« 冬の剪定屑を軽トラで、、、 | トップページ | 早春の花 万作 »

2014年2月 8日 (土)

スルガエレガントでマーマレード

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_4018

今朝は雪景色が見れるか、、と思いしや、残念ながら冷たい雨、、、

ソチ冬季オリンピック開会式を見ながら、、、

庭の蜜柑、、昨年から生りはじめた。

種類は文旦と甘夏の交配種のスルガエレガント、、、静岡生まれの柑橘類

Img_0085

もう一つの蜜柑

10年以上前に山道で見つけた10センチくらいの実生の苗を引いて庭に植えた。

大きく成長して、今年初めて10個なった。

Img_0086

見かけはスルガエレガントとそっくり

それぞれ1個ずつ採って、、

二つを並べて比較すると、、

外観、色、大きさ、、そっくり!

右がスルガエレガント、、、、左は実生の蜜柑

Img_0072

さて、皮を剥いて、、、同じだね~

Img_0075

比較のために、もう一つ 少し小さな甘夏も実を並べてみた。

左が実生、、右がスルガエレガント 手前が甘夏

実の色も同じ

Img_0078

さあ、準備は出来た、、、妻と一緒に食べ比べ!

甘夏は酸味が強かったが、他の二つの味は全く同じ、

酸味は無くて、爽やかな甘みと香り

実生の苗からの蜜柑はスルガエレガントに間違いない。

残りの実と皮でマーマレードをつくろう。

皮を薄く切って、、、

たっぷりの水を加えて、手で軽く混ぜて、、

笊にあけて水を切る。

Img_0079

再び皮に水をたっぷり加えて、手で軽く揉んで、、、

水を口に含んで、、、まだ苦味があるね。

水を捨てて、再び水を加えて、、、

4回くらいで、苦みは無くなる。

苦味を除くのに、茹でこぼすという方法もしばしば見かけるが、苦みと一緒にリモネンのような油性の香味成分も逃げる。

それに、幾度も水から加熱して、、、ガスがもったいない。

苦味成分は水に溶けるから茹でこぼしはしない。

さて、実の方は、、

Img_0080

ミキサーにざっとかけて、、、

皮と一緒に、約同量の砂糖を加えて、、、、

Img_0081

焦がさぬように、混ぜながら煮詰めて、、、、もう少し、もう少し、

Img_0082

この終点の見極めが難しいね。

水分が少なすぎると、冷えた時の流動性が無くなるし、多いとシャボシャボだし、、

Img_0084

クラッカーに載せて、試食

ベリーグッド、、、苦味無く、粘度、甘さ、香り良し!

Img_0097

モンタ、、、お目目の大きさが異なるよ!

Img_0092

ただ今 花・ガーデニング部門の第3位

日一回 人気投票 ここを ブログランキング クリック、お願いいたします

|

« 冬の剪定屑を軽トラで、、、 | トップページ | 早春の花 万作 »

コメント

スルガエレガントというネーミングが素敵!
種から育ったのですね。
最近は一代交配のものが多くて・・ 
種を採ってもダメなことがあります。
美味しいマーマレードができましたね。
手作りは香りや甘さがちょうどよくできますもの。

投稿: MONA | 2014年2月 8日 (土) 21時35分

ナベショーさん、こんばんは〜(^o^)ノ
あら〜、そちらでは雪にならなかったのですか。
こちらは驚くほどの大雪でしたよ〜!

スルガエレガンス、初めて聞きました。
その名にふさわしく綺麗で美味しそうですね〜♪
マーマレードがまた美味しそう〜!(*^_^*)

投稿: ジェレ | 2014年2月 8日 (土) 22時28分

スルガエレガント・・素敵な名前~♪
実生で10年かかりましたか~でも感激ですね!!
美味しそう~♪
もう甘夏を~?
私の畑には去年初めて1個なった甘夏の木に沢山の実がついて凄い良い色になってますが・・・まだ早いと思い、とってませんが、味見したくなりました~!(^^)!

投稿: 甘姫 | 2014年2月 9日 (日) 08時03分

蜜柑ときた・・・
当然、アベショーさんの得意な”マーマレード”がくる。
そこに至るまでの比較、うん、、いいね。
最近、facebookやり始めたせいかな? 文章が短くなったかな?

