« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

ニガナ(苦菜)を味わったことは?

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0079

ニガナ(苦菜)

切ると、粘り気のある乳液が出て、なめると苦い、、

草地に生えて群生している。

Img_0082

とってもたくさん、、

Img_0077


爽やかな五月晴れ、、、いや、まだ四月だよ!

新茶の摘み取りと製茶を始めて、4日目、、、

今のところ、目指す萎凋香のお茶が毎日できている。

さて今日は八木さんご夫妻と一緒に作業、、

少し頑張って、たくさん刈り採り、二回分の十分な量の生葉

マルミヤ製茶さんの工場に行くと、、、

宮崎社長さんが、、

製茶組合の組合長さんが、藤かおりの生葉30~40kgだけど揉んで欲しいと言ってるけど、、、、?

もう、たぶんOKの返事をしてるみたい、、、

さあ、今日は2回分 約100kgの茶葉に、さらに1回分のプラス、、

今日は、八木夫妻と僕 3人もそろってるから、そんなに大変でもないだろう。

軽トラでどっさりと、、、藤かおり、50kg近くあるよ!

Img_0002

僕らのお茶葉は、すでの竹籠に入れて、蒸気で蒸すばかりに、、

Img_0003

約150kgのお茶葉を一気に蒸して、、、

揉んで、揉んで、、、ちょうど切りの良いところで冷蔵庫に保管

明日は雨、天候が悪いそうなので、、午前中かかって、最後の荒茶まで作業を終えられるだろう。

いつもは6時にすべての作業を終えてたが、今日は7時半ころまで、、

20歳、30歳代の会社時代が懐かしい、、、

連日、残業、徹夜して、中規模反応機での新製品の試験製造に夢中、、、

僕にとっての青春だった!

モンタ、、、こういう涼しげな顔をすることもあるんだね。

Img_0011

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (4)

2013年4月28日 (日)

萎凋香のお茶、、今日も成功!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0120

ヒメウツギ(姫空木)

ウツギの中では、もっとも小さな花、、、

垣根から下に枝垂れて咲く、、、、

ず~と良い天気が続き、絶好のお茶摘み日和、、

今日は、たくさん刈り取りました。

お茶畑に、台秤を持っていくわけにはいかず、、、

お茶を刈った布袋を持ち上げた重量感で、、、推測するしかない。

機械にかかる可能な重量は、40~60kg

理想的には、、一袋20kを5~6袋、、、

一回 50~60kgを機械に投入して、2回、、、

多すぎると、機械がオーバーロードになるし、少ないと機械にかからない。

初日は、

これでいいかな~?   いや、もう一畝刈りますか、、?

と二人で顔を見合わせながら、、、まあ、これでいいでしょう、、、と安易に流れる。

実は、機械にかかるか、かからないかのぎりぎりでした。

昨日も、、もう少し頑張っておけばよかったかな~、、、と。

今日は、八木夫人も作業に加わって、、、

当然のごとく、頑張って、20kgほどある重い袋を6個、、、

Img_0009

ず~と爽やかな晴天が続いているからであろう。

お茶葉を日光にあてて、萎れさせて発酵させる萎凋工程は、うまく行ってる。

初めて、萎凋香のお茶を作り始めたころ、、、成功したのはシーズンで1回のみ、、

女神はなかなか微笑まず、、、

初めて、萎凋香のお茶ができた時、

翌日の夜明けを待って、評価したマルミヤ製茶の宮崎社長さんが、

「ナベショーさん、出来てるよ、、、萎凋香のお茶が出来てるよ!」

と興奮して早朝に電話をくれた。

早朝から、お茶工場に来るお茶関係の農協、業者、生産者の人達に、これが萎凋香のお茶だよと、試飲してもらってた。

萎凋香という言葉は知ってても、実際に萎凋香のお茶を味わうのは初めてという人が多かった。

最初の数年の試行錯誤の時代は、1シーズン1~2回の成功、、

しかし、最近の数年は、天気が良くても、悪くても、ほとんど萎凋香のお茶が出来るようになった。

お茶工場では、掃除、掃除、、最初から最後まで、掃除で始まり掃除に終わる。

生葉の蒸し機、、、蒸すのが終わると、、

Img_0016

スクリューを抜いて、綺麗に掃除

Img_0017

粗揉機も、、、

Img_0018

掃除をしながら、各工程を運転し、最後に出来上がった荒茶をマルミヤ製茶さんに評価してもらって、合格になったら袋に入れて、梱包、冷蔵庫に保管する。

成長の早い二か所の茶畑、、、

後、2日で終了予定、、、

もう一か所の茶畑は成長が遅いのでGW明けかな、、、、

今日のお茶も、、合格!

Img_0026

形は悪いけど、香りを優先して、熱のかかる形を作る工程を省略したからです。

モンタ、、、この話、分かるのかい?

Img_0025

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (2)

2013年4月27日 (土)

今年の新茶が出来た!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0118

未だ梅雨の季節でないけど、、、庭の梅花ウツギが咲いた!

Img_0116

ウツギの中では、最も大きな花、、、、とても素敵な花です。

Img_0110

今日は、茶摘みの二日目

この山の上に登っていく

Img_0128

茶刈機や袋など一式をモノラックに積んで、、、

人は歩いて、、、

Img_0130

日当たりも良く、風も吹くので、、、、朝8時頃にはすでに乾いている。

Img_0132

まだ、新芽はそんなに高く伸びてない。

機械で刈れるぎりぎり、、、

刈ったお茶葉はモノラックに積んで、、、急斜面を下りていく、、

Img_0135

生葉は、広げて日に干したり、、、工場に運び込む

昨日のお茶の仕掛品は、中揉機で形を作り、乾燥させて、、、

出来上がりました、、、、約10kg、、、今年の新茶です!

Img_0141_2

今日の生葉は、、、蒸気で蒸して、、、

ミルイ芽なので、蒸気が強過ぎるとダメになる、、、

Img_0148_2

蒸し終わったお茶は、粗揉機で水分をある程度まで飛ばして、、、

揉捻機でゴリゴリと揉む、、、

Img_0149

昔の茶農家は、家族みんなで摘んだお茶葉を、夕方から夜半、徹夜で揉んで、お茶に仕上げて、、、

翌朝は、再び茶畑へお茶葉を摘みに行く、、、、

徹夜、徹夜、、命をすり減らして、、、

さあ、今日、出来上がったお茶、、

Img_01461

急須で淹れて、、、

この香り、この香り、、、萎凋の香り!

Img_0153

3煎、4煎、、、淹れるほどに香りが際立ってくる、、、

Img_0152

普通の日本茶では、どんなに高級な煎茶でも、味わうことの出来ない香りのお茶である。

眠そうなモンタ、、、

Img_0002

起きろ、、、、美味しいお茶だよ!

Img_0008

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (6)

2013年4月26日 (金)

新茶、、今日は初刈り

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0097

シロツメグサ(白詰草)

四葉のクローバー、、、、、江戸時代にオランダから輸入したガラス製品のパッキング材として詰められて、日本に入ってきた。

でも、同じくピンクのアカツメグサ(赤詰草)と混ざってるみたい、、、

Img_0090

いよいよ、今日から新茶の摘み取りが始まった。

僕の茶畑に7時半、、相棒の八木さんと集合

茶葉は朝露で濡れているために、まずは竹箒で葉の上を撫ぜて、露払いを行う。

でも、風がないので、なかなか乾かない

Img_0102

新芽は、まだそんなに伸びていない。

Img_0104

静岡弁では、柔らかい新芽のことをミル芽という、、、

ミル芽の段階では、収量が少ない。

日が経って、成長してくると強葉となり、量は多いが、香りも旨さも少なくなって新茶の価値が下がる。

今日は、やっと機械で刈り取れるぎりぎりの大きさ、、ミル芽です。

Img_0106

未だ、完全に乾いていないが、始めるか、、もう少し待とうか、、、と思案

どこかの茶畑から、刈取りの機械のエンジン音が聞こえてくると、、、

気の早い野郎だなあ~

だが、、その音を合図に、あちらからも、こちらからも、、、

では、うちも始めるか!

