« すっごく美味しい炊き込みご飯 | トップページ | 葬式に飾る写真 »

2012年11月 6日 (火)

今年も大根の甘酢漬け

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_1627_800x533

千日紅

今朝の雨、、、ドライフラワーになりかけた千日紅が生き生きと蘇る

Img_1629_800x533

冬になり、霜に当たって枯れるまで咲きつづける

Img_1626_800x533

今年は、畑にたっぷりと鶏糞堆肥を入れたためか、野菜がどんどん大きくなる

大根も日野菜もどんどん大きくなって、収穫可能に、、、

待ちきれなくて、数日前に収獲、、、、大根の甘酢漬けを作ろう。

6kgの大根と日野菜

Img_0043_800x533

大根は4っつに切って、、、

Img_0044_800x533

180g(3%)の塩を振りかけながら、、交互の並べていく

Img_0045_800x533

葉っぱも一緒に、、、

Img_0046_800x533

重石を乗せて、、、ポリ袋を被せて、、

Img_0047_800x533

3日も経つと、水が揚がり、4~5日で馴染む

桶から出して、塩水と分けて、、、

Img_0002_800x533_3

1kgの砂糖、600ccの食酢 (10:6)を熱して溶かして冷ます。

昆布、トウガラシ、クチナシの実(黄色く色漬けのためなので、入れなくても良い)を、、

Img_0004_800x533

大根と日野菜を樽に並べて、昆布、トウガラシ、クチナシの実を振りかけて、、、

Img_0006_800x533

甘酢を注いで、軽く重石をして、、、

Img_0006_800x533_2

数日,おけば美味しく漬かる。

Img_0007_800x533

でも、待ちきれずに、、、、

まだ、浅漬け、、中まで味が馴染んでない

Img_0012_800x533

毎日、三度三度食べてると、1週間から2週間で食べつくす

無くなりそうな1週間前には、新たに大根を塩漬けして、秋から冬中、絶やさぬようにする。

二回目以降は、新たに半分くらい甘酢を足して行けばよい。

日野菜は彩が美しいので、僕は大根と一緒に漬けるが、無くても良い。

義母のお友達から妻が教えてもらった大根の甘酢漬けのレシピー、、、

5~6年前から我が家の定番のお漬物として定着してる。

僕の欠伸がモンタに移った、、

Img_0014_800x533

人気blogランキング ブログランキングの花・ガーデニング部門にエントリーしています。

読者の皆様の応援、一日一回のクリックをお願いいたします。

|

« すっごく美味しい炊き込みご飯 | トップページ | 葬式に飾る写真 »

コメント

いよいよ冬の食べ物が登場ですね。漬物は。昔のように塩だけではなく,いろんな漬け方でいただくようになりました。一番最近教えてもらったのが,麺つゆで漬ける方法。さっと熱湯に通した青菜を麺つゆで・・・。何かに似てます。そう,野沢菜です。蕪の葉も,大根の葉も,中島菜もこれでいただけます。蕪や大根の白い部分は,先に塩漬けしておいて,麺つゆを入れる段階で一緒にします。からし菜がおいしいです。日の菜の葉の部分も。
モンタ君,あくび?ナベショーさんも眠そうなのね。

投稿: tirokuro | 2012年11月 7日 (水) 06時06分

もう大根や緋の菜を漬ける季節になったのですね~
立冬ですものね~
季節の移ろいは早すぎる~それだけ年とったって事ですね~若い時の時間の間隔と違うようにテレビで言ってましたけど~

土が肥えて、育ちが良いのが一番ですね~
手順を丁寧に書いて頂いてると、何だか漬けたくなりますね~でも大根が~

投稿: あらんりきちろ | 2012年11月 7日 (水) 14時20分

tirokuroさま
麺つゆで漬ける漬物、、、これは初めて聞きました。
たしかに野菜を茹でて、花カツオなどかけて醤油をかけて食べるから、、、漬物もありか、、、
蕪、大根、日野菜、芥子菜、、みんなあるからやってみたい。
モンタ、、二人して欠伸してるよ。

投稿: ナベショー | 2012年11月 7日 (水) 21時24分

あらんりきちろさま
時間は早い、、、10年単位で振り返ると10年なんて直ぐ経ってしまう、、、10年後は80才の手前、、おっそろしい!
鶏糞や牛糞、、有機堆肥をたっぷり入れると、野菜の元気が凄い、、
昨年までの野菜が貧弱だったのは、堆肥不足だったようです。
大根、、まだ大きくなってませんか?

投稿: ナベショー | 2012年11月 7日 (水) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すっごく美味しい炊き込みご飯 | トップページ | 葬式に飾る写真 »