« 小雨の日、、だけどウオーキング | トップページ | 秋の長島ダムから畑薙第二ダムへ、、 »

2014年11月21日 (金)

ミミズの養殖場

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0019

姫女苑(ヒメジョオン)

Img_0021

畑の隅に生えた姫女苑、、、

次第に背丈も伸びて、枝分かれもして、、

立派に成長して、たくさんの白い花を咲かせました。

Img_00121

ここは、何だろうか?

ずいぶんと荒れた地肌が、、、

Img_0287

無残にも掘り返されて、、、

Img_0289

ひっくり返されて、散乱してるのは、日本蜜蜂の巣箱

ずたずたになった古畳、、、

この場所に、日本蜜蜂の巣箱が十数個、、、置かれてるのを発見したのは、数年前、、

我が養蜂の師、秋山さんの蜂場から100m位の位置、、

さすがに、ひどすぎると、秋山さんが日本蜜蜂の養蜂家たちに怒鳴り込んだ、、

撤去されたが、秋山さんが亡くなられて僕が蜂場を引き継いで一年後、、

再び、彼らは草ぼうぼうだったのを草刈りして、日本蜜蜂の箱を十数個並べた。

これらの巣箱は待ち箱と言って、自然の日本蜜蜂が入居するのを、ただ待ってるだけ、、

100mの処に僕の西洋蜜蜂の巣箱が置いてあるのを知ってか知らずか、、、

彼らが知らぬはずがない、、モラルも節度もあったものでない。

腹が立ったがほっておいた。

一年経って、彼らの待ち箱に入居する日本蜜蜂の群れは皆無、、、

やがて背丈以上の雑草に埋まってしまった。

今年の春、、彼らは草を刈って、雑草が生えないように古畳を一面敷き詰めて巣箱を置きなおした。

この年も相変わらず、入居する日本蜜蜂の群れは皆無、、、

そして、夏から秋にかけて、、

敷き詰めた古畳はひっくり返されて、ぐちゃぐちゃに切り裂かれ、、、

日本蜜蜂の待ち箱は倒されて、すさまじい光景となってしまった。

Img_0288

猪の群れが、日々出没、、

古畳をひっくり返して、ミミズを探して食べる、、、

猪にとってはミミズの養殖場だったのである。

朝のウオーキング、側の道を歩きながら、、

妻に、ちょっとこれを見なよ、、、と嬉しそうに!

人の不幸を喜んでるような、、と非難の眼差しで僕を責める。

西洋蜜蜂の蜂場の側、林道の岸の上、学童の通学路の側、、などあちこちに日本蜜蜂の巣箱を置いている。

モラル、道義的にも問題、、、、

最近、趣味の養蜂で手軽に「日本蜜蜂」を始める人が増えてきたが、西洋蜜蜂の養蜂家とのトラブルが増えている。

まあ、西洋蜜蜂の近くに日本蜜蜂の巣箱を置いて、喧嘩して負けるのは日本蜜蜂、

盗蜜により蜂蜜を奪われるのは日本蜜蜂、、、

そのような、基本的な知識さえも知らない方が多いようである。

今夕はお好み焼き、、

Img_0022

ソバとモヤシ、烏賊で焼きそば

Img_0025

モヤシ、キャベツ、ピーマン、ブロッコリーで野菜炒め、

Img_0023_2

B級グルメで野菜たっぷり!

里山の渓流沿いの古民家の庭のモミジ、、、

美しく紅葉してました。

Img_0005

では、また 明日に!

日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 小雨の日、、だけどウオーキング | トップページ | 秋の長島ダムから畑薙第二ダムへ、、 »

コメント

ナベショーさん家のヒメジョオン、、
こんなに可愛くズームされて嬉しそうですよ〜!

