2

なんという濃厚かつ美味しいお吸い物だろう!

Img_0015_1024x682_2

塩を振って3~4時間ほど冷蔵庫に入れたレンコダイ、、、

酢で〆て2時間ほど、、、

Img_0016_1024x682

寿司ご飯もちょうど良い塩梅で、、、

レンコダイのお寿司、、、、雀寿司っていうそうですね。

雀の丸く膨れたお腹が似てるからと、、、

とても美しくて美味しいお寿司です。

Img_0028_1024x682

モンタ様、、雀寿司はお召し上がりにはならないでしょうか?

Img_8420_1024x683_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (16)

2011年11月10日 (木)

可愛いチロリアンランプ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8255_1024x683

アブチロン、、、またの名をチロリアンランプ

Img_8299_1024x683

ブラジル原産の花

名前からのイメージとよく一致する可愛い花だね。

Img_8300_1024x683

秋らしく、気温も下がり、程よく雨も降る、、

9月に植えた秋冬野菜、、子供に踏まれたり、台風になぎ倒されたりの災難続き

成長が遅れていたが、追肥も効いて、やっと大きくなってきた、、、

野菜を採ってきても、食べきれないくらい、、、

今日の収穫は、、、、、

Img_0003_1024x682

日野菜、大根、蕪、カリフラワー、ニンジン、ネギ、サトイモ、ピーマン、、

人参葉と薩摩芋、ピーマン、干桜海老、アオリイカのゲソ でかき揚げ

Img_0004_1024x682

松代で買った信州蕎麦を3分半茹でて、、長芋をおろし、

かき揚げ蕎麦だよ。

お昼のランチ、、、15分でできてしまうから、いいね。

Img_0009_1024x682

午後は本格的に雨が降り出した。

日野菜と大根を洗って葉も一緒にプラ桶に並べて、3%の塩を振り、重石をした。

甘酢漬けの下処理

その後は、、、

お茶の整枝機の故障の修理に村越農機具店に行き、江崎書店に寄ったり、お茶のマルミヤさんに行ったり、、

秋の日はつるべ落とし、、

4時半で少し暗く、、、5時には暗くなってしまった、、、

畑で採ってきた大きなカリフラワーを見て、妻が張り切る

こんなに大きいの、高くて買えないよ~ 

当然、カリフラワーや蕪の入ったクリームシチュー

他に、人参、鶏肉、ジャガイモ、里芋、椎茸も入れて、、、、、

おお、鶏肉と牛乳以外は我が家の収穫物

Img_0019_1024x682

雨の降る冷える夜は体が温まる、、、、

モンタ、、外の庭に気になる姫が、、、、、?

Img_0016_1024x682_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (16)

2011年11月 9日 (水)

会社のOB会

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8263_1024x683

アマリリス、、、、この季節に咲くのでしたか?

シロスジアマリリス、、、、開花時期は秋

Img_8261_1024x683

近所の玄関先に置かれた大きな鉢に見事なアマリリスの花が咲いていました。

Img_8267_1024x683

今日は東京の品川で会社の社友会、、つまりOB会である。

毎年、大阪と東京で開催されるが、僕は近いこともあり品川の社友会に出る。

Img_0037_1024x682

東京本社が、このJR品川駅ビルに入ってて、社友会は隣のビルで、、、

朝、7時過ぎのJRに乗り、普通列車で沼津、熱海経由品川駅には10時半に

東京に近づくほど冷え込んでくる、、

80歳前後の大先輩達、、、

昨年にはお元気だったのに、なんとなく歩行が心もとない方、、、

昨年、健康を害されてたが、今回はすっかりお元気になられた方、、、

来られる予定なのに、出席されてない方、、、

僕たちも、すぐにその年代になってしまう、、のだろうね。

今は、80歳近くの先輩諸氏から、、、

よお! ナベショー 元気でやっとるか?

はい! おかげさまで何とかやっとります。

お年をとられても、威勢よく、元気で声をかけて欲しいものだね。

閉会の後は、喫茶店で親しい仲間とコーヒーを飲み、お開き、、

3時過ぎにガラ空きの普通列車に乗って、静岡へ

本を読んだり、眠ったり、、

Img_0042_1024x682

行き帰りの往復で、東野圭吾の本を読み終えました。

Img_0003_1024x682_2

一昨日、信州からお土産に買ってきた林檎の紅玉

お菓子材料専門店でバターを買ってきて、アップルパイを作りました。

もちろん、妻が、、、ですが、、

Img_0045_1024x682_2

少々、リッチな気分で、、、アップルパイを!