ミル芽なので、なかなか量が稼げない、、、

Img_0107

でも、やっと機械にかかる数量を採りました。

Img_0108

すぐ山の下の僕の畑にブルーシートを広げて、、、

生葉を日に干す

Img_0110

さらに、マルミヤ製茶さんの工場へ運び、、、、、

室内でさらに干す、、、

Img_0113

こんなに萎れてきました、、、

Img_0114

萎れるほどに、素晴らしい新茶の香りが室内を満たす。

この茶葉の発酵による花のような香りのことを、萎凋香といいます。

この香りを、製茶の工程で逃がすことなく、いかにお茶の中に封じ込めるか、、、

伝統的な日本の緑茶に、ほんのりと萎凋香が漂う、、、

これが、ナベショーが目指すお茶のコンセプトです。

今の市販の日本茶は、生葉を畑で刈り取って、すぐに製茶するため、

この香りを味わうことは出来ません。

製茶が始まって、、、、写真を撮る間が無かったよ。

マルミヤ製茶さんのHPの中の「ナベショーのお茶が出来るまで」をご覧ください。

美味しい「ナベショーのお茶」が出来たら、5月末頃にマルミヤ製茶さんのHPで発売されます。

モンタ、、、僕のお茶の香り、、わからないのが残念だよ。

Img_0126

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (4)

2013年4月25日 (木)

蜜蜂が、、大騒ぎ!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0107

マツバウンラン(松葉海蘭)

北アメリカ原産の帰化植物、

30年くらい前のいことかな、、、西日本の駅の空き地などで見かけたのが最初

どんどん東に勢力を広げて、今や全国区に、、、

Img_0072

昨日の強い雨、、、今朝は晴れて、気温も暖かく、、、

庭の日本蜜蜂は元気かな、、、と、、

おや、、巣門の前に姿が見えない、、

そっと蓋を取ってみると、、、、、いない!

今朝、早朝に逃亡したのだろう、、

まあ、ほんの数日だったが、置き場所も家主も気に入らなかったのだろう。

これが、もっともっと長期間、世話した後の逃亡だと、しばらく立ち直れないほど落ち込む人もいるそうな、、、、

昨日の雨と今日の暖かさで、お茶がぐ~んと伸びたよ。

さあ、明日からお茶摘みが始まる、、、

その前に、蜜蜂の内検

まずは最初の巣箱、、、

Img_0078

継箱の巣脾枠を引き上げると、、

Img_0079_2

もう、十分採蜜できるよ!

他の巣箱の貯蜜は、こんなに多くはない。

数日の寒さと雨のため、蜜蜂が食べてしまったのか、なかなか満杯にならない。

一つ目の巣箱の内検を終わり、次の巣箱を始めた時、、、

急に、その隣の次の巣箱が騒がしくなった、、、

Img_0080

分蜂が始まったのだ!

Img_0081

巣門からは、大量の蜜蜂が吐き出されるがごとく、空に飛び出す、、

Img_0082

こうなると、手の施しようがない、、、

でも、女王蜂は、その片方の羽を切ってあるので、遠くへは飛べないはず、、、

と、巣門を見てると、女王蜂が転がるように出てきた、、、

即、捕まえて、巣箱の蓋を取り、巣箱の中に入れてやった、、、

しばらく空を舞っていた蜜蜂は、間もなく巣門に戻ってきて、巣箱の中に吸い込まれるように、ぞろぞろと入っていく、、

Img_0083_2

30分後には、一件落着!

Img_0086

明日からお茶が始まるので、こんな分蜂騒ぎに付き合ってられない。

一応、女王蜂の羽を切ってるので、群れが逃亡することはないが、

女王蜂は、巣箱の中に戻ることなく、巣門の近くで死んでしまうこともある。

戻ってきた群れは、次の新しい女王蜂に仕えるのである。

生成する王台は徹底的に潰して、よい群れの良い王台のみ分離して、別の巣箱に分蜂して女王更新、、

という方針だったが、この一番デリケートな時期にお茶作業が重なってしまったからには、

少々無理だな、、、、、方針変更!

家に帰り、小さな巣箱を集めて、もう一つの蜂場へ、、、まだ分蜂は起こってないようだ。

ここには8群の巣箱がある。

巣箱の中の新たに生成している良い王台を選んで残し、

女王蜂と二枚の巣脾枠と空巣脾、給餌箱を別の小さな巣箱に移す、、、

それらを全部、先ほどの分蜂が起こった広い蜂場に移動、設置した。

Img_0095

ところが、、、、である。

側の梅の木が騒がしい、、、僕が2時間ほど離れてた間に、再び、別の巣箱で分蜂が起こってたのだ。

騒ぎはすでに収まって、側の梅の木に蜂の塊ができている、、

Img_0090

どの巣箱からなのだろうか?

女王蜂は飛べないはずだから、ここにはいないと思う。

4つの巣箱の前を探したが、女王蜂はいない、、、

もう、お昼時間なので、ひとまず帰宅して、午後に分蜂群を収容する器具一式を持って、帰ってきたら、、、

あら、不思議、、、どこにもいない!

Img_0092

どの巣箱も、蜂で満杯なので、このままでは今後も繰り返し分蜂は起こる。

この蜂場の4つの巣箱、良い王台を残して、女王蜂の巣脾枠を小さな巣箱に移して、

茶畑の蜂場に移動させた。

Img_0097

家に戻り、砂糖水を作り、小さい巣箱に給餌した。

これで、お茶摘みの期間に、はらはらするような分蜂が起こることはない。

元の巣箱の群れは、間もなく王台から新女王が誕生して、雄蜂と交尾して、産卵を開始する。

注意すべきは、新女王が産卵するまでの間に、働き蜂産卵が起こった場合の速やかな処置だけである。

新女王が、アクシデントにより育たなかった場合は、旧女王蜂に、再び戻ってもらうことになる。

養蜂は、5~6km離れた所に二つの蜂場を持ってると、都合がよい。

別の巣箱に移しても、近い場合は、働き蜂が元の巣箱に戻ってしまうからである。

今日、すべての作業が終了したのは、夕方6時を過ぎていた。

ずいぶんと汗をかかせてもらいました。

オージービーフで焼いて貯蔵してあったローストビーフ、、、

切って、塩コショウでバターで焼いて、、、、ビールが旨い!

Img_0099

モンタ、、、、庭の日本蜂に何かしなかった?

Img_0065

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (14)

2013年4月24日 (水)

お茶、、間もなく開始!

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0053

春の野の花、、次々と開花

アザミは棘があって痛いけど、美しい花

今日は朝から雨、、、

お茶の相棒の八木さんと、茶畑を回って、お茶葉の生育状況を観察、、、

新茶の茶摘みを、、、

どこの茶園から始めるか、いつから始めるか、それぞれ何日くらいの工数が必要か、、

など、など、、、、

まずは、今年から八木さんの奥さんのおじさんの茶園

軽トラで林道を、奥へ奥へと登っていき、、、蜜柑山の下、、

Img_0022_2

急勾配のモノラックは怖いので、側に付けられた斜面の山道を10分間くらい登っていくと、、、

Img_0025

急に視界が開けて、山頂付近に広がる茶園、、なんて美しいのだろう!

Img_0033

不思議なことに、平地の茶園が先日の遅霜被害にあってるのに、

こんな高い山の上の茶園が被害にあっていない。

80歳を超えるおじさんが数十年にわたり丁寧に世話をされてきた茶園

Img_0034

もし、僕らが、この茶園を引き継が無ければ、2~3年でジャングルに帰ってしまう。

明後日の金曜日に僕の茶園の伸びた畝を刈り、土曜日から3日間この山の茶園、

そのあと、僕の茶園の残りを2~3日、、

Img_0018

数日お休みして、最後に八木さんの別の茶園を4日間くらい、、、、

まだ、それほど新芽が伸びていないので、5月中旬頃になるかもしれない。

Img_0046

お茶葉の生育状況と天候次第、、その間に、蜜蜂の内検と採蜜も行う。

いよいよ 明後日、26日金曜日に今年のお茶、、キックオフ!

