« モンタの表情いろいろとマグロヘッド・カット料理 | トップページ | カマスの五目パスタ! »

2011年12月20日 (火)

小鰯の甘露煮

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_9217_1024x683_2

黄色い日本水仙

Img_9209_683x1024_2この季節

野に咲いてる花がほとんどない

日本水仙が庭に咲き始めたのラッキー

これは、、、

黄色ー黄色

他には

白ー黄色

白ー白の組み合わせはあるが、、

黄色ー白はないね。

冬の花は黄色が多い

蠟梅、万作、サンシュウ、たんぽぽ、、、、

何か理由があるのだろうか?

Img_9215_1024x683_2

昨日、福一さんで買った小鰯  一盛200円だったので三盛買った。

Img_0001_1024x682_2

お腹が破れてなくて、新鮮!

この間、作った甘露煮が美味しかったので、これも甘露煮にしよう!

醤油、砂糖、味醂、お酒、、、、生姜の細く切ったのを入れて、、、

Img_0003_1024x682_2

静かに煮て、、灰汁をすくい取り、、、

ほぼ煮えたところで、山椒の実を入れて、、、

(初夏に山椒の実を摘んで、醤油で煮て、たくさん冷蔵庫に保存してある)

静かに鍋を傾けて、スプ~ンで煮汁をかけて、、、

煮汁がほとんどなくなった頃が出来上がり。

Img_0005_1024x682_3

冷えて、少し硬くなり、身が崩れなくなってから、鍋から取り出す。

ご飯の友、、、熱いご飯と一緒に、、、美味しい!

このまま冷蔵庫に保存して、少しづつ小出しにして食べる

Img_0014_1024x682_3

モンタ、、ちょっと起きろ!

Img_0026_1024x682_2

写真撮るから、目を開けて、、、ポーズ!

Img_0027_1024x682_2

OK OK これでいいよ!

Img_0031_1024x682_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリックをしていただけると嬉しいです。

|

« モンタの表情いろいろとマグロヘッド・カット料理 | トップページ | カマスの五目パスタ! »

コメント

オハヨウございますm(_ _)mこのスイセンはこちらではあまり見かけませんね?きっと虫たちが見つけやすいように黄色になったり強い香り放ったりしてるのでしょうね(゚▽゚*)鰯の甘露煮だ~い好きです!lovely生姜の味が好きでタップリ入れます!サンショウの実は入れてなかったです。あと内臓も苦味あるので取り除いていますけど。これが、あればゴハン食べ過ぎになりま~すdeliciousモンタ君のエメラルドの瞳が眠いよ~って言ってますねcatナベショーさん起こさないで...(笑)

投稿: さぬきもも | 2011年12月21日 (水) 09時05分

ホントですね。
蝋梅も黄色
石蕗も黄色

調べてみると
「冬の花に黄色が多いのは光を集めやすい色であり虫の目に付きやすい色だから
虫にいち早く気付いてもらい受粉するため」とのこと。
ウ〜ン植物したたか。
ちなみに「西洋では白い百合の花言葉は「思いやり、正直」黄色い百合の花言葉は「不安、偽り」とイメージが悪い。一説には最後の晩餐の後キリストを裏切ったユダの着ていた衣服が黄色だったためイメージが悪いとか。一方東洋では仏教やヒンズー教の僧侶は黄色い衣装を身にまとい、重要な川に黄河と名付け重要な色とされている」とのこと。
個人的には冬枯れの中の黄色い花は気持ちもちょっとぬくもります。

きのうのムックのお母ちゃんさんのコメントを読んで思い出したこと。
料理教室の出汁をとる授業で、ザルで出汁をこしてくださいと言われた生徒さん、ザルをじかに流しに置いて鍋をあけてしまった!!!
彼女、出がらしの鰹節が必要と思い込んでたらしく・・・・・

投稿: 飛ぶクジラ | 2011年12月21日 (水) 09時34分

あら~
また出てきたよ~小鰯ちゃん!!
先日の、小鰯の甘露煮から魚売り場に行く度に探してますが~あるのは中学生鰯です(^^)
甘露煮は、小女子やくぎ煮のようにとっても便利で美味しいですね、主婦の味方で~す。生姜も山椒の実もあるのに主役がいません(^^)
モンタ君、主役はちゃんと監督の言うこと聞いていつでもOKでお利口さんですね=^^=
MONAさん、ありがとうございます。美味しんぼで真似しんぼのおばさんなもので。。。

投稿: ムックのお母ちゃん | 2011年12月21日 (水) 09時46分

ナベショーさん こんにちは
コメントをお読みいただきありがとうございました
このコメントも削除してくださっても結構です

ただ一言
自民党もその遺産を引きずった民主党も同じではありません
マスコミにはすでに強力な言論統制がしかれています
来年には日本人の言論を取り締まる『人権委員会』設置に向けて外務省が動き出します