Img_0051_1024x682

モンタは、早々と、、、、きっと外でたくさん遊んだのに違いない

Img_0054_1024x682_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (10)

2011年11月 8日 (火)

白いコバノランタナ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8270_1024x683

コバノランタナ

一昨日のブログで載せたピンクのランタナ、、、

黄色や赤、濃いピンクの賑やかな童話っぽいランタナに比べ、枝が長く垂れ下がり、白や薄いピンクの花を咲かせるのがコバノランタナ

僕のブログにしばしば来られるにりんそう様が教えてくださった。

にりんそう様のブログにアップされてるコバノランタナの見事な壁庭を是非、ご覧下さい。

近所の石塀から垂れ下がってた白いコバノランタナ、、、清楚な雰囲気で美しい

Img_8271_1024x683

なかなかイイ雰囲気だと思います。

Img_8275_1024x683

白と黒のモノトーン

Img_8274_1024x683_2

萩もそうだが、垂れ下がって咲く花は絵になるね。

Img_8273_1024x683_2

久しぶりに貝の炊き込みご飯が食べたくなった。

広島県の大竹市に住んでた時は、スーパーには必ずアサリ貝の生の剥き身が安く売ってたので、しばしばアサリの炊き込みご飯を炊いたね。

もちろん、大潮の時に、海岸で掘ってきたバケツ一杯のアサリ貝も、しばしばアサリご飯になった。

しかし、今日はアサリ貝ではなく、サザエご飯に挑戦しよう。

福一さんで買ってきた サザエ、、、、もちろん生きてます。

Img_0019_1024x682_2

さて、どうしたら貝殻から身を取り出せるのだろう?

蓋を掴んで引っ張ってみたが、びくともしないどころか、奥に引っ込んでしまった。

ナイフの先を突っ込んで、、、、ナイフの先が折れてしまった、、、トホホ

しからば、、、漬物石の上に貝を置き、金槌で叩いて、殻を壊し、、、

ふ~、、、やっと、身を取り出した。

もちろん、身についてる黒いくねくねした内臓もOK

しかし、サザエのお刺身なんかやるのに、板前さんはどうしてるのだろう。

まさか、金槌で、、、、

Googleで検索すれば、、、サザエさんではないよ、、、サザエ料理だよ!

出てきた、出てきた、、サザエの捌き方 

金槌で叩き割る前に、Googleすればいいのに、逆だよ!

次回は、抜かりなく、、、しかし、かなり熟練の技が必要みたい、、、

サザエの身は、大きければ大きいほど硬いので刺身包丁で薄く切って、、、

牛蒡のササガキやニンジンも入れて、昆布出汁と醤油、酒で味をつける

もちろん、黒いくねくねの内臓も入れたよ!

サザエの炊き込みご飯!

Img_0022_1024x682

モンタ、、寝てたのに、、、、

Img_0020_1024x682

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (14)

2011年11月 7日 (月)

蜜蜂の研修バス旅行

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0014_1024x682

静岡県養蜂協会志太支部、秋の研修旅行

県養蜂協会支部では、毎年バスで日帰りの研修旅行に行く

蜜蜂の研究で有名な玉川大学や名古屋大学の先生のレクチャーを聞きに行ったり、

有名な養蜂家や養蜂会社の蜂場を見学したり、、、

行き帰りのバスの中での、他の先輩方との情報交換や経験談を聞いたり、、、

会社や町内会の慰安旅行と違って、かなり真面目な旅行である。

もっとも、バスの中ではカラオケやアルコールが入って賑やかだけど、、、

朝、6時半 藤枝市役所に集合

静岡から山梨、中央道を走り、左に南アルプス、右に八ヶ岳連峰を眺めながら、諏訪湖、姨捨、松本を経て松代へ、、、、

昼前に林檎農園直売所で、リンゴのお土産を、、

Img_0005_1024x682

いろんな種類の林檎が並んでたが、、、一袋500円の紅玉を買う

Img_0006_1024x682_2

昼食は信州そばを、、、

Img_0007_1024x682

広い店内、、ウイークデイーだが、昼食を食べる団体客でいっぱい

Img_0008_1024x682_2

お客は、ほとんどが我々と同じシニアー世代、、、

頂いた年金は、せいぜい国内バス旅行で地域社会に還元しなきゃ!