素晴らしい自然の中、無農薬で育てられたお茶葉、、、

小さな製茶機械により、手間暇かけたこだわりの製茶工程

萎凋という微発酵技術によって、花のような香りを発する美味しいお茶

子供の頃に味わったことがある素朴で懐かしい和みのお茶です。

新茶が出来上がったら、マルミヤ製茶さんから5月末に発売しますので、お楽しみに!

焼津の福一さんで買った鮎   養殖のだけど、塩焼きがとっても美味しい!

Img_0054

モンタ、、今日は雨、、、

Img_0077

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (4)

2013年4月23日 (火)

誰も知らない藤の花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0009

藤の花、、園芸種も含めて、いろんな種類がある、、、

Img_0044_2中には、上を向いて咲いてる藤もあるが、、、

やはり下に垂れ下がって咲いてないと藤の感じが出ない

僕が住む藤枝市のシンボルは藤の花

サッカーが盛んな町、、

サッカーの藤枝東高校のユニホームの色は紫色

つまり、藤の花の色

町の公園など、いろんなところに藤棚があって、藤枝市内は藤の花 一色となる。

蓮華寺池公園なんか、藤の花を見に来る人達がたくさん、、、

でも、公園に行かずとも、県道の側の山の木、、などをふと見上げると、、、

今の時期はあちこち山藤が咲いている。

Img_0015_2

太い蔓が木の幹、枝に巻き付いて、、、

ひさしを借して、母屋を取られる、、、、

Img_0010

公園の人工的な藤棚よりも、自然なのが僕は好き

この藤の花の下でお弁当を食べたら美味しいだろうな~

Img_0004_2

僕しか知らない秘密の藤、、、、誰にも教えない!

数日、雨が降ったり、気温が下がり、、、

お茶の新芽の成長が足ふみ、、、、

Img_0018

もう茶摘みが出来るところもあれば、

Img_0019

霜の影響で伸びてないところ、、、いろいろ

明日は雨、、、今週末頃からな~、、、

茶畑によってはGW明け、あるいは5月中旬、、、、

まあ、自然に逆らわず、、成行き任せで、、、お茶の間に蜂蜜絞り、、、

今日は、茶畑の草を刈り、笹や蕨、などを取り除く作業

これで、何時でもスタートOK

モンタ、、呼んでも応答無し!

Img_0001

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (6)

2013年4月22日 (月)

大学のクラス会 彦根にて

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0090

2013 4 21(日)

大学のクラス会、、、現役時代は5~6年ごとに開催してたが、

60歳の還暦記念に、東西の真ん中の藤枝市で開催したのを機に、2年ごとに関東、関西、東海地区持ち回りで開催

今回は関西地区担当、、、僕は毎回写真担当

朝9時過ぎに家を出て、東海道線、、、、

関ヶ原を過ぎるころから、沿線の山の景色は、美しい新緑に満開のヤマザクラ

藤枝より、3週間くらい遅い

Img_0094

伊吹山を見ながら、米原を過ぎて彦根駅で3時前に下車

同じ新快速電車に乗ってた参加者たちとリムジンバスに乗って、、、

クラス会の会場の かんぽの宿彦根 へ

Img_0096

僕たちのクラス会は、、、

まずホテルの集会室に集まり、2~3人が現役時代よろしくレクチャーを行う。

5時半くらいに休息、、

入浴を済ませて、6時半ころから宴会

宴会後は、畳の部屋に集まって、持ち込んだワインや酒、ビールを飲みながら、ワイワイと話しに盛り上がり、、、

翌日は朝食後、観光ツアー、、

昼食を食べた後、解散または、さらに観光、、、

さて、今回のレクチャーは、、

まず、アメリカ市民であるオクラホマ在住のKotake 君

日本からカナダ、アメリカへ、、アメリカの大学で、研究費を獲得する苦労話やアメリカ人の気質、生活をユーモアを交えながら、、、、

Img_0104

次は姫路工大の教授を退官したKoide 君

Img_0111

話がタバコの害に及んで、該当者たちは他人事ではなく、、

Img_0112

最後の縁者は、まだ現役でT社の顧問、政府の有識者会議委員を務めているOobayasi 君

Img_0116

韓国、中国にやられてるといっても、それらを支える基礎素材は日本が支えていること

Img_0124_2

そうだよ、、、

僕らが会社時代の数十年かかって研究開発し、製造技術を確立し、世界中に供給している新素材、、

そんなに簡単には真似できるはずがない。

化学と高分子学専攻のクラス、、60名だったが、すでに10名近くが他界、、、

Img_0137

一人づつ近況を紹介し、宴会は終了

一室に集まって、持ち込んだワインや酒、ビールで12時過ぎまで二次会、、、、

翌日は朝食後、遊覧船に乗って、琵琶湖の竹生島へ

Img_0281

急な石段を、全員、落伍することなく登って、降りてくることができました。

Img_0290

再び、彦根に戻り、昼食を食べて解散、、、

彦根のお土産は、、、

小鮎の開きの干物、小鮎の佃煮、シジミの佃煮、、、

鮒寿司は、高価で手が出ない、、、

Img_0311

希望者は彦根城ツアー

二年後は関東地区担当で、熱海付近でやることになりました。

長浜のKitamura君に米原まで送ってもらい、帰りは新幹線

往復の列車の中で読み終えました。

Img_0310

未だ、明るいうちに帰宅できたので、さっそく庭の日本蜜蜂を、、

まだ逃亡せずに巣箱を出入りしてました。

砂糖水を与えるために、蓋をそっと開けて、内検、、、、

西洋蜜蜂の空巣脾には、与えた砂糖液を貯蔵し、

針金だけの巣枠にはすでに新たな巣を作り始めていました。

Img_0307

蓋を開けただけで、すごく蜂が怯えるので、確認だけして、砂糖液を入れて、素早く蓋をする。

モンタ、、巣箱の前は、そっと通り過ぎるだけだよ!

Img_0086_2

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (8)

2013年4月21日 (日)

ナベショーはクラス会に、、

Img_00361

ナベショーは一泊二日で大学のクラス会に出かけました。

帰ってきたらダッシュだね。

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (8)

2013年4月20日 (土)

蜂蜜、、もうすぐ、、

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0024

ホウチャクソウ(宝鐸草)

宝鐸とは、お寺や五重塔の屋根の四隅に吊るした飾りの風鈴のこと

花の形が似てる

家の軒下の日蔭に植えたら、どんどん増えて趣がある。

Img_0021

今日は寒くて震え上がりそう、、、

蜜蜂には気の毒だが、、、蜜蜂の内検

新しい蜂場に置いた4つの巣箱

Img_0023

全部 2段箱だが上段の貯蜜エリアは、、、、、

Img_0060

巣脾枠を引き上げると、、、ほぼ蜂蜜で満たされて、蜜蓋ができつつある

Img_0062

桜、菜の花、、そして藤の花、、、

これが9枚の継箱は重くて、腰を入れて、両手で上げ下げしないと動かない。

おそらく、10数kgはあるね。

来週には、採蜜出来そう、、、

4箱あるから、全部で50数kgは採れるだろう。

問題は、6km離れた茶畑の8群、、、

いづれも、十分な群勢があり、溢れるほどの蜂なのだが、、

Img_0065

上段の継箱の貯蜜はイマイチ、、、

本当にまじめに働いてるのかな~?

蜂の数の割には、外勤蜂が、まだ少ないのかも、、

蜜柑の花が咲くころには戦力になって欲しいな~

今年は桜の花期が短かった、、、でも山の藤の花が咲き始めたので、挽回出来ればいいのだが、、。

蜜蓋ができるのは、4月末になりそう、、、

昨年も4月末に採蜜している。

でも、一昨年は4月20日頃、、、

蜜柑農家の方に、今年の蜜柑の開花は何時頃?、、、、って聞くと、

月末ころから開花しそう、、、と。

新茶の摘み取りと製茶が、来週後半から始まりそうなので、、、どういうことになるのかな?

