« 青春18きっぷの旅(1) 呉大和ミュージアム | トップページ | 青春18きっぷの旅(3) 三次市へ »

2012年7月30日 (月)

青春18きっぷの旅(2)大竹に、、

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

2012 7 26

Img_0055_800x533

広島駅から山陽本線下り線に乗り、ほぼ30分、、、

大野から玖波、大竹に近くなると、瀬戸内海に化学プラント群が見えてくる。

広島県側の大竹から山口県岩国市にかけて三菱レーヨン、ダイセル、三井化学、日本製紙、帝人などの化学、製紙会社の工場群が集中

数か月前、大事故が発生した三井化学の工場と、ダイセルの大竹工場とは、川を隔てた隣り合わせである。

僕が勤務してたダイセル、、、と言っても、ほとんどの方がご存じない。

90年以上の歴史のあるセルロイドからスタートした大日本セルロイド(株)

戦前、大日本セルロイドのフィルム部門が独立したのが富士写真フィルム(株)でありまして、、、、と説明すると、少々驚きの顔。

大竹駅で下車、、

タクシーを使わずに歩いて工場に行こう、、、

もう、足かけ15年間過ごした大竹を去って、20年以上、、、

駅前周辺のあまりの変わりように戸惑いながら、、、

この道で良かったのかな、、、と、、

まだ、やってるじゃん、、、居酒屋「秦心」

Img_0058_800x533

本社からの出張者としばしば飲みに行った店、、

まず注文する定番料理は、、、

「メバルの煮つけ」「小鰯の天麩羅」「小鰯のお刺身」、あといろいろ、、

踏切を渡って、、

Img_0060_800x533

国道を横切って、、、海岸の工業地帯に、、、

Img_0063_800x533

入社10年目に埼玉の研究所から業績の悪化した大竹工場の立て直しのために工場に転勤、新製品開発を担当して、18年前に大竹から本社に、、自分の事業部門を離れて別の事業開発室を設立

その後、子会社に転籍して、定年退職

その後、大竹工場がどのように変わっていったか、、、話には聞いてても、直接見ることはなかった。

丁度、開発センターの幹部は、僕が開発センター所長の時に入社、あるいは転勤してきた若い人達、、

総務部長も、大阪本社時代の同職場の若い人、、

工場長も、同時代に工場に配属された新入社員、、、

みんな、みんな親しく知ってる人ばかり

20年、、、、、もうそんなに年月が経ったんだ!

懐かしい工場正門

Img_0066_800x533

工場に沿って海岸へ向かってさらに1kmほど歩くと、、、

最近、稼動を始めた最新鋭設備の向こうに、懐かしい化学プラント群が見えてくる、、

Img_0069_800x533_3

僕が直接かかわったプラント群は、後でじっくり見学させてもらえる。

新しくできた大竹港の岸壁に、、、

しばしば歩いた大竹、玖波、大野浦、宮島方面の懐かしい山々、、、

Img_0072_800x533_2

時間が無いので、工場構内とは別の場所にある開発センターへ、、、

工場の新製品開発部門として、23年前に設立して、、、

僕が初代 開発センター所長として5年間、、、、新製品開発と若い人の指導に当たった。

そういえば、もうずいぶんと長い間行ってないね~、、、

大竹時代、ず~と僕の女房役だったMさんがアレンジして下さり、Mさんと一緒に今回の訪問が実現した。

工場の懐かしいユニホームに着替えて、工場事務所で工場長に挨拶、

実験室や工場の製造現場の工務室へ

懐かしい人達の顔もチラホラ、、、

でも、今月いっぱいで定年を迎えます、、とか、来年定年ですとか、、

そう言いながら、30年以上前に大竹工場に来た時に作成した青焼きコピーの教育資料を見せてくれた。

僕の手書きの下手な字で書かれたの、、、

こんなのが、まだ残ってたのか、、、!

開発センターの前で記念撮影

Img_0082_800x533

30年前と、変わらない、、、、

現 開発センター長のE さんの若い時のエピソード

当時のダイセルには、海外研修制度があって、TOEICの成績の良い人は海外研修が受けられるた。

彼は残念ながら400点台だったが、上司としては厚かましくも彼を人事部に推薦、申し込んだ。

ところが、人事部より、

600点台の人に決まりました。、、Eさんは残念ですが、、、、と。

そこで、ナベショーが人事部に、、、

600点の人は、なにも海外語学研修を受けなくとも英語で仕事ができる。

400点だからこそ、海外語学研修を受けて600点以上に上達して、英語で仕事が出来るようにするのが本来の研修制度とちゃいますか?

この屁理屈を聞いてくださった人事担当者の粋な計らいにより、Eさんは、海外語学研修生に合格

しかし、彼自身が提出した研修内容は、、、、?

