« お寿司のランチ | トップページ | コノシロのお寿司 »

2012年2月25日 (土)

コノシロを料理!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています

Img_0099_1024x683

元気いっぱい タンポポの花

今日は雨、、最近は数日ごとに雨が降る、、、そして気温も高くなったよ。

春の雨 一雨ごとの暖かさ、、、、だったね!

昨日、福一さんへに握り寿司用のマグロとサーモンを買いに行った時、、、

めちゃ安いコノシロが溢れるほどに、、、、コノシロは春の魚

しかも、、320円/kg

妻のお客さん料理をつくりながら、一緒にコノシロの下処理もできるかな~?

えい、ままよ、、と!

こんな新鮮で安いコノシロを横目で睨んで通り過ぎるなんて、、コノシロに申し訳なくて、、

適当に10匹ほどポリ袋に入れて、、、640円  ゲット!

Img_0007_1024x683

コノシロは、小さな幼魚を新子と言い、成長するにつれて、コハダ、さらに コノシロとなる。

新子、、、  江戸前寿司の高級ネタ

コハダ、、  江戸前寿司のネタ 酢もの、 新子より落ちるそうだけど、、

コノシロ、 、だれも見向きしないただの魚

村じゃ神童と言われた子、、、20歳過ぎればただの人、、、ってあったね~

店長さん、、、、コノシロってなんでこんなに安いのかね~?

誰も買わないからですよ~

はあ?

さあ、超特急で下処理だよ!

水中で鱗を取って、次に頭を落として腹を出す。

Img_0008_1024x683

三枚におろして、、

Img_0010_1024x683_2

コノシロの食べにくさの理由である腹の小骨をそぎ落として、、、

綺麗に処理できたでしょう!

Img_0011_1024x683_2

半分を塩振って、冷蔵庫に

Img_0013_1024x683_2

酢で〆て、握り寿司、あるいは散らし寿司

残り半分は、5%の塩水に30分漬けて、、、

日に干して、干物にした。

ラップフィルムで包んで冷凍庫へ

Img_0067_1024x683

せっかくだから、1枚だけ焼いてお味見!

火で炙って、、、なんという美味しさ!

Img_0002_1024x683

しばらくは、、魚デイが続くね~

モンタ、、、どちらの目が高価か?

Img_0032_1024x683_2

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリックをしていただけると嬉しいです。

|

« お寿司のランチ | トップページ | コノシロのお寿司 »

コメント

一雨ごとに、あの厳しい寒さが緩んできましたね。

今朝気久し振りに庭をじっくりと見て回りました。
いつの間にかクリスマスローズが
たくさんの蕾を持って、咲いていました。
今年の花は、開花が遅いですが、
確実に春はそこまでやってきてますね。

タンポポの花、一瞬、何の花?ッて思ってしまいました。
こんな素敵な花でしたのね。
すきっとした花びらの中に、元気をいただけます。
やはりナベショーさんの写し方がお上手なんですね。

投稿: にりんそう | 2012年2月26日 (日) 08時39分

オハヨウございますm(_ _)mタンポポが所どころ咲いていますね、冬のタンポポは茎が短いですね。 コノシロですね最近は、あまり食べる人少ないみたいですね。魚屋さんでも時々見かけますが、、、見事に3枚に、、骨もそぎ落として流石です!私は酢の物が好きですけどね。干して焼いても良いですね。  モンタ君色分けできるの?ターミネーターみたいだねcat

投稿: さぬきもも | 2012年2月26日 (日) 09時17分

今日は~♪
新子→コハダ→コノシロ・・知りませんでした~ここにお邪魔すると知識が豊富になりますね~♪
先日の奥様のお友達訪問のランチも素敵でしたね~
手間を惜しまず、手作りされて、そうそう大根の甘酢のお漬物も美味しそうでしたよ~
モンタはナベショーさんの行動力に慣れっこかな?

投稿: あらんりきちろ | 2012年2月26日 (日) 13時52分

新鮮なお魚は,お刺身・・・お寿司になりますね。残ったら焼いてもいいけど,まずは生に近い方法で。
コハダ,コノシロは食べたことがありますが新子は知りませんでした。もちろんお寿司でです。でもあぶった方がおいしそう。
モンタ君,今日も暖かそう!こちらは寒い!

投稿: tirokuro | 2012年2月26日 (日) 15時58分

タンポポの黄色も春を呼ぶ色ですね!
南ヨーロッパでは、春はミモザの黄色が溢れているようでカーニバルにも使われ、心浮き立つ色でもありますねえ。

鰤のような出世魚は耳にしますが、コノシロは見向きもされなくなるとは、美味しいのに悲しいですね(-""-)
でも、ナベショーさんの手にかかれば、美味しい干物に迄なって・・・炙った感じがとても美味しそうです^^!
コノシロのお寿司も楽しみにしています~。
モンタくん、不思議な眼差しで何処に上って眺めているのでしょうか^^?

投稿: ronsard(ロンサール) | 2012年2月26日 (日) 16時33分

ナベショーさん魚間違えました。干さずに骨切りしてつけ焼きで食べるが好きです。勿論、酢の物も大好きですcoldsweats01

投稿: さぬきもも | 2012年2月26日 (日) 19時31分

にりんそうさま
一雨ごと、、暖かくなってきましたね。
クリスマスローズ、、うちのも見てみました。
蕾が大きくなって、もうすぐ開花です。
タンポポ、、大輪の菊の花のようでしょう。
黄色い花は元気印です。

投稿: ナベショー | 2012年2月26日 (日) 20時53分

さぬきももさま
タンポポ、、まだまだ茎が短いですね。
4月~5月になると庭がタンポポ畑になってしまいます。
コノシロ、そのまま塩焼にするも、煮つけるのも、細い骨がすごいので、慣れない人は骨切しても食べにくいですね。
だから、、三枚におろして骨を除くしかない。
干物は美味しいですよ、ムニエルも天麩羅も、、
コノシロをちゃんと料理して美味しく食べこなす、、、さぬきももさんもなかなかの料理人ですね。


投稿: ナベショー | 2012年2月26日 (日) 21時00分

あらんりきちろさま
成長に従って、名前が変わるのは面白いですね。
ブリ、サワラ、コノシロ、、
しかし、成長とともに価値が下がるのはコノシロくらい。
おもてなし料理やパーテイー料理、、美味しいだけでなく、見栄え、美しく華やかさも要るので、時々挑戦すると鍛えられます。
美味しく喜んでいただくと嬉しく、料理のやりがいがあります。
モンタ、、まったく気にしてませんね。

投稿: ナベショー | 2012年2月26日 (日) 21時09分

tirokuroさま
新子は4~5センチの幼魚、、高価です。
一個の握り寿司の上に、1匹が乗っかってきらきらと光ってます。
コノシロ、、干物にして炙ったの、、酢の物とは異なり、なかなか美味しいです。
福一の店長さんに、干物が美味しいと教えました。
モンタ、寒いのは苦手だね。

投稿: ナベショー | 2012年2月26日 (日) 21時18分

ronsardさま
早春、春の花、、黄色が多いですね。
ミモザもこぼれるような黄色、、春にふさわしい花です。
コノシロ、、あの食べにくい骨さえなければ、食べる人も多いのでしょうが、、、
とにかく細くて長くずら~と並んだ腹部の骨には閉口です。
モンタ、、きっと左右で見てる方向が異なるんだよ。

投稿: ナベショー | 2012年2月26日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お寿司のランチ | トップページ | コノシロのお寿司 »