午後13時、、到着しました。

長野県では有数の養蜂家 依田養蜂園に、、、

全部で3000箱の蜜蜂を8人で管理

今日は、数ある蜂場の一つを見学させてもらった。

Img_0011_1024x682_2

ここでは、100群ほどの巣箱

うらやましいほどの良い環境の蜂場

でも、熊が出るそうです。

長野県では、偽アカシヤの蜂蜜が主、、色の薄い癖のない蜂蜜です。

蜂場の隣はリンゴ園

Img_0018_1024x682

依田さんから、質疑応答、多くの参考になるお話を伺った。

松代、、、機会があれば、青春18きっぷで訪れて、ゆっくりと歩き回りたいものです・

さあ、帰途は再び中央道を、、、

姨捨から眺める千曲川

Img_0029_1024x682

会社時代、、、夜行で中央線に乗る、、、

ちょうど夜明け頃に汽車は姨捨付近に、、、

朝霧の中の千曲川の景色は、忘れられない。

甲斐駒ケ岳、、、、まだ雪は被ってない

Img_0037_1024x682

八ヶ岳も雪はまだ、、、すっかり紅葉が、、、

Img_0038_1024x682_2

ところどころのサービスエリアでトイレ休憩をしながら、甲府から朝霧、富士川で東名に入り、19時過ぎに市役所に、、

信州へのバス旅行のお土産は、、、

Img_00031_1024x682

モンタ、、へのお土産は?

Img_0017_1024x682_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (18)

2011年11月 6日 (日)

椎茸、、たくさん収穫!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8291_1024x683

花の写真を撮るために、時々カメラを下げて自宅近くの住宅街や公園を歩く

美しい花の写真がたくさん撮れた時は、ほっとする。

この小さなピンクの花の集合体、、、

Img_8289_1024x683

フェンスから、外に垂れ下がって咲く花、、なかなか、絵になるではないか!

Img_8290_1024x683_2

しばしば見かける花なのに、名前が、、、、、、?

ランタナかな、、、、

Img_8285_1024x683_2

この2月頃、知り合いの方から椎茸の菌を植えこんだ原木をいただいた。

一年間、山の中に置いたものなので、春には椎茸が出るかもしれないよ。

木々の間の日影に置いて、直射日光が当たらないように寒冷紗をかけて、日照が続くようなら井戸や川、池の水をかけて、、

水道水はダメだよ!

カルキのために菌が死ぬから、、、

桃の木や紅葉、侘助椿の下に置き場を作り、、、

さて、春には椎茸は出てこなかったが、、、、、

10月になり、気温が下がってくると、、

お待ちかね、、、2本、3本と、でっかい椎茸が出てきた!

原木を動かしたり、木を叩くと、菌が目を覚まして、いっせいに椎茸が出てくるという。

おや、ホントだ、、、たくさん顔を出したぞ!

Img_8398_1024x683_2

どうです!

Img_8391_1024x683_3

こちらにも、、

Img_8392_1024x683_2

ドンコと呼ばれる良質の椎茸

Img_8401_1024x683

採ろうか、もう一日置いてもっと大きくしてから、、、なんて欲を出したら、、

雨が降った、、トホホ

雨に降られた椎茸は雨っ子と言って、品質が悪いそうな、、、

昨日よりも一回り大きくなって、もうリミット!

Img_0001_1024x682_2

全部、採ってしまおう!

Img_0004_1024x682_2

ご近所におすそ分け

食べきれないのは、干し椎茸に、、

でも、まだまだ出てくるぞ!

Img_0008_1024x682_2

オーブンで焼いて、醤油とお酒をかけて、、、

香ばしい椎茸の香り!

Img_0016_1024x682_2

たくさんたくさんの椎茸と牛蒡、人参、干し貝柱を入れた炊き込みご飯

Img_0020_1024x682_2

椎茸の原木を分けてもらった方から、

冬には山の木を伐り、椎茸菌を埋め込んで、、

一年間、山に寝かして、自宅の庭に並べれば、再来年の春か秋には椎茸が収穫出来る、、、

一緒にやりませんか!

モンタ、、、やろう やろう!

Img_0024_1024x682

今晩もTVドラマの「南極大陸」

昨夏、南アルプス茶臼岳で出会った老夫妻

男性は第一次南極越冬隊のメンバーの一人だったという、、、

既に、80歳をはるかに超えた方、、ドラマでは、どの隊員なんだろう?