投稿: North Wave | 2014年2月 9日 (日) 10時58分

10年以上、頑張って、待った「柑橘」は「スルガエレガント」だった。

初めて聞く「柑橘」の名前ですが、ナベショーさん。待った「甲斐」がありました。当てましたね!

おめでとうございます・・・は大げさでしょうか。

投稿: 花譜 | 2014年2月 9日 (日) 13時03分

柑橘もいろんなのが出てますね。甘いのが需要が多いようですが,ママレードは酸っぱいのに限りますね。自家製だからできるんですよね。
モンタ君,ウインクもできるようになったのね。

投稿: tirokuro | 2014年2月 9日 (日) 18時14分

MONAさま
ネーミングが可愛いですね。
種からだったので、まさかのカラタチだったら嫌だな~と懸念してたけど、おいしい蜜柑でよかったです。
生食も良し、マーマレードも良し、、ですが、同じ種類の蜜柑が庭に二本も、、、いかがなもんか?

投稿: ナベショー | 2014年2月 9日 (日) 20時20分

ジェレさま
神奈川と静岡、、同じような気候かと思ってたら、大雪だったのですね。
ジェレさんのブログ見たら、半端な積雪じゃないですね。
凍りついたら、滑って危ないから、気を付けてください。
スルガエレガンス、、甘夏よりも早く完熟するので、4月以降にならなくても美味しくいただけます。

投稿: ナベショー | 2014年2月 9日 (日) 20時25分

甘姫さま
10年以上、、幾度か切り倒そうか、、と思いつつ、今年実をつけなければ切ってしまおう、、と思ってるうちに、9年目で初めて花が数個咲いた。
ひょっとして実が生るかも、、、と再び思いとどまる。
この蜜柑も運が良かったですね。
一か月前に味見したら、酸味が少なく美味しかったので、安心してました。
沢山生りすぎると、それはそれでたいへんですね。

投稿: ナベショー | 2014年2月 9日 (日) 20時29分

North Waveさま
faceBookは数行の文字で、いいね だからね~
だんだん、写真が多くなって、文章が短くなる傾向のありますね。
いや、文章に耐える話題が少なくなったうえ、文章力が無くなったのでしょう。
最近は、記事の内容も、ストーリーも読まれてしまってるな~

投稿: ナベショー | 2014年2月 9日 (日) 20時34分

花譜さま
10数年、、、待った甲斐がありましたが、、庭に同じ種類の蜜柑が二本も、、、
数年したら、家の前で、無人販売を始めないとたべきれないです。
成長を見守るのも忍耐が要りますね~

投稿: ナベショー | 2014年2月 9日 (日) 20時38分

tirokuroさま
マーマレードは、ほど良い酸味がある甘夏系が適してますね。
どれくらいまで煮詰めたら、冷えた時のほど良い粘度になるか、、難しいものです。
モンタ、、ウインクはマスターした、、やぶにらみを練習してます。

投稿: ナベショー | 2014年2月 9日 (日) 20時40分

 ナベショーさんこんばんは、ミカンの実生苗がスルガエレガントと同じだという事の理由が分かりましたよ、それはミカン類の種子は「多胚種子」だからで、1粒の種子でも皮をむくと中には数粒の種子が入っているのです。
 その中の1粒は花粉と卵細胞が受精して出来た種子なんですがそれ以外の種子は子房の体細胞から出来た親株のクローンなのです。それなので誰かがスルガエレガントの種子を落としたものの中のクローン種子が発芽して育っていたのだと思います。

投稿: 群馬の山さん | 2014年2月 9日 (日) 22時20分

群馬の山さん
蜜柑の種の事、、そういうことでしたか!
多胚種子、、、なんて初めて知りました。
一般的には、種を蒔いても親と同じ株は生まれないなんて思ってたので、スルガエレガントの実が生ったのに心の中で引っかかってました。
これで納得、、ありがとうございました、、、ひとつ賢くなりました。

投稿: ナベショー | 2014年2月10日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の剪定屑を軽トラで、、、 | トップページ | 早春の花 万作 »