« LAのYUKOさんの帰国 | トップページ | りんどうの花 »

2014年11月16日 (日)

蜂群崩壊症候群(CCD)

人気blogランキング 花、ガーデニング部門」にエントリーしています。

Img_0091

千日紅、、、

温かい秋の陽気、、、ピンクの千日紅が愛らしい!

Img_0088

先日の毎日新聞に載った記事

神奈川県三浦半島で、昨年は7~9月に100以上の蜜蜂の群れが消失、

今年も40以上の群れが消えたという。

Img_0121

8年前に米国各地で発生して以来、世界各地で頻発した大量失踪

蜂群崩壊症候群(CCD)という。

幼虫や女王蜂を残したまま働き蜂が巣箱に戻ってこない、、、

農薬によって蜜蜂の脳の帰巣本能が損なわれるのだ、、という説

いや、蜜蜂に寄生するダニが原因である、、、、、、と。

僕は、ダニが最もありうる原因と考えている。

ダニ駆除のタイミングが遅れると、ダニが幼虫に大量に寄生して産卵する。

すると蛹が死ぬ、あるいは奇形の蜂など健全な働き蜂が生まれてこない。

健全な働き蜂の寿命が来て、急速に蜂の数が減る、、

わずか1~2か月で数万匹の蜂の群れは女王蜂を残して消失、、、

僕自身も、この夏にダニの被害で、あれよあれよという間に5群失った。

しかし、この夏、不思議な現象、、、群れの逃亡を目にした、、

夕方、仲間に譲った群れの巣箱を、同じ蜂場の中で、毎日50センチずつ動かして、離れた場所に移動中だったが、

夕方、僕の目の前で、突然、その巣箱から全ての蜂が飛び出して、近くの梅の木に塊になって集結、、、、春の分蜂の時と同じ。

分蜂と異なるのは、元の巣箱が空っぽ、、、つまり逃亡、、よく言えばお引越し!

空の巣箱に収容して回収したが、、、

何が気に入らなくて逃亡したのだろう?

僕がかかわってた新人さんの3群

春の購入した群れ、、分蜂させて3群に増えてルンルンだったが、、、

夏頃から、、、一群はダニの被害で全滅

他の二群は、突然、女王蜂共に全蜜蜂が消失、、

本人のショックは如何ほどに、、

日本蜜蜂の場合の逃亡はしばしば起こるが、西洋蜜蜂が逃亡、、、原因がわからない。

心当たりが全く思いつかない。

蜜蜂も飼い主を選ぶ権利がある、、、

彼女は羊や鶏をたくさん飼ってたが、、、その臭いを蜂がきらったのだろうか?

新しい主人との相性が悪いと、群れ存続の危機を悟って逃亡するのだろうか?

先日、妻が出席した甥の結婚式の引き出物、、

最近はカタログの中から選んで注文するシステム

ネットで申し込むと、すぐ宅配で送られてきた。

品物は牛肉

Img_0167

もちろん、すき焼き!

YUKOさんも大喜び、、、

Img_0168

アメリカでは、こんな霜降り肉はなかなか食べられないと、、、。

日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« LAのYUKOさんの帰国 | トップページ | りんどうの花 »

コメント

ナベショーの記述はサイエンティフィックで実に秀逸。工場の爆発などは化学反応でなんとか説明はつくが、生き物はじつにむずかしいね。

投稿: Yash | 2014年11月16日 (日) 23時12分

蜜蜂の世界はまだまだ不思議満載ですね。
美味しそうなすき焼き♪
お嬢さんもたくさん食べて2号店openへの鋭気もためて頑張って下さい。

数日前からコメントが送信出来なくて、今日はメアド入れて試してみよう。
駄目ならナベショーさんにメールしてみよう。

投稿: 蜻蛉(とんぼ) | 2014年11月17日 (月) 10時12分

あら!
送信できた!?
でもスパム防止記号出なかったけど?

