« 青春18きっぷの旅 備中高梁 吹屋へ | トップページ | 青春18きっぷの旅 備中高梁 油屋旅館 »

2013年1月11日 (金)

青春18きっぷの旅 ベンガラの町吹屋

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

2013 1 8

岡山県備中高梁 ベンガラの町吹屋地区

Img_0096_640x427

標高500mの山地に赤いベンガラ(弁柄)色の町家が立ち並ぶ

江戸時代から明治にかけて、銅山とベンガラという酸化鉄の生産によって栄えた町である。

Img_0103_640x427

ここは郵便局

Img_0099_640x427

町への入り口にある喫茶店

Img_0173_640x427

ベンガラの製造と販売により財をなした老舗 片山家住居

Img_0185_640x427

吹屋の造り酒屋、、味噌と醤油

Img_0211_640x427

家々のベンガラの瓦屋根

Img_0192_640x427

町並みから1kmほど離れたところにあるベンガラ館

Img_0167_640x427

ここでは、鉱石からベンガラを製造する設備が展示されている。

Img_0171_640x427

2kmほど離れたところにある笹畝坑道

Img_0137_640x427

坑道を進んでいくと、、、

Img_0141_640x427_2

広い空間に、、

Img_0162_640x427

黄銅鉱と硫化鉄鉱を産出した。

笹畝坑道から、さらに山間の道を2kmほど歩くと、、、、

城郭のような壮大な広兼邸

Img_0020_640x427

広兼氏は銅山経営とベンガラの原料の製造により巨大な富を築き、徳川末期に建てられた屋敷は当時の富豪をしのばせる。

Img_0118_640x427

ここで横溝正史の「八墓村」 映画のロケが行われた。

金田一耕介は渥美清が演じる。

この広兼邸を始め、古い吹屋の街並みや家々は、いろんな映画のロケが行われている。

「獄門島」「裸の大将」「火垂の墓」 仲間由紀恵と草彅剛 主演の「99年の愛 Japanese Americans]など、、、、

15時半、、、バスに乗り、宿泊地である高梁市内に移動、、、

モンタは何をしてるかな?

Img_0448_640x427

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 青春18きっぷの旅 備中高梁 吹屋へ | トップページ | 青春18きっぷの旅 備中高梁 油屋旅館 »

コメント

こんばんは
備中高梁は父方の祖父が出て来た祖先の土地です。
弟が大学時代に本家筋の家を訪問したら、
先祖は家老職の士族だったそうです。

どんなところかな、
行ってみたいなと思っていました。
寅さんの映画でも登場しましたね。

私も元気なうちに行こうかな。

投稿: さんごママ | 2013年1月11日 (金) 23時08分

弁柄の街並みが見事に残されているんですね。今どきの建物が少しも見えないということは,町ぐるみで保存保存するために動いているんでしょうね。
モンタ君,ナベショーさんがいなくならないか心配で寝られないね。

投稿: tirokuro | 2013年1月12日 (土) 12時52分

>ベンガラの町吹屋地区
福島南会津の”大内宿”のほうが古いのかな??
いずれにしても町並みに統一された美しさがあり、、
気品を感じます。。
ナベショーさんはいつも好い所を見出しますね!!
次は何処か?? 楽しみです。。

投稿: NorthWave | 2013年1月12日 (土) 15時33分

さんごママさま
備中高梁、、、素晴らしい街ですよ。
今は寒いけど、もうすぐ春
ご先祖様たちが活躍されたところ、、是非、行かなくちゃ!
岡山から30分です。

投稿: ナベショー | 2013年1月12日 (土) 20時18分

tirokuroさま
ここは国指定重要文化財、国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定されているそうです。
季節では、丁度もっとも観光客の少ない時で、静かな街並みを楽しむことが出来ました。
モンタ、、横目で監視してるね。

投稿: ナベショー | 2013年1月12日 (土) 20時28分

NorthWaveさま
会津の大内宿、、行ってみたいところの一つです。
保存された古い町並み、、美しいですね。
昔の家々、、気品がありますね。
この春の青春18きっぷの旅、、どこへ行こうか、、、

投稿: ナベショー | 2013年1月12日 (土) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春18きっぷの旅 備中高梁 吹屋へ | トップページ | 青春18きっぷの旅 備中高梁 油屋旅館 »