« お寿司を握ろう! | トップページ | 木瓜の花 »

2015年3月 1日 (日)

藪椿の花

Img_1090_800x533

藪椿、、、

園芸種の椿と異なり、山や河川敷に咲いている野生の椿

Img_1091_800x533

伊豆半島の山々、海岸、、

かって、城ケ島海岸を歩いた時,藪椿の木がたくさんあった。

椿の葉は、ぴかぴか光る常緑の葉、、、照葉樹と呼ばれる。

椿、ヤマモモ、お茶、、、これらの木々が分布してるのは、中国雲南省、タイ、ベトナムなど東南アジア、台湾、沖縄、日本の太平洋側、、、

照葉樹林帯に形成された共通の文化ともに日本にやってきた初めての人類が縄文人、、、

自宅から数Km離れた河川敷の堤防に、見事な藪椿の並木があった。

毎年、写真を撮るのを楽しみにしてたが、、、

数年前に河川敷改修工事に伴い、堤防沿いの竹林と藪椿はすべて伐採されてしまった、、

未だ、これだけの藪椿に出会ったことはない。

2011年、3月24日のブログにアップした写真をお楽しみください。

Img_0012_sp0000

Img_0013_sp0000

Img_0010_sp0000_2

Img_2369_sp0000

今日は雨、、今週は二日ごとの雨予報、、

せっかく、ジャガイモの種芋を二つ切りにして、切り口を乾かしてるのに、、、

畑の土が湿ってるので、植え付けの畝を作って、植え付けが出来そうにない、、

困った、困った、困った、、、、、

明日も元気にお会いしましょう!

ブログランキング「花・ガーデニング」に参加しています。
日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« お寿司を握ろう! | トップページ | 木瓜の花 »

コメント

「広報まつざき」が、きまして「マーチ」のことが載っていましたshoe

この「28日(土)、29日(日)」のようですね。

去年は4月に、入ってからだったと思いましたが。

よい、お天気を願っています。

花譜~何事もなくて、お会いしたいものですnote

投稿: 花譜 | 2015年3月 2日 (月) 13時24分

藪椿ですか、、、。やっと見ることが出来ました。ありがとうございます
絵画でも良く見られる花の形ですよね。見事な写真です。
ピカピカと光る濃い緑の葉と赤い花との対比が、より心惹かれるのでしょうね。又、落花後の写真も余韻があり、素敵ですね〜。
先日、ミス入力を消去して頂き、ありがとうございました。

投稿: チエリー | 2015年3月 2日 (月) 13時42分

藪椿、和テイストの味わいが美しいですね♡

人間の暮らしが向上する為とはいえ、
自然界の変化と将来の地球形態が気になる今日この頃
オーストラリアでは次々森林伐採で野良のコアラが住宅街にいるそうです
温暖化も含めてトータルで考え直したい課題ですね

投稿: イクラの母さん | 2015年3月 2日 (月) 18時14分

>困った、困った、困った、、、、、

いやぁ、困ったこまった困った、、、
昨夏種まきし、秋採りはまねぎだけにして、
雪下でじっくり甘味を貯めさせた人参、、、
さぁ~て雪を除けて、と思ったら目印の竹竿が
倒され、雪に埋もれて人参の畝が分らない!
ありゃ、困ったこまった困った、、、

投稿: North Wave | 2015年3月 2日 (月) 18時27分

花譜さま
松崎のツーデーウオーク、、だんだん近づいて来ましたね。
春の嵐にならなきゃいいけど、それはそれでまた楽し!

投稿: ナベショー | 2015年3月 2日 (月) 22時16分

チェリーさま
藪椿、、、今は園芸種のきれいな椿が多いですが、藪椿は椿の原種、、素朴な美しさがあります。見上げるような大木にいっぱい花がついてるのに圧倒されるし、地面の踏み場もないほどに落ちた蕾も趣きがあります。
皆さんも、時々二重入力されてますよ。
自分で消去できないのが難点ですね。

投稿: ナベショー | 2015年3月 2日 (月) 22時21分

イクラの母さんさま
川幅が広くなり、立派な堤防が建設されるのは、それなりに良いことなのですが、美しい川の自然が壊されてしまうのは寂しいことです。
美しい藪椿の並木を保存して、河川改修することを検討されたのか、、、疑問です。

投稿: ナベショー | 2015年3月 2日 (月) 22時27分

North Waveさま
お天気相手じゃ、逆立ちしても、どうにもならない。
困ってるのは自分だけではないので、まあ、良しとするか、、、
それにしても、、、、人参の畝が雪でわからないとは、、、、困ったもんだ!

投稿: ナベショー | 2015年3月 2日 (月) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お寿司を握ろう! | トップページ | 木瓜の花 »