まあ、来週からお茶と蜜蜂が同時進行だね~

曇ったり、午後から雨という日、また雨の降った翌日などお茶がやれない時を狙って採蜜することになろう。

採蜜に2日、瓶への充填、荷造り発送など、、、全部で4~5日欲しいな~

庭のタラの芽が次から次へと、、、食べきれない。

Img_0076

先日、買った蛍烏賊もあるので、、、

タラの芽、筍、蛍烏賊、、もろもろの天麩羅

Img_0077

毎度のことながら、、タラと筍

Img_0079_2

蛍烏賊と筍のかき揚げ

Img_0081

茹でシラス、アスパラガス、ネギ、牛蒡、のかき揚げ、、、

Img_0080

まあ、冷凍しておき、ポチポチと、、、

蛍烏賊は筍と木の芽和え、、

Img_0078

旬の食材を料理して美味しく食べられることほど、幸せなことはない。

モンタ、、カリカリだけで満足、、ナベショーには考えられない。

Img_0084_2

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (6)

2013年4月19日 (金)

お茶工場の掃除

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0037

庭の牡丹の花もぼつぼつ終わりに近づいた、、、

晴れで、日差しが強く、暑い日は、牡丹の花にとっては最悪、、、

頑張って咲いてるよ!

Img_00331

あちらこちらの茶工場が動き始めて、、

農家の新茶の摘み取りが一斉に始まった、、、

でも、僕の茶園はまだ、もう少し後

でも、いつでも製茶が出来るように、、、、

今日は、マルミヤ製茶さんの製茶機械の掃除

朝7時半に、仲間の八木さんと現地に集合

Img_0042

お茶は、場所によっては、こんなに成長してるが、、、

Img_0047

全体としては、、、まだ小さいのもあって、茶摘みが出来るのは、来週末くらいか、、

Img_0048

茶畑の一部、整枝してない伸び放題のを太い枝ごと、ざ~と刈って来て、、、

Img_0051

ボイラー、蒸し機、粗揉機、揉捻機、中揉機、乾燥機、工程ごとに、、、、

一つ、一つ徹底的に内部を掃除して、、

電源を入れて、、、、、

荒い茶葉を通して、掃除を兼ねたならし運転、、、

Img_0053

以前は、一人だったので二日がかり、、、

昨年からは二人でやるので、4時前には終了

さあ、これで、茶葉の生育状況と天候で判断して、

今年の新茶、いつでもGO!

日本蜜蜂のことについて、養蜂器具販売の熊谷養蜂さんに電話、、、

日本蜜蜂の分蜂群を飼うことになったんだけど、、、

限りなく西洋蜜蜂の飼育管理の知識と手持ちの器具を使ってやりたいんだが、、、、、、?

6枚箱に入れたのなら、西洋蜜蜂の巣苞の小さくなった古い巣脾や針金だけの巣脾枠と給餌箱を入れて、砂糖水を与えておくこと、

今は、とにかくかまわないこと、、そ~としておくこと、

10日ほど経って、逃亡することなく馴れて定着したら、、、、、、

毎朝夕、見に行く、、ダメダメ、とんでもない、、、、ハイ!

まずは、逃亡することなく、巣作りと産卵が始まるかだね。

専用の7枚箱の継箱セット一式と日本蜜蜂用巣礎を注文するのは、それからでいいよ。

そりゃそうだね!

西洋蜜蜂と比べて、小さな黒いシマシマ模様の日本蜜蜂が巣門を出入りする様は、実に可愛い。

蜂が出入りしてるだけで楽しくなる。

モンタ、、聞いてるね!

Img_0056

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (6)

2013年4月18日 (木)

日本蜜蜂の分蜂群

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_00341

ムラサキツユクサ

未だ4月、早くも梅雨の季節に咲くムラサキツユクサが、、、

Img_00351

今朝も早く起きて、昨日の続き、、庭の草引き、

いよいよ今日で終わるかな?

Img_0003

ほぼ半分以上終わったところでお昼、、、

昼食を食べてたら、、、

藤枝市役所農林課のNさんから電話

「蜜蜂の分蜂群が騒いでるので駆除の依頼、、

ナベショーさん、、、、やってくれる?

場所はショッピングセンター エスポットの駐車場の前の畑の柿木

畑の地主さんは、音羽町のGSのご主人」

「了解、、まずGSへ行くので、現場へ案内してください。

今の時期だと、たぶん日本蜂の分蜂群、、、

西洋蜜蜂の分蜂群の収容は、数回経験があるけど、、何とかやれるでしょう」

でな、電話の会話、、

軽トラに脚立や巣箱、、、、一式を積んでGSに急行、、、、

GSからご主人の案内で現地へ到着

午前中はすごかったんですよ~、、、と

日本蜜蜂だ、、、女王蜂はどこかに見えないかな~?

Img_0012_2

脚立を真下に立てて、、、

巣箱を下において、、、もう少し右に移動したいが、動かせない、、

Img_0014

もう一つの別の脚立に登って、ヘラで蜂の塊を削ぎり取るように切って塊を巣箱の中に落とす、、、

大騒ぎになったが、蜂の半分が、再び木の幹に塊になって、箱の中に入らない。

女王蜂の姿は確認できなかったが、巣箱の中にいるはず、、、

なのに、、何故、全部の蜂が箱の中に入らないのだろう?

あれこれ、悩んで、幾度もヘラで落としたが、、、、ダメ、

見物人が遠巻きに見てる、、、このおっさん、、大丈夫かな、?

箱に蓋をのせて、少し隙間を開けて、、、

燻煙器で煙を吹きかけると、、、木の幹の蜂達は箱の中に入っていった。

Img_0016

まだ、少し残ってるが、これくらいは仕方がない

Img_0017

完了、、、これで、何とか恥をかかなくて済んだよ、、、

日本蜜蜂の飼育の経験なし、、、

まあ、とりあえず、ナベショーの庭においてみるか、、、

西洋蜜蜂用の空巣脾1枚と給餌箱を入れて、砂糖水を入れてやる。

Img_0020

未だ、興奮してるようだったが、夕方には静かに落ち着いた様子、、

Img_0032

西洋蜜蜂に比べると、蜂も群れも小さくて、実に可愛い!

日本蜜蜂は気難しくて、飼い主が気に入らないとすぐに逃げ出してしまうという、、

出来る限り、西洋蜜蜂と同じような管理方法で飼育できればいいのだが、、、

明日の朝になったら、いなかった、、なんて!

二時間ほど、飛び入り仕事が入ったが、、今日の目標の草取りは、、、

ほぼ完了!

Img_0033_2

モンタ、、

Img_0023

蜂の巣箱には近づくなよ!

わかってる、、、

Img_0024

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (12)

2013年4月17日 (水)

庭のクレマチス

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0025

クレマチスの花

蔓が細いので、いつも雑草を引くときに、誤って抜いてしまう。

でも、今年はちょうど雑草の中で花が咲いてたので助かった、、、

Img_00081

昨日に続いてカラスノエンドウで覆われたナベショーのワイルドガーデンの草引き

綺麗になりました。

Img_0002

明日の作業予定の部分、、、

Img_0003

ある程度、伸びないと、雑草と花の区別ができない、、

庭の一部、、畑の草も、、

キャベツ、ブロッコリー、ネギ、グリーンレタス、、、

Img_0007

種が落ちて、生えていた青紫蘇、、、耕した畑に植えなおしました。

Img_0004

料理に大活躍、秋には紫蘇の実も、、、

スナックエンドウのためにネットを張り、、ミニトマトの苗も植えました。

Img_0005

最後にホースで水を蒔いて、、、、苗も生き生き!

庭で作業してると、ご近所さんが側の道を通るたびに話が弾んで、なかなか作業が進まない。

トマト、茄子、ピーマン、、、、もう植えた。

早いね~、、うちはGWに植えるよ~

いや~ 4月末からお茶が始まるんで、、、、

、、、

夕食は、、、、

妻が特売の豚ロースブロックで焼き豚を作ってた。

Img_0011

オーブンで焼くときに、脂がかなり落ちるので、ヘルシーだよ!