ニューヨーク事務所に数か月滞在

アメリカの化学会社に、かたっぱしから電話してアポを取り、我が部門の新製品の飛び込みセールス、、、

ずいぶんと、凄い事をやったもんだ、、と感心した。

夜は、工場のゲストハウスで工場長さんも入れて会食、、、

僕に料理の手ほどきしてくれたゲストハウスの料理人のI さんの料理を食べながら、、、

彼も既に定年退職、、今はゲストが来た時だけ料理を作る、、

僕の会社人生は、この大竹工場の新製品開発と事業化がすべて、、、

しかし、次回、もしこの工場を訪問する機会があったとしても、僕との接点のあった人達は、もうほとんどいないであろう。

モンタ、、今日は最高に暑かった!

Img_0142_800x533

人気blogランキング ブログランキングの花・ガーデニング部門にエントリーしています。

|

« 青春18きっぷの旅(1) 呉大和ミュージアム | トップページ | 青春18きっぷの旅(3) 三次市へ »

コメント

大竹・呉と聞くと、とても懐かしい気持ちです。実家は、山陽本線田布施という駅でした。広島から1時間余り。
瀬戸内海が一番美しい海 だと思うのは、身びいき?
大竹に住んでいらしゃったと聞くと何だか親近感がわきます。(勝手にごめんなさい。)暑い毎日です。ご自愛ください。
余談ですが、コージーさんの写真も素敵ですね。

投稿: われもこう | 2012年7月31日 (火) 09時48分

ダイセルの正門、覚えてるよ。たしか体育館があったでしょう?

鼻つまんで子供の頃遊びに連れて行ってもらった。

30年。男のロマンだね。

ひたすらがんばり続けた姿は若い人の励みだよ。

ありがとう。

投稿: LAの次女 | 2012年7月31日 (火) 15時13分

すてきな企画ですね。生きた証ですね。すてきな資料も残っていて,タイムスリップしたような感じですね。ナベショーさんの偉大さが伝わってきます。私など,何を残してきたでしょうか。5年もたたないうちにみんな忘れ去っていることでしょう。
モンタ君,おとなしくお留守番していたかいがあったね。ナベショーさん若返ったでしょう。

投稿: tirokuro | 2012年7月31日 (火) 19時08分

われもこうさま
田布施、、柳井の先ですね。
瀬戸内海の海岸線を走る山陽線、、、
広島を過ぎて、海の側を走る電車の窓からの景色が懐かしい、、、
瀬戸内の海は美しいです。
子供達も大竹で育ったので、第二のふるさとです。
コージーの写真、、いつの間にか追い越されてしまいました。

投稿: ナベショー | 2012年7月31日 (火) 19時41分

LAの次女さん
ダイセルの正門、右側の建物が体育館だよ。
鼻つまんで、、あの臭いは、隣の製紙工場から、、みんな間違える。
30年、、大勢の人達に支えられて成果を残すことが出来ました。

投稿: ナベショー | 2012年7月31日 (火) 19時49分

前ログ、、で、、
二人乗りの特殊潜航艇が紹介されてました。。
その二人乗りの特殊潜航艇の設計に携わった技術者が、、
戦後仕事を無くし、、故郷に戻りその技術を生かして
興した会社、、僕が定年迄勤めた会社でした。。
ナベショ-さんは時折”青春18切符”を求められて
旅をしますよね、、そのうち僕もマネしようかな。。

投稿: NorthWave | 2012年7月31日 (火) 19時57分

tirokuroさま
素敵な企画、、有り難い事です。
すっかり昔のナベショーになってしまいました。
20年も経ってるなんて、信じられないほどでした。
人は変わり、時代も変わり、忘れ去られたとしても、、当時の開発した製品が、脈々と製造され続け、会社と従業員の生活を支える。
10数年後、みんなが定年退職したら、ナベショー亭にお招きしてご馳走したいね。

投稿: ナベショー | 2012年7月31日 (火) 19時59分

NorthWaveさま
特殊潜航艇の設計に関わった技術者が興した会社に、、、
そうだったんですか!
青春18きっぷ、、、夏は9月10日(発売は8月31日まで)までです。
是非、トライしてください。
もう、新幹線や飛行機で早く早くと急ぐことも無いので、のんびり本を読んだり景色を見たり、土地の美味しい料理を食べて、旅をする、、、シニアーの特権ですね。

投稿: ナベショー | 2012年7月31日 (火) 20時09分

良い旅でしたね。
昔の自分にもう一度会いに行く。
いろいろな形で・・・
今、私がしている事(ナイショ!)もそうなのではないかと時々思うのです。

モンタ君、暑さでグチャ!だね~
私と同じ。

投稿: MONA | 2012年7月31日 (火) 20時49分

MONAさま
良い旅でした。
自分の足跡があちらこちらに、、、
これが最後の訪問になるかも知れないです。
MONAさんのナイショ、、、何かな?
モンタ、、少々暑すぎるよ、、

投稿: ナベショー | 2012年7月31日 (火) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春18きっぷの旅(1) 呉大和ミュージアム | トップページ | 青春18きっぷの旅(3) 三次市へ »