今まさに日本が崩壊させられようとしています
数年後には家庭菜園もできない状況になりかねません(モンサント)
そのことに気づいてほしいのです
日本各地で反民主党のデモが頻発しています
報道しないからご存知ないと思います

『民主党の正体』を調べてみてください

私は政治や政党、ましてや宗教などには一切関心がありません
もうコメントしません
ありがとうございました

投稿: すみれ | 2011年12月21日 (水) 10時38分

私も大好きです。この甘露煮をたくさん作ります。何時食べてもおいしいし,日持ちしますね。
モンタ君,ちゃんとカメラ目線ができるってえらいです。うちの3姉妹なんて,すぐ動くのでモデルにはなかなかなれません。

投稿: tirokuro | 2011年12月21日 (水) 16時43分

さぬきももさま
花の色は、なぜその色なのか、、興味ある不思議ですね。
カンアオイという褐色の臭いの地味な花があります。
その臭いと色に惹かれてやってくる地を這う虫やナメクジが受粉に関与していると聞きました。
小鰯の内臓、、取り除きましたか(笑)
僕は、内臓も頭もそのまま、、ほろ苦さが好きでして、、、
モンタ、、目がうるうる、、瞼が落ちてきそう、、

投稿: ナベショー | 2011年12月21日 (水) 19時51分

飛ぶクジラさま
植物と蜜蜂などの昆虫とのかかわり、、、共に生きて、種を残すための、長~い、長~い年月を経て出来上がった仕組み、、、すごいと思います。
昨年の猛暑でダメージ受けた植物、今年はいっせいに花蜜を出しました。おかげで蜂蜜がたくさん採れましたが、花蜜を出せば、蜜蜂や昆虫がやってきて、受粉作業をやってくれる、、生存のためのすごい知恵です。
さて、人間は、、、滅亡への道を急いでる、、、
西洋の黄色に対するイメージの悪さ、、ユダが着てた衣服の色でしたか、、納得!
あの世の事を黄泉の国ともいう、、、
お葬式、、みんな黒い喪服着てるのに、司式するお坊さんたちの袈裟、衣服はなぜ、派手な赤や紫、黄色いの色とりどりのカラフルなんだろう?、、、なんて、関係ないか!
厳寒の中の黄色い蠟梅、早春の黄色い万作の花、、気持ちが和らぎますね。
料理教室の出汁を取る話、、、妻と大笑いをしましたが、笑いごとでは済まされないことなんだな~

投稿: ナベショー | 2011年12月21日 (水) 20時08分

ムックのお母ちゃんさま
普通より小さめの小鰯、、しかもお腹が破れずにしっかりぴかぴか、、一箱1700円だったけど、さすがに多すぎて買えなかった。
3盛にしておきました。
あるときにはあるんですが、、なかなか出くわさないので、見つけた時に買わないと後悔します。
モンタ、、欠伸をするんだよ、、というと欠伸をする。
僕のいうことがわかるんだね~

投稿: ナベショー | 2011年12月21日 (水) 20時13分

すみれさま
>私は政治や政党、ましてや宗教などには一切関心がありません、、、、、
どうか、政治や政党、歴史、国際社会、しっかりと関心を持って、世の中の動きを見てほしいものです。
新聞も、最右翼の産経から最左翼の朝日まで、時には論調を比較してください。
あまりに極端なプロパガンダ、、何かおかしい、裏に何かがある、、と直感が教えてくれるでしょう。
どうか、政治、政党、世の動き、に関心を持ち、扇動されないだけの洞察力を養ってください。

投稿: ナベショー | 2011年12月21日 (水) 20時21分

tirokuroさま
甘露煮、、以前、琵琶湖の稚鮎で作ったことがあります。
これも、おいしかった、、、
東北産のゴリを手に入れて作ったことも、、
明石の小女子で釘煮も、、、楽しいですね。
三姉妹、、すぐ動く、、まだまだ若いからでしょう。
モンタはぼつぼつ壮年から老年期に、、、

投稿: ナベショー | 2011年12月21日 (水) 20時27分

水仙って、なんであんなに良い香りなのでしょう。

小鰯、おいしそうですね。
我が家でも、鰯の煮たのは、しょっちゅういただきます。丸ごといただけて、カルシウムもたっぷり、ヘルシーですし。

モンタ、起こされちゃったね~、、、・・・でも、私も前に猫が寝ているところをよく起こして遊んだものでした。

投稿: オレンジ | 2011年12月21日 (水) 21時42分

オレンジさま
水仙、、部屋中に香りがいっぱい、、酔ってしまいそうです!
鰯の煮たの、、それぞれの家庭の味、伝えていきたいものですね。
モンタ、、遊んでるのか、遊ばれてるのか、、可愛いですね。

投稿: ナベショー | 2011年12月21日 (水) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モンタの表情いろいろとマグロヘッド・カット料理 | トップページ | カマスの五目パスタ! »