« 春の鯖の塩焼き | トップページ | ピンクのミツバツツジと緑の木々 »

2014年4月11日 (金)

西洋蜜蜂の飼育の面白さ

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0255

ミツバツツジ、山吹とモミジの共演

モミジは秋の紅葉も美しいが、春の若葉も美しい!

Img_0175

3月下旬から山桜、続いてソメイヨシノやオオヤマザクラが満開、、

春、気温も上がり、日中は暖かい日が続き、蜜蜂は活発に飛び交う。

巣箱を開けて、巣脾を一枚一枚注意深く引き上げて観察する、、、

どれくらい蜂蜜が貯まったろうか?

蜂の増え方は順調かな?

女王蜂は、元気に産卵してるかな?

新しい女王蜂の王台は出来始めたかな?

西洋蜜蜂の飼育をする者にとって、

蜂蜜の収穫前であり、かつ新しい女王蜂を作る時、、、、

最も楽しく、かつ油断が許されない季節である。

おお、立派な王台が出来てるよ!

Img_0290

この王台を潰してしまうのは、あまりにもったいない。

アップ!

Img_029001

この王台から、脱苞して新女王が産まれるのも真近!

小さい巣箱に移して、別の蜂場に移動させて、新しい群れに育てる。

最も増え方が遅い群れ、、、

おかしい、、、かなり乱暴に産卵されてる、、、

女王蜂が見当たらない、、、、働き蜂が産卵を始めたか?

もし、そうならば、雄蜂ばかりが生まれて、この群れは全滅

Img_0288

この群れを救うには、どうするか?

ダニの被害を受けて、蜂が少ない他の巣箱、、、

Img_0289

この群れと合同するのが、最もいいかな?

再度、働き蜂産卵らしき巣箱をチェックして、、、

おや、女王蜂がいた、、、、

女王蜂がいるのに、働き蜂が産卵、、、、?

こういうよく理解できない現象がしばしば起こる。

次回の内検で、同じ状況ならば、この不良女王蜂を処分して、合同しよう。

西洋蜜蜂を飼う面白さ、、、

刻々と発生する難題、課題を見逃さず、即判断して対処する、、、

見逃したり、判断を誤ると、大損害

見事クリアーすれば、美味しい蜂蜜の賞品

最高の面白いゲームである。

茶畑の蜂場、、、、

二段箱が9個、三段箱が1個、分蜂群の小箱が2個

Img_0291

自宅近くの蜂場

3段箱が2個、二段箱が2個、分蜂群が3個 日本蜂が一個

Img_0292

お天気さえ恵まれれば、前年度と同じくらいの蜂蜜の収穫かな、、、

4月末には、桜と菜の花の香り高い蜂蜜の採蜜が出来るだろう。

筍やワラビの入った春の散らし寿司

〆鯖と海老、木の芽のトッピング

Img_0293

居眠りしてたモンタ、、、眩しそう!

Img_0247

花・ガーデニング部門の人気投票

モンタのお願い 一日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 春の鯖の塩焼き | トップページ | ピンクのミツバツツジと緑の木々 »

コメント

うーん,すごい数の巣箱ですね。
ところで,日本ミツバチと同じところにいると,けんかにならないのですか。
モンタ君,明日は暖かそうよ。

投稿: tirokuro | 2014年4月11日 (金) 22時25分

蜜蜂の飼育・・・
最近黒星続きだなぁ~。
やはりこまめに世話しないといけませんね。
この b-log そんなこと思ながら楽しみにしてます。

投稿: North Wave | 2014年4月12日 (土) 06時46分

tirokuroさま
趣味の養蜂としては、このくらいの数がちょうど負担にならなくていいです。
プロは一人で100群の世話管理をします。
日本蜜蜂と西洋蜜蜂を同じ蜂場で飼育してると、、、
西洋蜜蜂の巣箱に入った日本蜜蜂がやられて、外にほりだされてます。

投稿: ナベショー | 2014年4月12日 (土) 21時06分

North Waveさま
昨年秋から、3年周期のダニの当たり年のようですね。
冬にダニにさえやられてなかったら、もっと増えてたのに、、、なんて、

投稿: ナベショー | 2014年4月12日 (土) 21時24分

こんにちわ。

今日はこちら雨で作業お休み。。。

蜂を飼うのは楽しいと同時に難しいですね。
毎回謎解きミステリーみたい。
点と点をつなげて推理する・・・でもわからないことも。

3段箱3群、、、随分と進みましたね。
うちは去年3段箱やってみましたがやたらと作業に時間かかった割に採蜜量は??今年はどうしようかな?
ナベショーさんとこの結果楽しみにしてます。

投稿: いろは | 2014年4月13日 (日) 13時26分

いろはさま
今回の週末も雨、、、ついてませんね~
毎年、異常気象もあり、ダニの当たり年もあり、、プロの方が言うには、年々難しくなってるそうです。
僕は、難しくなってから養蜂を始めたので、こんなものかと思ってますが、、、
プロの方は作業がやりにくいので、有蓋蜂児の巣枠を強群から弱い群に移して平均化して、二段箱にそろえるそうですが、僕は、毎年強い群れは三段箱に、、、今年はどうなることやら、、、

投稿: ナベショー | 2014年4月13日 (日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の鯖の塩焼き | トップページ | ピンクのミツバツツジと緑の木々 »