« 無花果の収穫 | トップページ | ほんのお湿りの雨 »

2013年8月22日 (木)

マルハルコウソウの花

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0215

マルハルコウソウ(丸葉縷紅草)

ルコウソウの仲間は江戸時代に観賞用として日本に持ち込まれ昼顔の仲間

マルハルコウソウは逃げ出して野生化、、、

Img_0210

背の高い草に絡まって咲く花は、いろんなところで見かける。

Img_0206

野生化していないルコウソウは、花が紅色で葉が細い、、

Img_0028

いずれも夏から秋、、長い間、楽しませてくれる花

僕の蜜蜂、、、昨年8群だったが、今年は12群、、、

それが20群に増えて、来年は世話管理が出来るだろうか、、、と内心心配してた。

ところが、、、、、、

この7月から8月にかけて、女王蜂がいなくなる巣箱がいくつかあった。

女王が不在になると新たな王台が出来る。

そして新しい女王蜂が誕生、、

王台が出来ない場合は、別の群れから女王蜂を導入、、、

不在になった群れは、新たに王台ができる、、、

いづれにしろ、この間、誕生した新しい女王蜂のお腹が大きくなって、産卵を開始するのを、今か、今かと心待ちにしていた、

しかし、どの新女王蜂も、、、、10日経っても、2週間経っても産卵を開始せず、、、

身体も生まれたときの小さいまま、、、右端の飴色の蜂が女王蜂

Img_0017

ついに、恐れていたことが現実に起こった。

前回の内検、、、、女王蜂がまだ小さいにも関わらず、多くの産卵がなされてた、、、

この大きさで産卵?

今日の内検、、、、、これ全部 雄蜂の幼虫、さなぎ、、

Img_0021

通常は、女王蜂が発するフェロモンによって、同じ雌蜂の働き蜂が産卵をすることはない。

しかし、女王蜂が不在になったり、フェロモンが弱いと、働き蜂が産卵を始めてしまう、、

この現象を、働き蜂産卵、、という。

この群れは犠牲にするしかない。

巣脾から働き蜂を振るい落とし、蜂蜜と幼虫の詰まった巣脾枠8枚を、木蔭に並べて、蜂蜜だけでも、他の群れの蜜蜂に回収してもらおう、、、

Img_0020

生まれた女王蜂のすべてが、小さいままで産卵を始めない。

この群れを含めて5群、、、

もう交尾飛行中にツバメに食べられる心配は、ほとんどない、、、

交尾の雄蜂が減っているとはいえ、まだ巣箱の中には雄蜂はいる。

では、何故、誕生した女王蜂が交尾、産卵にまで至らないのか?

暑さのため、外に交尾飛行するのが嫌なのか?

こんな経験は、今までではじめて、、、

働き蜂産卵が起これば、ハイ それまで!

待った無し、、、

4つの群の小さな女王蜂を処分して、それらの群れを健全な女王蜂の群れに合同した。

20群もあったのに、15群に減ってしまったが、、、

何とか、これで秋、冬を経て、来春を迎えたいもの、、、、

モンタは心配事が無くていいね。

Img_0028_2

大あくび、、

Img_0033

あくびして悪かったかね、、、

Img_0034

人気blogランキング 花・ガーデニング部門にエントリーしています。 

一日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 無花果の収穫 | トップページ | ほんのお湿りの雨 »

コメント

昨日のコメント見ました。半分以上「当たり」ですsun
私は山家の東綾中卒です。姉は綾高でナベショーさんと同級生でした。
去年、東綾中の同窓会があったらしいです。私は不参加でしたが、大槻先生から聞きました。
妹さんは覚えてらっしゃらないと思います。

マルハルコウソウ、初めて聞きました。野の花も、こうして見つめると可愛いですねlovely
そして、ミツバチ。
なんだか知らない世界に引きずり込まれていきそうな、不思議な世界ですね。
自然界も大変だ・・・。

投稿: ロンママ | 2013年8月23日 (金) 10時46分

モンタちゃん、一人でお留守番するのは悩みではないかと思います。
この間、モンタちゃんが数日間お留守番中、夢に出てきました。髪の毛につかまってきましたよ。
もう旅行行かないで、と言ってました。。

投稿: nonta | 2013年8月23日 (金) 10時52分

初めまして!いつも楽しく拝見させで頂いてます。特に愛らしい花とmonta君!料理のレシピ、、、

投稿: | 2013年8月23日 (金) 16時58分

巣枠に広がる雄蜂の幼虫、さなぎ、、不気味ですよね。。
見ただけでげんなりと気力を失います。。
夏の交尾飛行の成功率は50%とか??
女王更新は5月初旬から梅雨前までがベストでしょうか。。
私も越冬明けの4群から8群に何とか増やしましたが、、どうやら
2群は処分せざるを得ないようです。。

投稿: North Wave | 2013年8月23日 (金) 18時37分

蜜蜂、、心配ですね。
今夏のこの猛暑、、自然界をヒタヒタと
狂わせ始めているのじゃないかと心配です。

でも、悩みのなさそうなモンタ君には癒されます(笑)

時々見る花かな、、と思ったのはマルハルコウソウって
名前なんですね!
私は野生化してない方のルコウソウが好きです。
何気にそっと咲いてる花も、こうして見せて頂くと
そのどれもが、可愛く光って見えます!


