« 秋刀魚のお寿司 | トップページ | オクラの花 »

2012年9月13日 (木)

女王蜂がいない、、、

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0753_640x427

リコリス

ヒガンバナ科の花、、、、彼岸花や夏水仙と同じ仲間

Img_0755_640x427

庭の隅、、、忘れた頃に、花茎がニョキニョキと伸びて咲きだす

Img_0751_640x427

9月8日の内検

昨年生まれた女王蜂、、おとなしくて多産で、とても優秀だったので、新しい女王蜂に更新せずに、来年も活躍してもらおうと残しておいた。

ところが女王蜂の姿が見当たらない、、、

どこかに隠れてるのか?

気になりながら、9月11日に、再度内検、、、

めちゃくちゃに変性王台が出来てるではないか、、、

さては、何らかのアクシデントによって、女王蜂が死んでしまったのだ。

弱い女王蜂の場合、働き蜂が女王を殺して、新しい女王を作ることもある。

しかし、優秀な女王だったので、それは無いだろう。

王台を全部潰したが、、、

翌日には、再び王台が、、、

Img_00051_640x426

この中の王台、、一個を残して、新女王を生れさせても、

秋は雄蜂が少ないので、交尾飛行の成功率は低い、、、

他の女王蜂のいる群れと合同させる。

丁度、バックアップの為に準備していた3枚群の新女王の群れ

Img_00021_640x426

夕方、、巣脾枠が動かぬように釘で固定し、、、

外の蜂を箱の中に追い込んで、巣門に新聞紙の丸めたのを入れて、、

蜂が外に出られないようにした。

早朝 主蜂場に運んで、、、、女王蜂不在の巣箱の上に置き、蜂が落ち着いたら、、、

Img_00031_640x426

女王蜂のいる3枚の巣脾枠を、7枚の女王不在の巣箱に移して、、、

間髪入れずに、エアサロンパスを噴霧して、蓋をする。

Img_00081_640x426

裏側の窓からも、、、エアサロンパス、、、

Img_00091_640x426

l-メントール(ハッカ)の香りが蜜蜂の臭覚を一時的に麻痺させるそうです。

これで、蜜蜂の群れの合同作業 完了!

エアサロンパスの代わりに、焼酎を霧吹きでかける方法もある。

今年は、オオスズメバチの来襲が無い、、、

蜂場から半径500m位の範囲内にオオスズメバチの巣が無いという事かな?

秋の管理をしっかり行い、元気な群れを冬越させることが、来年の春の成績につながる。

先日採った真夏の百花蜜

荷造りが終わり、明日に発送

土曜日、あるいは日曜日には届くよ!

Img_0012_640x426

秋刀魚の煮付け、、、これがなかなか美味しくて、、

Img_00061_640x427_640x427

一緒に煮た大根が、またまた美味しい。

昨日の酢〆、、キュウリ、青紫蘇、ワカメでキュウリもみ

Img_00071_640x427

モンタ、、鼻の頭に何かついてるよ。

Img_00022_640x427

人気blogランキング ブログランキングの花・ガーデニング部門にエントリーしています。

読者の皆様の応援、一日一回のクリックをお願いいたします。

|

« 秋刀魚のお寿司 | トップページ | オクラの花 »

コメント

新女王がここで役に立ちましたね。2匹いた女王を処分しないでバックアップしておいてよかったです。自分のことのようにほっとしました。スズメバチ,今年のように暑かった夏はたくさんいるとか,昨日テレビで言ってましたが,蜜蜂のところに来なくてラッキーです。でも来ないのはいいけど,なぜか不思議になりますね。今年は巣がなくても,来年はまた新しい巣をつくるっていうことも考えられますね。
モンタ君,なぜかうちの子もよく同じところに何かをつけてるよ。

投稿: tirokuro | 2012年9月14日 (金) 05時25分

おはようございます。
私も3年前から養蜂を楽しんでいます。群勢は異なりますが
現在6群。この時期の内検は暑さでしんどいですが、同僚の蜂友と二人で2時間程度かけています。今年はオオスズメバチの
到来が未だですが、黄色スズメバチは来ています。夏の暑さそれとも豪雨が多かったことでオオスズメバチが少ないのでしょうか。また立ち寄らせていただきます。養蜂の情報交換をさせていただければ幸いです。

投稿: JINさん | 2012年9月14日 (金) 05時30分

『王台』を検索して、少し話の様子がみえてきました。蜜蜂の社会の神秘性に魅かれてしまいました。ボチボチと勉強していきましょう。

蜂蜜の到着楽しみにしています。私はパン屋です。パンを焼く時の材料に使いたいと思っています。

ランキング応援しちゃいます。

投稿: 畑の管理人 | 2012年9月14日 (金) 08時42分

tirokuroさま
二匹いた女王蜂の一つは、まだ僕の家の庭におります。
女王蜂が小さいので、産卵状況によっては、来春に別の群れと合同することになるでしょう。
今回のは、別の新女王の群れです。
来春まで、いろんなアクシデントが起こるので、このようなバックアップの女王を用意しておくと安心です。
オオスズメバチが少ないのは、夏の暑さではなく、冬越した女王蜂がこの冬の寒に耐えられなかったためだと思います。
この養蜂を始めて5~6年、どうもそのような傾向があります。
モンタ、、外へ出た時、何をしてるのやら、、、

投稿: ナベショー | 2012年9月14日 (金) 19時38分

JINさま
JIN様のブログも拝見しました。
なかなか元気な強勢群に育てられてますね、、、凄いです。
ぼくも、いろいろ参考にさせていただくことが多いです。
オオスズメバチが少ないのは、この冬がとても寒かったためではないか、、と思っています。
秋に生まれるオオスズメバチは、一匹で石の陰で冬越するそうです。

投稿: ナベショー | 2012年9月14日 (金) 19時44分

畑の管理人さま
蜜蜂の世界、養蜂、、って面白いでしょう!
いづれ、畑の隅で、蜜蜂も飼われたらいかがでしょうか。
野菜の収穫も増えますよ。
僕の蜂蜜、、プロのパン屋さんが使って下さるなんて、うれしいです。
春になれば、香りのよい桜や蜜柑の蜂蜜が採れますので、ご期待を!
ランキング応援、ありがとうございます。

投稿: ナベショー | 2012年9月14日 (金) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋刀魚のお寿司 | トップページ | オクラの花 »