« 故郷の生家 | トップページ | ルリマツリ(瑠璃茉莉)の花 »

2011年11月15日 (火)

中学校の同窓会

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0066_1024x682

中学校の同窓会

口上林(くちかんばやし)小学校と山家(やまが)小学校、、、を卒業すると東綾(とうりょう)中学校へ、、

小学校の同窓会と高校の同窓会は、最近、頻繁に行われてたが、中学校の同窓会はやってなかった。

ということで、11月13日に綾部の町で中学の同窓会

僕は幹事のメンバー、、写真、記録担当

上林川は山家で由良川に合流して丹後の若狭湾に注ぐする。

上林川が昭和28年の大水害により、大がかりな堤防、河川改修が行われて、昔の美しい渓谷は消滅、、、ウナギ、鮒もハヤが住めるような深みも瀬もなくなった。

しかし、上林川が由良川に合流する付近は、昔からの景観をそのまま残している。

由良川にかかる山家大橋

Img_0067_1024x682

東稜中学校の全景は、この橋から撮ったもの、、、

山家大橋から眺める由良川の渓谷

Img_0070_1024x682_2

紅葉が始まりかけている、、、

Img_0072_1024x682_7

同級生たちが、タイヤと竹で組んだ筏で流れを下ったところ、流れが急なところで筏が岩に衝突、ひっくり返って、、、、

その中の一人が泳げなかった、、、みんなで彼を岩の上に引っ張り上げて、、

Img_0074_1024x682_4

綾部の味方大橋まで数KMを泳いで下ったとか、、、

山家の町並みは、昔の面影を残してた、、、、

Img_0053_1024x682

少し先を右に曲がり、、、、200mほど進むと、、

われらが母校、、、東稜中学校

Img_0062_1024x682

横が体育館

Img_0063_1024x682_2

そして、僕たちの教室はどこだったか、、、?

僕たちの学年は A,B,Cの3クラス、、110人だったが、

今は、1年、2年、3年合わせても40人という、、、なんということ!

Img_0057_1024x682

学校の写真を撮ってたら、道路の方からスーツを着た人がこちらにやってきた、、、

学校の敷地内に無断で立ち入って写真を撮ってるので、、、

先生が注意しに来たのかな、、、?

顔を合わせるなり、にこにこと、、

やはり、誰かが来てると思ってた、、S ちゃんだね~ すぐ分かったよ!

おお、思い出した、、H A ちゃんだ!

彼も、同窓会に出る前に、学校を見に来たのであった。

妹夫婦に会場まで車で送ってもらった。

同窓会の会場は、ホテル綾部

Img_0078_1024x682

もうちらほら、、メンバーが見えてるよ!

ご婦人が数名、僕の方を笑顔で見てる、

ホテルからは、由良川にかかる味方橋が、、

Img_0080_1024x682

受付を済ませて、、、

Img_0079_1024x682_2

110名中、、14名が亡くなってた、、、出席は38名

Img_0095_1024x682

配布された封筒の中に、名簿と一緒に卒業の時の学校新聞のコピー

誰が持ってたのか、、、よくぞ、残してたよ!

なんと、新聞の記事の中に、、、

Img_0042_1024x682_2

こんな文章を書いてたとは、、まったく記憶にないが、、、

小学校の時、結核を患った虚弱児、、本ばかり読んでた影の薄い青白い少年

引っ込み思案の内向的な性格のため、自分の殻に閉じこもったり、

逆に強くなりたいと敢えて積極的にふるまったり、、

とても生徒会長なぞ出来る自信はなかったが、クラスのみんなが僕の背中を押して、応援、支援してくれた。

ホントに、良いクラスだった。

帰りの京都までの山陰線の特急

美人であこがれの姫、 IAさんと一緒だった。

その時、私が副会長だったよ、、、と、、、

すっかり忘れてる、、、

綾部市中学校駅伝大会の思い出、、、

僕は、走るのは早かった、、、

約5kmの一区を走って、、、苦しくて、苦しくて喘ぎながら、転がり込むように第二走者にタスキを渡したのは覚えてる。

同じクラスのI K君が、、

僕は第二走者、、、Sちゃんが二位で走りこんできた、、、

僕も必死で走ったが、一人抜かれた、、、

全体では、市内6中学校中 5位だったか、、、

メンバー全員が同窓会に、、、大いに盛り上がった!