投稿: chibira | 2013年8月23日 (金) 19時56分

ロンママさま
お姉さんは、旧姓ISさん 高校3年の時、同じクラスでした。
クラスメートはみんな素晴らしい仲間ばかり、ホームルーム活動など、青春の素晴らしい思い出がたくさん、僕の人生での宝です。
中学生のロンママさんを一度だけ見かけたことを覚えています。
友人が、ISさんの妹さんだよと、、お姉さんに似て、美しい方、、という印象でした。
東稜中学校、2年前に中学のクラス会で学校を見学、すでに全校生徒が40数名でしたが、全学年と先生たちが歓迎してくれました。

投稿: ナベショー | 2013年8月23日 (金) 21時32分

nontaさま
モンタ、、一人で数日はお留守番出来るけど、本当は寂しいらしいね。
帰って来たら、しばらくはミ~ミ~と身体を摺り寄せて甘えるよ。

投稿: ナベショー | 2013年8月23日 (金) 21時34分

無記名さま
こんにちは、、いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。
花とモンタはレギュラー、、、良い写真がアップできるように頑張ります。

投稿: ナベショー | 2013年8月23日 (金) 21時36分

やっぱり、わかっちゃいましたねlovely
今日、姉が家に来てナベショーさんの事、語り合っていました。懐かしくって…。
思い出としては、あまりに秀才然としていて遠くから見ていた記憶があります。
姉とも、この年になって随分話すことが多くなりました。
残された人生を楽しく生きたいと、そしてそんな風に生きてらっしゃる方のこと知りたいな…なんて思っています。

投稿: ロンママ | 2013年8月23日 (金) 21時43分

North Waveさま
ほんとに不気味です、、、そのままにしておくと、巣脾枠が全部黒い雄蜂で覆われて、、、異様な光景です。
働産卵が起きた群れを正常な群れと合同したところ、女王蜂が殺されてました。
更に、無王群が増えてしまった、、、トホホ!
ついに、観念、、、今日、熊谷養蜂(株)さんに電話して、種蜂の女王蜂を3匹注文しました。
こんなこと初めてです。
無王の群れや二段の群れを二つに分けて、、女王蜂の導入を試みます。
夏の交尾の成功率は50%、、今年は特に暑かったので、交尾に飛び出すこともなかったのでは、、、
女王更新は、自然王台ができる4月末から6月初に行いますが、ツバメが飛ぶ頃からはダメですね~
8群のうち2群を処分、、、残念ですね~

投稿: ナベショー | 2013年8月23日 (金) 21時49分

chibiraさま
今年の夏は、暑い時期が長いですね。
毎年、同じ天候は無いけれど、生物は長い年月の中で厳しい天候や環境の変化に順応できるように進化してきた。
でも、長すぎる夏の暑さと農薬による影響に耐えられなかったのかも、、、、
農林水産省の発表によると、今年の凍結害と4月の低温により、一番茶が過去最低の3割減、、、猛暑と小雨が茶樹の生育に悪影響、、、。
来年は、どうなることでしょうか?
ルコウソウ、、可愛い花でしょう!
ルコウソウでの緑のカーテンはいかが?

投稿: ナベショー | 2013年8月23日 (金) 22時08分

ロンママさま
お父さんの転勤で2年間綾部市に、、とくに吊り橋のある山家のこと、、昨日のコメントで、たぶんISさんの妹さんでは、、と確信していました。
2年毎の綾高の同窓会でお姉さんにお会いしてますが、今年は、10年ぶりに酷い風邪を引いてしまい、残念ながら出席できませんでした。
残された人生を楽しく、、、リタイアーまでず~と頑張ってきた事のご褒美と思い、子供の頃にやりたかった事や好きなことして楽しんでおります。
高校時代はたいへんだったけど、受験勉強にもホームルーム活動にも素晴らしいクラスメート達とともに精一杯頑張ったという思い出は、残された人生を、楽しく生きようという想いの原点となっております。

投稿: ナベショー | 2013年8月23日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無花果の収穫 | トップページ | ほんのお湿りの雨 »