« 藤枝でもうっすら雪 | トップページ | パーテイー料理の下拵え »

2014年12月19日 (金)

もう蠟梅の花が、、、

Img_0195_1280x853_3

蠟梅の花

今朝は-2度、、、、

Img_0196_1280x853_3

まだ、咲いてないだろう、、、と庭の蠟梅の木の蕾を探すと、、

Img_0197_1280x853_3

やっと、写真に撮っただけの数個の花が見つかった。

暖かい冬、寒い冬、、、満開は御正月を前後に1週間早いか、遅いか、、、

Img_0198_1280x853_4

朝tは-2度ったのに、午後は風もなく、暖かい日差し、、、

それでも日蔭の気温は,7~8℃

日向は10℃以上になったのだろう、、、蜜蜂が活発に飛び交う

Img_0446_1280x960_1024x768_2

寒くて外に出られない時は、蜂は固まって蜂球を作って温めあう、、、

外へ、オトイレにも行けない。

巣箱の中を糞で汚すのを嫌うため、ず~と、我慢している。

風の無い暖かい日に外へ飛んでいって用を足す、、、、

雪国では、気温は暖かくとも、巣の外に飛んで行った蜜蜂が、

雪の上で一休みしたとたんに、冷えて動けなくなって凍え死んでしまうとか、、、、

Img_0431_1280x960_3

花粉を集めてくる蜂もいる。

今の時期だと、山茶花か琵琶の花の花粉だろう。

Img_0440_1280x960_3

これは、今年から養蜂を始めたYさんの巣箱

とっても元気な強勢群

Img_0445_1280x960_4

こちらは、蜂場の地主のFさんの巣箱

Img_0433_1280x960_1024x768_3

一つは強勢群だけど、二つが冬越ぎりぎりの3枚群

二つを合同して6枚群で冬越したほうが良い、、、、と勧めたが、、

一つの群れの女王蜂を処分するのが忍びないと、、、それぞれ3枚群で冬越し

蜂場の周りには、秋に蒔いた菜種の種が芽を出した。

Img_0447_1280x960_1024x768_2

春になると、菜の花畑になるよ!

Img_0448_1280x960_1024x768_2

全国的に、ダニ駆除剤に対して耐性を持ったダニが増えて、

年間を通じた養蜂管理が非常に難しくなっている。

毎年、毎年が、、試行錯誤の連続、、、

今年から養蜂を始めた新人さん達、、、、

来春には、ここからそれぞれの蜂場へ移動する。

病気にかかったり、ダニの被害で全滅しないように、彼らを指導する重い責任を感じる

Img_0446_1280x960_2

いよ、いよクリスマスも近づき、、、

近くの住宅のイルミネーション、、、、お見事、お見事、

Img_0409_1280x960_3

LEDだね、、、、

では、また明日、元気でお会いしましょう。

ブログランキング「花・ガーデニング」に参加しています。
日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 藤枝でもうっすら雪 | トップページ | パーテイー料理の下拵え »

コメント

蠟梅が咲き始めたのですね、鎌倉を思い出します
芳香花木、満開になったら香りの楽園なのでしょうね

蜂の事も農業の事も全く分からないのですが、
先日蜂場から出た蜂が戻らない原因として農薬ではないかと言う映像、
良い野菜を栽培する為に農薬を使用した農家、その結果
野菜に花が咲いただけで実にならず、、、困惑されていました。

蜂場周辺一面に咲く菜の花、今から楽しみにしています♡


投稿: イクラの母さん | 2014年12月20日 (土) 18時32分

昨日の雪の様子,冷たそうですね。ここでも4~5CM積もりましたが,雪が違いますね。
私も今日蝋梅を見てましたが,まだ咲きそうにもありません。お正月過ぎないとだめかもしれません。ここが静岡と違うところですね。
菜の花畑に蜜蜂が・・・もうすぐですね。

投稿: | 2014年12月20日 (土) 20時11分

養蜂の問題、深刻ですね。
蜂だけでなく自然界が連鎖していく問題ですから。

投稿: MONA | 2014年12月20日 (土) 20時52分

イクラの母さんさま
蠟梅は香りがいいですね。
玄関に一輪生けただけでも、香りが家中漂います。
蜜蜂が居なくなったら、、世界は餓えることでしょう。
果樹の受粉、ハウスの野菜、、、多くは蜜蜂の受粉に頼っています。蜂が居なくなる、、、ほとんどの原因はダニだと思います。
農薬も疑わしいですね。

投稿: ナベショー | 2014年12月20日 (土) 21時52分

無記名さま
こちらの蠟梅、、咲いたといっても、まだ数個です。
でも、お正月には、半分くらいは咲いてることでしょう。
名の花、、たくさん芽が出てるので、春が楽しみです。

投稿: ナベショー | 2014年12月20日 (土) 22時00分

MONAさま
年々、養蜂が難しくなってる。
昔は、ダニだ、農薬だ、、と、ほとんど騒ぐことなく、蜜蜂が飼えたそうです。
今は、、、難しい。
それほど、蜜蜂を取り巻く自然環境が厳しくなってるのでしょう。

投稿: ナベショー | 2014年12月20日 (土) 22時02分

ナベショーさんこんばんは
 
 3枚群は箱の中の巣枠の両側に断熱材を入れるといいです。建築材の断熱材と段ボールを木工ボンドで貼り合わせたもので段ボールは片側だけでもいいんですが曲ってしまうので両側に貼る方がいいです。

投稿: 群馬の山さん | 2014年12月20日 (土) 22時58分

群馬の山さん
こちらでは、3枚の両側に餌箱、仕切り板、さらに外側は新聞紙で包んだ空あるいは貯蜜枠を入れて満杯にしています。
真冬も-1~2度くらいですが、もっと気温が下がるようなら、断熱材で保温するほうが良いかもしれませんね。

投稿: ナベショー | 2014年12月21日 (日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤枝でもうっすら雪 | トップページ | パーテイー料理の下拵え »