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (14)

2011年11月 5日 (土)

秋の七草 フジバカマの花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8349_1024x683

秋の七草 フジバカマ

万葉の昔から親しまれてる花だが、ほとんどが園芸種として栽培されている。

よく似たのに、ヨツバヒヨドリ、、、この花が、正確にどれなのかわからない。

Img_8353_1024x683_2

先日、キャベツが安かったので買ってきた。

でも、畑の水菜、小松菜、蕪など葉物野菜があふれるほど、、、

ついついキャベツを食べる機会がない。

しからば、、今日のお昼は、キャベツをたくさん使ったお好み焼きを、、、

大きなキャベツの1/4を細く、かつ2~3センチの長さに切り、、

玉子を3個を入れて、小麦粉を適当に入れて、よくかき混ぜる。

鉄板を、、なんて大げさなので、大きめのフライパンに油をしいて

玉子、小麦粉を混ぜたキャベツを入れる、、

焦がさないように中火から弱火で、、、

豚コマ、烏賊ゲソ、干し桜エビ(静岡産は高いので台湾産)、ネギ、花カツオ、、を載せて、、じっくりと片面を焼く、、、、

Img_0003_1024x682

さて、これからがナベショーの洗練された技

鉄板の上で、二枚のフライパン返しを使えば簡単だが、フライパンの全面に広がったのを、一枚のフライパン返しで焼くのである。

Img_0006_1024x682

フライパン返しをお好み焼きの底深く差し込んで、、、

Img_0011_1024x682

右手でフライパンを持ち、左手でフライパン返しを持ち、、、

気合と共に、50センチ以上、高くほりあげて、フライパン返しを180度回して、お好み焼きの上面を下にして、フライパンを下げるのと同時に、お好み焼きを受ける

成功!

Img_0013_1024x682

弱火でじっくり焼いて、、、

再度、同じ要領で一回転させる

豚コマも、烏賊ゲソも、干桜エビ、程よく焼けて、香ばしい香りが、、

Img_0015_1024x682_3

お皿に移して、、再度、刻みネギ、花カツオ、紅ショウガ、などを載せて、、

切り分けて、お多福のお好みソースをたっぷりかけて出来上がり!

これ、二人分!

Img_0017_1024x682_2

単身赴任で広島の工場に勤務してた頃、姫路の研究所からの出張者たちとの金曜日の午後の会議

3時を過ぎると、この会議、ほどほどにして終わりましょうよ、、、という空気

それでは、、、と終了

僕も金曜日の夕は静岡の自宅へ帰省

姫路へ帰る出張者数名と共に山陽線に乗り、そうそうに広島駅で降りて、駅ビルのお好み焼き屋へ、、、

生ビールを飲みながら、スタンダードのを一枚づつ食べて、次は、牡蠣焼き、ネギトロロ、烏賊、エビ、いろんなのを一枚づつ注文して、みんなでシェアーして楽しむ、、、

これは、大阪風ではなくて広島風お好み焼きだったが、みな、これが楽しみで会議をやってたようなもの、、、

モンタ、、、が生まれてない頃の話

Img_0009_1024x682

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (16)

2011年11月 4日 (金)

干し柿ができた!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8041_1024x683

秋の小さな花達

道通る人も、ほとんど気がつかずに、、、

黄色い花は苦菜(ニガナ)だろうね。

Img_8046_1024x683

では、この紫のは、、???

直径数mmにも満たない超ミニアザミ、、、っていう感じかな、、

Img_8051_1024x683

これでも、花後には、、ちゃんと種子を作って、風で飛んでいく

Img_8050_1024x683

今年は、数年ぶりの柿の生り年

10月中旬には、庭の渋の西条柿を色ついてきたのから順に採り、、

Img_0010_1024x682_2

皮を剥いて、、

Img_0012_1024x682_2

タコ糸で結んで、二階のベランダの手すりにぶら下げて、、数日後、、

Img_0011_1024x682

売ってる干し柿のように、表面が白い粉を吹いたようにはならない、

Img_0002_1024x682_2

妻は柔らかめが好きという、、、

Img_8230_1024x683_2

ポリ袋に入れて、冷凍庫で保存する

僕は、冷凍庫で半分凍ったのを、切ってお茶を飲みながら食べるのが好き!