醤油、酒、味醂、砂糖、トウガラシ、ネギ、生姜、ニンニク、八角の液に肉を漬け込んだ後、煮込んだタレ、、、なかなかいける。

モンタ、、庭に出たかったんだけど、、、

Img_00021

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (2)

2013年4月16日 (火)

今が旬 茗荷竹

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0043

シロヤマブキ

雨に濡れたのが美しいけど、生憎、よく晴れた6月の気温が続く、、、

黄色いヤマブキとは異なる種類の木、、、

真っ白い花と緑の葉が美しい。

今日は蜜蜂の内検

中途半端にしか増えない群れ、、、

前回は様子を見るために残したが、今日もあまり変化なし、、、

女王蜂の産卵能力が劣ってるため増える蜂と死んでいく蜂がバランスしてるみたい、、

継箱の貯蜜枠は、まだ4枚、、、、ほかの巣箱は7~8枚なのに、、

もう一つの中途半端の群れがあるが、、、

これは、少々スタートが出遅れて継箱の貯蜜枠は4枚、でも女王蜂は元気で蜂は増えつつある。

ダメな女王蜂を処分して、二群を合同、、、、

Img_0079

満杯の溢れるばかりの3段箱、、、、最弱少群から一転して最強群になった!

Img_0081

弱い群れがたくさん居ても、蜂蜜は採れない。

弱い群れ2つよりも、強い群れ1つのほうが、幾倍も蜂蜜が採れる。

弱い群れでは、女王蜂の世話、育児、巣箱の掃除、食べるための花蜜と花粉集めの基本的な作業のために精一杯、、、

とても、蜂蜜を貯める作業まで余裕がないのである。

間もなく、さらに継箱を置いて4段箱になるかも、、、

ド~ンと蜜柑の蜂蜜が入ると良いのだが、、、、、

Img_0089

別の群れ、、、

たくさん増えて、二段箱が溢れそうな、、、

二段目には、しっかりと貯蜜もなされている。

継箱を置いて3段にしようか、、、と思ったが、ちょうど良い形の王台ができてたので、

王台を含む巣脾枠2枚を抜いて、小さな巣箱に入れて固定し、6km離れた別の蜂場に移す。

Img_0086

約10日後には、新女王が誕生する。

蜜柑の開花まで、後2~3週間

蜜柑の開花の前に春の蜂蜜を絞り、、

2~3段の継箱を蜂が溢れるばかりに満杯にし、、、、、

3段箱の多産で大人しい女王蜂の群れから、王台を抜いて、新女王蜂の群れを作る、、

忙しいけど、面白くて、気を抜けない時期、、、、、、

予想もしないハップニングも起こるが、、、。

庭の草取りもやってるよ、、、、後1日で完了

Img_0092

草を取ってると、茗荷竹が出てたので、数本を収穫

畑のエシャロットも少し試掘り

味噌をつけて、、、、こんな美味しいものはない!

Img_0094

夏や秋の茗荷を知ってても、春の茗荷竹を知る人は少ない。

モンタ、、興味ある?

Img_0098_2

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (10)

2013年4月15日 (月)

春の山菜ちらし寿司

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0021

カラスノエンドウ

畑、庭、野原、、節操もなく生えて、はびこる、、、、

花は小さいが、よく見ると美しいのだが、、、

Img_0026

食べられる野草、、、らしいが、先端の柔らかい若芽と花の部分を摘んで天麩羅にすると美味しい、、、というが、、、、

Img_0030

風邪をひいたり、畑の耕作、、、すっかり我が庭が草ぼうぼうの末期症状、

特にカラスノエンドウが、、、すざましい勢いで伸びている。

Img_0054

鎌で地面の草を丁寧に抜いて綺麗にし始めたが、、、

Img_0056

これじゃ、幾日かかるかわからない、、、

草刈り機でじゃ~ん、じゃ~ん、、、、、平面のところを完了

Img_0058

後で除草剤を蒔いておくと、半年は雑草が生えない

Img_0059

次は、石で囲った植え込みの中、、

カラスノエンドウがびっしりと、、、これは鎌で取り除く

Img_0067

後、二三日、かかるかな?

赤カレイとコノシロ、、やっと食べ終わった。

おまけに風邪をひいたり、、、、

ほんとに久しぶり、1っか月ぶりに焼津の福一さんへ、、、

大きくはないが、ピカピカの真鯖

Img_0053

すぐに三枚におろして、塩して、酢〆にして、、、

いつもの通り、鯖寿司に、、、

Img_0072

でも、今日の本命は、、、、

蛍烏賊とタケノコ、ワラビ、フキ、木の芽、、春の山菜ちらし寿司

Img_0068

一年で、この時期だけ楽しめるナベショー亭の美味しい料理、、、

モンタ、、得意のポーズ

Img_0075

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (10)

2013年4月14日 (日)

キャラブキを作ろう

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_00151

藤の花

このようにアップでみるとエンドウ豆、ソラマメ、スイートピーなどと同じのマメ科の植物であることがよくわかる。

Img_0003

蔓が木に巻き付いて、覆いかぶさるように咲く藤の花

Img_0006

いろんな種類があるけど、下に長く垂れ下がってるのがいいね。

Img_0005

茶畑の側の栗の木の下、、、

野蕗を早く採らなくちゃ、、、、硬くなる。

野蕗を採り、キャラブキを作るのは、母から受け継いだ春の作業

これだけ採れました。

Img_0031

よく水で洗って、、

適当に、ざっく、ざっくと切って、、、

まさか、皮を剥く人はいないでしょうね。

大きい鍋に入れて、、、、、

Img_0035_2

醤油を入れて、加熱する、、、

Img_00381

醤油を少しずつ足しながら、、煮詰めていき、、、、

醤油で煮て保存してあった山椒の実を少し加えて、、

Img_0040

水分が無くなるまで煮詰めて出来上がり。

好みによって、砂糖や味醂を少し加えることもある。

しかし、出汁や化学調味料は入れてはならない。

Img_0041

保存瓶に硬く詰め込んで、、、これだけ、、、

Img_00511

冷蔵庫に保存、、、、

母が元気な頃は、ネスカフィーの瓶にいっぱい詰めた野蕗の佃煮が毎年送られてきた。

さっそく、お茶漬けで、、、

Img_00451_2

蕗のほろ苦さ、山椒、醤油の風味が一体になり、、、、、、

お弁当、おにぎりに入れると最高!

5月のGW明けには、再び成長して、もう一度 野蕗が収穫できる。

モンタ、、、最近はかまってやってないな~

Img_00481

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (8)

2013年4月13日 (土)

お茶が遅霜に、、、

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0207

林檎の花

開花したばかりは薄ピンクと白、、、

暖かい静岡でも、林檎の実が収穫できるが、何よりも花が美しい。

Img_0208

この数日の冷え込み、、、

最低気温が4~6℃、、、遅霜注意報が出てた。

晴天だったが風が強く吹いてたので、大丈夫かな、、、と半ば楽観してたが、、

やはりやられていました。

よく芽が伸びてるところは、やられていないように見えるが、、、

Img_0024

ところどころ、、まだ伸びてない柔らかそうな葉が褐色に、、、

Img_0027

僕の茶園はまだましなほうだよ。

茶農家の人達が軽トラで自分の茶畑を見に来てる、、、

他の農家の近くの茶園では、、、

不思議なものだが、斜面のすべての畝のちょうど下半分、斜面の下側の芽が霜にやられてる、、、

放射冷却による寒気の流れ、、、微妙なもの、

Img_0013

こうなってしまうと、、、、

今年の新茶の茶摘みはどういうことになるのかな~?

霜にやられた部分は、枯れて落ちてしまうから、、、

畝の半分は芽が薄いが、、全体に新しい芽が伸び揃った頃を見計らって、高めに茶摘みをする、、、ということか、、、

4月末、、5月GW明け、、、いつになるのだろう?