修学旅行や先生のこと、部活のこと、、いろんな思い出、、

みんなが少しずつ記憶してて、忘れてたことも、次々と思いだす、、

楽しい同窓会でした!!!!

モンタ、、なにか?

Img_8459_1024x683

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« 故郷の生家 | トップページ | ルリマツリ(瑠璃茉莉)の花 »

コメント

ナベショーさんのご実家の記事と、今日の中学校時代の記事、興味深く読ませていただきました。
ナベショーさんの想いが、写真からも文からもひしひしと伝わってきます。
たくさんの人の想い出がこもった家も、昔ながらの家並みや学校、美しい自然も、このままいつまでも残りますように!

最後のモンタ君が、悪魔的・・・

投稿: MONA | 2011年11月16日 (水) 00時19分

すいません。
「山家小学校」。「山家大橋」とありますが
この「山家」はなんと読みますか?
一つだけ質問させてください。すいません。

投稿: 五郎 | 2011年11月16日 (水) 04時01分

昨日といい,今日の画像と文といい,故郷に対する気持ちがひしひしと伝わってきます。そこで育てられた事に感謝の気持ちがあり,読者としてもとてもいい気持ちになりました。故郷に帰った時の「故郷は遠くにありて思うもの・・・」の犀星のような気持ちになるのは,やり切れません。
モンタ君,もしかしたら笑いを隠してる?

投稿: tirokuro | 2011年11月16日 (水) 05時58分

こんにちは!
私も昨日、実家に行ってきました。
祖父の祖父・・・
もっと古くからある長屋門を取り壊しました。
3月の地震で芯柱が折れ、壊すことになりました。
何となく、申し訳ない気持ちと、
一つの時代が終わってしまうような寂しさがあります。
ナベショーさんがおっしゃる通りに、
世の中が、便利になり、便利さだけを追求してきたように思えます。
色々な古いものの修理ができなかったり、
また、逆に古いものにいいものが多いため、
取り壊す際に、大工さんや親類で取り合いになったり・・・
今まで、管理する段では、全く無関心だった人たちだけが騒いでるように思われました。
豊かになった・・・と言えば確かに豊かになりました。
でも、人の心はどうかといえば、
豊かさの陰にかくれ、心だけが話題にのぼらず
取り残されているように思われます。
豊かな心を持って生きたいと願いつつ、
世の中に流されてしまう。
そんな現代、見極める目を持ちたいなって思うんです。
同窓会、良かったですね。
昔に戻って楽しむって大切ですね。

投稿: Bluebell | 2011年11月16日 (水) 14時00分

同窓会お疲れ様でした!
なんだか独特な雰囲気のある街並みですね~
私の高校で行われている同窓会は「卒業生なら誰でも」というシステムなので、参加しても知っている人がほとんどいません(汗)

なので楽しい同窓会というのが羨ましいです!

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ

投稿: 引きこもり男(∵)戸ヶ瀬 | 2011年11月16日 (水) 15時07分

とてもいい旅行をされたのですね。
私たちが、見たもの感じたもの心が消えていくのはとっても勿体無くて残念です。祖父の家は取り壊されてガレージだそうです、田舎の大きな木材店でした家の中に通りがあり近所の人が通ったり五右衛門風呂も使ってました。
懐かしい感じのする校舎~団塊世代は全てがマンモスで16組60人クラスで、2年生は移動教室でホームルームは、音楽室や理科室や美術室だったのを思い出しました。
さっきの事も思い出せないのに・・・今日は中学生に戻らせていただきました(^^)

投稿: ムックのお母ちゃん | 2011年11月16日 (水) 16時27分

私のところも中学校の同窓会はありません。高等学校のはないけど親しい人にあってます。

投稿: せっちゃん | 2011年11月16日 (水) 16時44分

MONAさま
70歳~80歳代の人たちを除き、近い年代以下では故郷に残っている者は少なく、、、、、10年後はますます過疎化が進むかと思うと心が痛みます。
遊んだ山も川も、、草木が生え込み、踏み込むことさえできない、、
モンタは悪魔君の親戚だね。

投稿: ナベショー | 2011年11月16日 (水) 20時04分

五郎様
確かに土地の者でないと、どう読むかわからないですね。
本文に振り仮名をつけておきました。
ヤマガ、、と呼びます。

投稿: ナベショー | 2011年11月16日 (水) 20時12分

tirokuroさま
過疎化していく故郷、年老いていく村人、廃校となった学校、、故郷を離れて暮らす者の心は、その負い目のために痛みます。
モンタ、、手をとれば、、イッヒッヒの顔かな?

