« 野蕗でキャラ蕗を作ろう! | トップページ | ジャガイモの追肥、土寄せ »

2015年4月15日 (水)

菜の花に蜜蜂、

Img_1961_1024x683

やっと天気が回復、、、

これからは春らしい晴天の日が続くことだろう。

あまりに雨日が長かったので、野外の作業の仕事は遅れに遅れ、、、

今までの遅れを取り戻さなくちゃ、、、

Img_1951_1024x683

蜜蜂にとって、春の桜の花は終わってしまったが、、、

菜種、水菜、小松菜、白菜、キャベツ、大根などのアブラナ科の花が満開

4月末まで咲き続ける。

蜂場近くの地域活性化施設「白藤の里」の周辺の畑に、昨年秋に菜種の種を蒔いてもらった。

先週から咲きはじめ、今や満開

ざ~ざ~と蜜蜂の羽音が聞こえる。

下の写真、蜜蜂の姿がわかりますか?

Img_1978_1024x683

近くの山々の藤の花も咲き始めた。

桜の蜂蜜の不足を菜の花と藤の花の蜂蜜で補い、4月末には採蜜出来ると良いのだが、、、

Img_1017

蜜蜂を飼いたいという焼津の池田さん

定年後、あちこち蜂場を探して、地主さんの了解も得て、やっと養蜂が始められると。

先日、ここに巣箱を置きたいという場所に案内されたが、近くに梅、桜、蜜柑、、素晴らしい場所。

2km以内に他の養蜂家の蜂場は無いので、蜂場権は問題なし。

必要な器具も注文し、23日には種蜂が配達されてくる。

まだ、蜜蜂に触ったことが無いという、、、

今日、午前中、、少々雨が残ってるが、蜜蜂の内検実習の決行!

巣箱の箱を開けて、煙を吹きかけ、巣碑枠を引き上げ、、女王蜂の有無、産卵の有無、

貯蜜などを観察、、、

どうも、今日は雨上がり、、蜜蜂の機嫌が悪いのか、、少々荒れ気味、、

池田さん、、老眼鏡を忘れてきて、産卵された卵が良く見えない、、、、

と顔を巣碑枠に近づけたとたんに、

防網の外から鼻を刺された。

慌てふためいたら、手の指をさされた。

防面布の隙間から蜂が数匹、網の中に侵入して頭を刺された。

全部で5か所、、刺されてしまった、、、、!

(刺されたら、まず、針を取り去り、その辺の雑草の葉を揉んで、刺されたところに刷り込むことで、痛みが取れる)

Img_1603_1024x768

まあ、養蜂事始め、、、初体験の儀式

種蜂が届いたら、自身で、巣箱の梱包を解き、蓋を開けて、女王蜂の確認が出来るでしょう。

他の巣箱、、、良い王台が出来始めた。

息を吹きかけると、蜂が散り、、、

Img_1605_1024x768

立派な王台が姿を見せる。

まだ、蓋をしてないが、約10日後には新女王が生まれそう、、

この巣箱の女王は、優秀なので、この王台を分けて、分蜂させることにした。

Img_1606_1024x768

王台を含む3枚の巣碑を入れた小さい巣箱を自宅近くの蜂場に移した。

Img_1611_1024x768

午後は、俄雨もあったが、時々晴れ間も、、、

蜜蜂は、待ちかねて外に飛び出す、、

Img_1615_1024x768

お~い、、もうすぐ雨がやむぞ~ 昼寝は終わりだよ~!

B49hjr

明日も元気にお会いしましょう!

ブログランキング「花・ガーデニング」に参加しています。
日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 野蕗でキャラ蕗を作ろう! | トップページ | ジャガイモの追肥、土寄せ »

コメント

菜の花とミツバチ、懐かしい光景に感じます
いよいよお天気も回復しこのまま季節が流れてほしいですね!

初体験の養蜂、話を伺っているだけでも採密迄に辿りつくには難題課題が山盛り
経験の時間の流れと共に蜂の習性も理解出来、
ナベショーさんの様な養蜂家になれるのでしょうね
でも凄く大変そうです、いや大変なんですよね!

蜂に刺されたら、針を取り、辺りの草を揉んで患部に塗る
凄い発見をしました!!!

ミツバチ君、淡いヴァイオレットの夢心地、目が覚めるかな?

投稿: イクラの母さん | 2015年4月16日 (木) 09時25分

イクラの母さんさま
こんな年ははじめて、、、
自然相手じゃ、なるようにしかならない、、とあきらめてます。
養蜂、、年間の管理を経験、いろんな天候の年を経験、、5年やれば、何とか独り立ち、、といわれてますが、今は昔と異なり、とても難しいと言われてます。
僕も、いまだに試行錯誤です。
蜂に刺された時、、これは蜜蜂の場合でして、他の大きな蜂の場合は、草を塗るだけでは痛みは取れないかも、、
お昼寝のミツバチ君,、、良い絵ですね。

投稿: ナベショー | 2015年4月16日 (木) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野蕗でキャラ蕗を作ろう! | トップページ | ジャガイモの追肥、土寄せ »