それにしても、モラルも何もあったもんじゃないですねっ。
こんなことしてる人には きっと天誅が下ることでしょう。
イノシシが早速に、、。
でも、この光景、、不愉快極まりないですっ。

そうそう、このお好み焼きですよ。
コレが出なくちゃ〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
ご馳走も楽しみだけど、B級グルメだって負けちゃいませんよ!

イイですね〜紅葉、、毎年この時期になると特に
「あ〜日本っていいな〜!」って思っちゃいますもん(*^^*)


投稿: chibira | 2014年11月21日 (金) 23時07分

以前コメント頂きましたけど、これはちょっと凄いですね。想像以上でした。
日本蜜蜂の愛好家?最近増えてますけど、おっしゃる通りモラルの無い人がいます・・・。

つい先日、たまたま見つけた日本蜜蜂の蜂蜜を売ってるホームページ。
うちの近くなんだけど、アカシアの蜜?みかんの蜜?柿の蜜?アカメガシワの蜜?、カラスザンショウの蜜?
堂々と売ってます。
西洋ならいざ知らず、日本蜜蜂でそんな訳ないでしょ?
あまりにもひどい。買う人は知らずに買うんですよ、それってどうなの?
掃除採蜜できない重箱飼いで砂糖水給餌してたり、買って食べてみたら生臭かったり。。。(多分○○を一緒に潰してる?)
ちょっとひどいんじゃないかなぁ。

投稿: いろは | 2014年11月21日 (金) 23時39分

古畳敷き詰めた当初は草を押さえつけますが、何れ腐り、
いい肥やしになってドワッと草が生えてきます。
そしてその草を刈るとき、編んでる糸がその昔と違い
テグスのため、刈払い機にからまり偉い目にあいます。

果樹の堆肥ように木の周りに古畳を敷き詰めて堆肥に
したことありますが、上述のように後始末が大変でした。

全ての日本蜜蜂飼いにモラルがないとは思えませんが、
県の畜産課に届け出ていない人は、もうそれだけで
疑われてもしょうがないですね。
最近は西洋蜜蜂と同じような養蜂を試みている人も
沢山いるようで、単花の花蜜もあるようです。

投稿: North Wave | 2014年11月22日 (土) 21時01分

chibiraさま
ちょっと酷いでしょう。
来春、再び、、、やるかな~?
日本蜜蜂は、寄生ダニの被害で、凄く減っています。
B級グルメ、、も、みんな大好き、、

投稿: ナベショー | 2014年11月22日 (土) 22時32分

いろはさま
凄いでしょう。
西洋蜜蜂では、羽音が怖くて近寄らないのが救いです。
日本蜜蜂愛好家の全部とは言いませんが、モラルの面で問題のある人達が多いです。
僕も、昨年から二群の日本蜜蜂を、西洋蜜蜂と同じような巣枠式で飼っていますが、そんなに季節季節の花の蜂蜜は採れませんでした。

投稿: ナベショー | 2014年11月22日 (土) 22時39分

North Waveさま
古畳のテグス、、草刈り機に絡んで大苦労、、
借りた茶園の草刈りをしてて、経験があります。
猪はミミズが大好きですね。
巣枠式での日本蜜蜂の飼育、、基本的には西洋蜜蜂と同じように飼育管理出来ますが、単花の蜜はなかなか採れませんでした。
春に分蜂させても、秋にやっと蜂蜜が採れるほどの群れに増えるのがやっとでした。

投稿: ナベショー | 2014年11月22日 (土) 22時48分

西洋蜜蜂の養蜂家のせいにされないか、大丈夫でしょうか…こういう人たちは斜め上の反応をしそうなので心配です。

投稿: 通りすがり | 2014年11月24日 (月) 16時47分

通りすがりさま
ここ田舎の住民は、猪たちの仕事ぶりの凄さは十分すぎるほど知っております。心配ご無用、、、

投稿: ナベショー | 2014年11月24日 (月) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小雨の日、、だけどウオーキング | トップページ | 秋の長島ダムから畑薙第二ダムへ、、 »