10年に一度は、こういう遅霜の大被害を受ける。

防霜ファンを設置している茶園は大丈夫なのだが、、、、

山道の側にたくさんの三つ葉が生えてたので、ちょっと道草

Img_0033

今夕食は、、、三つ葉の卵とじ

干しシラスと鶏肉、、醤油、味醂、お酒、、火が通って煮たったら、三つ葉をたっぷり浮かせて、溶いた卵を注ぐ、、、

Img_0037

三つ葉の香りがいいね!

モンタ、、わかる?

Img_0045

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (4)

2013年4月12日 (金)

諸葛菜の花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0241

諸葛菜(ショカツサイ) 

三国志の諸葛孔明が広めたという伝説による名前

紫花菜(ムラサキハナナ)とか、花大根(ハナダイコン)とも言われる。

江戸時代に日本に渡来

Img_0247

西洋蜜蜂、、、蓋を開けて、巣脾枠を引き上げて、観察することを内検という。

少なくとも1週間に1~2回内検が必要である。

前回の内検は4月8日

今日は4月12日、、、、さて、どうかな?

Img_0003_2

3月21日に継箱を置いて2段箱にして、下段から有蓋蜂児の巣脾を2枚上段にあげて、

空巣脾を下段と上段にそれぞれ2枚ずつ挿入した。

下段から上段に女王蜂が移動できないように隔王板をいれると、、、、、

下段は産卵育児エリアになって、8~9枚の巣脾はほとんどが全面蜂児に、、

上段は貯蜜エリアになっていく。

蜂が増えてくるに従い、空巣脾や巣礎を順次挿入、、、

ほとんどの巣箱は下段が8~9枚、上段が6~8枚になった。

Img_0001

継箱の上段が蜂で溢れるくらいにならなければ、蜂蜜はたくさん貯まらない。

さらに、蜂が増えてくれば、さらに継箱をおいて3段箱にする。

今までは、王台ができてても、全部処分してたが、

今後は、よい女王蜂の群れに出来た王台は、分離分蜂させて新しい女王蜂の群れを作る。

月末には、桜や菜の花の春の蜂蜜の採取して、、、

いよいよ5月、本命の蜜柑の開花が始まる!

すべて順風満帆というわけではない、、、

この二つの群れ、、、

Img_0004

ほかの群れの上段がほぼ8枚まで増えてるのに、、、、、

いずれも、継箱の上段、、、、、4枚のまま、、、だから他に比べて貯蜜が少ない。

女王蜂の産卵能力が劣っているということですね。

また他の巣箱と比べて、王台の出来る数が多い。

ということは、働き蜂がすでにこの女王蜂を見限って、新しい女王蜂に変更したがってる。

今日は、より元気な女王蜂の青い蓋の群れに、黄色い箱の群れを合同しようとしたが、、、、、

寸でのところで決心がつかなかった。

合同しなくても、月末にはそれぞれの継箱が8枚に増えて 蜂であふれるようになるかも、、、と。

いや、、合同すれば、即、3段箱の強勢群に、、、

弱少群の2つ、よりも強勢群1つのほうが、はるかに集蜜力は大きい。

まあ、来週末には結論をだそう。

モンタも、、、考えてる

Img_0006

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (2)

2013年4月11日 (木)

牡丹の花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0213

庭の牡丹、、いつもはGWの少し前に咲くのに、、、

今年は、かなり早い

畑の側の農家の庭の牡丹

Img_0234

曇ってたり、朝露で濡れてるくらいが、しっとりと美しいのだけど、、、

Img_0238

もう3~4日、早く撮ってれば良かったのに、もう終わり、、

Img_0232

先日から、汗流してる畑

今日は、全部耕し終えて、、、

粒状苦土石灰、有機化成肥料、鶏糞堆肥を元肥料として蒔いて、、、

さらに混ぜ込みながら均して、畝を作り、、、、、、、

もう、いつでも植えられる準備完了

近所の園芸店へ行き、茄子とピーマン、インゲン豆の苗を買った。

トマトやキュウリの苗は、来週末頃に発売という、、

Img_0032

ジャガイモの隣、左側の二畝は、肥料を入れてない。

これは5月の中~末にサツマイモの蔓苗が出てきた時のために、、、

三番目の畝、、、手前に人参の種を蒔いた、、、あと半分はキュウリの苗を植える。

4番目の畝、、、インゲン豆、茄子、ピーマンの苗

5番目の畝、、、里芋の種芋を植えた、、、

トマトの苗が出てきたら、これは自宅の庭の畑に植える。

自宅の庭の畑には、キャベツ、ブロッコリー、サニーレタス、スナックエンドウ、、

九条ネギ、青紫蘇、アスパラガス、パセリ、、、そしてトマト

後は、苗の成長とともに支柱を作ったり、追肥、土寄せをするだけ、、、、

これで、春の畑作業はとりあえず完了!

今年、80歳でエレベスト登頂をチャレンジされる三浦雄一郎さんは、10日に一度は牛肉ステーキ700gを食べられるという、、、

ナベショーも、、、同じ量は食べられないが、、

2週間に一度は、ど~んとお肉を食べたいね!

750gのオージー肩ロース肉塊 でローストビーフ

約400gを妻と二人で、、

Img_0037

刺身包丁で薄くスライス、、

ネギ、生姜、ニンニクの醤油タレ、、、あるいは洋風のグレービーソースをかけて、、

さっぱりしてるので、700gは食べられるかも、、、、

モンタ、、、お肉だぞ!Img_00132

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (8)

2013年4月10日 (水)

菜の花に蜜蜂

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0117_2

早々と桜が散ってしまったが、、、、

今、蜜蜂はどこから花蜜を運んでるのか?

「白藤の里」という地域活性化施設がある。

その側の休耕田で菜の花が咲き始めて満開となった。

どれどれ、僕の蜜蜂だね。

Img_0125

いる、いる、、、よく見ると羽音さえ聞こえるよ!

Img_0123

こちらも、、、

Img_0122_2

今年の春の蜂蜜は、、、

桜をベースに菜の花、それに少々の蓮華とクローバー、タンポポのブレンド、、、、、

さて、どんな香りと風味だろうか?

先日から鍬で耕しながら草取り

午前、午後、、、やっと終了

Img_0026

明日は元肥料の鶏糞を入れて、畝を作って、、、、

野菜の苗を植えるところまで、できるかな?

里芋を全部収穫せずに残しておいたのを掘り起こしてばらしたら、、、、

Img_0027

種芋として、十分使えそう、、、

庭の畑のパセリ、、、

お刺身などお料理にちょっと添えるのに使うことが多いが、、、

庭に数本の苗を植えるだけで、こんなに大きくなる。

Img_0029

このまま置くと、やがて花茎が伸びて、白い花を咲かせて、アゲハチョウが卵を産んで、、

無残に食べられて枯れてしまう、、、、

このパセリ、、、

下のほうのよく伸びた葉から、どんどん採って、、、

バターで炒めて塩コショウ、その上に卵を1個、、ベーコンがあれば完璧だったが、、

Img_0020

半熟の黄身とパセリとバターの香りが溶け合い、、、

お醤油をそっと垂らして、、、、なんて美味しい目玉焼きだろう!

