« 長芋堀り | トップページ | 蜂場の拡張(6) 道しるべ »

2015年2月 1日 (日)

ホタテ稚貝

Img_0595_1024x683_1024x683

山茶花、、、もう終わり

ついに2月になりました、、、

今週の天気予報は、、、

最低気温が0~2℃ 最高気温は12℃、、、

蜜蜂さん、、、どうか全部の巣箱で産卵が始まっていますように!

福一さんで、ホタテ貝の稚貝が一山250円

Img_0068

湯が煮立ったら、味噌を入れて、よく洗った稚貝を入れて、すぐに火を止める。

この稚貝の味噌汁は最高においしい!

Img_0066

殻から身を取り出して、、、

ホタテ稚貝の炊込みご飯

昆布出汁、醤油、酒、牛蒡、エノキタケ、長芋、、、

炊き上がったら銀杏の実をトッピング

Img_0081_1024x683

美味しいご飯、、、250円のホタテ稚貝でこんなに楽しめるとは!

ところで、銀杏は、、

昨年秋、農家の知り合いの方から、ちょっと小さ目だが、一袋銀杏をもらった。

冷蔵庫の奥に隠れてて、すっかり忘れてたが、、、

冷蔵庫の野菜入れを整理してた妻が、、、これ何?

少々殻の表面に黴が生えて黒いくなってたが、、、

Img_1459

カリッと歯で殻を割って、さっと5~6分茹でて、殻と表面の薄皮を剥いて、、、

まるで宝石の翡翠のような美しさ!

Img_1463

これを、フリーザーバックに入れて、冷凍庫に保存しておけば、いつでも少しづつ取り出して料理に使える。

今朝6時半、起床、、、TVをオンして、、、恐れていたことが現実に、、、

悲しく、やりきれない思いの辛い一日だった、、、

ブログランキング「花・ガーデニング」に参加しています。
日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 長芋堀り | トップページ | 蜂場の拡張(6) 道しるべ »

コメント

こんばんは~

去年のギンナンは不作でした
前の年が豊作だったので、予想はしていましたが、、、、
殻をむいたあの色は確かに宝石に匹敵しますね
私も冷蔵庫探検しようかな、、、確かに、、、
必ず何かしらのお宝を発見することが多いかも

世界中の人々の願いも届きませんでしたね
心が痛む、、なんだか、、がっかりしたニュースでした

投稿: れんげ畑 | 2015年2月 1日 (日) 21時17分

追伸~~ブログ引っ越しました
    今までどおりよろしくお願いいたします~

投稿: れんげ畑 | 2015年2月 1日 (日) 21時19分

こんばんわ。

この辺でも、安くホタテの稚貝が出ますが・・・・もう売ってるんですね、早いですね。
ホントに味噌汁は美味しいです、甘くてね。

銀杏を(歯)で、割るんですか~~~?
すごい歯ですね。。。(爆)
私は、ペンチです。(歯は、、コワイコワイ)

ペンチで口を開ければ、殻つきのまま紙封筒で、1分レンジにかければ直ぐ剥けますよ。
お試しくださ~い。

投稿: アイハートブレイン | 2015年2月 1日 (日) 21時39分

山茶花今年も沢山楽しみました
椿や沈丁花の蕾がほっこりし、春の目覚めの様な気分ですが
今週末にはまた気温が下がりそうで雪かもですね

旬の食材を頂けるって本当に幸せですね
また冷凍も簡単に出来る時代になって、食卓は以前より遥かに豊かになりましたね
その分元気で長寿目指したいものです♡
銀杏滅多に頂けない高級品、もの凄く美味しそ〜です♡

投稿: イクラの母さん | 2015年2月 2日 (月) 16時33分

れんげ畑さま
冷蔵庫の探検、、まあ掘り出し物が見つかることは稀でして、、多くはそのままゴミバケツに、、、
銀杏は美しいので、いろんな料理に使えますね。
また、新たな日本人を標的にした事件が起こらないかと不安です。
ブログの引っ越し、、見ましたよ~

投稿: ナベショー | 2015年2月 2日 (月) 20時41分

アイハートブレインさま
ホタテ稚貝、、そちらも出ますか。
美味しいですね。
ペンチで割るのが無難ですね、
まあ、昔から歯でカリッと割ってますが、、、、
割らないで電子レンジで、、、というやり方が、しばしば紹介されてるけど、爆発ですね。
実も砕けてバラバラ、、、に。

投稿: ナベショ | 2015年2月 2日 (月) 20時50分

イクラの母さん様
木曜日は雨予報、、東京は雪になるかも、、、
寒いと言いながら、少しづつ春の花が咲き始めました。
銀杏,、スーパーに出るのは高いです。でも、八百屋さんとか、時々安いのが売ってるのを見つけて買います。

投稿: ナベショ | 2015年2月 2日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長芋堀り | トップページ | 蜂場の拡張(6) 道しるべ »