« 茗荷がいっぱい! | トップページ | 茗荷の柴漬け »

2013年7月30日 (火)

秋の七草 オミナエシ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_00611

オミナエシの花、、、、吸蜜するシジミチョウ

蜜蜂だって、、、

Img_00491

オミナエシ、、、秋の七草というけれど、もう一月以上前から咲いている

Img_0040

蜜蜂の巣箱の内検(内部検査)

内検は一週間に1~2回

特に春から初夏にかけては、週2回が必要

蜂に刺されないように、長袖の作業着に手抜き、長ズボンに白い半長靴、防面布を被り、、、

炎天下での、汗だくだくの作業となる。

5月~6月の採蜜期には、2段箱、3段箱が蜂で溢れるばかりだったのに、、、

約40日の寿命の働き蜂がどんどん死んで、夏の暑さのために女王蜂の産卵が鈍ってくると、、、、

増減のバランスが増から減になり、日に日に、蜂が減ってくる、、、

Img_00392

下段の箱には8枚の巣脾、、、

上段は、貯蜜の少ない巣脾をどんどん外して、とうとう2枚になってしまった、、、、

今週末には、この2枚も外して、単箱にしよう!

箱の中は、常に蜂が満杯の活気あふれる状態を保たないと、

病気やスムシの食害にさらされる原因となる。

この時期、寄生ダニが増殖して、蜂がどんどん減ってくることもあるので、

自然減なのか、ダニによるのか、、しっかりと観察して見極めて、

先手、先手でダニ駆除を行わないと手遅れになってしまう。

女王蜂が、見当たらず、、、次の内検でも見当たらず、、、

どうも、産卵もされていない、、、、

と、こういうことが時々起る、、、、

他の巣箱から、産卵されて間もない卵のある巣脾を一枚導入

新たな王台が出来て、2週間少々で新女王誕生

1週間くらいで処女飛行が始まったはず、、

ところが、その新女王も見当たらず、、、、

きっと、ツバメに食べられてしまったのだ、、、トホホ

さあ、次はどうする?

再度、他から卵のある巣脾を、、、、もうこの手は使えない。

もう最初の女王蜂が居なくなって、3週間以上経ってる、、、

もたもたしてると働き蜂が産卵を始めて、この群れは雄蜂ばかりとなって消滅するからである。

この時は、健全な群れの巣箱から、元気な女王蜂に来てもらう。

Img_00472

向うの巣箱から、女王蜂がいる巣脾を抜いて、手前の無王の巣箱に挿入して、、

すかさず、エアーサロンパスを吹き付けて、臭覚を麻痺させて蓋をする。

次回の内検のときには、救援に来た女王蜂によって多くの産卵がなされてるだろう。

女王蜂が居なくなった巣箱では、新女王のための王台が出来てることだろう。

この王台から生まれた新女王が産卵するまでに、、再び行方不明になったら、、、

この二つの巣箱を合同してひとつの群れにする。

暑いけど、8月はこんな作業が続く、、、

9月になれば、いよいよ襲来するオオスズメバチとの壮烈なバトルが始まる。

西洋蜜蜂の養蜂は、とても面白くて、ドラマチックで高度なゲーム

しかも、知識、経験、技能、気候、、などにより、しっかりと結果が表れる。

ついつい、養蜂のレクチャーになってしまいました。

今日は林檎と蜂蜜の入った複雑なレシピーによる妻のカレーライス

Img_00482

生卵をトッピングする関西の食べ方、、、妻は気に入らないようだ。

モンタは、、カレーに卵、、、知らないか、、、

Img_00421

ただ今、「ナベショーのお茶」の発売中、、ご注文はマルミヤ製茶HPへ、、

ナベショーの蜂蜜」のご注文は、ブログの右サイドバーからどうぞ!

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 茗荷がいっぱい! | トップページ | 茗荷の柴漬け »

コメント

毎日暑いですね。
なべしょうさんは蜂の内検で忙しそうですね!
この暑い夏に長袖、長ズボン、長靴、手抜きまでして
防面布なんて。。。。風がぜんぜん通らんね!!!
暑い中お疲れ様です!
お陰さまで、毎朝蜂蜜を頂いています
孫(2歳)いっしょにパンに付けて頂いてます。

この蜂蜜はね蜂が花から集めたんよ!
たったこれだけ(スプーン1杯)集めるのに
毎日毎日すごーーーく働くんよ!
大切に食べようね!おいしいね!
なべしょうのおじさんから買たんよ!

毎日蜂蜜を出すたびに言います。
ありがたいですね!
暑いので体に気を付けて下さいね。

投稿: 広島の婆やん | 2013年7月31日 (水) 14時11分

>ついつい、養蜂のレクチャーになってしまいました。

なぁ~るほど、、そうなんだ!!
いつも分かりやすいレクイチャーを有難うございます。。

投稿: North Wave | 2013年7月31日 (水) 19時19分

最近は季節感が少しづつずれてる、、っていうか
「あれっ!もうこんな花が咲いてるんだ、、」
ってこと、ちょいちょいありますよね。

ナベショーさんのレクチャー、、
はまりの悪いワタクシは三回ほど読み返し(苦笑)
大変な労力を注いでまでも頑張るナベショーさんの
心意気はキッチリと読み取れましたっ!
とにもかくにも、健康第一でっ!

奥様の、りんごぉ~とハチミツぅ~♪の入ったご自慢の
カレー、美味しそう~☆みっつですっ!
ちなみに、、関西に住んでいますが、生卵は乗っけません、、残念っ!←古すぎましたね(笑)

モンタ君、、ご自慢のポーズですね?


投稿: chibira | 2013年7月31日 (水) 20時33分

今年はスズメバチはどうなんでしょう?
いつもは、スズメバチとの闘いもあったと・・・
もしかすると、ハチにとっても生きるのが大変な年なのかも。
奥さまのカレー、美味しそうです( ̄ー+ ̄) 

投稿: MONA | 2013年7月31日 (水) 21時09分

広島の婆やんさま
内検だけは、どんなに暑くても手を抜くわけにはいかない、、でも、たくさんの美味しい蜂蜜がたくさん採れると、ブログの読者の皆さんが喜んでくださる、、うれしいことです。
2歳のお孫さん、、もう他の蜂蜜は食べられなくなるよ。

投稿: ナベショー | 2013年7月31日 (水) 21時42分

North Waveさま
地方により、気候も状況も異なるから、あまり参考にはならないかな?
暖かい地方では、7~8月の真夏のダニ駆除が必須になりました。
ダニを見逃すと、秋には全滅、スムシの餌食になってしまう。

投稿: ナベショー | 2013年7月31日 (水) 21時47分

chibiraさま
今年は、確実に1週間から10日、、例年より早いですね。
3回も読み返してくださり、恐縮です。
養蜂家でなければ、イメージがわかないかも知れませんね。
この蜜蜂にとっても真夏は過酷です。
今、手を抜くと、その影響は秋に、、、さらに来春に、、
そう、とにかく健康第一、、、美味しいもの作って食べよう!
カレーライスに卵、、関西でもやらない人が増えてきたのかな?
会社の社員食堂では、カレーライスのときは、必ず、生卵がついてたよ、、、古いのかな~

投稿: ナベショー | 2013年7月31日 (水) 21時53分

MONAさま
オオスズメバチ、、、8月末からやってきます。
朝、9時までに蜂場に行き、スズメバチ退治ですが、今年は2箇所、、、忙しいね。
黄色スズメバチは、もうすでにやってきました。

投稿: ナベショー | 2013年7月31日 (水) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茗荷がいっぱい! | トップページ | 茗荷の柴漬け »