Img_8231_1024x683

今日は長男家から頂いた冷凍トンボマグロを山葵醤油で漬けにして、、、

Img_0017_1024x682

初夏に掘ったジャガイモが芽を出しかけたので、大急ぎで食べてしまわなくちゃと、

妻はジャガイモ料理ばかりを考えてる、、、

皮ごと茹でて、柔らかくした後、皮をつるりと剥いて、お出汁を利かせて煮っ転がしに、、

Img_0021_1024x682_2

畑の京菜や蕪の葉っぱが、、、、、

油揚げと豚コマ、烏賊と一緒に煮て、、、、

Img_0019_1024x682

菜っ葉物は、煮物で食べないと、食べきれない

今日も食べ物ブログ

モンタ、、、、が、食べられるものは無い

Img_0014_1024x682_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (14)

2011年11月 3日 (木)

木瓜の実でジャムを作ろう!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8214_1024x683

ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)

ボロ菊、、だなんて凄い名前だね。

花が終わった後、白い綿毛のついた種子が風で遠くまで運ばれて、どんどん増える。

アフリカ原産の帰化植物、、日本では昭和22年に北九州で発見、、、

空地や道端、路傍、、あらゆるところに群生、、(秋の野草、、山渓 永田芳雄著)

僕の茶園の畝の間にも生えて、高さ1m以上になり、赤い花が下向きに咲く。

Img_8217_1024x683

6年前の夏、僕が木から落ちて、腰の骨を折って、農作業ができなかった時、

秋になって、初めて茶園に行ったら、、、

茶樹の上が、ベニバナボロギクの白い綿帽子覆われて、悲惨な姿だった。

突如、女王不在になって王台がたくさん出来た蜜蜂の巣箱

11月5日前後に新女王誕生、、、と予想して、今日、箱を開けて見てみた。

おや、、既に元気な新女王蜂が這いまわってる(中央付近)

なかなか良い形をしてる。

Img_0007_1024x682

さて、問題は交尾に必要な雄蜂

来週くらいから、交尾飛行に出かけて、一週間くらいの間に十数匹の元気な雄と空中交尾をするという。

もう、晩秋の季節、、、まことに条件が悪い。

僕の10群の巣箱、、、

夏に生まれた雄蜂のほとんどがスズメバチ捕獲器に入って、出られなくなって死んでしまった。

約2km離れた場所に他の養蜂家の20群ほど蜂場がある。

そこの群れにどれだけの雄蜂がいるだろうか?

僕の家の近くには、蜂場がいくつかあり、40~50個の群れがある。

一時的に、僕の庭に移動させるか、、、

2~3週間後、十分な交尾ができなくて、産卵が始まらない場合、あるいは無精卵の産卵が多い場合は、

残念ながら新女王を処分して他の群れと合同することにする。

この時期での、女王蜂の更新が可能か否かの実験だね。

庭の木瓜、、

今年はたくさんの実が生った。

Img_0004_1024x682

ぽろぽろと地に落ち始めたので、全部収穫!

Img_0010_1024x682_2

もう少し黄色く熟したほうがいいのだが、、、

包丁で、硬い実を切って、、、

Img_0011_1024x682_2

種を取り、、、、、

Img_0013_1024x682_2

皮を剥いて、薄く切り、、、

Img_0018_1024x682_2

ほぼ、同量の砂糖を加えて、加熱、、、、

Img_0019_1024x682_2

甘酸っぱさはリンゴよりも強い

木瓜の実ジャムができました。

Img_0023_1024x682_2

ヨーグルトに入れて食べると、おいしいですよ!

Img_8226_1024x683_2

Img_0040_682x1024_3数年前に作ったときは、11月末だった。

木瓜の実が、できるだけ黄色く熟してるほうが、酸味が少ない。

皆さんの庭の木瓜の木、、実が生ってたら是非作ってみてください。

モンタもお奨め!

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (18)

2011年11月 2日 (水)

ツワブキの咲く庭

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8191_1024x683

ツワブキ(石蕗)

