« 大蛸 二匹 大人買い | トップページ | 蜜柑、、食べ比べ! »

2015年3月27日 (金)

厳しきかな蜜蜂の世界、、、

Img_1650_800x533

春の木瓜、、、淡い朱色のパステルカラー

八重のような一重のような、、、

Img_1651_800x533

昨日から暖かくなり、今日は更に気温が上がる

昨日、巣箱を内検して、驚いた。

貯蜜が無い、、ほとんど空っぽ!

21日、22日に継箱して、上段の貯蜜を掃除して空にした。

もちろん、産卵、育児の下段はしっかり貯蜜があったはず、、、

ところが、その後の寒波襲来、4~5日間の寒い日が続き、山桜は咲けど、流蜜は無し、、

ほとんどの貯蜜を消費し尽くしてたということか、、、、

食べ盛りの幼虫がいっぱいだから、、、

春の桜の花蜜が入りかけてるので、いまさら砂糖水を与えるわけにはいかない。

比較的貯蜜がある巣箱の巣碑枠を抜いて、ほとんど貯蜜の無い巣箱に移したり、、、

ハラハラしながら、今日も内検、、、

昨日、気温が上がったので、蜂の活動も本格的、、、

ホッとした、、、どの巣箱もたくさんの蜂蜜が入ってる、、、

これで、餓死する心配はない。

まことに、危機一髪だったよ。

Img_1390_800x600

山の斜面、、、あちこちにポッポと山桜!

Img_1396_800x600

間もなく、ソメイヨシノの開花も始まり、

Img_1394_800x600

今週、来週でかなりの桜の蜂蜜が入りそう、、、

Img_1395_800x600

入院された支部長さんの蜜蜂 4群

そのうちの一つ、、、

ダニ駆除剤のアピスタンがほとんど効いてないようで、ギ酸を入れるとどっさりとダニの死骸

別のダニ駆除剤を入れて、まずは様子見、、

有蓋蜂児はあれど、卵や幼虫はなし、、(蛹はおそらくダニに汚染)

蓋のある巣枠4枚を抜き出して処分

元々の女王蜂がいなくて、代わりの未交尾の小さな女王蜂、、

なかなか産卵が始まらぬ、、、

まだ雄蜂が少ない時期なので、交尾がないままかもしれない。

このまま、ず~と産卵しないままじゃ、、、困る。

昨日、別の巣箱に早々と王台が出来てたので、王台のある巣碑を抜いて、この巣箱に挿入した。

これで、新女王が産卵を始めればそれでよし。

産卵しなければ、王台からの新女王が産卵するだろう。

それで、今日、、、、

未産卵の新女王が見えない、、、探しても見つからない。

遂に、見つけた!

巣箱の底の隅に、働き蜂に団子にされて、、、

Img_1385_800x569_2

この団子に中に、殺されかけた女王蜂がいました。

いつまでも産卵しない新女王を処分して、他から導入した王台から誕生する次の新女王を後継に選んだのである。

しかし、そのような決断と実行、、、

数万匹いる働き蜂の中の誰が意思決定して、群れ全体に命令するのだろうか?

蜜蜂の世界、ファミリーの存続のための知恵、、、

不思議とはいえ、なんという厳しいことか!

4月初、、梨農家に貸す受粉用の3群を整える作業

女王蜂を含む4~5枚の巣碑を移動巣箱に移して、、、

Img_1388_800x600

別の蜂場に移動して待機、、、

梨のの開花に合わせて、いつでも移動できる。

Img_1391_800x600

昨夜のHNK ETV 夜9時からの「今日の料理」

栗原はるみさんの、旨み醤油に漬けて、揚げた鶏のから揚げ、、妻の料理

Img_0870_800x533

から揚げに大根おろしと出し汁をかけて、、、

美味しくて、ボリュームたっぷり!

Img_0869

どこも、かしこも花、花、花、、、大忙しのミツバチ君


Bee23

明日も元気にお会いしましょう!

ブログランキング「花・ガーデニング」に参加しています。
日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 大蛸 二匹 大人買い | トップページ | 蜜柑、、食べ比べ! »

コメント

「厳しきかな蜜蜂の世界」感動と言うか驚きと言うか・・・
代々受け継がれている様な蜂蜜の生態は
まるで大学で生物を専攻し学び知り得たかの様な
蜂の行動には驚きを隠せません。
難易度高そうですが、努力し理解を深めれば
養蜂は楽しさに変わる・・・かも・・・と思ったのですが、
文章の流れを追いながら、難しさと思い通りにならない所に
ハラハラドキドキしました(汗)
梨農家の受粉用の蜂もお役目果たせそうでヨカッタですね

難題課題をクリアー出来たり、次の作業の段取りをされたり
ナベショーさんの脳の活性化は見事に素晴らしい事でしょ〜
ナベショーさんの気力・活力と努力の素晴らしさ、
真似出来ないけど元気で楽しく過ごしたいと改めて思っています。

栗原はるみさんのお料理は家庭的であったか〜い感じがイイですね♡

ミツバチ君、忙しくなりましたッ!!!

投稿: イクラの母さん | 2015年3月28日 (土) 06時27分

イクラの母さんさま
蜂の行動、、、すべてはファミリーの生存のため、群れが生き延びて、DNAを次の世代に継承することに尽きる。
彼らの行動は、非常に合理的で、無駄がない。
養蜂は、確かに難しいけど、次々と起こる課題、問題を如何にクリアーするか、、なかなか面白いものです。
巣箱を増やし過ぎて、過労にならぬようにしなくちゃいけないですね。昨年は13群、今年は20群、、、これが限度でしょう、、、今年やりおおせるかな?
NHK ETVの今日の料理、、栗原はるみさんの料理を見るのが楽しみです。


投稿: ナベショー | 2015年3月28日 (土) 21時57分

我が家の継箱をした採蜜群の掃除採蜜をしたのですが、どうも明日からしばらくの間お天気が悪そうですね。継箱をしていない育勢群にある貯蜜枠はアピテンを使用した蜜だし。この数日の間に貯めた蜜を食べきっちゃったらどうしようかな。ナベショーさん教えてください。

投稿: たろすけ | 2015年3月31日 (火) 08時43分

たろすけさま
そうなんです、、、週間天気予報を眺めては、一喜一憂、
桜が満開にならんとする大切な時期に、天気の悪い日が続くなんて、、困ったものです。
せっかく貯まった継箱の蜜が消費されてしまいそう、、、
しっかり内検をして、上下二段とも蜜切れを起こしそうな群れには、砂糖水を給餌する。
砂糖を与えて、天気が良くなれば、改めて継箱にたまった砂糖水を掃除採蜜するほかありません。
なんとか、下段の貯蜜枠の相互融通、移動で、ぎりぎりやり過ごすことが出来たらいいのですが、、、
僕の巣箱は、先日の寒気で、育児エリアのアピテン入り貯蜜も継箱の蜂蜜も含めて空っぽに近くなりました。

投稿: ナベショー | 2015年3月31日 (火) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大蛸 二匹 大人買い | トップページ | 蜜柑、、食べ比べ! »