« ワラビの収穫 | トップページ | シデコブシの花 »

2012年3月27日 (火)

三葉アケビの花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0759_1024x683

三葉アケビ

アケビには、葉が五つの五葉アケビもあるが、それぞれ微妙に開花の時期が異なるものもある。

Img_0741_1024x683

人の手で、丁寧に受粉させてやると、小さなバナナの様な雌蕊が、全部アケビになる。

Img_0736_1024x683

今朝の気温は3℃、、

でも、日中はどんどん気温が上がり、ポカポカ春の陽気になった。

里山にも山桜の白い花がチラリ、チラリと目につき、ソメイヨシノも蕾が膨らんでる。

蜜蜂、、桜の蜂蜜を採る準備をしなくちゃ、、、

9群のうち、冬にダニ被害に最もひどくやられた群れ、、、

女王は一見元気で、お腹も大きいのだが、、、一向に蜂の数が増えない。

他の群れの巣脾が8~9枚なのに、まだ4枚のまま、、

昨年、活躍した優秀な女王の群れ、更新せずに、冬を越させたが、、、、

やはり、若い女王蜂に比べると、産卵のスタートが少々遅れた。

蜂の増え方が鈍い、、、

Img_00011_1024x682


この二つの群れ、、それぞれを他の群れと合同さすか、、、、、

そうなると、9群が7群に減る。

いろいろ、考えたが、この二つを合同することにした。

旧女王が上の継箱に移動できないように格子の隔王板を置いて、

その上に継箱を置き、

Img_00021_1024x682

弱小群の女王蜂を処分して、4枚の巣脾を移し、、(4枚のうち、3枚は産卵枠である。)

エアサロンパスを一吹き噴霧して、、、

これで、二群の合同作業完了!

Img_00031_1024x682

お婆ちゃん女王には、今年ももうひと働きしてもらい、この女王からの新しい女王を沢山作ろう。

今、すでに、半分の群れの女王は旧女王の娘である。

同じ女王からの子孫ばかりだと、近親交配になって、良くないと言われるが、この程度ならいいかな?

9群のうち、最も蜂が多くなってる群れ、、、単箱がほとんど満杯

両全面が有蓋蜂児に近い巣脾枠を選んで、3枚を継箱に移して、両側を一枚づつ空巣脾を置く。

下段の箱は、真ん中に巣脾を寄せて、両側に空巣脾を一枚づつ置く。

女王蜂は、もちろん下段の箱にいる。

Img_00041_1024x682

女王が上段に移れないように、隔王板を置いて、継箱をのせる。

Img_00051_1024x682_2

さあ、これからの一週間、順次、単箱が蜂でいっぱいになり次第、継箱を置いて二段箱にする。

昨年は5群、今年は8群で、いよいよ採蜜期に入る。

Img_00091_1024x682_3

今年、それぞれの群れを新しい女王蜂に更新する時、

旧女王蜂を処分せずに、小群で保存して、冬越させて、、、

7~8枚の群れに育てて、この時期に新女王の正規群と合同させるようにしよう。

そうすれば、桜の花が開花するときには、継箱も蜂でいっぱいの二段の採蜜群を揃えることが出来る。

4月初からの蓮華の蜂蜜を採る養蜂家は、そういう手を使ってるのだろうね~

今朝、全巣箱の内検をして驚いた。

どれも、これも貯蔵蜜がほとんど無い、、、

昨年秋に冬越のためにため込んだ蜂蜜、、すっかり食べつくしてる。

2月初からこの間、3回も7kgづつ砂糖を与えたが、それも食べ尽くしてる。

育児のため、膨大な蜂蜜と花粉を消費してるのだ、、

この三日間、とくに気温が低かったために、外からの花蜜がほとんど入らなかったと思える。

危ない、危ない、、24日に内検をした時は、どの箱もまだ十分に蜂蜜はあったのに、、、、

もし、今日内検をしなかったら、蜂も幼虫も飢え死ぬところであった。

早速、7kgの砂糖を湯に溶かして、巣箱に供給した。

一週間に2回の内検が必要!

昨日、採ったワラビ、、、灰汁を出して、油揚げと一緒に花カツオの出汁で煮ました。

Img_0009_1024x683

もう土筆も終わりかけた、、、今日は最後の土筆かな、、?

灰汁を出して、醤油、味醂、お酒、砂糖、花カツオ、、でキンピラ風に

Img_0006_1024x683_3

モンタ、、お目目がこんなに大きい時もある、、、

Img_0014_1024x683

人気blogランキング ブログランキング一日一回クリックをしていただけると嬉しいです。

|

« ワラビの収穫 | トップページ | シデコブシの花 »

コメント

こんにちは。アケビの花も面白い格好してますね。虫達が受粉しやすいように長く放射状に、、、 蜜蜂は食糧尽きても蜜を採りに行かないのですか?日々の管理は重要なんですね。群が去年より多い分、蜂蜜も多く採れることを祈っていますhappy01 蕨も土筆も温かいご飯で食べると大変美味しいですねlovely  モンタ君驚きの眼で見てるcat

投稿: さぬきもも | 2012年3月28日 (水) 10時32分

子どもの頃アケビの花でよく遊びました。柱頭のくっつくところが面白くて,いろんなところにくっつけてました。弱小とはいえ,女王蜂を処分するってどんな気持ちでしょうか。ここは,決断!といった気分になるんでしょうね。おばあちゃん女王って,何処の社会でも強いんですよね。モンタ君も知ってるよね。

投稿: tirokuro | 2012年3月28日 (水) 17時00分

さぬきももももさま
アケビ、、受粉に成功すると、小さなバナナみたいな実が、放射状に幾つも成長して大きくなります。
雨の日は外に飛び出せないし、、寒くて曇った日には、花は咲いてても蜜を出しません。
今は最高に幼虫が多いので、数日間天候が悪いと蜜切れを起こすのです。
実は、そういうことの無きように、十分に蜂蜜を貯蔵してたのに、人間が横取りしてしまったのですが、、
土筆もワラビも、ご飯が進んでこまります。
モンタもあきれ顔!

投稿: ナベショー | 2012年3月28日 (水) 20時38分

tirokuroさま
アケビ、、花も実も蔓も楽しめますね。
弱小とはいえ、女王蜂の処分、、
可哀そうですが、えいっと一瞬に、、、
そういうもろもろの供養のため、年一回家畜保険衛生所にて、家畜供養慰霊祭があります。
昨年、際だってすごい女王、、おばあさんになってもお腹も大きいし健在です。
若い者には負けられぬと、、
モンタもビックリ!

投稿: ナベショー | 2012年3月28日 (水) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワラビの収穫 | トップページ | シデコブシの花 »