« 鰻のだし巻卵(2) | トップページ | 蜂場の草刈り »

2014年8月13日 (水)

元気な日本蜜蜂、、

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0648

モミジアオイ(紅葉葵)

他のアオイ科の花と比べて、花弁が細長く鋭く裂けてる。

濃い赤色が美しい。

蜂場の写真、、、両サイドに写ってるのは日本蜜蜂の巣箱

Img_0083

右側のは、昨年秋に捕えた逃亡群

Img_0084

だから、昨年生まれた女王蜂の群れだろうね。

無事に、僕の蜂場に落ち着いて、他の西洋蜜蜂の群れと共存してる。

左側のは、今年の春に生まれた次女の女王蜂の群れ

Img_0085

長女の女王蜂の群れは、分蜂の操作を失敗して消滅。

近くに移動させた長女の巣箱から、ほとんどの働き蜂が元の位置の次女の巣箱に帰ってしまったからである。

その後、西洋蜜蜂による盗蜜にあって、消滅。

来年は、二か所の離れた蜂場を使うから、失敗はしないよ。

さて、次女の女王蜂の巣箱の中は、、、、

継箱の上段、 二枚の巣脾枠は貯蜜枠

Img_0071

蜜蓋がびっしり、、、

Img_0073

もう一枚も、、、

Img_0074

下段の箱は、、、

巣脾枠の上半分は貯蜜、、下の方は産卵された卵や幼虫がびっしり、、

Img_0076

これも上方が貯蜜、中から下が産卵、幼虫、さなぎ

Img_0077

これも同じく、、貯蜜は上だけ、、下2/3は産卵、幼虫、さなぎ

Img_0079

4日前に日本蜂用の巣礎を5センチほど貼り付けた巣枠を挿入したら、もうこんなに巣を盛り上げてる。

Img_0080

西洋蜜蜂と限りなく同じ飼育管理を行ってる。

秋になったら継箱の上段、、蜂蜜がいっぱいの2枚の貯蜜枠から遠心分離機で蜂蜜を絞ろう。

下段はサナギや幼虫、卵の育児産卵エリア、冬越し用の蜂蜜も必要なので、蜂蜜は絞らない。

もう一つの巣箱 二年目の女王の群れ

Img_0084_2

これも、ほぼ同じ状態

従って、秋には二群から少なくとも4枚、うまく行くと6枚、、5~6kgくらいの日本蜜蜂の蜂蜜が採れるかも、、、

来年春には、、この二群から5~6群に増やしてみよう。

モンタ、、ゼイゼイ、鼾をしながら寝てたのに、、やっと静かに眠れるようになりました。

Img_0065

花・ガーデニング部門の人気投票

モンタのお願い 一日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 鰻のだし巻卵(2) | トップページ | 蜂場の草刈り »

コメント


ん?
日本蜜蜂の蜂蜜? 5~6キロというのは、少し分けて貰えると期待して良い量ですか?
来年増えると良いですね。
モンタくん、ちょっと毛並み良くなりましたか?
なんか艶がでてます (笑)

投稿: 蜻蛉(とんぼ) | 2014年8月13日 (水) 23時19分

蜻蛉(とんぼ)さま
そう、、飼い主が気に入らなくて、突如逃亡さえしなければ、9月か10月には最低5~6kgは採れそうですよ。
蜻蛉さんが、楽しみに期待してられた日本蜜蜂の蜂蜜です。どんな美味しさかな?
梅、桜、菜の花、藤、蜜柑、モチノキ、カラスザンショウ、、など、春から夏の花の蜂蜜が一体となって熟成されて、、、考えるだけでもウキウキしてきますね。

投稿: ナベショー | 2014年8月14日 (木) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鰻のだし巻卵(2) | トップページ | 蜂場の草刈り »