投稿: 蜻蛉(とんぼ) | 2014年11月17日 (月) 10時13分

越後の山里のPro の養蜂家のお話では、今年は
女王蜂更新が旨くいかなかったとのことです。
変性王台から女王の誕生まではいつも通りだったが、
誕生後の交尾がうまくなかったようです。
原因は天候のせいかなとおっしゃってました。
私も全然駄目でした。
2群から8群と欲張ったのがいけなかったようです。
分蜂直後は蜂数もすくなく、故にダニに食いものに
されたようであります。
近所の新人さんも私と同じようなてつを踏んだような
気がいたします。

投稿: North Wave | 2014年11月17日 (月) 20時31分

毎日新聞の記事はこれの元記事の方を少し前にWebで見ましたけど、もしこれが西洋蜜蜂のことなら私もナベショーさんと同じ意見。
そもそも記事を書いた記者も日本蜜蜂と西洋蜜蜂の区別付いてないし、マスコミや一部の日本蜜蜂愛好家含めてどうしてもネオニコと関連付けたいという意図が強く感じられてしまいます。
欧米のCCDと日本で言われるそれとは実は内容が違うんじゃないかな。
西洋が100群も逃去したのだとすれば、それは西洋の習性から見て大問題だけど・・・。

投稿: いろは | 2014年11月17日 (月) 21時43分

綾部も寒くなりました。
養蜂って大変なんですね。

「のらのら」拝見しましたよ。
「わっかいなぁ」とはうちの人。

LAの娘さんいっぱい甘えちゃってくださいね。
友人の娘さん家族が西海岸に転勤なんで、ゆうこさんのお店の宣伝しちゃいました。

投稿: 山んばぁば | 2014年11月17日 (月) 22時45分

Yashさま
おおよその現象は、化学で説明が出来るけど、生き物は難しいです。
いろいろ仮説をたてるけど、、、
サイエンティフィックで実に秀逸、、、、ありがとうございます。素直に喜びましょう!

投稿: ナベショー | 2014年11月17日 (月) 23時10分

蜻蛉(とんぼ)さま
蜜蜂の世界、、なかなか難しいです。
しかし、10年以上前までは、こんなに大変ではなく、こんなに養蜂で苦労することは無かった、、とベテラン養蜂家が言ってます。
蜜蜂を取り巻く環境が、蜜蜂にとって、非常に厳しくなってるのだと思います。
YUKOさん、、LAに帰ったら、2号店の準備のためにまっしぐら!
コメント送信不可、、なんだろう?
スパム防止、、いちいち面倒なので外してみました。再びスパムが入るようなら再開します。

投稿: ナベショー | 2014年11月17日 (月) 23時17分

North Wave さま
誕生後の交尾がうまく行かない、、、
雨が多かったり、ツバメがたくさんの年は、うまく行かないですね。
だから、僕は梅雨に入るまで、ツバメの子育てが始まるまでに女王更新をするようにしてますが、年によっていろいろ、、、
今年は長雨が多かったので、東北、北海道も大変だったそうですね。

投稿: ナベショー | 2014年11月17日 (月) 23時23分

いろはさま
欧米のCCDの原因も、おそらくダニではないか、と言われてますね。
たしかに、巣門の前に大量の死骸の山、、、明らかに農薬が原因ですが、蜂群消失も、何でもかんでも農薬と言うのは、ちょっと、、、と言う気がします。

投稿: ナベショー | 2014年11月17日 (月) 23時30分

山んばぁば さま
おや、、故郷の綾部の方ですか、、おなつかしい!
11月、、毎朝、深い霧が降りる季節ですね。
12月にもなれば初雪かな、、?
「のらのら」ドアップでお恥ずかしい、、、
Yuko Kitchen、、PRありがとうございます。

投稿: ナベショー | 2014年11月17日 (月) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LAのYUKOさんの帰国 | トップページ | りんどうの花 »