レストランでの料理に添えてある彩のパセリ、、、

食べる人は少ないようだが、、、、実はこんなに美味しいんです。

モンタ、、、パセリは嫌いだね。

Img_00042

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (8)

2013年4月 9日 (火)

照葉樹林文化

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0185

ヤマツツジ

日本全国に分布し、花の色は写真の朱色からピンクがかった赤色まで、、、

黄緑色の葉と花のコントラストが美しい。

Img_0180

春の花も次々と咲き終わり、、、ツツジの季節

山にはピンクのミヤマツツジやミツバツツジ、、、

庭や公園には園芸種の久留米ツツジやミヤマキリシマが美しい。

Img_0186

今朝の新聞は、、、サッチャー元英国首相の死去(87歳)のニュースが第一面で報じられてたが、、、

僕の関心は、元民族学博物館館長の佐々木高明さん死去(83歳)

佐々木高明さんは、「照葉樹林文化論」で東アジア文化の同質性を唱え、アイヌ民族の地位向上にも貢献した民族学者

「照葉樹林文化論」とは、ヒマラヤ中腹から中国の雲南高地、江南山地を経て西日本に至る東アジアの照葉樹林帯に共通の文化があるとするもの、、

照葉樹とは一年中光沢のある緑の葉の樹木、、、椿、茶、カシ、シイなどのどんぐり等

その照葉樹林帯に育つアワ、ヒエ、キビ、長芋、サトイモ、彼岸花、クズ、蕨、

カイコを飼って絹をとり、

焼畑農業、毒抜きのための水さらし法、など共通の食文化や風習、神話、儀礼、習俗、

日本文化のかなりの重要な部分が、照葉樹林焼畑農業文化の中にある。

Img_0017

NHKブックスの佐々木高明著「照葉樹林文化の道」ブータンから日本へ

この本は何度もなんども読み返したくらい面白い本

春になると山菜を採って食し、秋にはマテバシイの実を拾い、どんぐりからデンプンを取って食べたり、、、

飢饉のときは、彼岸花の球根を水にさらして毒抜きをして食し、、、

きっと照葉樹林文化を携えて、日本にやってきた縄文時代の人々、、、、

今も僕たちの生活の中に風俗習慣、食文化として根付いてる多くのものは、彼らが伝えたものである。

「照葉樹林文化の道」、、ぜひお読みください!

畑のジャガイモ、、、先日、追肥と土寄せしたが、雨でさらに大きくなった。

Img_0002

セロリー、、引っこ抜くのがかわいそう、、、

明日、一日かかれば、全部、耕し終わり、野菜の苗が植えられそう!

Img_0001

やはり風邪で10日間ほどごろごろしてたための体力が弱ってる。

後、2週間、

新茶が始まるまでに、畑仕事で身体、腕、足腰を動かしてリハビリ

灰汁出汁した蕨、ネギと一緒に花カツオをかけて、マヨネーズ、

さ~と醤油をかけていただく、、熱々ご飯の上に、、

Img_0007

これは美味しいですよ。

ネバネバ好きの人には、大うけします。

モンタ、、床も食卓もいっしょくた、、、

Img_0009

気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (6)

2013年4月 8日 (月)

タンポポの花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0174

タンポポ

西洋タンポポが幅を利かせてるところもあるが、こちらはまだまだ在来の関東タンポポが主流、、、

茶畑の側の荒れ地は、タンポポが満開

Img_0116

さてさて、今もっとも気になることは、、、

ズバリ、、、新茶がいつから始まるか!

マルミヤ製茶さんの話じゃ、茶市場は17日から、、20日には本格的に始まるよ、、、

この辺の農家の人に聞くと、、今年は早い、早いというけれど、まあ、うちらの辺は寒いから、月末頃だね~ と。

今朝は、とても冷え込み、遅霜注意報が出てたので心配、、、

大丈夫だった!

Img_0193

もう、こんなに伸びてるんですよ!

Img_0190

全体的には、、、う~ん 20日過ぎか、、それとも月末か~? 

Img_0112

昨年のブログの記事と比較すると、、、

昨年は、GWが雨続きだったこともあり、

全体的にかなり遅れて5月5日 GW明けから新茶初摘みがスタート

数年前に「人生の楽園」に出演した時は4月26日が初摘み、、

今年の本格的な筍の収穫は4月7日、、、、、昨年は4月15日

庭のリンゴの花の開花は 4月8日      昨年は4月20日

ジャガイモの芽欠き土寄せ作業は4月6日、昨年は4月19日

昨年と比較するとソメイヨシノの開花が、約10日前後早かったように、、、

全体的に、約10日早い

と、なると、昨年の春の蜂蜜採取は5月1日だったから、

今年の初採取は4月20日頃、、、、

そして、ナベショーにとっての、一年の最大のイベントである新茶の初摘みは4月25日頃から始まることになる。

そして、お茶で忙しい時期、蜜蜂達はせっせと蜜柑の蜂蜜を集めてるから、蜜柑の蜂蜜の採取は5月中旬ということになる。

なんて、カレンダーを見ながら、あれやこれや、、、

蜂場へ内検に行ったら、、、、

おや、巣箱の蓋がない

Img_0128

昨夜の強風で吹き飛ばされたらしい、、、

蜂達は元気か、、、大丈夫!

さて、蓋はどこに、、、?

あったあった、、、近くに転がってた。

Img_0127

しかし、台風並みの風が吹くと、こんな小さな重石1個では足らないようだ。

Img_0129

今日は、久々のフライ

牡蠣、筍、椎茸

Img_0130

相変わらずの筍の煮物、、、、4月中の常備食

蕨、ワカメ、筍、油揚げ、蕗、、、、毎日食べても飽きないよ!

Img_0133

今度、ソファーの上にゲ~ やったら居間には入れないよ!

Img_0166

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (14)

2013年4月 7日 (日)

地獄の釜の蓋

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0071

キランソウ

畑や野原、道端など、放射状に広がって咲く。

地面に張り付いているような姿から ジゴクノカマノフタ「地獄の釜の蓋」との別名

薬草として使われて、地獄の釜に蓋をして、病人をこの世に追い返す、、、という意味もあるらしい。

まことに、昔の人はユーモアがある。

Img_0076

暖かい日が続き、昨日から今日にかけて雨風の大嵐

午後は晴天になれど、強風が吹き荒れる、、、

茶畑の側の出る蕨、、、、勝手に採っていく人がいて困ってたが、今日こそ一番乗り!

バケツ一杯、、たくさんの蕨が採れた。

さあ、次は筍、、、

今まで走りの小さいのがポチポチ出てたが、いよいよ太くてでっかいのが本格的に出始めるぞ!

筍掘りは、すごく力が要って、10本も掘れば息切れしてしまう。

地表に3~5センチしか出てなくても、全体で30センチくらいもある。

今日の収穫

Img_0102_2

太くて大きいのばかり、、、柔らかく、とても美味しい!

誰か筍、、もらってくださ~い!

夕方、軽トラに積んだまま、お茶のマルミヤさんや養蜂の秋山さんのお宅に、大きいの2本ずつ届ける。

すぐに米糠を入れて茹でれば最高!

Img_0105

蕨は、、意外とたくさん採れたよ!

Img_0104


ポリバケツに揃えて並べ、重曹を振りかけて、熱湯を加える

Img_0106

1~2日置くと、濃緑の灰汁が出るので、2~3回水を交換すれば灰汁出汁 完了!

間違っても、焦って短時間にせよ茹でてはならない、、、、ずるずるになってしまう。

さあ、筍のお刺身と酢〆のコノシロ

Img_0096

モンタ、、TVに夢中、、

Img_0110

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (12)

2013年4月 6日 (土)

オオシマザクラ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0095_2


3月下旬から咲き始めたソメイヨシノは散ってしまったが、、、、

続いて、いろんな種類の桜が咲き始める、、、

その中で、特に優雅で美しいのがオオシマザクラ(大島桜)

Img_0102

紫色にほんのり染まった白い一重の花

大島桜と江戸彼岸花の自然交配がソメイヨシノ

Img_0123

大島桜の葉は収穫されて塩漬けにされて桜餅に使われる。

僕の蜜蜂がたくさん来てるよ!

Img_0048

八重の桜も、、、

Img_0099_2

シンプルな細い花弁の桜も、、

Img_0112

この春は、夫婦そろって風邪騒動、、、

お天気の良い日に、お弁当を持って、時期遅れのお花見でもしょうかな?

