« 茶色の料理 | トップページ | ホタテ稚貝 »

2015年1月31日 (土)

長芋堀り

Img_0775_1024x683

オオイヌノフグリ

再び寒気が戻ったとはいえ、午後の気温は12℃、、、

畑の雑草の中に、オオイヌフグリの小さな青い花がたくさん咲いてた。

Img_0782_1024x683

畑の隅に、、、

深い穴を掘り、土を盛って、小山を作り、毎年長芋を植える、、、

毎年、成長した長芋を堀り起こす

山芋の自然薯を掘れたらいいのだけど、それがままならないので、、

自然薯堀りのつもりで長芋堀り、、、

Img_0056_1024x683

途中で、短気を出したらり、お腹が空いて集中力がなくなると、途中で折ってしまう。

さあ、もう一息、、

Img_0058_1024x683

手で注意深く根元の土を取り除き、、、

Img_0060_1024x683

掘り上げました。

Img_0061_1024x683

今日の収穫、、、

以前は、もっとたくさん収穫できたが、年々、少なくなり、

これぽっち!

種芋は、もっとたくさん植えるけど、成長しないのか、、途中で腐ってしまうのか、、

連作がいけないのかな?

Img_0064_1024x683

春には、ここに牛蒡の種をまいて、長芋は休ませようかな、、?

今夕は、焼津の長男が来たので、お寿司を握る

しめ鯖、酢〆レンコ鯛、トンボマグロのトロ、卵焼き、

寿司ネタの半端とアボガド、レモン、、、で、握り寿司、巻き寿司とカルホルニアレモンロール

Img_0077_1024x683

明日も元気にお会いしましょう!

ブログランキング「花・ガーデニング」に参加しています。
日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 茶色の料理 | トップページ | ホタテ稚貝 »

コメント

ナベショーさんこんばんは

 ナガイモやジネンジョは「クレバーパイプ」というのを種芋の下に埋めておくと掘るのが楽にできます。

「クレバーパイプを使用した長芋栽培法ー政田自然農園」で検索してもらうと方法が見られます。
 
 ジネンジョも10月頃に山にあるのからムカゴを集めて播いておくと作れます。ただ大きくなるのに3~5年ほどかかるんですが、本物のジネンジョは葉が細長いものだそうで丸いハート型のは栽培種が逃げ出したもののようです。

 それから写真を見ると畑の土が粘土質のようなので適地とは言えません、軽い砂地が適しているんですが、ただ粘土質では濃い芋になります。また腐ってしまうのは病気だと思うので新しい畑なら出なくなると思います。
 ウチの畑は軽い火山灰土と重い粘土質の場所があるんですが同じ芋を作ってもとろろにすると粘りがだいぶ違っています。

投稿: 群馬の山さん | 2015年1月31日 (土) 23時28分

オオイヌフグリ、何気ない花も気がついた時は奇麗・可愛いと思う事ありますね
この花色は日本人が好む藍色系で目に優しく気持ちが穏やかになるとか・・・聞いた事あります

小さなプランターでハーブを栽培している私からしたら
大根や白菜、長芋迄自宅で栽培出来るって、すっごく凄い、凄いです
詳しい方もいらっしゃって、来年は更に立派で美味しい長芋が出来そうで、楽しみですね
近くにご長男が住んでいらっしゃってご馳走も作り甲斐があると言うもんですね
この長芋がどの様に調理されるかも、また楽しみにしています

投稿: イクラの母さん | 2015年2月 1日 (日) 11時02分

群馬の山さんさま
現役時代、子会社で製造してたプラスチックの波板の用途の一つが長芋の栽培用でした。
塩ビパイプの二つ割も使われてますね。
僕は、苦労して堀りあげる山の自然薯堀りの体験が懐かしくて、畑で土を盛り上げて長芋を栽培して、苦労して堀り上げるのを楽しみとしてます。
僕の茶畑には、本物の自然薯が生えてますが、畑にムカゴを植えても、なかなか育ちませんでした。
茶畑を整地して、蜂場の拡張をしてるので、その端に山の土を盛り上げて本物の山芋(自然薯)を栽培してみようか、、とも思ってます。
他人の山に勝手に入って、山芋を掘って、見つかって、警察に突き出された人もいますので、怖い、怖い、、

投稿: ナベショー | 2015年2月 1日 (日) 20時48分

イクラの母さんさま
オオイヌノフグリ、、、変な名前だけど、ほんとに可愛い花です。
畑、、毎年、野菜を作るけど、なぜかよく出来たり、旨く育たなかったり、不思議なものです。
他の農家の畑の野菜が不出来だと、なんとなく安心したり、、
料理も、特にお寿司は二人だけだと寿司ネタがそろわない。
時々息子や、その家族が来てくれると、僕たちも楽しめます。

投稿: ナベショー | 2015年2月 1日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶色の料理 | トップページ | ホタテ稚貝 »