投稿: ナベショー | 2011年11月16日 (水) 20時17分

Bluebellさま
崩れかけた生家を見るのは、忍びなく、、いっそう解体、更地にしてしまった方が、、、と、、
でも、申し訳ない気持ちですね。
黒光りする太い古い柱や床板、、欲しい人には、何としても手に入れたいことでしょう。
豊かさ、、、ってなんだろうか?
会社でも、学校でも、家庭でも、みんな余裕が無くてストレスに曝されて心身を病む人が多い、、
昔は良かったとは言わないけど、世の風潮に流されないように生きたいものです。


投稿: ナベショー | 2011年11月16日 (水) 20時30分

戸ヶ瀬さま
全卒業生対象の同窓会は、そういうことになりますね。
やはり、同じ学年、同じクラスでの同窓会でないと、、、でも、誰かが幹事をやって汗をかかなければなりません。

投稿: ナベショー | 2011年11月16日 (水) 20時33分

ムックのお母ちゃんさま
故郷の生家は大きな木材店、、それが取り壊されてガレージに、、、さびしいですね。
僕も、生家が朽ちかけた廃屋になったときは、前の道さえ通るのが辛かった。
古民家としてよみがえって、うれしいです。
60人16組み、すごいですね~
団塊の世代、、僕たちの二倍~三倍、、、すごいマンモス校、、、では、知らない人たちも多いでしょうね。

投稿: ナベショー | 2011年11月16日 (水) 20時40分

せっちゃんさま
学校時代の親しい友達と会うのは楽しいものですね。

投稿: ナベショー | 2011年11月16日 (水) 20時52分

同級会のこと面白く読みました。中学校時代のことが懐かしくなります。来年も私たちの同級会はやるつもりです。更に多くの同級生が出席し楽しい会になるよう新しい企画をしようと思います。知恵を拝借したい。

投稿: 和久昭夫 | 2011年11月25日 (金) 16時16分

和久さん
ブログにようこそ!
遠方での企画と準備、、大変だったでしょう。
ホントにお世話になりました。
実に懐かしくも楽しい同窓会、、来年もぜひやりましょう。
今回の教訓、、次回は写真の失敗は絶対に繰り返しません。

投稿: ナベショー | 2011年11月25日 (金) 20時23分

1枚目から中学校までの写真の景色いいですねー。

投稿: | 2011年11月28日 (月) 14時44分

無記名さま
昔から見慣れた景色だったはずでしたが、改めてカメラのレンズを通して、由良川の流れ、古い町並み、、その美しさに感激しました。

投稿: ナベショー | 2011年11月28日 (月) 19時01分

昨日、久後君から電話をいただきました。CDが中々開けなかったようですが、時間をかけて出来たとのことです。いろんな写真を取り込んで頂き大層喜んでいました。何か新しい情報が入りましたら教えて下さい。今日は今からヤーコンを掘りに畑へでかけます。先日の山登りの写真も見ました。素晴らしいお茶畑も、寒いです。風邪など引かれませんように。

投稿: 和久昭夫 | 2011年12月11日 (日) 09時51分

和久昭夫さま
私のところにも、久後君から電話がありました。
ウインドウ2000だったので、容量の多いCDを開くのに時間がかかったのだと思います。
でも、開くことが出来て良かった、良かった!
喜んでいただくと、CDの作り甲斐があります。
冬の間は、少し時間ができるので、山歩きを楽しめます。

投稿: ナベショー | 2011年12月11日 (日) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 故郷の生家 | トップページ | ルリマツリ(瑠璃茉莉)の花 »