« 今日は魚デイー | トップページ | ブイヤベースを簡単に、、 »

2012年11月10日 (土)

蜜蜂の越冬準備

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_1660_800x533

白いイヌタデ

イヌタデは赤いのでアカマンマと言われて親しまれてる。

でも、時々、赤いのに混じって白いイヌタデ

Img_1657_800x533

ホトケノザやアザミなどにも、白い花のを見かけたことがある。

11月も中旬

暖かい静岡では、まだまだ女王蜂が産卵を続けている。

セイタカアワダチソウの花もほぼ終わり、大量に流蜜する花は無くなった。

今からは、寒さと共に、産卵域が減った分、貯蜜が増えるようにしてやらねばならない。

また、蜜蜂の密度が低い群れでは、貯蜜が少ない巣脾枠を抜いて、

Img_0003_800x533

餌箱の外側に置き、蜂の密度を大きくする。

Img_0006_800x533_2

餌箱の外側に置いた貯蜜枠は、冬越しの時に新聞紙で包んで断熱層にする。

これは外から2枚目、、、

蜂蜜と花粉を蓄えている。

Img_0005_800x533

今日は、全部の巣箱に砂糖水をたっぷり与えた。

花蜜と砂糖水が混ざることにより、冬季での砂糖の結晶化を防ぐことが出来る。

越冬蜂にあまり働かせて、体力を消耗させないために、9月頃に砂糖を与える方が良い、、、という考えもある。

しかし、9月頃は出来るだけ産卵域をたくさん確保する方が、越冬蜂がたくさんになるとの考えから、貯蜜を少なくして11月になって砂糖を与えている。

Img_0009_800x533_2

15群のうち、少ない群れで巣脾枠は5枚、、、

多い群れでは6枚から7枚、、、

暖かい冬だと女王が産卵するので、ダニも繁殖する。

1月中にギ酸によるダニ駆除を行い、2月から3月中旬には、本格的なダニの駆除、、

2月に目覚めの砂糖水を与えることにより産卵が始まる。

3月末には単箱が8枚の満杯となり、継箱を置いて二段とする。

隔王板を入れて、二段目を貯蜜エリアにすれば、4月末には桜の蜂蜜が、、、

さらに、3段になり、5月末には蜜柑の蜂蜜が採れる、、、

4月~6月は別の離れた養蜂場で新女王を育てて、女王の更新も並行して行う。

6月末は、モチノキの蜂蜜を採って、7月は採蜜はお休みして、ダニの駆除、、、

もし、7月にダニ駆除を行わないと、蜜蜂の群れは急速に増えるダニによって弱体、

スムシが入り込んで全滅する。

8月は真夏の蜂蜜を採る、、、、

9~10月は再びダニ駆除

セイタカアワダチソウが咲いて、冬越準備に

地方によって、気候、自然が異なるが、僕の確率した養蜂管理年間スケジュール

毎年、気候も異なり、そう思惑通りにいかないのは養蜂の世界

だから、面白いのである。

今年はオオスズメバチが少なかったが、それでも、ネズミペッタンにこんなにくっついてる

Img_0004_800x533

いくらあがいても無駄だよ!

Img_1675_800x533

日が沈むのも早くなった、、

蓋を開けての内検は、良く晴れた、風のない日の午前中に行う。

少々、温度が下がっても、午後の日差しで巣箱の中の温度が上昇するからである。

Img_0011_800x533

先日、漬けた大根と日野菜の甘酢漬け、、、

とっても美味しくなったよ!

Img_00031_800x533

モンタの一日は長~い

Img_0015_800x533

人気blogランキング ブログランキングの花・ガーデニング部門にエントリーしています。

読者の皆様の応援、一日一回のクリックをお願いいたします。

|

« 今日は魚デイー | トップページ | ブイヤベースを簡単に、、 »

コメント

モンタ君のうっとりお顔を、毎日、拝めるナベショーさんは幸せ者です。
蜜蜂さん、冬の間ゆっくり骨休めをしてね!

投稿: MONA | 2012年11月10日 (土) 23時42分

白いイヌタデきれいですね。
何度も試行して,確立した年間スケジュールを持ってらっしゃっても,気候の違いやそれにとももなって流蜜する花の数,オオスズメバチの行動も微妙に違って面白いんですね。頭と体を休める暇がない養蜂の仕事を続けられるっていうのは,やはり健康だからですね。
そのもとは,おいしい食事ですね。
モンタ君がすやすや眠られるのも,ナベショーさんの健康のおかげ!

投稿: tirokuro | 2012年11月11日 (日) 12時22分

ナベショーさんの”養蜂管理年間スケジュール”
参考になります。。
秋の長雨で越冬用貯蜜を心配してましたが、、
どうやらセイタカさんの蜜をタップリ溜め込んだようで
箱はズシリと重い!!
麻布の上に一日分の新聞紙を被せて蓋をしました。。
後は日を選んで小屋に放り込めば今年は終わり
になります。。
雪国故の結露が心配ですがダニについては今年は
大丈夫とたかをくくってます。。

投稿: NorthWave | 2012年11月11日 (日) 19時47分

MONAさま
いえいえ、カメラの前ではモンタはポーズするけど、普段はいつも眠ってます。

投稿: ナベショー | 2012年11月11日 (日) 21時51分

tirokuroさま
西洋蜜蜂は、自然の状態では生きていけない家畜、、
寄生ダニに如何に対処するか、、、が最も重要、、
4年前に全滅させた苦い経験が今役に立っています。
地方、蜂場、季節、、によって、毎年同じというのは無いところが面白い。
基本技術はしっかり会得した後は、自分自身の蜂場での管理方法を確立しなさい、、との先生の教えです。
やはり、僕が元気にやれるのは、食べることが好きだからでしょうね~
モンタが遊んでくれるのもね。

投稿: ナベショー | 2012年11月11日 (日) 22時04分

ナベショーさんの蜂蜜を大切にいただいています。
こちら東九州は今年は蜂蜜が例年ほど取れないらしいです。
雨が多かったことと関係があるのでしょうか。
甘酢漬け、小さい大根1本で作ってみました。
とってもおいしいです。
すぐになくなりそうなのでまた作ろうと思います。
レシピを紹介してくださってありがとうございます。

投稿: momo | 2012年11月11日 (日) 22時08分

NorthWaveさま
日本養蜂はちみつ協会からの養蜂マニアル(2)の養蜂管理年間スケジュールを見ると、日本全国地方によって、かなり異なりますね。
越後では、もう越冬に入ったのですね。
間も無く雪が降ってくると、小屋に入れないと雪で巣箱が埋まってしまう、、
こちらは12月初に断熱用の新聞紙を入れて、巣門を狭めます。
こちらは冬でも暖かい日もあって、女王が産卵を続けるので、ダニも幼虫にくっついて繁殖して、春に蓋開けたら蜂が全滅してた、、、という場合もあるようです。

投稿: ナベショー | 2012年11月11日 (日) 22時12分

momoさま
たしかに、メインの花が咲くときに長雨だと、蜂蜜はさっぱり、、、
蓮華の花も、最近は害虫のゾウムシが増えて、蓮華の花が咲かないとか、、、
甘酢漬け、、美味しいでしょう!
ついついお八つ代わりに一本食べてしまったり、、
二つのプラ桶で交互に漬けて、無くなる一週間まえに途切れないように漬けるといいですよ。

投稿: ナベショー | 2012年11月11日 (日) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は魚デイー | トップページ | ブイヤベースを簡単に、、 »