Img_0052

午後には、雨、嵐の予報、、、、

Img_0023

午前中に、蜂場の草刈りをしたが、、

やはり、防面布をかぶらないと、蜂が頭にまとわりつく、、

Img_0091

これからの2~3週間 晴天の日がたくさん続いて欲しい。

桜、菜の花、桃、、、、

香りの素晴らしい春の蜂蜜がたくさん採れるといいね。

モンタ、、、、タラの話だね。

Img_00102_2

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (6)

2013年4月 5日 (金)

ジャガイモの土寄せ、いろいろ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0142

ヒメハギ(姫萩)

花が小さくて萩のような感じなので、この名前がある。

鳥が、まさに飛び立つような形を連想させる。

Img_0137

僕の茶畑の側の乾いた野に、春になると咲いている、、、、、

誰も知らない、、僕だけが知っている!

Img_0165

久しぶりに畑へ、、、

姿が見えなかったが、どうしてた?

顔を合わす近所の人が声をかけてくれる、、、

畑は草ぼうぼう、、、、

まずは、3月7日に植えたジャガイモ

今春は、酷い霜に会うことがなかった、、、、、

風邪でひっくり返ってる間に、しっかりと芽が出てる

Img_0074

芽欠きをして、化成肥料をぱらぱら蒔いて、土寄せをする、、、

やっと畝らしくなった、、、

後1~2回、追肥と土寄せすればOK

Img_0081

玉ねぎも草で覆われてたけど、、、

Img_0076

まだまだ、、、、これで大きくなるのかな~?

Img_0082

これは、、、完全に草の下、、、

ラッキョウとニンニク

Img_0077

さあ、来週中には、全部草を取って、耕して、いろんな野菜が植えられるようにしよう。

Img_0083

豚糞堆肥と肥料用茶粉を混ぜて、堆肥をつくってたが、、、

Img_0070

新たに肥料用の茶粉をマルミヤさんからもらってたので、、

上にぶちまけて、、、100kg位はある、、、

Img_0071

鍬で混ぜて均して、、、

再び発酵、熟成させる、、、

米糠、茶粉、豚糞、、、なんでも混ぜて発酵させて有機肥料にする。

Img_0072

数時間もすると、中は発酵熱で熱くなる、、、

Img_0073

明日は、雨嵐、、、今日は良い作業をした。

ナベショー亭の春の定番料理

筍、蕨、油揚げ、新ワカメの煮もの

Img_0088

ほんとは冷たいビールを飲みたいけど、、まだ駄目かな~?

モンタ、、、今日はいいことあった?

Img_00092

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (12)

2013年4月 4日 (木)

知られざる枝垂れ桜

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_00401

ソメイヨシノが散り始めると、、、枝垂れ桜が咲き始める、、、、

見に行くタイミングを失って、散ってしまった後、、、という年もある。

Img_00471

今年は風邪のため、家の中にごろごろしてたが、枝垂れ桜が気になってた。

Img_00441

緑の若葉を背景に枝垂れ桜とピンクのミヤマツツジが美しい。

一人暮らしのおばあさんの家の裏山から、、、

Img_0029

毎年撮る桜、、、、

藤枝市で最も美しい桜の一つだが、、、あまり知られていない。

Img_0026

何が良いって?

見物人が一人もいないこと!

先日大人買いしたコノシロ、、、酢で〆て冷凍保存

赤カレイだって、まだたくさん冷凍庫の中、、、

さっと解凍して、、木の芽をのせて、、、

Img_0061

さらに2枚を細く切って、、、

筍、アスパラガス、スナックエンドウ、、などと一緒に、、、

小皿に小分けして、お好みで、、、

木の芽の酢味噌をかけて、、、、

ポン酢やマヨネーズで食べても美味しいし、、

Img_0062

大好きな筍ご飯、、、

Img_0064

モンタ、、長~い手足

Img_00142

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (8)

2013年4月 3日 (水)

三つ葉ツツジ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_00061

春の共演  ヤマブキ、三つ葉ツツジ、モミジ

昨日からの雨も止み、午後は晴れ間も、、

Img_00101

僕の庭、、春の季節、最も美しいところ

Img_00111

三つ葉ツツジは、花と緑の葉が同時に開くのがいい。

Img_00171

ピンクの花と緑の若葉の彩の組み合わせが美しい。

Img_0026

もうすぐ、白ヤマブキやウツギが咲き始めて、春の花は初夏の花に移行していく。

Img_00251

昨夜は、1週間ぶりに、頭が重い感じから解放されて、今朝はすっきりした冴えた目覚めでした。

常時の苦痛から解放された時の気分、、、普段意識してないだけにありがたいものです。

後、気管支喘息の症状さえ収まってくれればいいのだが、、、

モンタ、、ムキムキマンみたい、、、

Img_0033

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (6)

2013年4月 2日 (火)

有明スミレの花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0013

野のスミレ、、、、

もし、種類を確かめながら観察すれば、きっと身近に見るだけでも驚くほどの種類があることだろう。

Img_0011

このスミレは調べてみるとアリアケスミレ(有明菫)

スミレ、、って 漢字で菫って書くんですね。

白々と夜が明ける有明の微妙な空の色になぞえてこの名がついた。

Img_0015

タンポポなどいろんな野花と一緒に咲いている

ちょうど、新しい蜂場へ通じる荒地の中の道、、

轍(わだち)を避けて、車輪が踏みつけないところに群れて咲いている。

Img_0014

今日は終日雨、、、

今まで、午後から夜にかけて37~38℃の発熱があったが、

今日は、ず~と36℃台の平熱を維持、、、

やっと熱が平常値に下がったようです。

なお、咳や痰がかかったりの症状は残ってるものの、、先週の22~23日頃から始まった発熱を伴う風邪症状は何とか治ったようです。

まあ、あと数日は急な運動、作業はせずに、経緯を見たいと思う。

妻は、、、、

先週の中ごろに、早々と医院を変えて、抗生剤をジスロマックからクラビットに変えてもらって熱が下がって回復。

まあ、マイコプラズマ菌に対してはジスロマック、その耐性菌に対してはミノマイシン、あるいはクラビット、、、、、、

今までの風邪やインフルエンザの症状、推移と異なって、僕も妻も戸惑いましたが

何とか熱も下がって回復、、、ホッとしました。

今晩は何食べるか、、、

焼き鳥でも食べるか!

じゃ~、、鶏腿肉、太ネギを、、

庭にシイタケ、アスパラガスも出てるよ、、

手ごろな大きさに切って、竹串に刺して

Img_0001

ガスレンジで焦がさぬように焼いて、醤油、味醂、砂糖のタレを幾度か塗って、、

久しぶりの焼き鳥、、、

スーパーの前の屋台で売ってるのを匂いだけで我慢してたけど、、

Img_0003_2

豚肉とネギのネギ間、レバー、砂ズリ、いろんな種類をたくさん焼いておき、

お客さんのときに、さ~と温めて炙りなおして、みんなで楽しむのも楽しいだろうな!

ナベショー亭の定番料理に、、、、

モンタ、、美味しそうだろう!

Img_0005

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (12)

2013年4月 1日 (月)

カキドオシの花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_00041

カキドオシ(垣通し)

垣根を通り越すほどの高さになるそうです。

Img_00031

家の中ばかりに閉じこもってると、屋外の野原に咲く花はどんどん変わっていく。

Img_00011

ソメイヨシノも満開を終わり、すこし散りかけたようだ。

さすがに蜜蜂の様子が気になって、、、

午前中は熱も下がってるので、久々に内検

王台ができていないか、、、

女王蜂は元気に産卵してるか、、

継箱の巣脾枠に蜂蜜が貯まりつつあるか、、などなどチェックして、

空巣脾と巣礎枠を補充していく。

Img_0001

すでに、これだけ蜂蜜が貯まってる、、、でも未だだよ。

Img_0002

アップすれば、、

Img_0003

2~3週間後、、

新茶が始まるまでに、採蜜を終わらせてみなさんのところにお届けしたいものです。

軽トラをぐる~と一回りして、、、筍を5本も掘り、蕨を採り、、、、

やはり疲れました。

今晩のメニューは筍と蕨の炊き込みご飯

赤カレイの干物を焼いて、一緒に炊きました。

Img_0006

モンタ、、、みたいに一日中、横になってるのに飽きたよ。

Img_0001_2

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

| | コメント (16)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »