« 「ナベショーのお茶」発売 | トップページ | ゼラニュームの花 »

2013年5月20日 (月)

穴子丼は美味しいよ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0053

アマリリス

豪華で存在感がある花だね。

昨夜から雨

雨なら雨で、いろいろやることがあり、、、

竹林に淡竹が数本、、新ジャガイモも二株掘って、、少し硬くなってるが蕗も採り、、

Img_0015

鶏肉と油揚げと一緒に、煮物を、、、

味付けは、醤油、砂糖、味醂、酒、花カツオ、昆布、、、、、

Img_0019

福一さんに行ったら、千葉産の開いた生の穴子が、一枚 150円

5枚、衝動買い、、、

Img_0009

砂糖と醤油タレを塗りながら焼いて、、、、

Img_0010_2

外出から帰って来た妻、、、、良い香りがしてるね、、、

ホクホク、ふわふわの暖かいうちに、お昼に食べたいよ、、、と。

しからば二枚を使って、穴子丼

熱々ご飯の上に乗せて、タレを注いで、山椒の実の佃煮をぱらぱら、、、

青紫蘇と絹さやを載せて、、、

Img_0014

残りのは、冷凍しておき、後日に穴子散らし寿司に、、、

PCでブログを作りながら、「ナベショーのお茶」を飲む

常滑焼きのこの急須、、沢田豊山の作、、、

もう10年以上使ってるが、幾度か壊されて割れた注口やボンドの跡が痛々しい。

単身赴任中は、出張先などで入手したいろいろな地方のお茶を淹れて味わうのが楽しみだった。

Img_0023

ナベショーのお茶」 ただ今 マルミヤ製茶HP にて注文受付中

モンタ、、、ここが一番気持ちがいい!

Img_0001

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 「ナベショーのお茶」発売 | トップページ | ゼラニュームの花 »

コメント

蜂蜜をしたり、お茶を作ったり
息子さんの庭の手入れをしたり
なべしょうさんがやってると
私もファイトが沸きます!!

主人が亡くなり2年経ち。。。
さて庭のレッドロビンがドンドン大きくなる!

主人がいた時は赤く綺麗になったな!と思った位で。。
だが今は剪定するのは私だけ!!!!!
石垣に脚立を掛けてもギリギリ刈り込める大きさになってる!!!
脚立を踏み外して電動バリカンで自分の首でも切ったら
。。。
冗談だけでは済まない事になる!!

レッドロビンをバッサリ切り倒し
薔薇用のフェンスをする事にしました!!

どんなにしようかな。。。ワクワク!!
じゃあ参考程度にハウステンボスの薔薇祭りでも行くか!
って軽いカンジで車で行ってきました!!
車で7時間!(65歳位まで遠出できるかな?)


とっても綺麗!豪華絢爛!!
薔薇の香りに包まれて、昼から夜景まで楽しみました。
運河のほとりのテラスでお茶(ワインとサラダとベーコン!肉食でした!!)をして
ほろ酔い気分で運河に垂れる薔薇を見て。。。
一人でも楽しい~!!

お世話しているお兄さんに
薔薇の病気の対策を聞いたり
運河に垂らした薔薇の造りかたなどなど!

本で有名なハンサムな人の薔薇の育て方の
イベントがありましたが、
。。。何言ってんだい!!
ここの薔薇を育てたのはあんたじゃない!

あんたがまだ中学生位から
ここの庭師さんが薔薇を造ったんだぞ!
と思うと聞く気がしなくなり
庭のお世話をしている人に聞きたくなり
声を掛けてみました!

庭師の人は朝早く来て帰るらしく
キチンとした病気対策は聞けませんでした。

これからの私にできる楽しみは
薔薇を育てる事とドライブ!!

だとやっと分かりました。
ウォーキングも旅行も今ひとつ。。つまんない!でした。
一人になり一人で楽しく生きるには。。
今までずっと探していましたがやっと分かった!
皆さんにもいつか私が言った事が分かる日が来るよ!
思い出してね!

投稿: 広島の婆やん | 2013年5月21日 (火) 13時28分

広島の婆やんさま
8年間のブログで、これが最も長文のコメント、ありがとうございました!
レッドロビン、、どんな植物だろう、、とグーグルしたら、赤い葉っぱのよく見かける生垣の植物でした。
毎年の剪定、管理は大変ですね。
近ければ、軽トラでぱっとひとっ走り出来るのに、、
これからの人生に打ち込めるもの、見つかって良かったですね。
そう、メダカのしっぽではなくて、誰彼にも和合,依存せず、一人で楽しむことが出来る事、、それが長くシニアーライフを続けられるコツかと思います。

投稿: ナベショー | 2013年5月21日 (火) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ナベショーのお茶」発売 | トップページ | ゼラニュームの花 »