晩秋から初冬にかけて海辺に多く咲く、、

大きな緑の葉、、艶がある蕗、、ツヤブキがツワブキになった。

太い葉茎はキャラブキに、また柔らかい新芽は天麩羅に、、、

Img_0019_1024x682

広島県の瀬戸内海の町、大竹市に住んでたので、海岸にはツワブキがたくさん咲いてた。

藤枝市に自宅を作ったときは、庭のグランドカバーにと、ツワブキを広島から一株移して庭に植えた。

それが、どんどん増えて、、、、

Img_0012_1024x682

ナベショーのワイルドガーデンの秋の主役となりました。

Img_0008_1024x682

紅葉の葉を写真に撮ると、背景はツワブキの花の黄色

Img_8161_1024x683

野菊の花を撮っても、背景にはツワブキが、、、

Img_8169_1024x683

ピンクの秋明菊もツワブキと仲良く並んで、、

Img_8164_1024x683

台風にも落下せずに耐えた分旦、、、、、分旦の木の下もツワブキ、、、

Img_0022_1024x682_2

ヤマモモの木の下もツワブキ

Img_0017_1024x682_2

ツワブキ、、一年中、緑の葉を絶やすことなく、、

Img_0019_1024x682_3

早春には、柔らかい葉茎でキャラブキを、、、

花の少ない晩秋には、黄色い花で彩ってくれる、、

Img_0040_1024x682

梅の木の下は、野菊、ツワブキ、、、木瓜の実も、、、

Img_0029_1024x682_2

ほとんど手入れが出来てないが、、、

Img_0032_1024x682_2

ナベショーの秋のツワブキガーデン、、でした。

Img_0044_1024x682_3

今日は玉ねぎ苗200本を植えました。

まだ、50本くらい植えられるスペースがあるので、紫玉ねぎの苗を探してこよう。

Img_0005_1024x682

モンタ、、

Img_0042_682x1024カーテン越に、毎日、庭を監視するのが、モンタの仕事!

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。



| | コメント (12)

2011年11月 1日 (火)

ラッキョウの花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_8131_1024x683

紫色の線香花火のようなラッキョウの花

Img_8144_1024x683


何処にピントを合わせていいか、、なかなか定まらないね。

Img_8140_1024x683

畑の側の空き地、、、

雑草の中にラッキョウが群れて咲いている

誰かが球根を捨てたのが、どんどん増えたのだろう。

Img_8138_1024x683

売ってるラッキョウとは異なり、丸い形をしてる。

Img_8141_1024x683

朝、整枝機とガソリンを軽トラに積んで、自宅を出て農道を走ってると、、

「玉ねぎの苗、売ります」という看板を立てて、

おばさんたちが畑で玉ねぎ苗を採って、植えつけてるではないか!

軽トラを止めて、、

「もう玉ねぎ苗の植え付け?」

「そうだよ、、何本、欲しい?」

「そう、、200本ほど、、

今からお茶畑の整枝、、、終わったら薩摩芋の後の畑を耕して準備するから、苗採っておいて、、、」

「あんた、、家何処?」

「すぐそこの、角の家だよ」

「やっぱり~ 3年前にテレビに出た家だね」

「人生の楽園」 見てた?

「見てた、見てた、、、」

地元の人たち、、結構見てたんだね~

茶畑の秋整枝、、午前中でやっと終わったよ!

茶園の下から上を見上げたたら、、、

Img_0002_1024x682

蜜蜂の巣箱が並んでるのが、見えるかな?

上から茶園を見下ろしたら、、

Img_0006_1024x682_2

朝露で作業ズボンも長靴の中もびっしょり、、、

午後は、畑の薩摩芋を掘った後に石灰を蒔いて、、、

鍬で掘り返し、、、

Img_0007_1024x682_2


さらに、鶏糞と化成肥料を蒔いて、鍬で耕し、、、OK、OK

帰りに、おばさんたちから、玉ねぎ苗を200本 受け取って、、

明日は玉ねぎ苗の植え付け作業

畑の人参、、少し大きくなりすぎたが間引いてきた。

Img_0011_1024x682

茹でて胡麻和えで食べるには、もう既に茎が硬くなりすぎてる、、

しからば、、

ザック、ザック、切って、干桜エビを混ぜて、小麦粉を加えて、お酒を少々入れて、かき混ぜて、、、、かき揚げに!

ついでに、薩摩芋も揚げて、塩を少々、、

Img_0013_1024x682_2

数日前も揚げ物食べてたね~

畑の中蕪も食べないと、、、

薄く切って、塩で揉んで、、、酢と砂糖の甘酢につけて、新生姜の糸切りも加えて、、

千枚漬けに、、、、、唐辛子が見つからない、、、

Img_0014_1024x682_2

蕪、、糠漬けも美味しいけど、即席の千枚漬けも美味しいね。

モンタ、、このポーズが一番かわいいよ!

Img_0020_1024x682

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

| | コメント (14)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »