« 紅葉、紅葉、紅葉、、、 | トップページ | 寒い冬は鍋料理 »

2011年12月 7日 (水)

里山歩き、、ちょっと冒険!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0183_1024x682

妻は足を痛めてるので、一人で近くの山登り

今まで、しばしば登ってる烏帽子形山(392m)

(クリックすれば、地図を拡大できます)

Img_0003_1024x682_2

下之郷から助宗へ至る道を途中から茶畑の農道を北上、、三角山から烏帽子形山山頂を越えてら本郷に下るルート

5万分の一の地図には、、山道は記されていない。

写真中央の三角山、、烏帽子形山はその向こうに隠れて見えない、、、

今まで妻と二人の時は、下之郷から烏帽子形山の頂上を往復するのみの安全コース、、、

しかし、頂上に至る道は、頂上からさらに向こう側に通じて、ピンクのリボンの道しるべがあった。

いつも、其のリボンに沿って進んでいきたい衝動に、、、

今日は、一人なので、少々冒険、山の反対側に下山するルートをトライしてみよう!

万が一、、迷って、日が暮れて、ビバーグするときのために、、、

Img_0318_1024x682

ダウンジャケット、毛糸のセーター、保温ズボン、エマージェンシーシェラフとヘッドライト、一食分の非常食をデイバックに入れる。

夕方まで外出する妻には、登山ルートは教えておいた。

山の茶畑の中をどんどん進み、、、

Img_0193_1024x682

目の前の三角山を越えると、その尾根沿いのはるか向こうが烏帽子形山だよ

Img_0213_1024x682_2

道も、道標もしっかりしてる、、、予定通り三角山

Img_0225_1024x682_2

少し下って、再び登り道、、、

木々の間から烏帽子形山が、、、

Img_0229_1024x682_2

尾根道のモミジの紅葉が美しい!

Img_0236_1024x682_2

もう一枚

Img_0237_1024x682_2

急な坂を登りきると、、三角点のある392mの山頂

Img_0239_1024x682_2

ここで、昼食、、、、今まではここで引き返してた。

この先の斜面を下る道、、、果たして通れるのか?

ピンクのリボン、、、この目印さえ見失わなければ大丈夫!

Img_0243_1024x682

道も、リボンも、、しっかりしてる

Img_0250_1024x682_3

かなり、進んだけど、、、次第に道はススキが生え込んで、、、

Img_0255_1024x682_2

こりゃ~、、ちょっとね~

Img_0257_1024x682

ピンクのリボンも無くなった、、、

Img_0265_1024x682

引き返して、別の分かれ道でリボンを発見、、そこを進むと、、、

Img_0266_1024x682_3

あちらも、こちらも、、、、

Img_0268_1024x682_2

分岐点に、、

まっすぐ進むと、100m位でリボンは無くなり、行き止まり

Img_0271_1024x682

まだ、時間が早いから大丈夫、、、まるで、迷路に入り込んだようだな、、、、

しかし、待てよ!

ピンクのリボンの目印はついてるけど、どの道を進んでも、進めなくなり、リボンも無くなる、、、

そうか、、わかった!

誰かがピンクのリボンをつけながら、あちこちルートを探した挙句

結局下山道を見いだせなかった、、、

リボンはそのままにして引き返したということか!

いささか、戻りのルートの記憶が混乱してきた、、、来た道に戻れるだろうか?

これが3時過ぎだと、胸の動悸が高まり、かなりのストレスを感じる、、

まあ、ビバーグの備えはしてきてるが、、、

行きつ戻りつしてるうちに、、おお、見覚えのある下ってきた道を見つけたよ!

Img_0276_1024x682

これで、戻れる、、、、ほっ!

烏帽子形山の頂上が見えた!

Img_0280_1024x682_3

頂上から斜面の道を下る途中、、、

滝沢へ、、、という道標が、、、

このルートもいつか確認したいと思ってた、、

ちょっと、偵察、、

目印のリボンは無い、、、相当荒れてるな~

Img_0281_1024x682_2

搔き分け、搔き分け、倒木を乗り越えて、、、

何とか進めそうだ、、、

Img_0283_1024x682_2

ちょっときついけど、、、

Img_0284_1024x682_2

ほとんど、誰も歩いてない。

でも、このまま下って行けば、何とかなりそう、、、

Img_0285_1024x682_2

おお、農道の終点が、、、、、

Img_0286_1024x682_2

助かった、、これで野宿せずに帰れそう、、、

Img_0287_1024x682_3

眼下に、茶畑が広がり、瀬戸川沿いの家々が、、、

Img_0291_1024x682_2

農道を下り、紺屋という集落に出て、瀬戸川沿いに歩き、助宗から山を越えて、

下之郷へ、、さらに歩いて16時前に自宅に帰りました、、、3万歩。

アルプスやよく知られてる高い山では、迷うことは少ない。

しかし、このような里山は、人が入ってない場合が多いので山道も消えてることが多く、スリルを味わえる。

妻から電話、、

今日は遅くなり、食べてくるからと、、、と。

まず、入浴し、それから夕食の料理を作り、、

マグロヘッド・カットの大根煮、人参葉のかき揚げ、白菜の胡麻和え、

大根の甘酢漬け、、

Img_0326_1024x682

モンタ、、不思議な目をしてるね。

Img_8899_1024x683_3

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリック応援お願いします。

|

« 紅葉、紅葉、紅葉、、、 | トップページ | 寒い冬は鍋料理 »

コメント

もう~!
ナベショーさんたら・・・・・帰ってこれて良かったですね!
ドキドキしてしまいましたよ~!

投稿: viviel | 2011年12月 8日 (木) 05時46分

お早うございま~す♪
そしてお疲れ様でした~
ナベショーさんは冒険家ですね!!
道無き道をどんどん・・・私も好きですが、一人で女が山に入るってのは怖くてできませんよね~けど・・憧れます。
途中の尾根で出会う紅葉が綺麗!!・・出会う木々達にも癒されますね~
ピンクのリボンはホントの所なんだったんでしょうね?
この辺りは茶畑が多いですね、流石静岡!!
今日のモンタはナベショーさんの行動をまるで把握してたかのような表情ですね。

投稿: あらんりきちろ | 2011年12月 8日 (木) 09時20分

里山歩きの冒険!!
何だか憧れます いいなぁ~。
もっと若いうちに行動すればよかった。。。最も街の中でも方向音痴なもので、あのような林の中では遭難者確実です。親切なピンクのリボンの方も、きっとナベショーさんと同じ行動されたのでしょうね。
見えない相手とのルールって良いですね、知らないところで誰かの役に立って助けてるなんて素敵ですね。
ザクザクザクと、自分の足音だけが聞こえる世界っていいなぁ~。でも三万歩。。。ふぅ~です。
モンタ君が、優しくお出迎えイヤまたやってるよ~っかな(^^)

投稿: ムックのお母ちゃん | 2011年12月 8日 (木) 10時13分

私も山に一人で登って、”私、遭難?!”と焦ったことがあります。近くの山でもそうだから、本当に山って怖いです。でも、獣道とか、歩きたくなるんですよね。
ちょっと、違う道、ワクワク。見たことないような大きい松ぼっくり見つけて嬉しかった、とか。

ナベショーさん、何より無事にお帰りで良かったです。奥様の足が早く治りますように。うちの母の骨折は治りつつあります。いつも通り歩けないと不便ですよね。

投稿: オレンジ | 2011年12月 8日 (木) 10時47分

オハヨウございます。ナベショーさんてサバイバルに強い方なのですねw(゚o゚)w時々数百メートルくらいの山で道に迷ったニュースを聞きますが方向音痴な私には怖くて登れません(^-^;備えあれば憂いなしですよね。もしもの時の準備もして、料理も健康を考えバランスよくご自分で作られるんですね。こんな頼りがいのあるご主人をもつ奥様が羨ましいです~(*´v゚*)ゞ

投稿: さぬきもも | 2011年12月 8日 (木) 10時56分

スリル満点!
山賊にあったらと思うと,怖いです。でも,お天気のいいところだから,できるんでしょうね。夫も昨日は,低い山ですが行ってきました。気温が高めだからよかったんですが,こちらではもう山へ行く時期ではありません。
モンタ君も,お留守番だったのね。ほっとしたでしょう。

投稿: tirokuro | 2011年12月 8日 (木) 15時51分

Vivielさま
ドキドキ、びっくりさせてしまいました。
数年前に、ほんとに帰れなくなって夫婦でビバーグ、捜索隊出動の前科がありましたからね。

投稿: ナベショー | 2011年12月 8日 (木) 19時59分

あらんりきちろさま
女性一人の山歩き、、時々出会いますよ。
ピンクのリボン、、初めて目印の無い道を探して進むときは、帰り道をたどれるように、赤や黄色のビニルテープを木に付けながら進みます。
今回は、つけたテープをそのままにして引き返したようですね。
山の茶畑、、これが静岡の典型的な景色の一つです。
モンタ、、冷ややかに見てますね。

投稿: ナベショー | 2011年12月 8日 (木) 20時08分

ムックのお母ちゃんさま
山歩き、、いや、街歩きも楽しいですよ。
ピンクのリボン、、つけて道探しをした人、、
成功せずに引き返したようですから、ほんとは取り除いておいてほしかったです。
また、ぼくみたいなのが、リボンを頼りに下山をトライしないように、、
まずは、帰宅できて良かった、、、やはり足が疲れました。
モンタ、、性懲りもなくまた、、って顔ですね。

投稿: ナベショー | 2011年12月 8日 (木) 20時19分

オレンジさま
近くの山ほど、表示もあやふや、道が荒れてたり、獣道に迷いやすいです。
どうも迷ったかな、、今更引き返せる時間じゃないし、、って思いが頭をちらちら、、凄いストレスで不安いっぱいに、、でも、これが冒険の楽しいところ、、
でも、ビバーグの覚悟と備えだけは必要ですね。
そうでないと、、、
広報、広報、、今朝自宅を出た老人が、帰って来ません。お心当たりの人は、、、なんて。
一度痛めた骨はなかなか治るのに時間がかかりますね。

投稿: ナベショー | 2011年12月 8日 (木) 20時26分

さぬきももさま
数年前の11月、2000mの山で道に迷って夜になり、5℃の山中で妻とビバーグ、、警察、消防の捜索隊出動の経験があるんです。
それ以来、低山と言えど最悪のビバーグの備えはして登ります。
もし、捻挫や骨折で動けなくなって、帰れなくなることもあるかも、、
まあ、こんな人を夫にもつ妻は付き合うのに大変だろうと思います。

投稿: ナベショー | 2011年12月 8日 (木) 20時33分

tirokuroさま
ホントに道がわからなくなった時の不安、、スリル満点、動悸が激しくなってきます。
天気が悪い時は、こんなことはできませんね。
気温も夜は下がるし、雨に濡れたら、それこそ大変なことになります。
モンタ、、またやってるってあきれ顔!

投稿: ナベショー | 2011年12月 8日 (木) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉、紅葉、紅葉、、、 | トップページ | 寒い冬は鍋料理 »